« 盛岡へpart1 | トップページ | 念願の大内宿と会津 »

2021年3月13日 (土)

盛岡にてpart2

今回の盛岡のホテルはいつもの駅前ではなくて大通りの近くのホテルを選びました。

ビジネスホテルなのですが、昔初めて盛岡に来た時に泊まったホテルのはず。今回はそれ以来のお泊りになります。

2時くらいにホテルについて車を停めて、今回は盛岡の大通りを中心とした市街地観光をすることにします。

盛岡の中心市街地はそんなに大きくはありません。住んでいた当時たまに飲みに来るくらいであまり観光らしい観光はしたことがありませんでしたので今回改めて観光客になった気持ちで歩いてみました。Dsc_0588大通りをまずは盛岡城址に向かって歩いてみます。以前とはずいぶんお店が変わってしまいました。土曜日の日中だというのに人いませんね。Dsc_0589盛岡城に着きました。お城には石垣だけが残っており、当時の建造物はそれ以外何も残っておりません。そんなこともあって、ほとんど城に行くことはありませんでした。Dsc_0590お城の脇にある櫻山神社の裏にある烏帽子岩。昔南部利直が三の丸を整備した時に出てきた岩だそうな。まともに見たのは初めてでした。Dsc_0592お城の中にある石川啄木の「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」の歌碑があります。ちゃんと初めて見たかも。Dsc_0591二の丸と三の丸の間にある広場。公園となっています。盛岡城は桜の名所で、桜の時期になると花見客で賑わいます。私も学生時代に部活の花見で散々に飲まされた覚えがあります。盛岡の桜の満開はGW付近です。

その花見の飲み会以外で盛岡城に来たことなんかなかったかもしれません。案外来ないものです。Dsc_0594石垣はなかなか立派です。漫画「六三四の剣」で幼い六三四が石垣に登るシーンがありましたねぇ。

盛岡城を後にして、すぐ近くにある盛岡地方裁判所の前にある石割桜を見に行きます。Dsc_0597大きな岩の間から桜の巨木が生えていて、国の天然記念物に指定されております。もちろんまだ咲いていませんので枝だけ。車で前を通った時に咲いているのを見たことは何度もあるのですけど、こうやって目の前まできてみたのは初めて。Ishiwari桜が咲くとこんな感じで、大勢の見物客が集まります。

そこからお土産などを買うために盛岡市街地の老舗百貨店パルクアベニューカワトクに向かいます。Dsc_0600久しぶりに入りますが、昔とはちょと外観が変わったかな?なんか新しくなっているような・・・。盛岡にもついにロフトが入ったんですねぇ。

食品売り場でチョコ南部などのお土産を買いました。

ちょっと歩いて小腹が空いたというか、どうしてもじゃじゃ麺だけは食べて帰らないといけないので、大通りにあるじゃじゃ麺屋さんに行きました。Dsc_0601今回は白竜じゃなくて「ぱんだ」のじゃじゃ麺。昔よく行きました。一旦お店は閉店しましたが、大通りに復活したらしいです。小とチータンを食べました。

大通りにある南部せんべい屋さんで南部せんべいを買いつつ、お店のおばちゃんと盛岡の大通りの変遷についてお話してきました。このせんべい屋さんは昔から残っている数少ないお店。ダイエーも無くなりました。

建物が無くなり、コインパーキングが増えましたね。もっと飲み屋さんがあったはずなんですが、随分無くなった印象があります。

今日は夕方5:00から学生時代のお仲間と盛岡駅前でお食事の予定でしたので駅前に向かいます。Dsc_0602開運橋を歩いて渡ります。Dsc_0604開運橋から見える岩手山。護岸工事が写っちゃってちょっと残念な写真になってます。奥に見える橋が夕顔瀬橋になります。Dsc_0605ちょっと時間があったので盛岡駅によって、中のフェザンでお土産を買いました。

今回は年度末でしかも行くという事を突然決めたということもあって、私を含めて三人でお食事。久しぶりにありますので話も弾み、夜遅くまで一緒に話が尽きませんでした。

お互い似たような歳の子を持つ親ですので、子供の事や昔話や、近況などいっぱい話すことがあります。

次はいつ来られるのやら全く分かりませんからね。気づいたら10年なんてあっという間に経ってしまっていますからね。

今日は朝早くからいろいろ盛りだくさんな一日で、夜遅くまで起きていましたからホテルに帰ったらすぐに倒れるように寝てしまいました。

明日は朝早く盛岡を離れる予定です。本当はもっとゆっくり過ごしたいものなのですがねぇ。

|

« 盛岡へpart1 | トップページ | 念願の大内宿と会津 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛岡へpart1 | トップページ | 念願の大内宿と会津 »