スキー

2021年4月12日 (月)

2020-2021シーズンまとめ

先月末の志賀高原でのお泊りスキーにて今シーズンのスキーを終えました。

というわけで、毎年恒例の今シーズンの総括をしてみたいと思います。

今シーズンは昨シーズンの雪不足とは打って変わって、年末から積雪があり、年始には記録的な大雪と、そんなに雪の量は心配しなくてはよかったのですが、全体的にいえば一発すごい寒波は来たものの暖冬だったのじゃないかな?

特に3月になってからは凄く暖かかったですし、最初は良かったけど最後はあまりいい状態ではなかったかもしれません。

昨シーズンは雪不足でほとんど県内では滑れませんでしたが、今シーズンは逆に仕事が忙しくて県内中心になりました。

息子が受験生という事で、ファミリーで出かける機会が少なくて、一人で滑りに行くことも増えてきました。

昨シーズンはコロナの影響が冬に始まり始め、徐々に感染者が増えていく中で4月7日に一回目の緊急事態宣言が出されましたから、まだゲレンデなどには外国人の姿も見られましたが、今年は結局1年を通じてコロナ過は続いており、首都圏でも緊急事態宣言が再び出されるなど、外国人はもちろん、日本人スキーヤーの数もずいぶん減りました。

昨年は雪不足。今年はコロナとスキー場経営にとっては苦しい状況が続いています。もちろんスキー場だけでなく周辺の宿泊施設、食堂などの関連施設もつらい状況が続いておりますね。

さて今シーズンは仕事も忙しい中どうにかこうにか行ける時には行きましたが、どのくらい行けたでしょうか?

たいらスキー場 2020.12.26

栂池高原スキー場 2020.12.31

たいらスキー場 2021.1.3

たいらスキー場 2021.2.7

たいらスキー場 2021.2.11

志賀高原スキー場 2021.3.13

志賀高原スキー場 2021.3.14

志賀高原スキー場 2021.3.27

志賀高原スキー場 2021.3.28

一応漠然と1シーズン10回を目標にしてはいるのですけど、今年は9回にとどまりました。

うち県内はたいらスキー場に行った4回でそれはすべて半日券でのライトなスキー。しかもそのうちの3回は一人でのスキーでした。

毎年八方に行っているのですけど行くタイミングがなかったのと、コロナ過で朝一リーゼンが開催されなかったので行きませんでした。八方行くなら朝一リーゼン込みで行きたい。

9回とは行ってもうち2回は泊まりですので本当に行けなかった印象。

一番雪の良かった1月から2月の間に1ヵ月丸々仕事で行けないという事もあり、2月から3月の間もまた約1か月行けなかったりと、残念なシーズンに終わりました。

3月の終わりにようやく泊まりで志賀高原に2回行きましたが、その時には春スキーになってしまっていました。

いつも家族4人で滑りに行っていたのですけど、今シーズンは家族そろって行ったのは年末の栂池と、3月の志賀高原の2回だけでした。

息子が受験生という事もあり、娘は来年になれば受験生。その後大学に進学することになると思いますので下手したら4人そろって滑りに行くのはこれが最後になってしまうかもしれません。

もちろん機会があれば4人でまた滑りに行きたいと思っているのですがどうなりますか?

今年からは我が家のスキーのありかたが少し変わった気がします。一人で行く機会も増えて行くかもしれません。

今年はあまり行った事のない所や、初めて行くスキー場を訪れることはできませんでしたね。

来年はどうなるでしょうか?雪は降るのか?コロナは収束しているのか?冬に仕事は忙しいのか?

これらの条件が全部かなって来年はいいシーズンになればいいと思います。

体力も徐々に落ちてきていて、ガンガン1日滑ることが難しくなってきていますからね。バンバン行くなら体力的にも改善しないといけないんですけどなかなかねぇ・・・。

ちょっと不完全燃焼のシーズンとなりましたが、来年に期待。

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

志賀高原スキー場2021.3.28

志賀高原の二日目。あまりスキーに行く時はそんなにお酒を飲まないのですが、前日そこそこ飲みましたので、朝から温泉に入ってスッキリ。

朝食のバイキングを食べて運行開始の8:30にゲレンデに出ます。

昨日は穏やかないい天気だったのですが、今日は風が強く、焼額のゴンドラも、東館も寺子屋も動いていませんでした。

朝から気温も高く、昨日緩んだ雪もそのままの状態で、昼前には雨の予報とそんなに良くはないはず。

でも昨日けっこう楽しいスキーをしましたし、満足と言えば満足。Line_3964601632330007まずは高天原からリフトで上に行きます。本日は元々午前中だけ滑って帰る予定ですので、雨が降る前にパパっと滑って切り上げれば上等。

昨日はツアーしましたが、肝心の一ノ瀬を通過しただけでほぼ滑っておりませんので、今日は一ノ瀬を中心に滑ることになりました。

はっきり言ってこの雪の状態だと、高天原、一ノ瀬パーフェクター、寺子屋くらいしかまともな雪のところはありませんので、私だったら嫌になるまでずっとパーフェクターローテーションでもよかったのですけどね。

一ノ瀬のクワッドは結構な人でした。焼額のゴンドラも寺子屋も風で動いていませんので必然と一ノ瀬に人が集まります。

けっこうな人でしたね。ただでさえ悪い雪なので見る見るうちに荒れていきます。Vs210328005前回来た時には閉鎖されていて滑られなかったパーフェクターをついに滑ることができました。木の陰で日当たりと風当たりが弱いのですぐ隣の一ノ瀬ファミリーの正面とは格段の違いがあります。

でもなぜかみんな正面ゲレンデを滑ってあまりパーフェクターには来ないんですよね。なんでだろ?まぁ混んでもらいたくないのでちょうどいいのですが。Vs210328006そんなにいい状態ではありませんでしたが、それでもパーフェクター楽しいですね。ここを滑られないと一ノ瀬の価値が半減どころじゃすみません。わたし正面ゲレンデは荒れるし、人をよけなきゃいけないし、無駄に斜度きついし好きじゃないのでパーフェクターがあればそれで満足。210328_0930411本当は昨日も滑りたかったのですが、ようやくパーフェクター滑れましたので大満足。これで今回のスキーでは思い残すことないかな。

正面ゲレンデも滑りましたが、荒れてるし人は多いしで、滑るってよりはよけながら降りるって感じになってまったく楽しくはありませんでした。

昨日の疲れもありますし、そんなに頑張って滑るって程状態もよくないので、いい加減に高天原に帰って一本滑っておしまい。

片付けてホテルに戻ったら空から雨が落ちてきましたのでいい頃合いで引き上げましたね。

春スキーで雨の中滑るってなんかの修行しているわけでもありませんのでよかったよかった。

お昼ご飯はみんなで帰り道に食べて夕方には戻って来れました。

まだまだ志賀高原では四月に入っても滑ろうと思えば滑れるのですけど、これで今シーズンのスキーは終了。

あまりいい時期に仕事などで忙しくて行けませんでしたが、最後の締めに続けて志賀高原に泊まりで行くという贅沢ができました。

来年からは息子も高校生ですし、部活やら何やらで一緒に行く機会も減っていくと思います。

来年もまた志賀高原に来られたらいいですね。

| | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

志賀高原スキー場2021.3.27

三月も最後の週末。今シーズンいよいよ最後のスキーという事で志賀高原にお泊りで行ってまいりました。

今回は息子と二人のなのですが、お友達の団体に誘われまして、久しぶりに家族以外の団体でのスキーにお邪魔させてもらうことになりました。

車にも乗せて行ってもらいまして、志賀高原に運転しないで行くなんて高校生の時以来です。

朝早く集合して車を連ねてスキー場に向かいます。

暖かい日が続いて平野部では桜の開花が始まっておりますが、そこはやはり志賀高原、ゲレンデに近づくと路面には積雪が。

今回は高天原のホテルに宿泊するのですけど、宿に泊まっている車の上には10cm程の新雪が積もっております。

天気もいいし、こりゃぁ最高の春スキーになりそうな予感。210327_0919331_20210329111201さっそく高天原のクワッドに乗ってそこからスタート。遠くの山々まで一望できるいい景色の中スタートします。

積もった雪はなかなかいい雪で、べちょべちょの春スキーを予想していたのにいい意味での肩透かしをくらってしまいました。

グリップもいいし、すごく楽しい一本を堪能しました。

今回は団体スキーで私は連れて行っていただいている立場なので、付いていく感じなのですが、皆さんすごい腕前の方が多く、指導員免許を持っている方もおられます。

いつも気ままなファミリースキーの私ですが、久しぶりに教えを乞うてちょっといろんなことを意識して滑ったりして、なかなか久しぶりに練習って感じのスキーをしまして、楽しいです。

この年になると人に教わる機会はなかなかないですからね。貴重な体験。特に息子にとってはスキーを指導してもらえるというのはこれからもう一伸びしなければいけないのでありがたい。Dsc_0690昼からは気温も上がってきて雪は緩んでくるでしょうから、朝のうちのフレッシュな高天原を堪能いたします。

私は先々週も志賀高原に来ましたし、ここのところ数年にわたり年に一回は来ていますので、マップや接続は全部頭の中に入っておりますし、ほとんどのゲレンデを滑ったことがあるのですけど、同行の人にとってはあまり来たこともない人もおりますので、初日は志賀高原らしくツアースキーをすることになりました。

高天原からタンネ、一ノ瀬、ダイヤモンドを経由して焼額に行くことになりました。210327_0936472前回来た時には焼額の第2高速が故障中という事もあり焼額には行きませんでしたが、ようやく直りまして、今シーズン初の焼額です。

しかし、焼額のゴンドラはコロナのための制限をしておりますのでひどい待ち時間なんだろうなぁと思ってましたら案の定結構な行列。

オリンピックも非圧雪とのことでどうせ行っても面白くないし、焼額は正直雪も悪いし、オリンピック滑らないなら焼額にいる意味がほぼないので、天気もいいし、パノラマコースからの山脈を眺められればそれでよしかなということで、第2ゴンドラに乗ってそのまま一ノ瀬に戻ることになりました。Dsc_0692一応お約束の記念写真だけ。210327_1024582天気のいい日のパノラマコースは一回滑る価値はありますね。一ノ瀬を正面に見ながらの気持ちのいい一本を滑ります。Dsc_0694北アルプスの山々もきれいに見えています。「ビューポイント」って看板今年からかな?ここじゃなくて、この手前にないと通り過ぎちゃうかもね。私は場所知ってますからそこで止まりますけど。Dsc_0695再びダイヤモンドに戻って早めの昼食にします。すごく暑くて結構汗かきました。もちろん生ビール。一気に半分ほど飲んじゃいました。喉カラカラだったので。しかも一杯じゃ済まなくておかわり。

お昼からは寺子屋に向かいました。とりあえず一本滑って、ジャイアントに行きたいとのことで、降りていくことに。210327_1256404下の方はベチョベチョ。天気がいいので景色がいいのですけど、板に張り付くストップ雪で前にすっころがりそうになります。これは非常に疲れる。

滑らない雪でジャイアントに行くのも大変。坂道をまともに歩いて登らないといけません。いつもなら滑ってシューって行けるんですけどね。

前回来た時はジャイアントには行きませんでしたし、確か昨シーズンも行かなかったので久しぶりのジャイアント。210327_1316111かなり緩かったんですけど、ストップするほどではなくてそこそこは楽しめましたが、何回も滑りたいかというとそんな気もしないという感じ。

東館ゴンドラで再び高天原方面に戻ります。Dsc_0696東館山山頂駅の展望台からの眺めを楽しみます。

最後は高天原でレッスンしてもらいながら滑って今日のスキーは終了。案外最後まで雪は悪くなりませんでした。

久しぶりにプルークなどの基礎練習をしましたので足がプルプルになりました。

上がって宿で温泉に入って、夜まで結構ビール飲んじゃいました。

最後はさすがに眠くなって早めにご就寝。

大勢で来るスキーはなかなか賑やかでこれはこれで楽しんですね。そんなことする機会ってなかなかありませんからね。

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

志賀高原スキー場2021.3.14

散々なスキーとなった1日目の次の日。Dsc_0658昨晩降った雪がうっすらと車の上に積もってます。天候は悪くなさそうですが、相変わらず風が強い。今日もリフト動かなかったらどうしましょ?という不安が・・・。

しかし、今日は高天原のクワッドも朝から動いています。当初の予定では初日に中央エリア、2日目に焼額のつもりだったのですが、焼額にまで行って強風でゴンドラが動かなくなったらバスに乗らないと帰って来られないリスクもあるので焼額はあきらめました。

そもそも一ノ瀬から焼額に向かう時に絶対に必要となる焼額の第2高速リフトが故障中で滑って移動することができません。これじゃぁあきらめざるを得ません。かなり古いリフトなのですが、ちゃんと直ってもらいたいものです。

というわけで、今日は昨日滑ることができなかった高天原からスタート。202131422朝は凄く冷えて、風も強いことからリフトには小さなエビのしっぽができてます。この時期でもさすが志賀高原。202131423朝まだ人のいない高天原。ゲレンデ状態はサラサラの新雪が積もってなかなかいい状態。昨日のうっ憤を晴らすかのように思いっきりシュープールを刻んでいきます。2021314241日でこんなにゲレンデ状態が回復するのかと驚きます。202131425少し硬めのバーンですがエッジも効いて本当に気持ちいい~!

何本か高天原をローテーションしましたが、そのうち雲も晴れて景色もよくなってきたので寺子屋に移動することにしました。202131426東館のゴンドラに向かいます。昔ながらのたまご型ゴンドラは昨年で姿を消して、新型のゴンドラに統一されました。でも新しいゴンドラはこれまでの緑じゃなくて白色。

なんで色が違うんだろ?と不思議に思ったのですが、調べてみたら、同じ形のゴンドラを使っていた富山県のらいちょうバレーの廃止になったゴンドラを譲り受けて使用しているとの事。中古品であります。

そもそもらいちょうバレーも昔は東館のたまご型ゴンドラと同じゴンドラでした。

ひょっとしてもしかして私が以前に乗ったことのあるゴンドラもこちらで使われているかもしれません。1個なかなかすごい値段するらしいので再利用できてよかった。2021314274人で乗りたかったのですが、風のため3人の乗車制限と、コロナで他人と乗ってはいけないことになってますので、2人ずつ乗りました。

そのせいで1人で来ている人は1人で乗らなくてはいけませんので人のわりに待ち時間が長い。

緑のゴンドラとらいちょうバレーの白いゴンドラがほぼ交互になっていますが、私は今回白いほうに乗りました。202131429東館の山頂。高天原の山頂とはすぐ近くで、標高にしてそんなに違いはないのですが、不思議なことに雪質がこちらのほうが断然いいのはどんな仕組みなんでしょうかね?2021314213いつもの場所で記念撮影。やっぱり志賀高原に来たらここで写真撮らないと。サラサラの雪です。202131428東館からは遠くの山々が奇麗に見えています。2021314214寺子屋に移動。雲がすごい速さで動いています。結構な強風。2021314215寺子屋の上部はさすがに締まったいい雪質。この時期にしては極上の状態といっていいかもしれません。2021314216しかし、すごい向かい風で、滑っても全然スピード出ません。

何本か滑って、お昼頃になったので食事のために再び高天原方面に戻りました。2021314217どこかのブログで見たことあるような写真。そのブログで有名な宿で昨年に引き続き昼食を取ることにしました。2021314218昼食後はおなかも膨れたし、再び高天原を滑ります。昼頃になってもいい状態をキープしています。2021314220 今日の状態だと爽快さを求めるなら寺子屋よりも高天原。

高天原から西館に行き、東館ゴンドラで再び寺子屋に行って締めることにします。2021314222西館。一回くらい滑っておかないとと思ったのですけど、やはり雪質は悪かったです。

西館のゲレンデの中腹に昨年開いたでかい穴もまだ塞がれておらず、穴が開いたままでした。そこの斜面が西館で一番面白い斜面なのに残念ですよね。2021314223今年ジャイアントと山の駅との間に新設されましたパルスゴンドラ。3連のゴンドラが往復しています。乗りはしませんでしたがこのご時世に新しいゴンドラができるとはすごい話です。

ジャイアントは時間の関係で今回はパス。発哺ブナ平、東館と移動して寺子屋に向かいます。Dsc_0659日曜昼過ぎの寺子屋はようやくリフト待ちもほぼなくなってきます。気温は低く風は強いのは相変わらずですけど、日差しが気持ちいい。レストランのテラスでひなたぼっこ。昨日が昨日だっただけに幸せ。

何度か滑っていよいよ降りていくことになります。

車はタンネの森の下にあるホテルの駐車場に停めてあるのですが、そのままタンネに降りるのはもったいないので、最後に高天原一本だけ滑ってタンネに移動することにしました。2021314224気持ちよく高天原を一本。名残は尽きませんがこれで終了。2021314225タンネの森を滑り降りて本当のラストラン。今日は本当にいいスキーになりました。

昨日は雨などでひどい目にあいましたが、志賀高原に一泊で来て1日でもいい日に出会えればそれで十分。

年に一回ほどしか来られませんけど、やっぱり志賀高原はいいですね。

 

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

志賀高原スキー場2021.3.13

今年は仕事の都合や、息子の受験などでなんだかんだ言ってあまりスキーには行けないという、雪はあるけど時間がないみたいなダメなシーズンを過ごしてきました。

3月も半ば、陽気が続きもう各地のスキー場では終わりを迎えるところも多い。

先週息子も受験を終え、前々からこの週末に泊まりで志賀高原へスキーに行くことを約束していました。来年は娘も受験生という事で、家族でお泊りスキーをするのもひょっとしたら最後に機会になるのかもしれないということでコロナ禍の中とはいえ、予定通り行くことにしました。

今回は天気を見て行くというスキーではなく、日程が優先ですので天候は運任せ。でも予報では週末は大荒れの雨予報。

毎日天気予報を見てはため息をついていました。気温は高いようでひょっとしたら志賀高原でも雨が降るかもしれないとの事。

さてどうなりますか。

朝家を出てからずっと予報通り雨。

しかしそこは志賀高原。スキー場の周辺に来ると雪に変わっていました。雨じゃなかったのでほっと胸をなでおろしました。202131311高天原の駐車場に8:00頃に到着。初日はここを起点にと考えていました。リフト運行開始の8:30頃に準備してクワッドに行くと、強風のために運行を見合わせるとこのこと。まぁ結構な風が吹いています。

スマホで調べると志賀高原全域ほとんどのリフトが運行していない。かろうじてタンネの森のクワッドと、一ノ瀬のペアだけが動いています。

高天原だとタンネにリフトが動いていない状況では移動できないので、一回はいたスキー靴を脱いで、板を車に積んで、ともかくタンネに移動しました。202131312タンネにようやく到着。ちょっと湿っぽい雪が降り続いています。202131313いろいろどこから滑ろうかなどと考えていたのですけど、予定はすべてご破算。思いもかけずタンネからスタート。202131314通常タンネの森はネタで一回滑っとくか程度なんですけど、しょうがないから何回も滑りました。雪はべっちょりでとても爽快とは言い難い。

5年分ほどタンネの森を滑った感じ。一日でこんなにたくさんタンネの森を滑る事なんてないだろうなぁ。

そのうちに風も止んでリフトも動き出さないかな?とか思っていたのですけど全然動き出さない。

タンネも飽きたし、一ノ瀬でも行ってみるかと思ったら、一ノ瀬もクワッドが運休。ペアだけが動いています。

一ノ瀬のペアなんて乗ったことないのですが、しょうがないから列に並びます。焼額も奥志賀も高天原も滑れませんので、当然人が集中。なんでこんな悪天候の中こんなしょっぱいリフトに長時間並ばなければいけないのかと自問自答しないとやってられない状態。202131315ゲレンデの状態もお世辞にもいいとも言えず、おまけに朝は雪だったものの、日が高くなるにつれてみぞれに変わるという過酷な状況。

およそスキーをする上で一番最悪なのがみぞれの吹雪。

10:30頃には一ノ瀬のクワッドがどうにか動き始めましたが、あまりの寒さで全身ずぶぬれ状態という事で、コーヒータイム。202131316クワッドに乗って上部に行きましたがパーフェクターコースは閉鎖中。しょうがないからセンターを滑るも、緩んだ荒れたバーンに面白さのかけらもなく、ただの苦行のような状態に。

パーフェクター滑られない一ノ瀬は私にとってはほとんど魅力を感じません。

ダイヤモンドも動いてないし、まだお昼前でしたけど完全にギブアップ。

というか、雨で体が濡れてウェアから染み込んできて手袋もべっちょり。これ以上はもう無理。

しょうがないのでお昼ご飯にすることにしましたが、午後からのスキーも完全にあきらめたので、一ノ瀬に板を置いて、シャトルバスで奥志賀まで行って食事をすることにしました。

まぁ、別にどこでもよかったんですけどね。202131317奥志賀高原ホテルで飲んじゃえ。202131318初めて奥志賀高原ホテルに行きました。お食事なかなか美味しかったです。

再びシャトルバスで一ノ瀬に戻って、2時にはホテルにチェックイン。その後高天原など少しずつリフトは動いたようですが、これだけ全身ずぶ濡れになるともう滑れませんし心も完全に折れてしまいました。

ともかく一刻も早く風呂に入りたい。

まぁ、今日がこんな日であることは来る前から覚悟の内ではありましたけどね。202131319ホテルで志賀高原ビールを飲みました。Dsc_0657ホテルのバーで出されているタコスが思いのほか美味で。ちょっとお酒をたしなんで就寝しました。

明日は天候が回復する予報なのですが、それに期待しましょう。

| | コメント (0)

2021年2月12日 (金)

たいらスキー場2021.2.11

建国記念日の木曜日は仕事が休みだった。

週の初めから気温が低く、ゲレンデの状態も天気も良さそうという事でスキーに行きました。

例によって妻は仕事で、娘は部活、息子は受験勉強と私一人。

今シーズン4回目のたいらスキー場。

午前券でサクッと気ままに滑ってこようとちょいちょいっと道具を車に積み込んでゲレンデに向かいます。

この気軽さが県内スキー場のいいところ。今年は県内も十分に雪があって幸せ。Dsc_0504今日はリフト運行開始の8:30にゲレンデに着きました。

昨晩少し積雪があったようで、新しい雪がうっすら積もっています。Dsc_0506前回平らにならしてあったものの、ガリガリであまり具合がよくなかったダイナミックも、いい感じ。

雪は固くなく柔らかくなく、いい感じにグリップしてスパッと曲がれる感じ。

うっすら積もった雪をかき分けてロングターンで爽快に滑れました。一気に4回ほどローテーションして上部に向かいます。Dsc_0508縞々のいい感じ。

一人なので黙々と滑りますが、非常にターンしやすい雪の状態と、人の少なさでコース一杯使ったロングターンを中心に気持ちよく滑れました。

途中ゆっくりとコーヒーをいただいて休憩しましたが、後はひたすらガンガン滑りました。

いつも今日みたいな状態ならいいんだけどなぁ。

天気が良かったのでお昼にかけてどんどん緩んできました。十分に滑って満足したのと、今日はそんなに良くない状態を滑りたくなかったので、まだまだ状態はよかったんですけど、疲れを残さない程度に早めに切り上げました。

仕事も忙しくてあまり休みが取れない感じなんですけど、行ける時には行きたいですね。さて今シーズン後何回いけますやら・・・。

| | コメント (0)

2021年2月 7日 (日)

たいらスキー場2021.2.7

一月の大雪のせいで成人式の三連休はどこにも行けず。その後の週末は3週続けて仕事と全然休みがなく、スキーに行けないまま2月を迎えてしまいました。

今年は雪こそあるのだけど、雪があっても暇がないというまったく世の中うまくかみ合わないという状態。

昨日は晴天でスキー日和だったのだけど、仕事でスキーには行けず、かみ合ってない。

今日は久しぶりの休みだったのでスキーにでも行かないと本当に今シーズン全然行かないまま終わってしまいそう。

昨日はちょっと夜にお酒を飲んでおりまして、久しぶりに日本酒一杯飲んだもんだから結構酔ってしまって、朝目が覚めるも二日酔いぎみ。

空を見ると晴れているので、だるい体を奮い立たせて道具を車に詰め込んでともかく出発。

今日も一人なので近場のたいらスキー場にでも行ってサクッと滑って帰ってくるかという軽いノリで出かけました。

今週末は大会が開催されていて、コースも一部規制されているのですが、スカイラインの下部なので普段滑るのにあまり支障のない場所。

大会の開催されているときはリフト券が割引になる。普段は半日券2500円のところ2000円になる。

今日みたいなスキーの時にはちょうどいい感じ。Dsc_0489ゆっくり出たのでオープンの8時半には間に合いませんでしたが、雪も十分というのに駐車場はガラガラ。全然人がいない。コロナの自粛ムードなのかなぁ?

天気は雨予報だったのですがまずます。ダイナミックが奇麗に整地されております。Dsc_0492今シーズン3回目のたいらなのですがようやく平らなダイナミックを滑ることができます。まずは一本目はダイナミックから。

けっこうガリガリのバーンに仕上がっておりました。

もうちょっと食いつきの良い雪ならいいんだけどなぁ。そこそこ爽快なんですけど疲れるので2本滑ってスカイラインに。

スカイラインはちょっとはましでしたが、やはり少しカリッとしています。

昨日天気が良かったんで緩んだのが今朝の放射冷却で凍ったんでしょうね。

全然人がいないので、貸切状態のゲレンデを滑っていきます。以前でしたら平日かと思うくらいの人しか来ていませんね。

朝方は天気がよかったんですけど、そのうち雷が鳴り始め、にわかに天気が崩れていきました。

雪がチラチラ降り始めたかと思うと、それがみぞれに変わっていきました。

べっちょべちょの雪に雨が混ざって一番いやなやつ。

まぁ、今回は久しぶりに一本滑ってみたいという感じのノリでしたし、雪が悪くとも天気がいいとか、天気が悪くても雪がいいとかならともかく、雪もよくないし、天気も良くないとくれば、そこまで我慢して滑る必要性もなく、早々に撤退。

でも久しぶりに滑れて満足満足。

家に着いたらまだ昼前でしたけど。

たまにはこんなスキーもありかな。

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

たいらスキー場2021.1.3

早いもので今年の正月休みも最終日。明日からは出勤。

今年は休みが短くなんだか中途半端。あまり中途半端な休みはモチベーション下がるだけだから好きじゃない。

最後の休みは妻は仕事という事でいないし、特にやることもない。これだと何にもしないでダラダラ過ごして終わりになってしまうので、せっかく雪もあることだし午前中軽くスキーにでも行ってくるかということでスキーに行くことにした。

行き先はたいらスキー場。今シーズン3回目のスキーだが、2021年の初滑りである。

別に一人で行ってもよかったのだけど、受験生の息子を誘ったら来るとのことだったので2人で行くことにした。

前日にいっぱい降ったので雪はいいはず。

朝油断して少し寝坊してしまったが、別にがっつり滑る気もないのでまぁいいや。

昨日からの積雪で道路上にも積雪があり行くまでにちょっと時間がかかったけど、9時前にはゲレンデに到着。210103_0944461今日もあんまり人はいない。断続的に積もりそうな雪がずんずん降っていましたが、雪質はなかなかよくて食いつきもよく楽しい。

人が滑って雪面を均していくペースよりも降り積もるペースが速いので結構モコモコしてました。210103_0944462さすがにお正月ということでいつもよりも子供連れのファミリーがいました。

曇っており、雪も結構激しく降っておりましたので、雪面の起伏が見えづらく、突然吹きだまっているところに突っ込んだりして板が取られるなど、思い切った滑りはできませんでしたがそれ以外はいい状態。

ずっとローテーションでスカイラインコースを滑り続けておりました。途中休憩を挟むも基本滑り続けて12時ころに満足したので撤収。

やっぱりたいらがこんな感じで滑れるといいですね。

そういえばたいらは中学生まで子供料金なのですが、息子は中3なので子供料金も今年で最後だなぁ。

ちょっとした隙にちょろっとスキーを楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

栂池高原スキー場2020.12.31

大晦日に日帰りで家族でスキーに行きました。行き先は栂池高原スキー場。

天候は大荒れとの予報でしたので、行くかどうか直前まで迷っていましたが、朝起きてみると気温は低いものの積雪もあまりなく、天候も一日持ちそうな気がしましたので出かけました。

糸魚川から白馬に向かう道路は積雪がありましたが、車も少なくスムーズにゲレンデに着きました。202012311気温はさすがに白馬といえどもなかなかないくらい低い。雪はサラサラ。雪はパラパラと降っていましたが風はそんなになかったので思ってたよりもひどい天気ではありません。

さすがにお正月休みという事で駐車場に停まっている車は関西、関東の車が多くて、かえって長野や富山ナンバーの車は少ないほどでした。この天気でそんなに遠くから来るのは大変ですね。202012312去年まではゴンドラ乗り場のところにチケット売り場があったのですが、今年からビレッジ栂池というのができてその中にチケットセンターが移動しました。

麓は風も穏やかでしたが、山頂付近は強風らしくゴンドラは中間駅までしか運行しておらず、昨夜からの雪でリフトの運転も少々遅れているとのこと。ともかく中間駅に向かいます。

やはり天候とコロナのせいか、客がすごく少ない。休みの日にこんなに少ない栂池は今まで体験したことがありません。

中間駅でゴンドラを降りてすぐそばの白樺クワッドもハンの木クワッドも運行していませんので、丸山第一クワッドで上を目指します。

そしたらすぐにハンの木第三クワッドが動き始めたのでハンの木に向かいました。

ゴンドラは動いていませんので、ほぼハンの木のファーストトラックをいただけました。202012314昨夜圧雪した上に10cmくらいのふわふわの新雪が積もっております。さすがの寒波で栂池としては極上の雪質。なかなか栂池でこれだけ冷えることはありません。ほとんど人のいないゲレンデに飛び出していきます。202012315新雪の上にシュプールを描いていきます。朝一だけの至福の時。私以外の家族3人は今シーズンの初滑りです。202012318ハンの木のリフト脇は非圧雪で、膝くらいの新雪がそのまま積もっていました。昨晩は結構積もったみたいです。さすがに栂池と言えども膝くらいの新雪を舞い上げながら滑るというのはゲレ板ではそうそうできるもんではありませんが、今日の雪質ならば可能です。

これだけ上質の雪はなかなか栂池ではお目にかかれません。志賀高原あたりのハイシーズンと言っても遜色ないレベル。

人もいないし、しばらくハンの木をローテーション。202012319気温が低く、手や体が冷えますし、初滑りという事で休憩しながら。レストハウスには透明板の衝立が。コロナ対策。でもこの板あると向かいに座っている人の声が全然聞こえなくて、大声出しちゃいます。早くこんな板無くなればいいですね。

将来コロナ過が終わった時に「そんな時代もあ~たねと、いつかはなせる日がくるわ♪」という事で記念写真。2020123110そのうちに薄日も差したりと天候も回復気味。降る雪もそんなに気になるほどではありません。まぁ、私は天気がいいよりは雪がいいほうを好みますので。

だいたいいつもは10時過ぎくらいになるとハンの木に人があふれ雪面も悪くなってハンの木から逃げるのですが、今日はゴンドラも動いておらず人も少なかったので午前中はハンの木を滑っていました。

それにしても客層なんですが年々スキーヤーの割合が減っていきますね。ハンの木を滑っている人の割合でいえばスキーとスノーボードの割合は3:7くらいだった気がします。スキー人口どんどん減ってますね。

お昼を食べてから白樺方面に移動しました。2020123112白樺も人は少なくそんなには荒れていませんでしたので楽しく滑れました。2020123114娘と息子も仲良く滑っております。天気予報も悪かったのですが、どうしても行きたくて来たのは今年息子は高校受験。娘は高校2年生で、来年には大学受験を控えています。

部活やら学校行事などもあってこうやって家族そろって滑りに来られるのはもう限られた回数しかないと思います。

娘や息子はそれこそ保育所の頃から一緒に滑ってきました。これまで家族一緒に何回滑りに行ったか数え切れません。それでもみんな一緒にスキーに行けるなんてあと10回もないと思います。

だから一緒に行ける機会はなるべく行きたいと思いますね。

今日は15:00くらいで帰ろうと思っていたので、最後にチャンピオンゲレンデにも行ってみました。2020123116年内この時期にチャンピオンがこんないい状態で滑れるとは。人もいないし、雪もいいしズバーっとロングターンでチャンピオンを滑り降りてみました。

昼過ぎにはようやくゴンドラが山頂に運行を開始しましたが、結局ゴンドラには乗りませんでした。2020123117はい、本日のスキーは終了。天気予報で大荒れなのではないかと心配しましたが、晴天ではありませんでしたが、終日特にひどい天気ではありませんでした。来てよかったです。

帰りの道も悪くありませんでしたし。チェーンやらスコップやら大雪対策装備も車に積んでいったのですけど、ちょっと拍子抜け。

正直八方に行こうか栂池に行こうか悩んだのですが、どうせ強風で八方はゴンドラやウサギ平のリフト運休だろうと栂池に来たのですが、八方は全リフト通常運転だったのに栂池のゴンドラが半日運休とこれもちょっと予想外でした。

今年また栂池のリフト代が値上がりしました。大人一日券5500円。家族の割引チケットもランチ券付のパックも無くなってしまいました。家族4人だとなかなかの出費。

まぁ、私は別に仕方がないと思わないでもないのですけど、若者のスキー離れが言われておりますが、この料金じゃなかなか若者はゲレンデに戻ってこないかもしれません。

私のようにファミリーで滑っている人は全然見かけなくなりました。小さい子供がいる若い夫婦にもこの料金は優しくないです。今の子どもたちがスキーに行かなければ、20年後のスキー場に行く若者もいなくなるでしょうね。

今日のような年末ですと昔は子供たちを連れた家族で賑わっていたものなのですけどね。あれだけいた外国人もコロナのせいで全然いませんでしたし、去年は暖冬で大変なシーズンだったのですが、せっかく雪が降っても客は戻ってこないし、スキー場にとっては苦しい状況が続きますね。

かつての賑わいとまではいかなくても次々に閉鎖していくようなことにならないといいですね。

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

たいらスキー場2020.12.26

先週から県内のスキー場も続々とオープンしていますが、先週末は仕事だったために、今週末が今シーズンの初滑り。

いよいよ待ちに待ったスキーシーズンの到来である。

暖冬、雪不足で散々なシーズンであった昨シーズンとは打って変わって、今年は12月中旬の寒波で年内にこうやって滑れるというのは実に嬉しい。

今回は初すべりという事と、家族はみんな用事があったために一人で行くことになったというのもあって、近くのたいらスキー場が初滑りとなった。

例年は県内に雪がなくて県外が初滑りになることが多いのだけど、本当は雪さえあれば県内中心に滑るのがお財布にも優しい。

朝はゆっくりと7時半ごろに家を出ても、オープンの8時半ころには着いてしまうしパッと行って、パパっと滑ってピッと帰って来られるのも丁度いい。

平野部では雨だったが、スキー場に近づくにつれて雪に変わっていく。

今月いっぱいは南砺市のpaypayで20%還元をやっているので、paypayでチケットを購入。半日券2500円で500円のキャッシュバック。Dsc_0148ゲレンデもに十分雪がある。Dsc_0149さて、いよいよ初滑り。昨日降った新雪がゲレンデにうっすら積もっている状態。感覚を取り戻すようにゆっくりとターンを刻んでいく。

雪は柔らかくてグリップも上々。すぐに目いっぱい踏んで行ける。Dsc_0152山頂部の雪は12月とは思えないほどいい状態。結構ふんわり。

感覚はすぐに戻ってきたのだけど、体がなまっており、足がついていかない。年々衰えを感じます。踏ん張る力が持続しない・・・。

お客さんはそこそこ来ていたのだけど、まだまだ空いており、ゲレンデは滑るときにはほぼ貸切状態。ゲレンデ一杯のロングターンを楽しめます。Dsc_0150基本的に雪がパラパラと降っていたのですけど、時折晴れ間も見えてきたりも。たいら最上部の五箇山合掌造りがプリントされていた看板も年々はげて、今ではただの白い板になってしまいましたね。

途中休憩をはさんだりもしましたが、一人なので連続で何本も一気に滑るというのを繰り返していました。Dsc_0153一応ダイナミックにも行ってみました。今週の平日にピステンかけたらしいのですが、その後降った雪が積もってモコモコ。新雪とはいえ、まだまだ粉雪舞い上げて滑るというくらいの雪質には程遠く、重たくて爽快さが感じられず、一回挨拶に行っただけという感じで。

いい状態のダイナミックを今年も滑れますように。

11時半頃に満足して撤収。それでも結構滑りました。右ひざの後ろのふくらはぎの辺りの筋肉がピキッときて痛み出したのでいい加減でやめておきました。まだ初滑りですからね。

それにしても体がなまってますな。運動不足です。

やっぱりスキーは楽しいですな。ここのところ身の回りでいろんな事が起こり、モヤモヤっとすることも多いのですけど、斜面に向かって滑っているときはなんか無になるというか、次のターンのきっかけの事ばかり考えていたりとか、いろんな雑事を忘れさせてくれる。

コロナ過でずっとマスク生活を続けておりますが、久しぶりにマスクなしで過ごしても後ろめたくない所に行きましたね。スキー場だけは誰もマスクなんかつけておりません。係員はつけてますが。

コロナ過で当たり前の日常というものが失われて初めてこれまでの日常が幸せな事かと思ったように、昨年の雪不足で、雪が冬になると当たり前に降るものではないという事も実感できたと思います。

こうやって無事にスキーができることを感謝しないといけないなぁとしみじみ感じさせられる初滑りとなりました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧