麻雀

2017年7月23日 (日)

いつもの麻雀

ちょっと前の事ですが、会社の仲間と恒例の麻雀をしてきました。

場所はいつものように金沢のサウナ「テルメ」。

事前に予約し、四階の禁煙の健康麻雀ルームで朝から晩までひたすら打ちました。

年に数回やってきているのですけど今年は2月にやった以来2回目です。

本当はもっとやりたいのですけどなかなか都合が合わず、仕事や他の都合で開催ができません。

ですからやるとなると毎回非常に楽しみにしています。やっぱり気心の知れた人と和気藹々牌をつまむというのは楽しいものです。

初めてやってからもう10年が経ちますが、最初6人で始めた会でしたが、今ではメンバーは4人しかいません。

必然と4人すべての都合がつかないとできないというわけです。

今年は私が息子の少年野球の世話のために週末の予定が空かなくて迷惑をかけています。

以前はこの会以外にも麻雀を打つ仲間がいろいろいましたが、今ではそんな仲間もほとんどいなくなりました。

負けた対価を払わない。負けが続いたら投げやりになったり、機嫌が悪くなったりして暴言を吐いたり。

点棒を投げつけられて口論になり、二度と打たなくなった者もいました。

牌を投げて怒って帰った者もおりました。

もちろん麻雀自体が好きじゃなくて辞めた者もいます。

運が介在するわけで、理不尽なことも一杯起きます。

でも、こうやって同じメンバーと長く続けてこられるのも、お互いが紳士協定でしっかり結ばれているからだと思います。

怒らない。
暴言を吐かない。
投げ出さない。
払いをきちんとする。
負けを受け入れる。
先ヅモしたり、早く打てなど言わない。

これらのことはごく当たり前のことのように思いますが、これができない人が実に多い。

これができないから麻雀をやる仲間が一人減り、二人減りとどんどんいなくなってしまいます。

四人で打っていて、一人がいいかげんになれば麻雀ってものすごくつまらないものになってしまいます。互いが真剣に打たないと全く面白くない。

私もここ10年以上このメンバーと打ってきて、目も当てられないほどのぼろ負けをしたこともありますし、逆にバカヅキでボロ勝ちしたこともあります。

もちろんお互いがお互い様で同じようなことはみんなあります。

当たり前のように集まって一緒に打っているのですが、みんな紳士であること、互いの実力が拮抗している事、これらの事に最近感謝するようになりました。

得がたいものです。

さて、麻雀の話に戻しますが、今回も朝着いてからまず四人で一風呂浴びてから対局に向かいます。

最初の一局でトップを取ると、それから勝負所で上手くトップを取ることができました。

今回はついていました。170715223417999_photo 結局いつものように15時間くらい打って、最後も上がってトップで締め。

みんなで風呂に入って汗を流して、帰ってから一緒に遅い夕食をいつものおきまりのラーメン屋でとって解散しました。

メンバーは毎日会社で顔を合わせている仲間なのですが、次はいつやれるでしょうか?

年内にもう一回くらいやりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

気遣い麻雀

昨日は会社の取引先の協力会社が集まる会合がありました。

毎年この時期にあり、私も毎年何度も参加しているのですが、会合があり、宴会があり、温泉に入って宿泊してチャンチャンと言う感じ。

取引先の協力会社ということは、もちろんお互いが協力しているというわけではなく、ほとんどが関係ないか、ガチンコのライバル同士です。

でも呉越同舟といいますか、やはりそういった場で敵意むき出しというのはいささか大人げないというもの。

もちろん会に来ているお歴々は海千山千の営業マン同士でありますから、いつも和気藹々と楽しいお酒を飲ませて頂いております。

もちろん私の会社のライバル会社の方も来ておられますが、本当に私はその人が嫌いとかそんなこと全然思わないです。

本当は笑顔の下に刃を隠し持っていなければいけないのかもしれませんが、そんなのはあまり私の性には合いませんね。

年に一回しか顔を合わせない人もいるのですが、その中に麻雀が好きな方がおられまして、私が打てると言うことで毎年「この後麻雀しない?」と誘われ、もちろん次の日は仕事ですからあまり遅くならない程度に数回牌をつまむのがここ数年の恒例となってます。

直接のお客さんが同卓というわけではないので接待麻雀というわけではないのですが、いつもそこでは勝ち負けよりも丁寧な麻雀を心がけています。

今回はあまりついていなかったので牌が集まらなかったのですが、丁寧に振らないように振らないように打ち回しておりました。

浮きの2着、浮きの2着、ちょいラスと少し負け気味の最後の対局。別に勝とうとはあまり思っていなかったのですが、最後くらいトップ取ってチャラくらいで終わらせようと、1局目から役牌を鳴いて積極的に前に出て満貫の上がりを拾って、このまま逃げ切ってトップかな?と思っていたのですが、最後に来てようやく手が入って来て、ドラが三つのリャンカン系のイーシャンテンから聴牌したりしました。

普段だったらモロ引っかけでも役無しのドラ3なら即リーチに行くのですが、やはり綺麗な麻雀、綺麗な麻雀とそれこそ雀荘のメンバーみたいな気持ちになって上がりを結局逃したりしました。

オーラスでもトップ目で、4巡目くらいに2,5,8万待ちの平和ドラ1を聴牌して、黙っていればかなりの確率で上がってトップなので、普段だったらほぼほぼリーチなんかかけないんですけど、最後の局で黙って上がってトップってのも白けるので(勝手にそう思っているだけですが)リーチして結局上がりを逃しました。

裏ドラや一発でチップがつくルールだったら状況によってはオーラストップ目でも三面聴リーチかけますけどね。あと、めちゃめちゃ負けてて頭がおかしくなってるとか。まぁ、普段はほぼやらないです。

私がなんでそんなことをしたのかは、打ってる人はわかったでしょうけどね。

オーラスなので親がノーテンだったら流局でトップ終了かと思いきや、オーラスは誰かが上がらないと終わらないというローカルルールだったみたいで、なぜか続行。

上がれなくても、親ノーテンで流局だと思ったからリーチかけたんだけどなぁ。そのルールだとラス親が絶対的有利なんですよね。

一本場のオーラスも役無しノベ単で聴牌しているところに下家からリーチがかかって、降りてさえいればトップという場面なんだけど、最後なんでリーチしますと、トップ目の意味不明な追っかけをして見事振り込みに回ってトップ逆転されて、「いやぁ、さすがですね、参りました」と締めて終了してきました。

こういった麻雀を打つと、雀荘のメンバーは大変だなぁって思いますね。それでも勝つんだから凄いんですけどね。

でも、来年は四年目なんで、そろそろ何でもやりますと宣言してからやるかな?でも小心者だから綺麗な麻雀打って負けそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

ようやく新年初打ち

土曜日に、恒例となっている会社の麻雀同好会の定例会がありました。

今年の初打ちでございます。同好会と言ってもメンバー4人しかいないので毎度おなじみのメンバーによる会です。

前日取引先との飲み会で多少飲み過ぎてしまって、体調不良でしたが、列島を覆った寒気による吹雪にも負けずに元気に朝からいつもの金沢テルメに向かいます。

相変わらずたくさんの人で賑わっており、たくさんある麻雀卓も満席となっており、毎度ながら凄い人気に驚かされます。

ちゃんと予約して行ってますけど、予約してから行かないと席が取れないことありますからね。

いつものように禁煙の健康麻雀ルームにて闘打開始。

この会も昨年10周年を迎え、今回は11年目の初打ち。

長年やっていますが(と言っても年に3~4回程なのだが)、前回は始まって以来初と言ってもよいバカヅキで、ボロ勝ちを収めたのですが、年も改まって今回はどうでしょうか?

そういえば毎回新年の初配牌の写真を撮影していたのですけど、今回は忘れちゃった。

結果は先制でリーチするものの、追っかけられて満貫を振り込むという先行き不安な滑り出し。

朝から晩まで15時間くらいぶっ通して打つのが通例なのだが、今回は始まりから今ひとつパッとしない展開で一進一退。

昼食を食べた後から、まったく手が入らなくなり辛抱を重ねながらどうにか堪え忍びましたが、成績はズルズル落ちていって、ボロ勝ちの次はぼろ負け?と不安になりました。

終盤で、満貫ツモ条件のオーラスで見事満貫ツモって数百点差でトップ捲ってから流れを引き寄せて、そこから盛り返し、終わってみれば20回打ってトータル-1というこれが接待麻雀なら完璧という仕上がりでフィニッシュ。いやぁ、よかったよかった。

パチンコでもなんでもギャンブル事はそうなのですが、ただ勝つよりも負けてから勝つ方が脳内から変な汁が出て印象が強く残るものだそうです。

1000円使って11000円出て10000円勝つよりは、50000円負けてから60000万円出て10000円勝つ方が強烈に脳内物質がでて印象が強くなるらしい。

一発逆転の刺激が人をギャンブル依存症にしちゃうらしい。脳内麻薬に焼かれるのですな。

というわけで、今回の一発大逆転上がり。170211142224786_photo ドラが二萬で手が進む内に暗刻になりドラ3。七萬をカンしたらペッロっとめくれたカンドラ表示牌が六萬。これで都合ドラ7。四索七索待ちで聴牌し、負けていたのでもちろん即リーチ。

祈りを込めてツモる手に力がこもりますが、なかなかあがれず。いよいよ最後の牌となり、ギリギリっと力を込めて盲牌したら感触は四索

裏ドラが一枚乗れば三倍満だったのですが、乗らず。

リーチ、タンヤオ、ツモ、ドラ7で倍満。負けてるときからの一発まくりは気持ちいいですな。

終わって一風呂浴びて帰るときは、金沢でも吹雪いてました。

次はいつになるかな。なかなか予定が合わず開催できないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

今年最後の麻雀

昨日は久しぶりに会社の麻雀同好会(といっても4人しかいないのだが)の定例会。

場所はいつものごとく金沢のテルメ。

前回朝から予約が一杯で禁煙ルームが取れず、毒ガス室での麻雀を余儀なくされたのだが、今回はその反省を生かして事前に予約をして万全の体制で出発。

でもこんな時に限って、今回はいつになくガラガラで別に予約しなくてもよかったというオチ。

会社の連中と6人で始めた同好会も一人は退社し、一人はそんなに麻雀が好きではなく、負けまくって来なくなったのとで今では4人のギリギリのメンバーなのだがなんだかんだで今年で10年目です。

161126144449572_photo

今年はいろいろありまして、なんと二回しか打ってない。10周年記念にしては寂しい。

本当はもうちょっと一杯打ちたいんだけどなぁ。メンバーが四人しかおらず、なかなか都合がつかないんですよねぇ・・・。

新規メンバー募集といっても、麻雀できる人いないんです。

いつものように朝八時くらいに現地について、温泉に入ってから闘打開始。

我々は四人で朝から晩までがっつり打つスタイルなので、キャーキャー言いながら一杯打ちました。

今回はなんだか私が馬鹿ヅキで、いつもは乗らない裏ドラがばんばん乗って、いつもは来ない赤ドラがバリバリきて、いつもはツモれない病なのだが、ツモりまくって、非常にご機嫌な回になった。

当然ぶっちぎりの一人勝ち。

これで最後にしようと言った回では、跳満ツモって親持ってきてから、親跳ツモって、親満ツモって、とどめに親倍ツモって。Gobureiな感じで、三人の白い目をもろともせずに3コロに仕上げてフィニッシュ。これだけ連打ででかい手を上がったことはあまり経験ないかな?12000、18000、12000、24000と連続で上がりましたからね。

長いこと同じメンバーでやっており勝ったり負けたりを続けてますが、長く楽しく続ける秘訣としましては、いろいろあるのですが、手を抜かずに全力でやる事です。

凄く負けてる人がいて、かわいそうだから見逃してやろうとか、こんなに勝っちゃ悪いから上がらないでおこうとか。そんなことをやっている関係ではけして長く仲良く麻雀を続けることはできません。 

というわけで、上がれるときは徹底して上がるのであります。

この逆バージョンで何やっても駄目で、ボコボコにやられたときももちろんあります。

今年は二回だけやりましたが、そのほかではちょろっと一回打っただけで、一年で3回しか麻雀しなかった。年々打つ回数は減ってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

突然麻雀

昨日はお客さんの取引先が集まる総会がありました。

私が担当するお客さんということで私が会社から参加しました。

毎年年に一回行われていて毎年私が出ているのですが、他の会社からも大体いつも同じ顔ぶれなので顔なじみにもなってきます。

一応会合があって、その後は懇親会という名の飲み会。

その後はラウンジで二次会でお泊りという予定でした。

今回泊まった宿にはマージャンルームがあって、参加者の人がマージャンやろうと言われまして、面子がいないので一緒にやりましょうと誘われました。

たまには打ったことのない人と打つのも楽しいんで、ちょっと一緒に打ちました。

卓は全自動なんですが、これまた古い骨董品の全自動で、いまどきこんなのあるか?とちょっと驚くような感じです。

まぁ、たまにはこんなレトロなのもありかな?

平日でみなさん翌日も 仕事ということでそんなに遅くまではやらずに東風4回やっただけですが結果はというと、皆さん飲みながらやったということもあって、結構ぐだぐだでしたが、うまいこと立ち回って、終わってみればちょい勝ちのほぼチャラという、接待というわけではなかったのですがいわゆる接待マージャン的な結果でした。

各会社の営業の方が集まっているのですが、そこそこ年配の方であれば麻雀できない人はいないのですが、私くらいの世代になると、グッとできる人は少なくなり、30代だとほとんどいないんですよね。

最近めっきり麻雀する機会も無くなってきましたので、たまには楽しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

今更ながら今年初

年に数回会社のいつものメンバーで麻雀をしているのだが、なかなか互いの都合が付かず、開催日も延び延びになり、ついにようやく今年一回目の開催となった。

最近はそれ以外でも麻雀をする機会は全然なくて、今年ももう半分近くが終わろうとしているのにもかかわらず、麻雀を打つのは今年初めてである。

テレビなどで対局番組はたまに見ているのだが、やはりたまには牌をつまんでやりたいものである。

場所はいつものように金沢のテルメ。朝早くから出かけてさて麻雀をやろうとフロントに行くと。

「禁煙麻雀ルームの卓は予約で満席です」と言われるcoldsweats02

かなりの卓があるので朝早く行けば今までは予約なんてしなくてよかったので油断していました。

「喫煙ルームならあいてますよ」と言われ渋々毒ガス室のようなたばこの煙の充満する喫煙ルームに・・・。

喫煙ルームの全自動卓は自動配牌じゃないので、サイコロ振って牌を取らなくてはいけません。

そういえば雀荘に行ってもテルメに打ちに来ても自動配牌の卓ばかりで麻雀をしていたので配牌を自分で取るのは凄く久しぶりです。

結局喫煙ルームもそのうち満卓になってましたから、当日来て打とうと思っても満卓で打てなかった人もいるのではないかと思います。

今度からはちゃんと予約することにします。やっぱり禁煙ルームじゃないと長時間はつらい。

さて、肝心の麻雀の結果はというと、午前中に三倍満を打ち込むなどさんざんな目にあって、こりゃぁ今日はいくら負けるんだと背筋が寒くなりましたが、昼食にカツカレーを食べ、生ビールを飲んだら、午後からは猛然と借金返済に奔走しどうにかちょい負けに落ち着くことができました。

結局東風戦を24回やって時間切れになりましたが、約15時間打ち続けました。

最後の最後トップを取れば一日の収支がほぼチャラになるという最後の一局。オーラスは私が親でトップ。このままこの局が終われば無事にめでたしめでたしと行くはずでした

役牌をポンして嵌張待ちながらテンパイ。出上がれば文句なくトップです。

そしたら、四着の下家からリーチ。ここに満貫直撃でも私はトップですので、テンパイ維持で頑張ってました。

そしたら僅差の上家からもリーチ。ここには上がらせるわけはいけないので、仕方なくテンパイ維持で全ツッパすることに。

お互いの当たり牌が出ないままに最後のツモもハズレ。いよいよ海底(ハイテイ)の下家のツモが終われば私は無事にトップで終了のはずでした・・・。

そしたらなんと下家が「海底ツモッ!」と手配を倒します。ツモったのはドラの「東」。結局上家も下家もドラの東待ちの
七対子という同じテンパイ。しかも私の待ち牌である間六索は二人にトイツという間の悪さ。

リーチ、ハイテイ、ツモ、チートイツ、ドラドラという跳満。親っかぶりと積み棒の差で逆転でラスからの大まくりを決められるという、麻雀をしない人ならなんのこっちゃかさっぱりわからないが、わかる人ならわかる漫画みたいな展開。

まさか海底に単騎待ちのドラのラス牌が眠っていて、たまたま南家がそいつを待ちにしていてリーチしていてツモって、跳満になり、積み棒の差くらいの僅差でラス目からトップの私をまくるとは、長く麻雀やっていてもこれほど劇的な逆転はそうそう目にすることはないですね。

そもそも海底ツモ自体がめったにありませんからね。逆転サヨナラ満塁ホームランみたいな気持ち。

やったほうはさぞかし気持ちがよかったことかと思いますが、こっちはやられた方ですのでたまったもんじゃない。

まぁ一周回って清々しいくらいでしたけどね。

一日たっぷり打ってきましたが、たまには思い切り麻雀するのも楽しいですねぇ。最近は特に仕事も忙しく休みらしい休みもほとんどなかったから特にでした。

次はいつできるでしょうかね?秋くらいかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

今年3回目の定例会

少し前の先週の土曜日、久しぶりに会社のメンバーと定例の麻雀会がありました。

なんだかんだでなかなか都合が合わずようやく今年に入って3回目の開催。

おそらく年内最後の開催になりそう。

今年に入ってから個人的にもお店に行ったり、他の友達と打ったりすることなどもなく、純粋に今年3回目の麻雀。

麻雀自体は好きなんですけど、なかなかやる機会がないですねぇ。

今回もいつもの場所でいつもの4人で朝から晩まで打ち倒します。

他のメンバーにとってもこの一年はこれ以外では打ってないようなので、これが互いにとって唯一の麻雀の場になっています。

会場はいつものように金沢のテルメ。

朝8時くらいについて、みんなで一風呂浴びて、スタート。151114180441264_photo 相変わらずたくさんの人が来て打っております。

さて、肝心の麻雀の方はといいますと、それなりにリーチを打って、それなりに上がったのですが、相変わらずの打点の低さ。

本当に冗談抜きでまったく裏ドラが乗らない。

20回以上も打ったのですが、1日通じて3~4枚くらいしか乗らなかった。

しかも同僚は1日で一発ツモを6回もするという、ガン牌でもしてんじゃないかなくらいの勢いで・・・。

打った回数を4で割ったくらいの平均的なトップ回数は取ったのですが、ギリギリのトップばかり。

これでは勝てませんな。結局一発ツモは一回も無し。

一発と裏ドラは私の実力の範囲外ということで。

結局そんなに負けなくてほぼチャラくらいで終了したんだけど。これがもし一発裏ドラチップ付きのご祝儀麻雀だったらそれこそズタぼろにやられていたはず。

和気藹々打つことを楽しむ会なのでルールもおとなしめなので。

結局11時くらいまで打って、みんなで再びお風呂に入って今日一日を振り返りながら談笑。

みんなで帰って来てからラーメン屋さんに寄って深夜1時からのこってりラーメン。

これもいつもの流れなのですが、やっぱり深夜ラーメンは胸焼けになりますな。でも食べてるときは美味いんだよねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

いつもの麻雀定例会

先週末は今年2回目の会社の連中との麻雀定例会。前回は2月でしたので実に久しぶり。

最近はフリーにも全く行かなくなってしまったので、なんと本物の麻雀をするのは実にそれ以来。本当はもっとやりたいのだけど皆の都合も合わず年に数回やるのがやっとと言うところ。

今回もいつものごとく金沢のテルメ。

どうやら麻雀ルームでイベントがあって、麻雀をすると次回の無料入浴券がついてきた。
以前はできなかった卓の予約もイベント期間中はできるみたい。

いつも早めに行くので8時くらいについて一風呂浴びていざ対局。

朝はさすがにあまり人はいないのだが、今回はなんと全卓埋まってました。

私らは4回にある禁煙麻雀ルームでやるのだが、麻雀やる人が四人集まって一人もタバコを吸わないと言うことはあまりないのか、喫煙ルームに比べて人が少ないはず。

これまで何回も打ってきましたが、全卓埋まっていたのは今回初めて見ました。

禁煙、喫煙合わせて28卓あるのですがこれが埋まってしまうのだから凄い。しかもここの卓は点数表示もついていて、さらには自動配牌までしてくれる新品で買えば80万くらいはする高級台。(イーガーという台)

こいつが朝8時から夜12時まで好きなだけ打って一日4000円とはとんでもない話。

自動配牌はやるともう癖になって無しではいられなくなります。

いつかは家に自動卓という男のロマンを感じずにはいられないのですが、実際買っても打つ人間がいないので宝の持ち腐れになりそう。

その前に何十万もする卓を買えないのだけどね。

今回もいつものメンバー4人で東風戦をひたすら打ち倒す。

今回はどうも着いてない展開が多くて我慢の展開。ともかくトップが取れない。24回打ってトップがたったの4回。これでは勝てません。しかし、ラスが2回で点棒が10000点を割ったのが1回と辛抱強く立ち回りました。

おかげでちょい負けくらいで抑えられました。

無駄についていなかったので半ツキ状態で前に出てカウンター喰らうという展開が少なかったからだと思う。配牌からバラバラで七対子ばっかりやっていたのでねぇ。20150620224449_photo
というわけで11時頃まで打ってから再び一風呂あびて、四人でラーメン食べに行って帰りました。

時間の経つのも忘れてしまいますね。

次回はいつのなるのやら。あと今年のうちに2回くらいはやりたいのですがどうでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

ようやく初打ち

年に数回会社のメンバーで麻雀を行っていますが、毎回なかなか日程の調整がつかないでいて今回もずっと延び延びになってきていました。

個人的にもまだ新年が明けてから忙しいやらで麻雀をする機会が無い。冬場は空いている週末はほぼスキーに出かけているのでしょうがない。

土曜日はついに会社の連中と新年第1回目の麻雀会。

今回も場所は金沢のテルメ。朝早く出かけて、みんなで一風呂浴びてから健康麻雀ルームで夜まで打ち倒します。

なかなかやる機会がないので打つときはとことん打ちたい我々であります。

全自動、自動配牌、点数表示付きの卓ということでサクサク打てるのがお気に入り。1日どんだけ打っても1卓4000円なんでお財布にも優しい。館内の食事がまずくて財布に優しくないのが玉にきずなのだが、しょうがない。20150214085002_photo 場決めで新年初の一局は起家。親の初配牌がこれ。早くも2面子ありますし、こいつは何とかなりそう。ちなみにドラは1索。

その後白が重なって、白と五索のシャンポンでリーチ。見事白を討ち取って、リーチ、白・・・・裏なしの3900点。今年一発目から幸先がいいぞと思ったのだが、この安さが1日続く。

そもそも、この手は間五万が入って、2索を引いて、1、4索と1、4、7萬の一向聴に構えてドラの1索を引いて萬子の三面聴でリーチと行くのが本筋なのだが・・・。

夜の10:00頃まで東風戦を21回打った。おそらく私は四人の中では一番たくさん上がったと思う。しかしいかんせん打点が低い低い。

全然ドラに恵まれず、裏も乗らず、赤もあまり来ない。平均打点かなり低かったはずだ。
しかも安目ばかりだし、想定したのと違う聴牌ばかり来るという展開。最初の一局の影響を受け続けるような展開だった。

順位ウマもチップも無く、手作り重視の和気藹々ニコニコ健康麻雀のため喰いタン後付けも無し。

日頃雀荘でアリアリのチップ麻雀ばかり打つ私にとってはなかなか新鮮なのだが、金儲けを目的としていないのでこれはこれで非常に楽しい。

一応大人と言うことでピンでやってはいるのだが、毎回毎回ほぼ点差がつかない。

結局今回も一番勝った人が+20。負けた人で-20とおとなしい結果でフィニッシュ。

最後にまた四人で風呂に入って1日の麻雀の結果についてあれこれ話して、みんなでラーメン屋さんに行ってラーメン食べて解散。

さて次回はいつになることやら。昨年は都合がつかず、結局一年で3回しか打てなかったのだが、今年は4回か5回くらいはやりたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

久々麻雀会

今週の土曜日は久しぶりの会社のメンバーとの麻雀会。

前回の開催は5月だったので4ヶ月弱ぶり。

やろうやろうと言いながらお互いの都合が合わずに開催が延び延びに。

会場はいつもの金沢のサウナ。朝早くに出発し皆でひとっ風呂浴びてから対局開始。

朝からもうお客さんがちらほらと。

今回も禁煙麻雀ルーム。人気のあるのは喫煙できる部屋なのですが、こっちの方が台も綺麗だし、静かだしいい。

全自動卓というのはもちろん、点数表示もある。さらに前回聞かなかったために知らなかったのだが、自動配牌もついていた。

自動配牌は便利。やるとサイコロ振って配牌とるのは面倒で嫌になります。

これが入泉料600円と、朝の8:00~深夜0:00まで好きなだけ打って1卓4000円なんですからとんでもない。近くの雀荘から苦情が来ないのかと心配になるレベル。

最近は4人とも拮抗して終わってみればほとんど差がなしという状態で続いていたのですが、今回は前半から私が一気に抜け出して、ぶっちぎりの勝利。う~ん、たまにはこんな事もないとね。

今回は親の時に手が入ったのでついていました。四暗刻聴牌していたのに、リーチがかかって、「おりゃ!」と危険牌叩き切ったら親満に2回も突き刺さったりもしましたが、おおむね好調でした。

久しぶりの四暗刻上がりたかったなぁ。

面前混一東白対々三暗刻という麻雀やらない人にはなんのこっちゃか意味不明な記号の羅列ですが、実際は結構漫画みたいな手です。ツモれば四暗刻のこの手が、リーチのみの間五筒に一発で刺さるんですからしょうもない。しかも

その前からずっと張ってて、対面からリーチがかかって、一発でツモって来たのが赤五筒。 東東東白白白一筒一筒三筒三筒三筒七筒七筒 赤五筒

迷うこともなくノータイムで叩き切りましたよもちろん。漫画の主人公だったら、ここで7筒切って次順に間6筒ビシっとツモって、

てめぇ役満崩して間6筒か!!

ふっ、上がれない役満じゃ意味がねぇんだよ

とか言っちゃうんでしょうねぇ~。

凡人の私はやっぱり役満上がりたいですもの。ま、実際は8筒が切られていて、2、5筒の待ちは私が3筒を暗刻で持っていますがら、これで5筒が当たりというのはなかなかないレアケースですけどね。

結局朝から21回打って、10時頃に再び風呂に入ってお帰り。

さて次回はいつになることやら。気の合う仲間と和気藹々の楽しい集まりです。難点は互いにいろいろ忙しくてなかなか4人が揃わないこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧