日記・コラム・つぶやき

2018年7月21日 (土)

今シーズン最狂

しかしまぁこの猛暑いつまで続くのやら、全国で熱中症患者が続々と出ています。

気をつけないとね。

今日は久しぶりに現場仕事でした。今日も予報は35℃オーバー。

しかも今回はめっちゃ汚くて、ちょっとあまり体によくない薬品が周囲にあるという現場で、どうしても保護着を着ないといけない現場でした。Mono61017616
こんなやつ。

こんな気温の時にやる仕事じゃない。でも仕方ないのであります。仕事なんでね。

朝から灼熱。工場は天井が保温無しのスレート。壁ももちろん保温無し。窓開けても風なんか入ってこないし、湿度が高く蒸し風呂状態。

仕事初めてすぐに全身汗でべっちょべちょ。パンツまでビチョビチョ。

もちろん仕事でやっていると熱中症になんかなっちゃうと労災になって偉い目にあうので、休憩と水分を大量に取りながら。

体感気温は40℃肥えていると思う。不快指数もマックス。

何リットル飲んだかな?アクエリなど5L近く飲んだかもしれない。でも全然小便が出ない。全部汗。

昼過ぎが一番きつかった。本当に目眩しそう。明日もあるので三時過ぎに早めにお片付け。というかそれ以上できない。みんなフラフラ。ちょっと危険を感じました。

明日も35℃超えそう。

夏場にいろんな仕事をしてきましたが、過去5本の指に入るヤバさでした。案外外の仕事ってヤバいランキングに入らないんですよね。倒れそうになるのは高温の時期の湿度の高い屋内の仕事。

湿度が高いのは本当にヤバい。

明日も頑張ります。無事終わって美味しいビール飲みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

加藤剛さんと「風と雲と虹と」&「獅子の時代」

先日横浜に行っていましたが、その道中のニュースで俳優の加藤剛さんが先月の6月18日に80歳でお亡くなりになっていたことがわかったとやっていました。

加藤剛さんと言えば、何と言っても大岡越前のイメージが強いのかもしれないが、いくつかNHKの大河ドラマにも主演しておられました。

昔の大河ドラマの映像を今年に入ってたくさん見ていたのですが、加藤剛さんの主演作品としては、「風と雲と虹と」(1976)をまず見ました。Kazekumoniji
この作品は平安時代の平将門、藤原純友の乱を描いたもので、登場人物が今ひとつメジャーじゃないというか、ちょっとパッとしない話であまり一般受けしなかったかもしれない。

NHKの大河ドラマとしては14作目なのだが、全編の映像が残っている作品としては最古の作品だそうな。それ以前の映像ってどんな管理されていたんでしょうかね?

若き日の加藤剛演じる平将門は正直で正義感に溢れる主人公でした。忍者のような草刈正雄演じる鹿島玄明。若き日の草刈り正雄って凄いイケメン。

吉永小百合演じるヒロイン貴子は将門の恋人であったが、兵士達に寄ってたかって慰み物にされて裸で打ち捨てられるという壮絶な最期も衝撃的。今の大河じゃ絶対にこんなシーンは放送されないな。

緒形拳演じる藤原純友と加藤剛演じる平将門の名演はなかなか見物で、硬派な大河ドラマで、最近の学園ドラマのような大河ドラマと違って見所たっぷりの作品だった。

他にも宍戸錠、米倉斉加年、山口崇、丹阿弥八津子、星由里子、蟹江敬三、西村晃、峰岸徹、露口茂、太地喜和子などそうそうたる共演者も魅力的でした。

その後、1980年に放送された大河ドラマ「獅子の時代」も加藤剛主演の作品でした。これも最近見たばかりでした。Shishi
平安時代から打って変わって、幕末明治維新を描いた作品で、薩摩藩士、苅谷嘉顕役の加藤剛と会津藩士、平沼銑次役の菅原文太が主人公の作品なのですが、二人とも歴史上では架空の人物という大河ドラマでは珍しい設定です。

山田太一の脚本で、主題歌が宇崎竜童の異色なテーマ音楽で、作中に流れる音楽も非常に特量的な作品でした。

この二人の主人公の間に立つ大原麗子演じる「もん」という女性が二人の運命を大きく左右していくのですが、この大原麗子がとにかく美人。この大原麗子を見るためだけにこの作品を見たとしても価値があるくらいの作品。今こういった魅力の女優はあまりいなくなりました。

他には何と言っても菅原文太が凄く魅力的。素直にかっこいい。私がこの作品を見たときには加藤剛さんはまだ生きていたのですけど、もう三人ともお亡くなりになってしまったんですね。

この「獅子の時代」の舞台の一つがまだ開港間近の横浜でした。今回横浜に行ったときに加藤剛さんの死を知り、この作品を見て横浜開港の歴史や遺構についても調べたりしました。

「風と雲と虹と」の平将門、「獅子の時代」の苅谷嘉顕の加藤剛演じる二人の主人公は作中で二人とも非業の死を遂げるという役なのですが、どちらも真面目一本気な性格という主人公で現実の加藤剛さんのイメージにもピッタリな役でした。

菅原文太演じる平沼銑次の妹役で若き日の大竹しのぶが出ていますが、まだ初々しい。

今年の大河ドラマは西郷隆盛が主人公ですが、この作品にも時代設定が同じなので西郷隆盛も出てきますし、大久保利通も出てきます。
時代的には「獅子の時代」「篤姫」「八重の桜」「西郷どん」は同じなのですが、それぞれ共通の人物がどのような描かれ方をしているのか比べてみるのも面白いかもしれません。

「獅子の時代」数多くの大河ドラマを見ましたがその中でも一、二を争うくらい面白い作品でした。随分昔の作品ですが、大河ドラマの名作は絶対に昔の作品の方が面白い。

役者がアイドルタレントとか可愛いだけの女優とかが出て無くてちゃんと役者だし、予算のかけ方が今と段違いですしね。大河ドラマはまずアイドル出演させるのをやめた方がいいと思う。

最近行った横浜と、加藤剛さんの死、そして今年見た大河ドラマと言うことでちょっと思いを書いてみました。

どんどん魅力的な俳優さんがいなくなっていき寂しいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

日本負けちゃった

Wカップも日本の敗戦で楽しみが少し減ってしまった。

戦前はどうせ予選で3連敗と思っていたのですけど、なぜかコロンビアに勝ってしまって、なんだかんだで予選を突破してしまって驚いた。

世の中全体が手のひらクルーっと返してしまった。

グループリーグを突破して、決勝トーナメント1回戦は深夜3:00からの放送。

早めに寝てから起きてちゃんと最初から見ました。

世界ランキング3位のベルギーにボコボコにやられるのかと思いきや、日本が先制し、さらに追加点を奪い2点をリードしてしまった。

サッカーって小学校のサッカーでもあるまいし、実力差があるとは言え、プロ同士の対戦で2点差を追いつかれると言うことまではあっても、2点差をひっくり返されるなどということはよほどのことが無い限りはない。

事実W杯の決勝トーナメントまで勝ち上がってくるチーム同士でいうと48年振りの出来事である。

さすがに私もこりゃ、もらったかなとかなり思っていたのでビックリ。しかしまぁ、最後のカウンターは凄かった。あそこで一番力の差を感じました。美しいカウンターでした。

いろんな意味で予想が覆される大会でした。

決勝トーナメントに出場を決めた際の時間稼ぎや、その他采配についても、様々な意見がありますね。

下馬評を覆し決勝トーナメントに進んで、世界最強の攻撃力のベルギーを相手に最後まで互角に渡り合ったことをよくやった、と褒める評論もあれば、結局のところ10人のコロンビアに1勝しただけで、1勝2敗1分けに終わっただけで、結果だけ見れば全く通用していないだろって意見もあります。

それだけ訳のわからない大会だったかもしれません。

でも日本の得点シーンでは思わず「オーッ」と声も出ましたし、興奮できました。

でも、ワールドカップって、優勝経験のあるイタリアでも今回出られていませんし、あのオランダも出場できず。過去にはイングランドも出られなかった事ありますし、予選落ちということであれば、今大会は優勝候補のドイツが予選落ちしましたし、フランスだって、ポルトガルだってスペインだってアルゼンチンだってブラジルだって長い歴史の中では予選落ちしたこともある。

必ずしも下馬評通りには事が進みませんし、ビックリすることも起きるから見ていて面白いのかもしれませんね。

私はそんなにコアなサッカーファンではないですから、あまり細かいことは言いたくありませんが、ここ2週間間違いなく楽しませてもらいました。

また四年後が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

思わぬトラブル(三回目)

今日から二泊の予定で出張。初日の今日は長野県の駒ヶ根。
駒ヶ根には今年の二月に一度打ち合わせで行きました。その時は一人でしかも日帰りでした。私にとっては初めての駒ヶ根でした。もちろん名物のソースかつ丼を食べました。
今回は二人で行きました。朝出たときは富山は大雨。糸魚川から白馬を通って行くルートで長野道から中央道に出ました。
駒ヶ根にはちょうどお昼頃に着きました。
お昼ご飯はもちろんソースかつ丼。今回は前回と違ったお店に行きました。
凄く肉厚でジューシーなカツがとてもおいしかったです。ちょっとお昼ご飯にしてはボリュームありすぎなくらい。次から次にお客さんが入ってきて、平日の昼だというのに満席。みんなソースかつ丼好きなんですね。
午後から打ち合わせでしたが、心配していた雨も上がって順調にいきました。
しかしここで問題が・・・。
スマートフォンを落としてしまって画面にヒビが入ってしまいました。約一年ぶり三回目。私はアンドロイドスマホですので、画面にヒビが入ったら操作不能になってしまうんですよね。
出張中ですので困った。
ドコモショップに行って代替え機をもらう手続きをしました。出張が終わったら富山に戻って代替え機を返却します。とりあえず中身が何もないスマホになって、電話ぐらいしかできません。
アプリ入れたらなんでもできるんですけど、数日しか使わないスマホにアプリ入れるのも面倒なので。
ドコモのお姉さんが可愛いくて親切な人だったのがちょっと不幸中の幸い。
しかしまぁ、気を付けているんですけどよく壊します。これまで二回割っているのでカバーつけていたんですけどやっぱり割れちゃった。
保険で直すので基本的には同じ機種に代わるんですけど、もう古いスマホなので在庫がないらしく、今のスマホの新しい機種に代わるみたい。ちょっとだけ得したかも。
しかしせっかく撮ったソースかつ丼の写真が壊れたスマホの中なのでアップできない・・・。
今日は駒ヶ根に一泊して明日は横浜に向けて移動します。
今日はワールドカップの予選第三戦のポーランド戦。予選突破がかかった大事な試合。
一人ホテルの部屋で日本代表を応援しながらブログ書いています。
がんばれニッポン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

勝負は最後まで

日曜日の夜0:00キックオフのワールドカップ第二戦のセネガル戦、最後まで観戦して眠い目をこすりながら会社に行った人も多いかと思います。

前回のコロンビア戦は見ることができなかったんですが、今回はちゃんと開始前からテレビにかじりついて見ていました。

私は普段からそんなにサッカーをこよなく愛すという風ではなく、いわゆる「にわか」なのかもしれませんが、日本代表が戦う姿は応援したいと思います。

結果は2-2のドローでしたが、手に汗握るハラハラした試合でした。正直引き分けでも凄いのかもしれません。

なんだか失点すればそのままズルズルっと行く感じなのですが、二回も追いついたのだから驚き。

すいません。2点目取られたときにはほぼ駄目だと思ってました。

前回のコロンビア戦も、今回のセネガル戦も正直通用するとはまったく思っていなかったので、第3戦まで楽しみに見られるというのは思ってもみないことでした。

サッカーの試合は普段はほとんど見ることがなくなりました。以前はイタリアやプレミア、リーガなどの海外リーグや、ユーロなどを楽しみにしてビッグカードなどを見ていた事もありましたが、最近は全然見ないので海外の有名選手の名前もだんだんわからなくなってきました。

メッシや、クリロナなど長く活躍している選手はわかるのですが、私が見ていた頃の選手の多くは代表を引退してしまいました。

正直サッカーの試合を一試合まるまる最後まで見たのは前回のワールドカップ以来かもしれません。

是非次の試合もいい試合をして予選を突破しても洗いたいものです。

そうしたらもう一試合楽しみに見られるのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

疲れて一杯

今日はお休み。

特に用事も無かったし、昨晩は映画を見て夜更かししてしまったので、ゆっくりと。

娘を部活の行事に妻と二人で送っていき、再び迎えに行くまで2時間くらいの暇があったからフラフラと買い物に出かけて時間潰し。

なんだか疲れたので、どこかで茶でも飲もうぜと言って近くにあったお店に入る。180623144134396_photo
久しぶりに入りましたコメダ。普段は滅多に入らないんだけど、スゲー混んでた。並んで順番待ちも出ていた。私が入った後だけど。

何だろう?よくわからん魅力があるのかな?

確かにコーヒーはでかいのだが、並んで飲むようなものには思えないのだけど。結構値段も高いし。

喫茶店でコーヒーを飲むという習慣があまりないです。

でも最近コーヒーショップがチラホラとできてきて、それなりに流行っているみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

残念、見られなかった

現在開催中のワールドカップサッカー。日本はあまり強くなかったり、直前のゴタゴタなどでほとんどの人はどうせ勝てないだろと言うことで今ひとつ盛り上がりに欠けている。

昨日は日本にとっての予選の初戦コロンビア戦が行われました。結果の方は日本の勝利に終わって。正直ビックリ。

前回もコロンビアとやりましたが、メディアの方は勝手にコロンビアなら何とかなるんじゃない?的な報道がなされていましたが、結果は惨敗。

いくらコロンビアがここのところW杯で結果を出していないからといっていくら何でも相手に失礼だろ。と当時思っていたのですけど、さすがに今回はコロンビアだったら何とかなるだろ的な報道はあまりありませんでした。

実際勝ったらビックリなくらい実力は違うと思います。

実は昨日本当はサッカー見たかったのですが、仕事の取引先が集まる宴会があり、見られなかった。

温泉で宴会の後、日本戦が始まる時間になったのですが、そこから二次会。さすがにみんなサッカーの試合を気にしていましたが、だからといって解散になるわけでもなく、トイレに行くふりをしてチラチラと経過を気にしていました。

日本が先制したと言われてビックリ。しかも一人退場になって断然有利。ハメスロドリゲスは出ていないし。でもファルカオがいるし、このままではすまないだろうなと思いながらも、チビチビ水割りを飲んでおりました。

まさに心ここにあらず。

その後取引先のお客さんに誘われて、毎年恒例の麻雀をすることに。結局麻雀を始めた頃に同点に追いつかれた事を知りました。しかし映像は見ていません。

結局麻雀中に携帯で日本が勝ったと言うことを聞きました。

いやぁ、麻雀は麻雀で楽しいし、楽しみにはしていたんですけどねぇ。でもまぁ、こうなったらあきらめるしかない。

翌日仕事ということもあって12時をちょっとまわった辺りで、東風4回打ったところで解散。去年は少し負けましたが今年はなんとか勝てました。そんなにたくさんあがれたわけではないんですけど、一回も振らなかったのが勝因かな。

接待麻雀と言うほどではないのですが、一応目上の方と打つもんで、何でもあり的なことはしないので必然と手は綺麗に高く仕上がっていくんですよね。なるべくダマをしないでリーチしたりと、ちょっとよそ行きな感じになりますが、そういった縛り(勝手に縛っているだけですが)があるのも条件戦的に面白みもあるかなと。

雀荘のメンバー的に字牌のドラを絞ったりして。きちんとおりたりして。

サッカーの話に戻りますが、次はセネガル戦。しかし映像見る限りじゃ身体能力半端ない。大迫半端ない以上に半端ない。

今度こそ見られたらいいな。

負けると決まったわけでもないので、応援しよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

決まっちゃった

前から議論されていましたが、今日の午前中に改正民法法案が与党などの賛成多数で可決されました。
四年後の2022年4月1から施行される。
娘はその時点で丁度18歳。その年は19歳になるだから、3月31日18歳では成人ではないのだが、翌日の4/1からは成人と言うことになる。
成人式ってどうするんだろ?
でも18歳から成人といっても、飲酒や喫煙は20歳からとなる。またローンの締結もできないし、公営ギャンブルもできない。でもパチンコはなぜか昔から18歳から入ることができる。

現状では各種法律によってあらゆる事が可能な年齢が定まっていて結構ややこしい。成人という物の定義とはなんだろうか?

一般に成人=一人前という考え方があると思う。では一人前というとどうだろうか?
一人前というのは1人の成人として評価されると言うことである。
(日本大百科全書引用)
1人の男や女が成人後に備えているはずとされる心身、技能、力量などの総称。各種の職場をはじめスポーツや芸能方面でも漠然と人並みの能力というほどの意味で用いられることもあるが、村落社会では古来共同労働を組むうえで一定以上の労働力が要請され、1人前の標準作業量をはっきりと設ける場合が多かった。
その標準量を一人役(いちにんやく)、一手役(いってやく)、ワッパカ仕事などとよび、農作業をはじめ各種作業についていちいち男女別に1日どれだけと決めた所も珍しくない。たとえば、男は田打ちならば1反(10アール)、物を背負う力では四斗俵1俵(約60キログラム)、女は男の半人前から7、8分で、田植ならば7畝(せ)(7アール)、機(はた)織りでは1反(鯨尺で約8.5メートル)といったぐあいであった。農家の奉公人や職人の徒弟などにはその作業量がとくに厳しく求められた。
つまり過去には人並みに働けなければ一人前ではないとされていた。
また婚姻に関しても、昔は10代でも結婚していれば一人前、30歳でも結婚していなければ社会では決して一人前とはみなされなかった。
数学ではA=BかつB=CならA=Cということになる。
18歳=成人=一人前という数式があっても18歳=一人前というのは成り立たない。18だと学生だし、ほとんどの人は自立していない。40過ぎても自立していない人も何万人も日本には住んでいますけど。

18歳を成人にすることによって国民にとってのメリットとして何があるのだろう?

そもそも国民にとってのメリットがないと民法を改正する意味なんてまったくない。
単なる税金集めと言われても仕方がないのだが、多くの国民はアンケートの結果ほとんどがこの法案について関心がない。
この法案が可決されることは結構大事件なはずなのだが、凄く薄い報道しかされていない。
モリカケ、モリカケ言ってる場合じゃないんだけどね。野党がモリカケ、モリカケ言って国会を空転させている間に重要法案が結構可決されていったんですけど。
予算審議もモリカケ、モリカケとまったく国会議員の仕事をなんだと思っているのやら。
マスコミも、一大学内の不祥事ばかり報道していないでもっと報道することはあるんでしょうけど。大学の理事長が誰だろうと国民には全く関係ないことですからね。国立大ならまだしも私立大学だし。
自分が18歳の頃を思い返してみても、その頃は「俺ももう一人前」と勝手に思っていた節はあったかもしれないけど、当然学生だし、親のすねかじって経済的には全く自立していないし、今18歳の自分を見る事があれば、絶対に「このガキが」って思うに決まってます。
18歳ってまだ子供な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

編集開始

先週末のリレマラが終わって、今年も会社の社員とその家族との交流がありましたが、その時の様子はビデオで記録していました。
前にも二回出た時の様子も撮影しており、私が動画編集してDVDに焼いて参加者に配りました。
初めて出た時は2014年。今から4年前。当初参加していた社員の子ども達も大きくなって、中学校に行くなどして来られなくなった。
今年出た子の多くは小学校低学年。初参加の時の下の世代の子ども達だ。
子ども達は高学年になるとスポーツ少年団などでなかなか身動きが取れなくなり、中学生になると部活動もあって来られなくなる。
さすがに4年前の動画を見返してみると、子ども達も小さくて可愛らしい。こういった動画と言うのは確かに作ったときも楽しいのだが、何年か経ったときに見るのが一番楽しいかもしれない。
社員のいい思い出になればと頑張って作ったのだが、前回に出た2年前のは、なかなか忙しくてまだ作っていなかった。
今年は少し体も空いたので、前回の分からまとめてみようと今週の頭から編集作業に入りました。
一気に2回分なので大変。
編集作業は始めるまでがおっくうでなかなか踏み切れませんが、いざ始めてしまうと一気に制作したいので、毎日寝不足気味。
とりあえず始めて5日くらいで1本目は7割ほど仕上がりましたかね。
週末でほぼ仕上げたいです。
今年の分も引き続きやるつもりです。
みんなのために頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

い っ ち ゃ ん リ レ ー マ ラ ソ ン 2018

昨日毎年恒例になりました「いっちゃんリレーマラソン」が行われました。
昨年は抽選に間に合わず参加できなかったのですが、今年は会社のメンバーと一緒に参加しました。
これでうちの会社では4回目の参加になります。
一応私も4回目の参加になるのですが、さすがに日頃の不摂生とメタボな体型で、いくならんでも何にもしないでいきなり2kmなんか走れないということで、ここのところ2週間ほど付け焼き刃なトレーニングはしてきました。Vs180604028
まぁ、若いうちならともかく、マジできついです。2km走るなんて。
とりあえずゆっくり2kmをタイム気にせず走るならまだ何とかなっても、一応ギリギリの目標タイムがあって、自分の限界一杯まで走るとなると、2kmを7分で走ろうが、10分でろうが、15分で走ろうが、限界は限界なのである。
速く走った方がつらいと言うことはない!
一応毎年自分の中では限界一杯で走っているつもり。タイムはもちろん平々凡々なのだが。Vs180604001
今年も大勢の参加者で賑わっていました。でも企業名を冠したチームは年々少なくなってきている気がしますね。
みんなで応援し合って、それぞれの限界まで頑張って、会社では年に一回のお祭りみたいなものです。
チームは社員が半分、その娘や息子が半分くらいの割合で、奥様達も応援にきて、日頃は顔を合わせることのない社員の家族との交流の場にもなってます。
うちは古き良き時代の中小企業なんで。Vs180604023
天気もよくて、気温が高く、走っていると凄く大変でした。最後ゴールに着く前には限界一杯のラストスパート(のつもり)。しばらく動けなくなりました。
夕方にはみんなで居酒屋に集まって打ち上げ。子ども達も交えて大騒ぎ。ビールが美味くていっぱい飲んじゃいました。
また来年以降も出られるかわかりませんが、もうちょっと一年を通じて鍛えないといけないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧