« 野球観戦 | トップページ | 上喜元 神力 »

2021年5月 5日 (水)

最後の演奏

早いものでGWの連休も今日が最後。あいにくの雨でした。

今日は娘の高校の吹奏楽部の定期演奏会がありまして妻と一緒に見に行ってきました。

三年生の娘はこの定期演奏会をもって部活を引退することになります。

中学校一年生から吹奏楽をやってきましたが、今日でその演奏を見るのも最後になってしまいます。

コロナの影響があって定期演奏会は部員一人につき4名と人数制限もされており、常ならば一般にも公開されているのですが、今年は完全に身内だけの演奏会となってました。

それでも去年の三年生は結局定期演奏会は中止となって、最後に仲間と一緒に演奏することなく卒業していきましたので、こうやって引退を飾る場があるだけでもまだよかったのかもしれません。

本当にさまざまな部活動をする人にとって昨年はかわいそうな年でした。

コロナの方は実際は去年の今頃よりも今のほうがよほどひどい状況なのですが、ちゃんとやることができてよかったです。Dsc_0772高岡の文化ホールにて行われたのですが、座席は一席ずつ間隔を開けてのソーシャルディスタンスに配慮した開催になってました。

生徒たちは前日のリハーサルを見たので、息子は友達とそれを見に行っておりました。

昨年はもちろん大会も中止になって大会で演奏されるはずだった曲も披露の場を失ったのですが、今回ちゃんと聞くことができました。

最後の方は三年生もこれで引退という事で涙ぐみながら演奏する子も多く、コロナによって様々な困難を乗り越えてきたことを思えば見ている私も思わず涙腺が緩くなってしまいました。

周囲の父母たちからもすすり泣く声が聞こえてきました。

今年は大会が無事に開かれるのかどうかわかりませんが後輩たちには是非発表の機会が与えられるといいと思います。

学業と部活の両立もなかなか大変だったと思いますが、最後にこうやって泣けるほど打ち込めることがあったというのは素晴らしいことだと思いますね。

部活動を通じて多くの友達にも恵まれて貴重な体験をできたと思います。

今後も趣味で楽器を続けていくことは可能かもしれませんけど、特に音楽の道に進むわけではないので、こういった大人数での演奏に参加する機会は今後もう無いでしょう。いつも一緒に演奏してきた仲間と一緒に音を奏でることは今後もうなくなってしまいますね。

でもこうやって仲間と何かを目指して一緒に練習してそれを発表する場があってと、もうそんなことをする事ができない私にとっては羨ましいと思えることもありますね。

何かに真剣に打ち込むという事を若いうちに体験することの価値にはなかなかやっているときは気づかないものなんですけど、すごい価値のある事だと思いますね。

もちろん私も今になって思えばそう思えるのであって、やっているときにはその価値や素晴らしさをちゃんとわかっていたかというとそうではありませんからね。

なんでもそうなんですが、その時はわからないものです。常日頃やっている日常というのは普通に過ごしてしまっていてわからないものです。

コロナ過だって、マスクをしないと外に出られなかったり、飲みに行ったり旅行に行ったりを自由にできなくなってこそ、日常というのが貴重なものだったと思えたりとか。なんでもそんなものです。

娘はいつも楽しそうに部活をしておりましたし、真面目に行ってましたし、最後はちゃんと終わる事の悲しさも体験できました。それはきっと娘はまだ気づけないかもしれませんが、すごい価値のある事だと思います。

|

« 野球観戦 | トップページ | 上喜元 神力 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野球観戦 | トップページ | 上喜元 神力 »