育児

2021年5月 5日 (水)

最後の演奏

早いものでGWの連休も今日が最後。あいにくの雨でした。

今日は娘の高校の吹奏楽部の定期演奏会がありまして妻と一緒に見に行ってきました。

三年生の娘はこの定期演奏会をもって部活を引退することになります。

中学校一年生から吹奏楽をやってきましたが、今日でその演奏を見るのも最後になってしまいます。

コロナの影響があって定期演奏会は部員一人につき4名と人数制限もされており、常ならば一般にも公開されているのですが、今年は完全に身内だけの演奏会となってました。

それでも去年の三年生は結局定期演奏会は中止となって、最後に仲間と一緒に演奏することなく卒業していきましたので、こうやって引退を飾る場があるだけでもまだよかったのかもしれません。

本当にさまざまな部活動をする人にとって昨年はかわいそうな年でした。

コロナの方は実際は去年の今頃よりも今のほうがよほどひどい状況なのですが、ちゃんとやることができてよかったです。Dsc_0772高岡の文化ホールにて行われたのですが、座席は一席ずつ間隔を開けてのソーシャルディスタンスに配慮した開催になってました。

生徒たちは前日のリハーサルを見たので、息子は友達とそれを見に行っておりました。

昨年はもちろん大会も中止になって大会で演奏されるはずだった曲も披露の場を失ったのですが、今回ちゃんと聞くことができました。

最後の方は三年生もこれで引退という事で涙ぐみながら演奏する子も多く、コロナによって様々な困難を乗り越えてきたことを思えば見ている私も思わず涙腺が緩くなってしまいました。

周囲の父母たちからもすすり泣く声が聞こえてきました。

今年は大会が無事に開かれるのかどうかわかりませんが後輩たちには是非発表の機会が与えられるといいと思います。

学業と部活の両立もなかなか大変だったと思いますが、最後にこうやって泣けるほど打ち込めることがあったというのは素晴らしいことだと思いますね。

部活動を通じて多くの友達にも恵まれて貴重な体験をできたと思います。

今後も趣味で楽器を続けていくことは可能かもしれませんけど、特に音楽の道に進むわけではないので、こういった大人数での演奏に参加する機会は今後もう無いでしょう。いつも一緒に演奏してきた仲間と一緒に音を奏でることは今後もうなくなってしまいますね。

でもこうやって仲間と何かを目指して一緒に練習してそれを発表する場があってと、もうそんなことをする事ができない私にとっては羨ましいと思えることもありますね。

何かに真剣に打ち込むという事を若いうちに体験することの価値にはなかなかやっているときは気づかないものなんですけど、すごい価値のある事だと思いますね。

もちろん私も今になって思えばそう思えるのであって、やっているときにはその価値や素晴らしさをちゃんとわかっていたかというとそうではありませんからね。

なんでもそうなんですが、その時はわからないものです。常日頃やっている日常というのは普通に過ごしてしまっていてわからないものです。

コロナ過だって、マスクをしないと外に出られなかったり、飲みに行ったり旅行に行ったりを自由にできなくなってこそ、日常というのが貴重なものだったと思えたりとか。なんでもそんなものです。

娘はいつも楽しそうに部活をしておりましたし、真面目に行ってましたし、最後はちゃんと終わる事の悲しさも体験できました。それはきっと娘はまだ気づけないかもしれませんが、すごい価値のある事だと思います。

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

コロナ禍の入学式

今日は全県で高校の入学式でした。

今年の春から高校生になる息子ももちろん今日が入学式。

仕事もそれなりに忙しいのですが、なんか理由でもないと休む気にもなれないし、代休も山ほどたまっているので、ここは思い切って休むこととして入学式に行くことにしました。

中学校の入学式が午前中に行われ、高校の入学式は午後からであります。

昨日は午前中寝ていられるという事もあって、前祝で夜遅くまで家飲みしたせいで、ちょっと二日酔い気味。

わりといい天気に恵まれましたのでよかった。

結局息子は娘と同じ高校に通うことになりましたので、今年は娘が3年生、息子が1年生と姉弟そろって同じ学校に通うことになります。

娘の入学式にも参加しましたが、当時はコロナ騒ぎもなにもありませんでしたので、例年行われっている通常の入学式でした。

両親揃っての入学式参加も多かったですし、入退場や校歌は吹奏楽部の演奏なんかもあったり、学校では在校生が新入生を歓迎して部活動紹介なども行われていたりと賑やかでした。

今回はコロナウィルス対応という事で、在校生は一切参加なしで、父母も生徒一人につき1名の参加に限られておりました。

昨日の県内感染者は29人と久しぶりにクラスターなんかも発生したりして最近は再び感染者の数も増えてきていますからね。

結局入学式には私が参加して、妻は記念写真だけ撮るために参加という形。せっかくだから上の子も入れて家族四人で記念写真を撮ってきました。Dsc_0731体育館は椅子同士の間隔を開けて、親も全席指定の番号の席に座る形。それでも全席埋まっていましたので、親の参加率は100%だったのがちょっと驚いた。

家族に1人となるとほとんどの人は母親に参加の権利があるらしく父親は1割くらいだったかもしれません。私は数少ない父親の参加者。

国歌も、校歌も放送のみで歌うことは一切なしでした。一年生を担当する先生以外の教職員の参加もなく、必要最低限の参加者で行われました。

退場も時間をおいて密を避けるなど、いろんな対策がなされておりました。コロナのせいでいろいろ大変です。

明日からは本格的に高校に通うことになります。どんな三年間になるんでしょうかねぇ。いい友達に恵まれるといいですね。

| | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

卒業式

今日は息子の中学校の卒業式でした。

いい加減休みを取らないといけないくらい休んでいないので消化しないといけない有休を取って行くことにした。

なんかこう理由でもないとなかなか休む気にもならないですから。

朝から穏やかな陽気。

妻と二人で出かけました。

コロナ過という事で在校生の出席は無し、式場の椅子も間隔を開けてのソーシャルディスタンスの式でした。

このスタイルでの式典に出るのは初めてなのですが、これが当たり前になりしばらく続くのか、昔こんなことがあったのよっていう笑い話のようになってしまうのかはわかりませんが、ともかくきちんと式が行われたことはまずは良かったのではないでしょうか。

息子たちは部活動の対外試合も禁止、学校も春には長期休校、修学旅行もなしというかわいそうな一年間を過ごしてきました。

先日卒業アルバムをもらってきましたが、写真はほとんどマスクマスクで誰が誰だかみたいな感じになっていました。

一応これで私も子供が2人とも義務教育を終えて国民の三大義務のうち一つを果たしたことになるのかな。

とはいっても、それは建前上でまだまだ彼らの教育は続いていくのですけど。

式を終えて卒業生が各々写真を撮影する様子を見ながら、知り合いの父母たちと挨拶などをしました。

彼らも一応これで高校に行き再び全員がそろって会することはないでしょう。

中には一生会わない者もいるとおもいます。

私も中学校卒業以来一度も顔を見たことのない同級生は何人もいます。

私にとっても、保育園、小学校、中学校と父母として学校行事などで度々顔を合わせていた父母の方々とも今後ほとんど顔を合わせることはないでしょうね。

今日は息子の卒業式でもありましたが、我々親にとっても卒業式のような一つの区切りになったと思います。

自分が中学校の時はどうだったかな?友達との別れの悲しさというよりは新しい生活や出会いに向けての希望のほうが勝っていたような覚えがあります。

式歌で「仰げば尊し」が歌われましたが、分かれ目というのは節目ですが、「さらば」ではなく、「いざ、さらば」というところがいいですよね。

いざ行かん!子供たちの前途に希望ある未来が広がっていますね。

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

いよいよ本番

今日は朝から素晴らしい天気。立山連峰もくっきりと見えていました。

今日と明日、県立高校の入学試験が行われます。

うちの息子ももちろん朝から受験に出かけていきました。

受ける学校や、学部によっては倍率が厳しいことになっているようなところもあるのですが、どうやら息子の学校は倍率が低くそんなに心配することはないようなので、落ち着いて試験に臨めたようです。

明日が終わればとりあえずここのところしばらくの受験勉強からは解放されると思うのですが、まずは明日もう一日精いっぱいやってもらいたい。

先生は人生はそれだけでは決まらないみたいなことはいいますが、まぁそれは建前として、話半分にして聞いておくとして、実際は高校受験はすべてではないけれどかなりの影響を受けるのは間違いないですからね。

そうじゃなかったら誰もまじめに勉強したり、高い金払って塾なんか行きませんからね。

でも終わったらちょっとぐらい羽を伸ばしてもいいんじゃないかな。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

引退

日曜日の今日はお仕事も休み。

昨日は高校野球の代替え大会の話を書きましたが、中学校でも同じように今年は大会が開かれず。軒並み大会は中止。

いくら何でもそれではかわいそうということで、市の大会だけが開かれるということになった。

息子は今年中学三年生。今年が最後の大会だった、一応部長ということで頑張っていただけにかわいそうなことになってしまった。

その代替えの大会が行われ、今週末の試合をもって勝っても負けても引退ということになった。

今日、その最後の試合ということで妻と二人で試合を見に行きました。

中学校の試合なんて別に親もみんな見に来るというわけでもないし、特に無観客の案内もなく、好きに見に行って構わないというスタンス。

それだったら一般の人が応援になんか来るはずもない中学校の大会くらい普通にやればよかったんじゃねぇ?って思ったのは私だけ?

だって今日やった試合と公式の試合の違いってなんだろ?と思っても全く違いないですし。

ともかく報われない世代の息子の中三の部活動はこれでおしまい。もう引退になります。

もうちょっとちゃんとした舞台に立たせてあげたかったなぁ。

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

どんどん焼く

今週末は土曜日に中学校の学習発表会がありまして、家族で見に行きました。

私は今年PTAの役員になっているのでバザーの方の係を朝からやっておりました。

バザーではうどんや焼き鳥など様々なものが売られていて、子ども達も楽しみにしています。

私はどんどん焼きの担当になってまして、朝からひたすら何枚も何枚も焼いておりました。

初めて作ったのですが、結局作った分は完売してしまって、なんと一枚も食べることなく終わってしまった。

はたして初めて作ったどんどん焼きは美味かったのやら不味かったのやら・・・。

というわけで、今年はずっと調理場にいて自分の息子の出ている発表はかろうじて見られたものの、あまりゆっくりと見る時間が無くて残念でした。

夜には学校の先生も交えて反省会が行われ、お酒も入って賑やかに談笑してきました。

これまでPTA活動をあまりやってこなかったので、父母の人の名前と顔がなかなかわかりませんでしたが、活動を通じて結構親たちとの交流もできてそれなりに楽しかったかな?大変は大変でしたけど。

二次会まで行ってそこそこ気持ちよくなった辺りで切り上げました。

日曜日の今日はちょっぴり胃の調子が悪く、疲れも残っていましたが、会社でやらなきゃいけないことがあったので、仕事に行きました。

さすがにちょっと疲れました。

実際の発表の方は妻がビデオ撮ってきてくれたんで、これから見てみようかと思います。

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

東日本大会

今日は娘の吹奏楽の大会がありまして、妻と義母さんの3人で金沢の歌劇座まで演奏を見に行ってきました。

吹奏楽は大きく分けて30人以下の小編成の部と、それ以上の大編成の部があるのですが、全国大会があるのは大編成の部だけです。

小編成の部は東日本大会と西日本大会に分かれて行われて、それが実質上の最高位の大会になります。今日行われたのは東日本大会。

毎年会場は東日本のどこかになるのですが、今年はたまたま金沢が会場と言うことで見に行くのは楽でした。

でもせっかくだから北海道大会とかだと北海道旅行にいけたかもなって思ったりして。

大会は小学校、中学校、高校の部に分かれていて、富山県大会で代表になり、北陸大会で代表になれば東日本大会への切符を掴むことが出来ます。

娘の学校はうまいこと北陸大会に進んで、うまいこと代表になって見事東日本大会に進むことが出来ました。

中学校時代から娘は小編成の部に出て3年連続で県代表にはなりましたが、東日本大会には一度も出られていませんでしたが、高校に入ってようやく東日本大会に出場することが出来ました。191013131622249_photoチケットを手に会場入り。北海道やら東北やらの代表校も無事来ていましたが、昨日の台風のこともあってなかなか会場に来るのにも苦労したんじゃないかな?191013132829701_photo高校の部の最初から演奏を聴きましたが、娘の学校の演奏と合わせて丁度半分だけ聴いて帰りました。

さすがに各地区の代表だけあってどこの学校も素晴らしい演奏でした。

結果は金賞というわけには行きませんでしたが、この舞台に立てていい思い出になったのじゃないかな?

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

ちょっと見学

先日息子達が14歳の挑戦にで行っているということを書いたのだが、息子が行っている所は一般の人の目につく会社ではない。

娘の時は客商売だったので働いているところを一度チラッと見に行ったのだが、今回はそういうわけにはいかない。

息子の友達が飲食店で働いているということで、妻に行ってみればって言われて、ちょっと面白半分で今日昼ご飯をそのお店で食べてみた。

小さい頃から知っている子なのだが、ちゃんとやってるかなぁ?

でもお客さんを前にしたらなんてしゃべっていいのかわからないよねぇ。

今は結構いろんな店に中学生が店員として働いているはずです。

| | コメント (1)

2019年9月24日 (火)

労働と対価

台風17号は昨日の昼頃に温帯低気圧に変わって、結局富山県に到達する前に消滅してしまった。

昨日は現場仕事だったのですが、風の影響もあったにはあったのですが、なんとかひどいことにはならず、無事に順調に予定をこなすことが出来ました。

祝日三連休明けの今日から息子は「14歳の挑戦」で職場体験に行きました。行く前には職場に宛てた父母からのメッセージだの、息子へのメッセージだのを書かされました。

私自身はどちらかというと14歳の挑戦否定派。あんなもん各職場に迷惑かけるだけで、子ども達にとっては益になるとは思えない。

あくまで現行のやり方ではという事なのだが。富山県独自の取り組みらしいですけど、始まってから20年にもなりますが、どこの県にも広がっていない所をみると、もはや意地でやってるとしか・・・。

かなり行ける職場は制限されていますし、あれをもって一体何がわかるんだろ?

そもそも行く学生達が「行け」と言われて嫌々行っているだけで、あんまりやる気あるようにも思えないし。

私の会社では、職種的にもその受け入れはしていないのですけど、もしお願いされて一週間中学生の相手しろって言われたらスゲー嫌だろうなって思う。そういった意味でも企業にとって何の利益にもならないことに付き合わされている会社の方々はさぞかし大変だろうなって思います。

もちろん私たちが学生の頃にはこんな事はなかったんだけど。これを体験して社会に出た子ども達に、この経験が役に立ったかどうか聞いてみたいですね。

何の意味もなかったって意見が多かったら、辞めればいいのに。受け入れる企業側の負担でかいですもの。担当者が一週間つきっきりって会社にとって結構な負担だと思うんですけどね。

そもそも職を選ぶには面接があって、学歴を調べられて、試験もあったりして別に自由に選べる訳じゃないですからね。頭悪いとなれない職種も一杯ありますからね。職業の選択の自由はありますが、採用されるかどうかを決めるのは本人の意思じゃないから。

「働く」のは何のため?っていえば、そりゃぁつまるところ、「食べていく」ためなんですけど、食べていく、稼いでいくって言うことは綺麗事じゃないですからねぇ。

「働く」ということは「お金」と切っても切れない事なんだけど、「お金」を「労働」と切り離して考えるからこんな綺麗事になるんじゃないかな?社会主義国家じゃないんだから「労働=対価」の仕組みをどこかに取り入れないとダメと思うのが、私が14歳の挑戦に懐疑的な理由の1つ。「やりがい」というのは「報酬の多い少ない」に大きく関わってくるはずです。

仕事のやりがいというのは必ずしも金だけじゃないですけど、そこは無視できない事柄ですよね。

一体誰がやりがいあるからといって、無償で働くというのか?それは労働ではなく奉仕。これは全く別のもの。

「金が全てじゃないなんて綺麗には言えないわ」ということなのだ。

ではやりがいのある仕事をするというのが必ずしも正しいのか?じゃぁ、凄く嫌いだけど報酬が多いからやる仕事はダメなのか?どちらもアリだと思うんですけど、前者にのみ光を当てているのは思想の偏りを助長しているのでは?

14歳の子ども達に無報酬でボランティアさせてそれを「職業」とはこれいかに?ボランティアは職じゃないからボランティアなんですけどね。

「働くと言うことはこんなに素晴らしいことですよ」みたいな事よりも、「働かないとこんなに悲惨なことになりますよ」的な体験もありかもしれませんね。ニート減らせる効果もあるかも。

「働かざる者食うべからず」の精神を教え込む場だったり、より多く働いた者がより多く得るだとか、よりいいことを考えついた者が多く得るという事をどうやって取り入れたらいいんでしょ?

「稼ぐ」って事が現実には「働く」と同義ではないという現実もより複雑ですしね。世の中では自ら働かず他人を働かせることでより多く稼ぐ人の方がより立派な人になっているケースが多いですし、働かないで稼ぐっていうのが実は最もみんなが最終的に目指していることだったり・・・。

なんだか否定的な文句ばっかり言っているみたいなのだけど、私なりには「中学生」「約一週間」という制約の上で、どのようにやるのが一番いいのだろうかって考えたりもしているのです。

いい考えがなかなか浮かびませんけどね。それだけ「働く」ということには矛盾が一杯。どうすりゃいいんですかね?

 

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

バザー

土曜日は息子の中学校の運動会がありました。

私は結局娘の時は一度も運動会見に行く事もなかったのですが、今年はPTAの役員と言う事で仕事もありますので、朝から出かけていきました。

昨年は天候に恵まれなくて残念な運動会になりましたから。今年は晴れればいいなぁと思っていたらちょっと晴れすぎて、朝から結構な気温になりました。

校長先生の挨拶などの開会式の最中にすでに倒れる生徒がたくさん出て、保健の先生が早くもエンジン全開。

地元の学校ではPTAによるバザーが例年行われるのですが、私はその中でもポップコーンを作って売る係りになっていました。190907101645173_photoPTAの役員になったのは小学校を通じて初めてですので、あまり勝手がわかりませんが、知り合いの父母もたくさんいましたので、いろいろお話をしたりしながらも楽しくやらせてもらいました。

天候が天候でしたので、残念ながらポップコーンは不人気であまり売れなかったのですが、隣で売っていたかき氷は飛ぶように売れてました。

仕事をしながら合間に運動会も見学していました。

天候にも恵まれ、盛り上がった運動会になりました。息子の団が優勝して、よかったみたい。

夜にはPTA役員の慰労会が催されましたが、初めてで最後のPTAですし、また来月学校祭があったりとPTAの役員の方々とも交流しておいた方がいいかとも思って参加してきました。

お酒も入って、二次会にも行きました。さすがに朝からで疲れたので三次会には行きませんでしたが、いままでほとんど話した事もない息子の同級生のお父さんなんかとも話す機会があって、「いつもお世話になってます」とか言えたんでよかったかな?

今週は出張の疲れや、運動会の疲れで、酔っぱらって帰った事もあって、朝は遅くまで寝ていました。

何にもする気が起きないで、たまった疲労を抜かないといけないと思ってしっかり寝ておりました。休養も大事。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧