おすすめサイト

2011年9月14日 (水)

富山デジタル映像ライブラリー

富山デジタルライブラリー というのをご存じだろうか?
富山デジタルライブラリーは生涯学習・教育・文化などの分野のふるさと富山に関する映像ライブラリーで、平成22年 10月末時点で 1,503件の映像が登録されています。

いろいろな富山の映像が納められているのだが、そこに新湊の曳山の昔の映像も納められているのでちょっと紹介したい。

まずは「新湊曳山祭 」と題された昭和31年に撮影されたお祭りの映像です。
ちなみに昭和31年とは1956年で今から55年前である。1956年は日ソ共同宣言が締結され、日本が国際連合に加盟し国際社会に復帰した年です。
射水市出身の『美味しんぼ』の作画をしている「花咲アキラ」が生まれた歳でもあります。

映像は白黒でよく分からないBGMが流れていますが、曳き子の声なんかも入ってます。かけ声なんか55年前と変わりませんね。昔から「イヤイヤイヤサァ」って言ってたんですね

音声はあとで編集して近世の祭のものを挿入して編集してあるそうです。ご指摘ありがとうございます。

山の姿も今とほぼ変わりません。湊橋は今よりもちょっと低いですね。欄干が木製っぽいです。

曳山だけでなく町の様子も撮られています。八幡宮前の縁日の様子もあります。まだ着物の女性が多いです。男性はスーツ、子どもは学生服に制帽姿です。私の親父なんかもまだ10歳くらいの頃です。どこかその辺歩いている所映ってたりして。

もう一つは「新湊の曳山祭り 」と題された昭和39年の映像です。
昭和39年は1964年で今から47年前です。まさに10/1に東海道新幹線が開業しています。
10/24が東京オリンピックの開会式であるので、オリンピックを直前に控えたお祭りです。
ちなみにドラえもんの「のび太」が生まれたとされる年でもあります。

映像はカラーになってます。まだカラーテレビなんかがそんなに普及していない頃ですので、大変貴重な映像なのではないでしょうか?音声もはっきり撮れてます。囃子の音もきれいに聞こえてます。やはり先人達もお囃子上手です。
音だけ聞いていたら、今の祭と変わりませんね。「ジャカスカ・ワッショイ」とか言ってます。

これも音声は合成だそうです。記事訂正いたします。それならそうと注記しておくべきですね。

曲がるときに、綱引きのように長手を揺さぶりながら曲がってます。これは今とはちょっと違うところですね。

富山デジタルライブラリーの中には他にも曳山の映像がいくつかあります。他の市町村の様々なお祭りの映像もあります。暇をみてはのぞいてみて下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)