« 盛岡にてpart2 | トップページ | 志賀高原スキー場2021.3.13 »

2021年3月14日 (日)

念願の大内宿と会津

夜遅くまで大学時代の同僚と久しぶりに会って話をしてホテルにようやく帰ったんですが、朝は早くすぐに帰る事にしました。

朝起きてホテルのカーテンを開けて外を開けるとなかなかいい天気。

まだ夜明け前の6時にホテルをチェックアウトして帰路につきます。

今日は帰るだけですのでこのまま何もせずにまっすぐ帰れば自宅までは約8時間。2時過ぎには着く計算。ものすごく天気が良かったので。どこか1か所でも寄り道をして帰る事にします。

前から行きたいと思っていた「大内宿」に行けるチャンスなので。行ってみることにしました。

大内宿には会津からと郡山からの両方から行けますが、会津からだと来た道を引き返すことになるのですが、どうせなら峠越えをして大内宿に行って会津に抜けようと、郡山を目指します。

郡山南ICで降りて国道118号線で大内宿を目指します。

国道118号線はまだ通ったことがない道路なのですが、3桁国道の割には起点が茨木の水戸で終点が会津と総延長215kmとかなりの長さの国道です。

けっこうな山道を登っていきます。会津から白河に抜ける道や、日光に向かう会津藩参勤交代の道である下野街道の途中に大内宿があります。

昔の人はこんな山道を歩いて越えていたのだなと思うとすごいと思いますね。お殿様の籠を担ぐ役目なんか絶対にできないと思いますね。Dsc_0617およそ10時頃には大内宿の入り口に到着。入口の駐車場に車を停めて後は歩いて向かいます。Dsc_0621大内宿は通りを挟んだ両脇に昔ながらの建物が軒を並べています。茅葺の屋根の古民家の街並みが現在に保存されています。

富山だと、五箇山とか白川郷だとかそんな雰囲気に似ていますが、こちらは建物が点在しているのに対して、大内宿は整然と並んでいるのが特徴ですね。Dsc_0623戊辰戦争の戦火も免れて今に至っています。古い家は築400年以上だとか。年間80万人もの観光客が訪れるらしいのですが、コロナの影響もあってかガラガラ。日曜日の日中なんですけどね。Dsc_0629建物のほとんどは観光客向けのお土産屋さんだったり、喫茶店だったり、食堂だったりという感じになっております。漬物を売っているお店で試食を薦められていろいろ食べたのですが、それを説明するおばちゃんがなまっていて何をしゃべっているのか全然わからなくて面白かったです。わざと会津の言葉を聞かせてくれているのでしょうけど、面白いです。Dsc_0626宿場でお殿様がご休息する本陣にも入ってみました。Dsc_0625_20210311212401農工具や民芸品などの資料館にもなっております。

通りの突き当りに大内宿の全景を上から眺められる高台がありましたのでそこに行ってみました。Dsc_0631_20210311212401上から見るとこんな感じです。昨晩冷えたせいで山々の木々は霧氷で白く輝いてとてもきれいでした。

大内宿からはそのまま峠を下るように県道131号線下郷会津本郷線で会津に向かいます。

会津では会津に住む友人と昼食を食べる予定にしていましたが、時間的に少し余裕がありましたので、芦ノ牧温泉でも行ってくるかとちょっと行ってみました。

大きな温泉旅館が立ち並んでいますが、コロナのせいかほぼ休館となっておりましたので。温泉近くの芦ノ牧ドライブインの中にある芦ノ牧ドライブ温泉というなかなか味のある風呂に入ってみることにしました。

400円で入れますし、器はともかくとしてお湯は芦ノ牧温泉の源泉かけ流しですのでおもしろい。Dsc_0635_20210311212401私一人貸切でした。熱い湯とぬるい湯の2つの浴槽があります。塩化物泉と硫酸塩泉の2つの性質を持つ透明なお湯で、さらっとした感じなのですがお肌ツルツルになります。

さてひと風呂浴びてスッキリしたところで会津市街地に向かいお昼にします。

いつも会津に来たら喜多方ラーメンとか、会津ソースカツ丼となるのですが、今回は友人が蕎麦屋さんに連れて行ってくれました。Dsc_0636_20210311212401会津名物の鯉のお重とそばのセットを食べました。海のない会津の郷土料理として鯉料理は人気の料理。海沿いに住む私にとっては鯉はなかなか口にする機会がないのですが、泥臭さは全くなくてさっぱりとした味でした。Dsc_0637食後に薦められたのが、会津の郷土料理饅頭の天ぷら。揚げ饅頭とも言われるらしいのですが、初めて見ました。

本当に饅頭に衣をつけて天ぷらにしてあります。

衣のさっくり感と中身のしっとりとした餡の食感が面白い。甘い天ぷらってのも斬新。こうしてその土地にしかないような食べ物を食べるのは面白いです。

さて、お昼ご飯を終えて2時くらいに会津を離れました。

後はまっすぐ家に帰るだけです。会津から富山までは約4時間。天気も良かったので気持ちよかった。新潟県の山々も今日は切れいでした。

予定通り夕方には久しぶりの我が家に帰って、家族で夕食を食べました。

以前から狙っていた大内宿にいいタイミングで行けてよかった。

 

|

« 盛岡にてpart2 | トップページ | 志賀高原スキー場2021.3.13 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛岡にてpart2 | トップページ | 志賀高原スキー場2021.3.13 »