スキー

2018年2月17日 (土)

たいらスキー場2018.2.17

今週は暖かい日が続いて、一気に雪も溶けてしまいました。が、また週末に寒気が入ってくるようです。天気予報は大荒れとの事でしたが、今日もスキーに出かけました。

今週はたいらスキー場。なぜかというと今日は年に一回のたいらスキー場のイベントの日「ラスキーフェスタ」の日だからです。180217093530960_photo 今日はリフト券も格安でお得。毎年のように行っているのですが、昨年は息子の野球のために行けませんでしたので2年ぶりのラスキーフェスタ。

しかしこのラスキーフェスタ毎年毎年天気が悪いんですよねぇ~。今年も大荒れ。

風が強く上部リフトがずっと止まっていたので今回はダイナミックコースを中心に滑りました。
昨日まで雪が溶けてザラッとした斜面に20cmくらい積もっている感じ。2018021701 このくらいの新雪だったらバンバン滑れる。

ダイナミックコースは非圧雪のことが多いのであまり普段は面倒なので近寄らないのですけど。ちゃんと均してあったらいいコースなんだけどなぁ。そういえば今平昌オリンピックの最中ですが、先日男子モーグルで金メダルだったカナダのミカエル・キングズベリーも昨年たいらを訪れモーグルをしていったのですが、フラットバーンのいいゲレンデです。

しかし、全然雪がやまないし、今日は全然人がいなかったのでいつまで経ってもモコモコのまま。

リフトが1本しか動いていなかったのでずっとダイナミックコースばかり滑っていました。

午前の最後の方にようやく上部へのリフトが運行を開始しましたので。上部に行ってみました。

2018021703_4

朝から誰も滑っていなかったのでフワフワ。当たり前だけど上の方が断然雪質が良い。

2018021704楽しい~♪2018021705結局雪は降り止むどころかさらにひどくなりました。結局上部リフトはこの後すぐに強風のため運休。しかし今日は午前券だけでしたのでここで終了。お昼ご飯を食べてラスキーフェスタイベントに参加。180217134419464_photo

丁度平昌オリンピックの男子フィギアスケートが放送されており、食堂はサテライトビュー状態。羽生結のスケートをみんなで食い入るように観戦。ジャンプが成功する度に拍手と歓声が。結果は皆様ご存じの通り見事日本勢初の金メダルでしたが、喜びを皆さんと共有することに。家で見ているより大勢で見る方が楽しいですな。2018021706

話がそれてしまいましたが、ラスキーフェスタのイベントの餅つきを息子が体験。180217135235926_photo

つきたてのお餅をゲット。モチモチで美味しい。

その後ビンゴ大会。何度も参加しているのですが、初めて参加したときに息子が今かぶっているヘルメットをゲットして以来一回も当たっていません。今年はどうか・・・。

私と妻と息子の3人で参加しましたが、今年は見事私だけがビンゴ当選。抽選の結果見事スキー手袋しかも結構高級品をゲット。しかしよく見たらなんか小さいぞ・・・。

ジュニアの手袋でした。私はもちろん妻も息子も小さくてはめられない・・・。

当たったのは嬉しいがなんの役にも立たないものをもらってしまった。結局会社の小さい子を持っているやつにあげることにしました。競技もしてないのにあんな手袋している子供はまずおらんぞ。でも子供をスキーさせるなら手袋をケチっちゃいかん。冷たくてめげてしまうので。180217145547928_photoその後毎年恒例のラスキー鍋というたいら牛乳をベースにした鍋が振る舞われました。私は腹一杯なのとホットミルク苦手なので食べませんでしたけど。

この後ジュニアのナイタースキー競技会が毎年行われるのですけど悪天候のため中止。競技のために集まっていた子ども達は残念でしたね。

また来年もラスキーフェスタにこれたらいいのですけど、来年こそ晴れないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

赤倉観光リゾートスキー場2018.2.11

先週はものすごい積雪でしたが、週末にかけて緩んで、山では雨が降る始末。ちょっと極端すぎ。今週末は3連休でしたが、土曜日は仕事。

先週は用事でスキーに行けなかったので、今週末は是非とも行きたいと思ったのですが、さて日曜日にするか月曜日にするか。天気予報を見れば県内は雨が降りそうな感じ。

上越方面はお昼から晴れそうと言うことで今回は日曜日に今シーズン初の妙高方面、赤倉観光リゾートに行く事に決定。

道の方はすっかり雪が溶けてしまってスムーズにゲレンデに到着。180211152400571_photo 今年は本当にたくさん雪があります。

今回は娘が部活だったので、息子と妻と3人。180211102533845_photo 午前中は気温が高いこともあってかずっと濃いガスに覆われて視界が効かない感じ。

前日にかなり緩んだのか雪はガリガリっとした感じ。

赤観はそう毎回毎回行こうとは思いませんがシーズンに一回くらいは行っておきたいと思うゲレンデ。もうちょっとゲレンデ同士のアクセスが良ければ2回行っても・・・。180211130500032_photo 昼くらいから寒気が入って来て冷えてきて徐々にガスも晴れてきました。180211133657667_photo 野尻湖も綺麗に見えました。180211143420541_photo さすがに三連休の真ん中と言うことでいつになく人が来ていました。外国人もかなり多かったです。

人が少ないチャンピオンBばかりを滑っていました。他のコースは人が多くて避けるのが苦痛ですので。チャンピオンBが一番いいゲレンデなのに一番人が少ないというちょっと不思議な人の流れ。

でもやっぱりコースの接続で一杯漕がなきゃいけないので結構疲れます。それでもいいゲレンデを持っているスキー場はやっぱり行きたくなるんですよね。

今回は撮影道具を家に忘れて行ってしまったので、滑っている画像は無し。

ちょっと天候的にどうかな?と思いましたが思いの外雪も天気もまずまずで行ってよかった。でもちょっと緩んじゃったのでもう一発降って引き締まって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

タカンボースキー場2018.1.27

今年は雪が豊富。なんぼ雪国富山といえども、一週間以上雪が降り続くというのは珍しい。

今週も一杯降りました。

みんな雪かきやら交通渋滞やらでうんざりしているのですが、スキー大好きの私にとっては気になるのは山の雪質。先週末に気温が上がって悪くなった雪が回復しますようにとそんな事考えてます。

今日も朝から雪が降り続く天気でしたが、雪がいい限りは滑りに行く!

でもあまり道路状態も良くないし、車が修理中で家族で行けない。こんな状況でしたので今回はサクッと行ける県内に行くことにしました。

今回は息子と二人での出撃。

行き先に選んだのは本当に久しぶりのタカンボースキー場。私がブログを始めてから行ったスキー場に対してはほぼ記事を書いているのですが、タカンボーの事は一度も書いたことが無い。だって行ってないんですもの。

近くのたいらスキー場にはいつも行っているのですけど、タカンボーはなかなか行く機会が無い。実は今まで一回しか行ったことはありません。しかも小学生の頃。ほとんど記憶が無いのですけど、息子にも新しいスキー場に連れていくいい機会。道路が悪いので高速を降りてすぐというアクセスも魅力。

ちょっと寝坊して7時過ぎに出ましたが、高速で行けば、タカンボーまでは1時間くらいで着きます。しかしまぁ、たくさん降ったもので、スキー場までの坂道は止まったら登れなくなるやつでした。対向車も前にもいなかったので一気に登ってゲレンデに到着。2018012701 タカンボーは下部に2本、上部に1本の3本のペアリフトがあります。けっこうマニアックなスキー場でいつもすいているのが魅力なのかな?

昨晩から結構積もりましたのでどうせ非圧雪状態なのかなと思っていましたが、やっぱり非圧雪。全面ふわふわもこもこ。こんな状態ですと今回みたいに気温の低い時でないと滑れたものではないのですが。この雪ならなんとかなる。

リフト券もお安く一日券3000円、子供2500円。しかもファミリー券というのを買えば、大人一人と子供一人で4500円。激安。スキー場のリフト料金や、サービスは毎年変わったりしますのであくまでも2017-2018シーズンの話ということで。

全然人が来ていません。私らがゲレンデに着いたときは8:10分くらいでしたが、30人くらいだったのではないかな?その後徐々に増えていきましたけど。

早速リフトに乗って一番上部に行きました。雪は断続的に降り続いていましたが、風がなかったので特に問題なし。2018012702 膝くらいまである新雪。息子にとっては膝上になります。バーッとかき分けながら滑ります。でもこのようなゲレンデ状況で運営するゲレンデって平日でもなきゃなかなか体験できないですからね。これも貴重な体験ということで。2018012703 これくらいの非圧雪になってくると、普段のゲレンデとは全く滑り方が違ってきます。あまりこんな状況の経験がない息子は四苦八苦。無理に板を曲げる滑りは通用しませんので。いい練習になるかな?2018012704 そのうちこつを掴んできてあまり転ばなくなりました。この板の使い方は平らなゲレンデでも生きると思います。

息子も「新雪の曲がり方がわかった」と言ってました。

しかし、やはり日本海側の雪なので素晴らしい状態と言えども重い。凄くふわふわの雪なんですけど、膝までの雪を巻き上げて滑るのは重いという事です。ゲレ板では富山の膝までの雪ではかなり厳しい。

楽しく滑れるのですけど、めっちゃ体力を削られます。何度も休憩しながら滑りました。今日はまったく圧雪してある斜面がなかったので逃げ場がない。

午前中滑って結構へろへろ。

息子も体力があるのですが、まだ深雪になれていないのでバリバリ体力削られてました。

しかも一緒なコースを繰り返し滑っているだけなのでお腹いっぱいな感じに。

お昼を食べて午後の滑りになったら運動不足もたたって太もももピクピクし始めてだいぶ限界を感じたので早々に帰ることに。1:00前に帰ったら、「それなら午前券で良かったんじゃない?」と言うことになるので、1:00をちょっと過ぎるまで滑って撤収。このあたりが貧乏性?

久しぶりのタカンボーでしたがこれはなかなかありかなと。状況によりますけど。今度はちゃんと踏んである斜面を滑ってみたいかな?なかなか楽しそうな斜面だったので。

これは筋肉痛になりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

栂池高原スキー場2018.1.14

今週の頭に弟から一緒にスキーに行かないかとの打診。
もともと行くつもりでいましたのでもちろんOK。

どこに行こうかと言うことになりましたが、毎月第三日曜日は白馬や妙高などで子供のリフト券無料なので、白馬に行く事にした。弟は甥っ子を連れてくるとのことで、そんなに上手くないのといったことがないとのことなので栂池に行くことにした。

先週は気温が高く、おそらく県内では雪の状態がかなり悪いのではないかと思ったのもある。

道路に雪はなくあっさり現地に到着。天候も良く上々。2018012101 前日に緩んだところに放射冷却でちょっとカリッとしていますが、締まった雪でした。2018012102 まずはいつものごとく人の少ない朝一のハンの木を滑ります。ビシッとフラットに仕上げられていて気持ちいい。2018012103 ついに先日板が届いた妻は、新しい板の感触を確かめています。昨年のモデルなのですが、レディースの最上位板で私の板よりも定価が高い。定価有って無いような世界ですけど。
今までの古い板とはきっと劇的に違うはず・・・。2018012104

2018012105ハンの木は人が増え始める10時までが勝負。ぶっ飛ばして滑られるのも最初のうちだけ。201801210610時頃に白樺に移動。だいたいいつもの流れ。2018012108ちょっとグザグザしてましたが、思ったほど悪い雪ではありませんでした。2018012109白樺を何本か滑ったらチャンピオンに移動。全然人がいなくて上から下までズバッと気持ちよく滑れました。2018012110そんなに極上の雪ではありませんでしたが。エッジの食いつきは良くて割と滑り安かった。180121121610567_photoお昼は、今年オープンしたばかりのカレー屋さんで、鹿とイノシシの肉のハンバーグカレー。珍しい食感でした。

午後からは、再びゴンドラで上に上がり、栂の森から滑りましたが、雪が降ってきて、それからしばらく滑って本日は終了。甥っ子も楽しんでくれたみたい。

しかし子供無料のサービスデーだったんですが、子供は本当に少なかった気がします。いたのは外国人の子供ばかり。

スキーの将来はどうなるのでしょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

たいらスキー場2018.1.14

先週の日曜日ですが、たいらスキー場に行ってきました。

木曜日から金曜日にかけての大雪で県内は大混乱。道路の除雪もままならい状態。

しかし天気予報を見れば、日曜日は晴天の予報。気温も低く、大量の新雪が降ったばかりの翌日が晴天という「スキーに行ってください」といわんばかりのコンディション。

しかし、ゲレンデにたどり着くまでがなぁ・・・。

さすがに県外までは予算と道路の都合で行くつもりはなかったのでたいらにともかく行ってみることに。

この日は京都府の国体選手を決める試合のためにコースの大半が閉鎖となる予定でした。
そのために一日券が割引でなんと2000円!これはチャンス。たいらは各種大会がたくさん開催されます。もともとそれ目的のスキー場なんでしょうがない。

心配していた道路ですが、割とちゃんと除雪がされてあり、なんとか行けました。

着いたら、大会に参加する選手以外は全然客がいない。そりゃそうだ。あの大雪の翌日にスキーに行こうなんて思わないですよね。2018011401 早速ゲレンデに飛び出します。スカイラインコースが大会で使用されていたので、滑れるのはダイナミックコースとセントラルコースのみ。

ダイナミックコースは完全非圧雪。膝くらいまでのふわふわの新雪が積もってます。軽い粉雪を巻き上げて滑るのは気持ちいいし、格好いいのですけど、富山県では膝くらいの雪を舞いあげて滑るのは実際かなり条件が厳しい。

普段は膝くらいあると重たくて滑れたものではありません。水分を含んだ雪ですので。ボードとか、ファットスキーならまだなんとかなるんですけどね。2018011403 でもこの日のコンディションならバッチリ。結構爽快。2018011402 息子も頑張るんだけど、どうも深雪は上手く滑れない。内足を持ち上げて板振り回す癖治せば滑れるようになるのだ!板をずらす滑り方では深雪は滑れません。あまり経験しないですからね。2018011404 ガハハハ、まだまだ経験不足だのぉとばかり親父の威厳を見せつけます。2018011405 ダイナミックコースの急斜面を気持ちよく疾走。でも本当はバシッとピステンかけられたダイナミックを滑りたいのであります。2018011406
2018011407
2018011408前半戦は主に非圧雪のコースを中心に滑りました。天気は良かったので徐々に緩んできて深雪滑るのも疲れてきました。ちなみに妻はこういった感じが苦手。2018011409 午後からは大会も終わってスカイラインコースも開放されたので、早速滑りに行きます。雪はいいし、天気もいいし、人は全然いないし最高!2018011410 爽快!2018011411 結構滑って、満足したので2時くらいには撤収。そういえば、昨年10数年使っていた板をやっとの思いで買い換えた私でしたが、妻もついに板を買い換えることに。残念ながら大雪の影響でこの日の前には届かなかったのですけど、長年使った板も今日でお別れ。

次回から新しい板になります。これでちょっと滑りも変わるかな?まぁ、私も昨年ついに腐った板からロッカーに替えたら結構劇的に変わったのできっと曲がりやすくなることでしょう。

雪のいいたいらは楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

八方尾根スキー場2018.1.7

成人式三連休の真ん中、スキーに行く事にしていました。前日の晩にちょっと降って朝から晴れるというグッドコンディションが予想されていたので、こいつは八方のアーリーモーニングのチャンスと思い、八方に決めました。

昨シーズンも天気の良い日を狙って八方のアーリーモーニングに行ったのですが、思いの外良かった。

でもせっかくなら朝焼けモルゲンロートの中を滑りたい。かつ雪の状態のいい日がいい。八方は強風の日が多いので風の無い日。そしてアーリーモーニングは日曜日、祝日しかやっていない。

以上の条件に合致する日。まさに今だ!

ここのところ八方のリフト代もズルズルと値上げされ、17'-18'シーズンの今年は大人一日券5200円。ちょっときつい。昨年からファミリー割引などのクーポンが廃止され、さらに厳しい。

先日栂池に行きましたが、栂池の一日券も5100円と結構高い。しかし、小学生の子供を含む大人3名の四人のファミリーパックで14000円とかなりお得。同じ組み合わせでクーポンのない八方に行くと18600円になっちゃう。(17'-18'シーズン)一人分タダくらいの勢いで値段が違うのであります。

各スキー場が子供がゲレンデに来る事が将来のスキー人口の確保に繋がると思っているのに、その時代の流れに逆行してますな。子供なんか絶対に一人で来るわけないんだし、大人は割引なんかしなくてもいいから、子供とファミリーは優遇すればいいのにと思うのですが、まぁ、八方はファミリーが来て楽しいかというと、下部はともかく上部はその種のゲレンデではちょっとない気はしますけどね。

それをわかっていて、「どうせ子供なんか来ねぇから」と割り切っているようにさえ思えますな。

と、まぁ前置きが長くなってしまいましたが、アーリーモーニングに向かうべく準備。今回は娘が部活で来られなくて、息子と妻と3人でのスキーになりました。

アーリーモーニングはリーゼンスラロームが早朝解放されます。6:40分に名木山の第二トリプルリフトが運行開始。リーゼンスラロームに向かって上がります。

昨年はちょと遅れていったら結構な行列だったので、6時には現地について並ぶことに。

朝1発目の人のいない真っ平らなリーゼンをぶっ飛ばす目的なので、せっかく行くのだから多少の努力はします。

朝3:00過ぎに起きて、4:00前に出発。朝の6:00に予定通り名木山に到着。前日から駐車場に泊まっている人もいますね。180107061231159_photo すぐに夜明け前のリフト前にスタンバイ。前から20人目くらいでしょうか。まずまずのポジション。すぐに飛び出せるように、準備体操を入念に済ませます。180107070829978_photo リフトを降りたらすぐにそのまま一気に1本目。さすがに長いリーゼンをノンストップで滑り降りる体力はないのですけど、ほぼノンストップで撮影もせずにロングターンで滑走。めちゃめちゃ爽快。放射冷却でキンキンに締まった雪面がターンの度にギューッと心地よい音を出します。エッジもサクッと雪に刺さって切れ味の良いカーブを描けます。(写真は全部2本目以降のもの)2017010701_2朝に並んでまでリーゼン滑る人はほぼ同じ事を考えているのだろうから、1本目はみんな一気に滑り降りる。つまりみんながみんなそうすれば、自分の滑っている前に人はいないということになる。

さすがに上手い人ばかり。初心者やボーダーを気にしないでリーゼンをぶっ飛ばせるのは平日以外だとこんな時でもないとね。180107073001093_photo徐々に日が上がってきて、鮮やかなモルゲンロート。東向きの斜面ですので斜面が鮮やかなオレンジ色に輝きます。2017010704はっきり言って凄く価値のあるのは1本目のみ。2本目以降はどんどん人が増えてきます。それからは朝焼けは綺麗ですが、ゲレンデは通常と変わりません。ちょっと撮影したりしながら後はゆっくり。

日祝はゴンドラの運行が7:30からなので3~4本ほど滑ったら、ゴンドラが人を大量に運んできます。一気にリーゼンに人が増えてきますので、次は誰もいない朝一兎平を狙いに行きます。2017010705真っ平らの兎平を次は一気に。凄く冷えていてターンの度に細かい雪煙が舞い上がります。2017010707兎平を数本滑ったらさすがに足がプルプルになってきたので兎平のカフェテラスで休憩。この時点でまだ8:00過ぎ。2017010706今日は白馬三山も美しく見えていました。風もあまりなく、最上部のリーゼングラードがオープンしたら一応行って記念写真。凄く寒い。でもゲレンデ自体は整地されてなくて堅くてパリパリの状態でしたので、一本で終了。2017010708今度は黒菱方面に向かいます。2017010709まだ人もあまりいないので気持ちいい。2017010710そのままスカイラインコースに向かって。数本スカイラインを滑ってから2回目の休憩。

さすがに連休中日ということで人が多く、普通のペアリフトであるスカイライン第二ペアにはリフト待ちの列ができました。それにしても外国人の数は年々増えていきます。相変わらず凄く多くの外国人が来ています。

人が多いのと、ゲレンデの状態があまり良くなかったのとでスカイラインを後にして再び兎平に上って早めの昼食を食べるためにパノラマコースに向かいました。2017010711ゴンドラにまだ乗ってなかったのでゴンドラに乗りにセントラルコースを降りました。随分下の方のこのゲレンデでもかなり良い雪質。今のところ今シーズンは雪に恵まれています。2017010712再び兎平に戻ったら、兎平らしくボコボコ。今日は雪が比較的柔らかかったし、大勢の人が来ていましたからね。さすがにもうコブ滑る気も起きないので再びスカイラインに行き数本滑って、スカイラインも荒れてきたのと人避けながらになってたのでパス。2017010713黒菱の緩斜面で息子に少し真面目にスキーを教えてました。息子は随分上手くなりましたが、ここから先に行くには「楽しい~」だけじゃなくて上手くなるための努力が必要だよ。

黒菱は上手い人たちがたくさん練習しているので目の保養にもなります。2017010714他のゲレンデではなかなか見られないような凄く上手い人が多いですので見ているだけで楽しいです。2017010715朝から結構滑ったので足の方も疲れてきましたし、今晩同僚と飲む約束しましたので、2時過ぎに下山。

今日は一日中天気が崩れないばかりか気温は低かったですので雪もいいままで最高の一日でした。最高の一日に滑りたいのが八方ですので、今回は来て良かった。

また絶対に天気がいいと言う日を狙ってアーリー行きたいかな。やっぱり朝早く行って満足するまで滑っても早く帰れますし。

今日は朝3:00に起きて朝から15:00まで滑って、18:00から居酒屋で22:00過ぎまで酒を飲むという盛りだくさんな一日でした。

そういえば成人式だったようで、そんなグループも大勢で飲んでました。

さすがに疲れましたけど、今日は心地よい疲れでした。もうちょっと体力が必要と感じる今日この頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

栂池高原スキー場2018.1.2

毎年元日は妻が仕事に行くので我が家ではそんなに正月らしい感じはない。仕事なんだから仕方がないのだけど、世のため人のため、従業員の家庭のために元日営業辞めればいいのにね。

そんなわけで毎年2日の日にスキーに行ってその帰りに妻の実家に行くのが常なのだが、今年もそのパターンで行くことにしました。

去年、一昨年と雪不足で正月のスキーは石やブッシュが見えていたりと見えていたりとひどい状態だったのですが、今年は年末から雪に恵まれてどこのスキー場もバッチリな状態です。

天気予報を見れば午前中はなかなか天候が良さそうなので今年は栂池に行くことにしました。

リフト運行の8:00前にゲレンデに到着。前日降ったサラサラの雪がふんわりと。気温も低くいいコンディション。さぁ、着替えて出発と思いスキー靴を取り出したら、娘の靴が前に履いていた靴!!

げ、娘は今シーズン初滑りなので間違えて持ってきた。もちろん小さくて履けず。その前に板に合うわけない。というわけで靴だけレンタルする羽目に。なんだかなぁ~。無駄な出費。20180102001 早速ゴンドラに乗って山頂に出発。昨日は一日中家にいたし、天気も悪かったので、私自身の初日の出。20180102003 良い雪質。今日は道も悪かったせいか朝一は人が少なくて爽快。20180102004 まずは人が少ないうちにフラットなハンの木を何本か滑ります。20180102005 娘は今回が今シーズン初滑り。部活なんかであまり一緒に行けないのですが、今シーズン何回行けるかな?20180102006 ハンの木をバンバン滑って10時くらいになると初心者ボーダーの群れが上がってきて荒れてくるいつものパターンで、そこから白樺へ移動。そのあたりから結構晴れてきて人も少なかったのでコースの上から下まで一気滑りを何本か。

気持ちいぃ~。結構足ガクガクになりますけど。

午前中一杯白樺にいて下に降りて昼食をとり、再びゴンドラで上に登ります。20180102007 最上部の栂の森を何本か滑ります。やっぱりここの雪質は他とは違っています。結構気温が低い。20180102008 最後にチャンピオンゲレンデに向かおうと思いましたが、馬の背が滑れたのでどうせならと行ってみました。柔らかい良い雪質でしたが、結構掘れてましてボコボコ。午前中に怪我してパトロールに連れられて馬の背から運ばれている人もいましたから、あんまり初心者お勧めできませんね。

今回の締めについにチャンピオンに行きました。昨年も一昨年も雪不足のためにチャンピオンは滑りませんでした。チャンピオンはいいゲレンデなんですけど、ちょっと低いところにあるせいか雪の質は他よりは悪いんですよね。

もちろん今回のような状況なら申し分ない。チャンピオンをズバッとぶっ飛ばして滑れます。
人も少ないですしね。20180102009 こんないい状態のチャンピオンは久しぶり。年に1、2回しか栂池には来ませんけどね。

今回は妻の実家にいかなくちゃいけないのと、比較的一本一本の滑走距離が長かったので足が結構ガクガクになってきたのと、娘は初滑りで結構満足という感じでしたので3時前には切り上げて帰りました。

正月だから凄く遠くからのナンバーの車も多く駐車場に停めてありましたが、それにしても雪がなかった昨年、一昨年はともかく、雪があっても年々正月のスキー客の数は確実に実感として減っている感じがありますね。外国人は随分増えましたけど。

感覚なので実際にどうかはわかりませんけど。もうちょっとスキーヤーがゲレンデに戻ってくればいいんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

たいらスキー場2017.12.17

忘年会シーズン、何かとお酒の機会が多く、金曜日の夜も飲み会で、土曜日の夜も知り合いと飲みに行き、少々お疲れ気味だったのですが、今週末スキー場がオープンすると言うことでこれは行かねばならないと、朝どうにか起きてきて荷物を積んでゲレンデに出発。

前日飲んでいた事もあり、朝早くは出かけられないので行き先は県内。日曜日から通常本格営業となった「たいらスキー場」に行きました。

昨年は雪が少なかったのですが今年はどうやら出足好調。12月のこの時期に積雪十分で県内のスキー場に行けるのは数年ぶり?

昔私が子供の頃は県内のスキー場も12月の最初の土日がオープンだったような覚えがありますが、暖冬の影響で年内にオープンすればいい方ですね。

スキー場までの道路は除雪が完全じゃなくて苦労しましたが、9:30頃にゲレンデに到着。まだ滑れるゲレンデはそんなに多くないこともあり、結構な人が来ていました。

前日から雪は降り続いていて、道路の様子を見る限り、一晩で30cmくらいは積もったのじゃないでしょうか?2017121702_2 さぁ、いよいよ今シーズンのファーストラン。2017121704 結構ゲレンデはモコモコ。

雪は多いといってもまだシーズンの初めで気温はそんなに低くないので、雪の質から言うとちょっと湿っていますが、12月と思えばかなり上等かな?

昨年は息子の部活のこともあり、全然行けないシーズンでしたが、今年はそんな制約もなく、たくさん行きたいと思います。そんな意味ではこの雪はシーズンの幸先が良い。

ずっと雪は降り続いていましたし、シーズン最初なので、半日券を購入。ほどよく滑って温泉に入って帰ってこようと、まずはシーズンのウォーミングアップ的なスキーにすることにしました。2017121705 ここ一年で凄く身長が伸びた息子。去年までの板はもうはけなくなったので、今年また板を替えました。去年よりも20cmくらい一気に長くなって最初は戸惑っていましたが、すぐに慣れました。もう板の長さ的にはジュニアは卒業。滑り的にもジュニアの道具じゃ無理。2017121701 数本滑ったら感覚も戻ってきて、調子に乗ってきましたが、やはり体がなまっていて体力がない。脚力が衰えているのかな。

特にここのところ2、3ヶ月前から40肩とおぼしき肩の痛みに悩まされており、左の肩がかなり痛い。

ストックワークにもちょっと支障を来します。腕が上がらない訳ではないのですが、あげると痛いんですよね。なんとか治さないといけないのですが。2017121703 お昼頃に結構満足して終了。

年内にもう一回行けるかな?

帰りには温泉に入ってゆっくりと疲れを癒やして帰って来ました。

今シーズンがいいシーズンになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

栂池高原スキー場2017.2.6

週末は息子は野球の練習、娘は部活となかなかスキーには行けない今シーズン。

今日は月曜日なのだけど、先週の土曜日に小学校が授業参観だったために小学校が振り替え休日。なかなか休みに行けないならこんな日くらいは連れて行ってやるかと、妻も私も休みを取って、平日スキーに行くことにしました。

本当は県内位を軽くと思っていたのですが、思いの外土日の気温が高く、今日の気温もあまり低くなさそうなので、ゲレンデべっちょり、みぞれもしくは雨というコンディションで滑る気なかったので、しゃぁないから県外に行くことにしました。

今日は一日中降り続き、天候は期待できないので、ちゃんと雨じゃなく雪が降る一番近い所と言うことで栂池に行きました。

そういえば平日に白馬方面に滑りに行ったことはちょっと記憶にありません。

前日の夜から降り続いていたようで、栂池の近くに来ると結構道路に積雪がありました。平日と言うことで除雪も進んでおらず、道路にはシャーベット状の雪が15~20cm積もってました。

国道から栂池まではヘアピン続きの結構急な登りになるのですが、四駆ではない我が家の車では、降りっぱなしの15cmの積雪では途中でスタックして登れず、まさかのチェーン装着の羽目に・・・。

そんなこんなでゲレンデに着いたら、駐車場にも大量の積雪が。結構降ったのね。20172601 平日と言うことで人は少なかったのですが、外国人はむしろ休日より多い感じでした。外国のスキー場に来たような感じすら受けます。客の半数近くは外国人だったんじゃないかな?

ゴンドラに乗って上部に行くと、上の方ではサラサラの雪がどんどん降り積もっていました。20172602 しかし、さすが平日と言うこともあり、まったくの非圧雪。ゲレンデに来ている人の比率を見れば、日本人はほとんどがスノーボーダー。スキーの人もファットスキーはいている人が非常に多かった。多数決で言えば、非圧雪の方が喜ばれるような状況でしたので、少数派のスキーの我々は非圧雪でも我慢して滑ることにします。20172603 ハンの木のゲレンデです。正直粉雪巻き上げて滑るほどには雪の状態がよくない。重ための雪。普通の板の我々は引っかかってつんのめって、非常に疲れる。視界も悪いので斜面状況がつかみづらく、吹きだまりに板突き刺さって何回かもんどりうってコケたりしました。

ハンの木がモコモコだったので、白樺ゲレンデに移ってみた。20172606 やっぱり非圧雪モコモコ。途中休憩などを挟みながら滑りました。状況的に足がめっちゃ疲れるんでねぇ。20172609 雪は断続的に降り続いていますが、そいつは別にかまわないっちゃぁかまわないんですけどね。

前回栂池に来たときにチャンピオンコースには行けなかったので、今回行ってみようかなとも思ってたんですけど、この非圧雪の状況だと行ってもあまり意味ないのでやめ。

午後からはハンの木も人がたくさん滑ってもこもこではなくなったので、そこを中心に滑りました。ちょっとボコボコ荒れてましたがそこそこ爽快に滑ることができました。20172610 降りて三時頃くらいの早めに時間に撤収。モコモコ一日滑って疲れましたしね。

そういえば息子はやはり大きくなってくると上達のスピードが速くなってきたなぁ。さすがにまだまだ私にはおよばないっちゃぁおよばないんだけど、「上手くなりたい」と思って滑ってるのがいいね。

「ヒャッハー、楽しい楽しい」でも悪くはないんだけど、それじゃぁあまり上手くはなりませんからね。もちろん上手くならないならならないでもいいじゃんといえばその通りなんですけどね。上手くなりたいなんてものは自己満足ですからねぇ。上手くなって損することはほぼないから上手くなるにこしたことはないんですけど、スキーをやる人間がすべからく上を目指すべきかというとそうでもない。

私も一応この歳になってでも上手くはなりたいと思ってはいますからねぇ。ものすごい努力はしてませんけど。でも上達したいって欲求がなくなると、こうやって暇を見つけてはスキーに行くというモチベーションが保てないかもしれませんね。

いまだにすげぇ上手い人が滑ってたりしたら、「ほえぇ~、あんな風になりたいなぁ~」とか年甲斐もなく思ったりしますからね。

息子は、上達したいと思っているから最近上手な人の滑りを見たり、技術的なことを質問してきたりするようになりました。それが一気に腕が上がった要因だと思う。

こっちは簡単に抜かれないように高い壁であり続けられればいいのですけどね。高校生くらいになるまでは負けないようにしないと。

今日のような非圧雪な斜面や、先週行った八方の兎平のような巨大なコブ斜面などでは、もう妻を超えつつあるかも。基礎的な滑りの美しさではまだまだですけど。

自分が上達している実感のある時はスキーが一番楽しい時かもしれない。だから息子も今はスキーが楽しいんだろうなと思う。だから、なかなかスキーに行けない状況でも今回のように仕事休んででも連れて行ってやりたいなと思う。

息子が一回スキーに行って上達する量を数値にして10くらいとすると、私なんかが一回行って上達する量なんて、0.001くらいのものかも。つまり何回滑っても全く変わらない。衰えで退化して行く分をどうにか現状維持で保つくらいのもの。

できなかったことができるようになるよりも、できることができなくなってくる歳ですわ。

もっとも、息子はここから先に行くのが高い壁を越えなきゃならないような段階に来ていますからね。こっからが先が長いのじゃ。奥が深い!

と、まぁ「スキーがんばるぞ!」的な内容のことを書いてはいるんだけど、下手したらこいつが今シーズン最後のスキーにならんとも限らない。

本当はもうちょっと行きたいんだけど、やはり息子の野球など、今シーズンはいろいろ忙しいから。

息子には一応今シーズン最後かもしれんぞと言ってはいましたが。もちろんなんとかなるときはなんとか行きますけどね。

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

八方尾根スキー場2017.1.29 part2

前回の続き。

リーゼングラートから次に向かったのがスカイラインコース。

まだ人がまばらなうちに美味しい所をいただきます。201712910 まだ、人の全然いないスカイライン。久しぶり。フラットな一枚バーンもいいのだが、ここの斜面は変化に富んでいて、片斜面だったりしてそれはそれで面白い。

一本滑ったところで、ずいぶん滑ったのでしばし休憩。170129092818047_photo 青空と白馬の山並みをバックにビールをキュイッと。うまい!

そのままスカイラインを何本か滑って、10時過ぎに早めの昼食にした。朝早かったですからね。

パノラマコースのサンテラスパノラマで今回は昼食。

今回は名木山ゲレンデから入山したので、まだゴンドラに乗っていなかったのだが、そのままセントラルコースを下ってゴンドラに乗ることに。201712911 正直ここまで下がってくるとカリカリであまりいいコンディションとは言えなかった。

ゴンドラは列もなくすっと乗れました。相変わらずなんですけど麓の方に行けばかなりの数の外国の方が来てますね。年々増えてきています。日本人は年々減っている感じがしますけどね。

ゴンドラに乗って、再び兎平に戻って何本か滑りました。午後からは風も出てきましたがこれはいつものことです。

さすがに昼頃ともなると兎平も荒れてきて斜面の至る所に起伏とアイスバーンが顔を出してきました。201712912 兎平名物のこぶこぶの斜面は相変わらず深いギャップでしたが、息子が楽しそうに突っ込んでいきます。どうやらこういったのも最近面白くなってきたみたい。

私も若い頃は好きでした。というか、私の若い頃なんてどこに行ってもこんなコブコブの斜面ばかりでしたしね。兎平は今では半分をフラットにして半分コブを残してあるのですが、昔は全面コブコブの斜面でしたし。

兎平のコブ斜面に突っ込むにはちょっと体力不足なので私はパス。息子の滑りを眺めるだけにしておきます。

再びスカイラインに移動して、後はほどよい時間までそこで滑って本日は終了にしました。201712913 スカイラインは終始人も少なくて雪もそこそこよかったので楽しんで滑れました。非圧雪の部分も滑ったり、いろんなバリエーションでのコース取りができるのもこのコースの魅力です。201712914 2時過ぎくらいで切り上げて、兎平に向かって登って行きました。なにせ7時前から滑っていましたからね。201712916 最後にリーゼンスラロームを降りて行きます。この時間になると朝の爽快感はまったくありません。兎平から下は結構カリカリでしたから。201712917 名木山ゲレンデを最後に滑って降りて終了。名木山ゲレンデを滑ったなんていつ以来だろうか?20年振りくらいのレベルで久しぶりでした。どんなコースだったのか記憶にもなかったくらい。

今回は朝早くから滑ったので、朝のいい部分を一杯堪能できました。やっぱりどこのスキー場でも言えるのですが、朝一ですね。

早めに帰ることができたのもよかったです。

おそらく今シーズンはもう八方で滑ることはないと思いますが、いい状態の八方にめぐり会えてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧