« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

緊急工事!?

昨日まで長野に行っていたのですが、今日は朝から岐阜へ向かいました。

久しぶりの東海北陸道。

天気はいいけど今日も猛暑。

道路は空いていて順調に進みました。

今日は打ち合わせだったので特に汗をかくようなこともなく、ちょうどお昼頃に用事は終わりました。

岐阜といってもあまりこれまで行った事のない場所だった。帰りはちょっと下道を走って、お昼ご飯を食べてから帰ることに。

今日は同行者もいたので、お互い結構好きということで岐阜タンメンを食べて帰りました。たまに食べたくなりますね。

早めに終わったので早く帰れるかなと思ってまた再び東海北陸を富山方面に戻りました。

天気も良く気持ちの良いドライブだった。

ひるがの高原でちょっと休憩。ソフトクリームを食べて出発。

しかし、清見にたどり着いたときに、急に通行止めの指示が・・・。

無理やり降ろされました。調べても原因がよくわからない。「緊急工事」とだけ書いてありました。

東海北陸道を通らずに富山に入るには156号線で白川郷から庄川沿いに行くルートがあるのですが、清見ってかなり156号線から離れている場所なので、156号線に行くには戻っていくしかない。

もう一つは清見から高山方面に向かって41号線で富山に入るルート。どっちもかなり遠回り。

で、結局どうすることにしたかというと、清見から古川に抜けて41号線で帰ることにしました。

まぁ、天気もいいし、通ったことのない道だしそれもまたよしかな。だってしょうがない。

久しぶりに41号線走った。

思わぬ遠回りを強いられましたが、後から調べると、トンネル内のタイルが剥がれて緊急点検になったとか。ほんとついてない。

結構な距離を運転しましたが、今回は二人だったので運転を代われましたし、話をしながら帰れたのでよかった。一人だったらめげていたかも。

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

激暑

出張二日目。

朝から日差しが強くて暑くなりそう。

普段はあまり現場作業はしないのだけど、今回はばっちり肉体労働。本当は好きなんだけど、なかなかいつもは時間がなくて。

こうして出張だとしっかり現場仕事できます。

とはいっても、今日の暑さはなかなかのものだった。

しかも今回は屋外のしかも折板屋根の上というめっちゃ過酷な条件。

前にも一度35℃以上の日に折板屋根の上で作業した時がありましたが、本当にぶっ倒れそうになりました。

屋根はチンチンに熱せられて、靴の裏溶けそうなくらい。そこいらのものは素手では触れません。「アチィ」ってなる。

熱せられた鉄板の輻射熱が容赦なく襲い掛かり、一時間もいれば意識朦朧。

本気で熱中症が怖いので、水分をガブガブ取ってどうにかこうにかやってましたが、お昼過ぎには息も切れてきて、動きも鈍く、体も頭も動かなくなってきて、これは軽い熱中症かな?と思いましたので休み休みやってました。

今日は朝からめっちゃ水分取りました。1日で4~5Lは飲んだと思います。自販機で金めっちゃ使った。

でも、全然おしっこが出ないんですよね。朝から夕方まで一回しか行かなかった。しかも凄く濃いのがチョロチョロっと。

全部汗で体外に出ちゃってるんですね。

最後結構フラフラになってましたが、仕事のほうは無事順調に終わりまして、よかったよかった。

すぐにホテルに戻って大浴場に直行。

めちゃめちゃかいた汗を温泉でゆっくり洗い流します。疲れた体を湯船に横たえて、いやぁ、硫黄泉が筋肉に染み渡るー。

そんなにバリバリ力仕事ってわけじゃなかったんですけど、消耗が激しかったですからねぇ。

しかしまぁ、部屋に戻ってものどが渇いて渇いて。

水腹になっちゃいますね。

今日はなんか食欲もなくて、夜はうどん食べました。

夕方に空にすごく大きな虹がきれいに出ていました(写真はない)。

しばらくして土砂降りの雨が降ってきて、雷もすごかった。

これでちょっと明日は涼しくなるかな?明日は作業しないですけどね。

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

今日からは長野

今週の頭に出張に行ったせいでなんだか曜日感覚がおかしいのですが、金曜日の今日からまた出張。

今回は長野です。

前回に引き続きとってもいい天気。

ちょっといい天気すぎるんですけどね。

今回は外仕事だったんで、あまり気温が高いとつらいなぁと思っていました、午後からは雲も出てきました。

直射日光じゃなかっただけでかなりありがたかった。

そのおかげか、仕事のほうは至って順調。

ホテルでゆっくり温泉にもつかってちょっとリフレッシュ。

明日も暑くなりそうですが、せめていい風でも吹いてくれたらいいです。

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

上越ラーメン?

今日は昨日一泊して朝からまた新井にてお仕事でした。

仕事のほうは順調に予定通りで特に特筆すべきこともないのですが、新井にはちょっと有名なラーメン屋さんがあって、なかなか行く機会もないのでせっかくなので行きたいなぁと思っていました。

昨日の夕飯の時間に行ったんですけど、本日定休日の看板が・・・。

残念。また今度の機会にと思っていましたが、仕事が順調にいったおかげで、お昼に少し時間があって、現場からは少し距離があったんですけど行ってみることにしました。

なかなか人気のお店のようで、平日でも行列ができるほどだとか。

「オーモリラーメン」というお店なのだが、昼前に着いたら、もう店の前には10人以上が並んでいた。

お店はすごく広くて席はたくさん。二階席まであるのにこの行列ってすごいなぁ。

ラーメンだから回転も速いと思い炎天下の中少し待ってみました。割と早く席に案内されました。

私無知だから知らなかったんですけど、世の中には「上越ラーメン」なるラーメンのジャンルがあって、この店はその系統のお店らしい。

特徴はとんこつラーメンらしいのですが、おそらく初めて食べました。

とんこつラーメンの半熟卵乗せ。どうもチャーハンも人気らしいので、半チャーハンのセットにしました。200826121427673_photoサラダと麦茶がセットでついてきます。

この年になると、チャーハンとラーメンのセットとなるとちょっと重たいので、半チャーハンのセットにしたのですが、半というのにはいろいろありまして、この店の「半」は普通のお店のチャーハン並みのボリュームでした。

美味しかったんですけど、お昼としてはちょっとボリュームありすぎ。おなかが重い。

しかしまぁ、ラーメン店であれほどの人気というのは凄いもんだ。狭いお店で席数も少なくて人が並んでいるというならともかく、なかなかないような座席数の大きさのお店で行列できるのは凄いなぁ。駐車場なんて50台くらい停められそうなくらいの大きさですしね。

まえから一度行ってみたいと思っていたので行けて満足。

夕方に会社に戻らなければいけなかったので、お昼過ぎには仕事を終えて帰ってきました。今日もいい天気でいいドライブ日和。外は猛暑なんですけどね。

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

久々の新井

今日は一泊の予定で出張。

お昼に待ち合わせということで割とのんびりと現場に向かいました。

行先は新潟県の新井。

ずいぶん久しぶりに新井で泊まります。10年以上ぶり。

今日は天気も良くて絶好のドライブ日和。

車の外は猛暑だったんですけどね。

エアコンのきいた車内からは雲一つない青空と、左手には穏やかな日本海。

いつもは時間に追われてビューっと走っていくのですけど、今日は時間も余裕がありましたので、迷惑にならない程度にゆっくり走っていきました。

今日は午後からの作業で、明日残りをやります。

現場のほうもひっかう的余裕がありましたので丁寧に。

新井の町はずいぶん久しぶりに来ましたので、もう道なんかだいぶ忘れています。

食事食べる店も全然覚えていない。

でも、適当に入った洋食屋さんがなかなかおいしくてよかった。次にいつ来るかわかりませんが、次来た時もいってみたい感じ。

さて、今週も連日猛暑が続きますが、明日も暑い一日になりそう。

マスクしなきゃいけないんで結構つらいんだよね~。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

週末の成果

今週末はちょっと涼しくなるかなぁとか思っていたんだけど、結局かなり暑かった。

土曜日は半日だけ仕事でしたが、エアコン効いた涼しい所で事務仕事していました。

どこか出かけるという予定もなくて、結局家のことをやったり、テレビを見たりとそんな感じで過ごす。

そういえばこの前キャンプに行ったときに道具を入れている箱の整理がついておらず、物が雑多に詰め込まれていたのがあまり格好良くなかったので、新たに物を入れるためのボックスを買って、整理整頓用の中仕切りを制作しました。

中仕切りを丈夫に作ったのでこれでばっちり、収めるところに収まるようになって、物をひっくり返して探さなくてもよくなりました。

これが今週末の成果。

今日は廃品回収があって、朝から息子と二人で回収をしましたが、コロナの影響で今年初めての廃品回収でした。

息子ももう中三ですので、上の子が保育園のころからやってきた廃品回収もこれで後一回を残すだけでもう集めることをしなくてもよくなります。

PTA活動なども、息子が卒業して子供たちが二人とも高校生以上になれば、ほとんどのことから解放されます。

まぁ、私よりは妻のほうがいろいろ大変なことをやってくれていたのかもしれませんが。

次の廃品回収で、おそらく父母として何かしなければいけないという当番のようなものは最後になるかもしれません。

これで少し楽になりますね。

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

もう週末

毎日毎日暑い日が続いています。

アチ~、アチ~とか言っているうちにあっという間に一週間が過ぎてしまいました。

なんだか体調が少しすぐれない。そんなにひどくはないけれど。

夏バテかな?

夜寝苦しいからか少し寝不足気味。

家に帰ってからはゴロゴロとテレビや映画を見たりして過ごしております。

週末雨が降るらしいのだけど、少しは気温も下がってくるのかな?

残暑というにはちょっと残りすぎな暑さ。

仕事のほうもシャキシャキと進まない感じ。集中力も低下しているのかもしれない。

今年はコロナの影響で休校期間が長かったので夏休みが短縮され、子供たちも20日から二学期が始まって学校に行くようになりました。

今年はそんなこともあったり、なんだかいつもと時期がずれていて、なんだか時間間隔がおかしいなぁ。

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

注目の一戦

今甲子園では春の選抜の代替え大会となる交流大会が開かれています。

今年の春の選抜はコロナのために中止になったのですが代表校が一試合だけ交流戦という体で甲子園で試合ができます。

もともと選抜には富山県の高校は代表として選抜されていませんでしたので、富山の高校は参加していません。

試合は、生ではあまり見ていませんでしたが、ニュースや深夜放送などで試合の様子をみていましたが、やはり無観客というのは盛り上がりませんね。

甲子園の舞台はやっぱり応援とか雰囲気とかそんなものが全部含まれてこその「甲子園」だということがよくわかります。

というか、今までこんな形態での試合なぞ見る機会はもちろんなかった。今後見ないに越したことはないのだけど。

昨日今回の注目の試合の星稜対履正社という昨年の夏の大会の決勝戦と同カードという試合があった。

富山県の高校は今回参加していないのだけど、星稜には富山県出身の選手がいますし、ちょっとした知り合いでもありますので、応援しようと朝からテレビの前で試合を見ていました。

本当は春の選抜の時に現地に行って応援しようかと思っていたのですけど、本当に残念です。

試合のほうは負けてしまいましたが、やはり勝っても負けてもどのみち終わりというのではなんだか今一つ寂しいですね。

ブラスバンドがないのもこんなに寂しいものかと。プロ野球の無観客、鳴り物なしではそこまで思わなかったんですが、やっぱり高校野球とブラスバンドはセットですね。

野球の試合だけみると日頃と大して変わらないのに、全く興味がわかない。不思議なものだ。

今年コロナに翻弄された3年生の姿が、かわいそうで見ていられないというのもあると思います。

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

キャット空中三回転の巻

この前キャットタワーを制作したとの記事を書きましたが、あれからしばらくして、ちょっとずつ登ったりするようになりましたが、まだ怖いのか一番上のほうにはあまり行きません。

野生の血が騒がないのだろうかと思うのだけどね。

でも一番上段は結構な高さです。恐る恐る歩いています。本当はぴょんぴょん跳びまわるのを想像していたんですけどね。なかなかうまいわけにはいかないようで。

そのうち慣れるだろうと長い目で見ることにします。

この前キャットタワーに登るのを促すために100円ショップでおもちゃを買ってきてタワーにぶら下げました。

そいつを猫パンチして遊んでいたりして、それをほほえましく眺めていたのですけど、数日前に黒いのが勢い余って一番上から真っ逆さまに落ちてきました。

くるくる回りながらにゃんこ大先生の「キャット空中三回転」ばりに落ちてきたぞなもし。

それで、下にあったテレビに横っ腹打ち付けて、見ているわたしは冷や汗をかいたのですが、そんな野性味にかけるドジっ子な猫でも、やっぱり猫ということで、落っこちた後も結構何事もなかったようにケロッとしておりました。

どこか骨折でもしてたりしたら大変だと、体中なでなでしましたが、痛がる様子もなく普通に歩いておりましたので、ホッと胸をなでおろしました。

見た感じ普通そうなので、様子を見ておりましたら、なんか絨毯に赤い点々と血がついているのを発見して、「あれ?どこかから血が出ている?」と体をみてもあまり血が出ている様子もないので、なんだろうなぁと思ってました。

夜になり、猫を触っておりましたら、右足を触ったときに「フギャッ」と言って痛がったので、前足ケガしたのかと思って見ても外観上はあまり気が付かない。それで、じっくり調べてみたら、右前足の小指の爪がない!!!

落ちた時に落ちまいとして必死に掴まったのだけど、木のキャットタワーに爪が刺さって、そのまま爪がもげてしまったのかもしれない。ちょっと捜索してみたのだけどもげた爪は結局見つからず。爪っていつもしまわれているので、無くても気づかなかった。

しかしまぁ、爪がはがれても涼しい顔しているもんだなぁ。痛くないのかしら?人間だったら悶絶してのたうち回るはず。涼しい顔しているので騙された。

幸い血は止まっていたので、しばらく様子を見ることに。触れば嫌がりますが、普段は特に痛がる様子もなかったので安心していましたが、昨日足の様子を見たら、ちょっと濡れていたので、ひょっとして化膿してたりしたら大変だと思って、抗生物質でも処方してもらいに獣医に連れていく事にしました。

あれだけのことがあっても痛がらないわけですから、化膿が進んで壊死とかになると最悪足の切断か、敗血症で多臓器不全にでもなったら一大事。

あまり医者に連れていく事もないのですが、久しぶりにキャリーケースに入れようとしたら、めっちゃ抵抗して、それでも何とかケースに押し込んで獣医に連れていきました。

車の中でも、医者の中でも「ミャー、ミャー」赤ちゃんみたいに甘えた声で鳴き続け、おいおいしっかりしろよ。いつからそんな赤ちゃんになったんだ?と。200814112303657_photoケースがちょっと小さいのよね。最近はこんなプラスチックのじゃなくて、もっとおしゃれで機能的なキャリーケースもあるのですけど、先代の猫を飼い始めた17年位前にかったキャリーそのまま使ってます。新しいの買ってもいいんだけど、年に一回も使いませんからちょっともったいない。200814112233664_photo診察台に乗せて、妻と二人で首根っこ押さえつけながら、先生にちゃんと見てもらいました。猫でも火事場のくそ力だしたら人間一人では抑えきれないくらいのパワーありますからね。本気モードで噛まれたら結構シャレにならんし。

診断の結果は、右前足の小指の爪がもげていて、そこにばい菌が入って化膿してきているとのこと。処置は早くはなかったものの、まだぐちょぐちょに化膿しているとかではないので、しばらくお薬のんだらおそらく良くなるということ。

まぁ、ともかく見せに来てよかったよかった。お盆でめっちゃ混んでいて大変でしたけど。

「抗生物質を飲まない子もいますから、うまく飲めなかったら言ってくださいね」と先生に言われましたが、薬をちゅーるに混ぜてやったら、すごい勢いで食べて、おかわりまで欲しそうな感じ。

ともかくよかったよかった。

数日経過観察して、盆明けにまた見せにいってきます。

せっかくのキャットタワーに変なトラウマができないといいのだけど。最近はさすがにあまり近寄りません。でもね。キャットタワーは全然悪くないのだよ。突然足元が崩れたとかならわかるけど、なんでもない段差の上から落っこちるのはお前がドジなだけ。

でも痛い目見てかわいそうだし。早く爪も生えて全快してくれればいいです。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

ひさびさキャンプ

今年のお盆休みは完全にスプリットで、前半3日。後半3日というものだった。別に長期休暇が欲しいわけでもなんでもないので

それはいいのだけど、今年は特にコロナの影響もありどこにも出かけるというわけにもいかない。まぁ例年お盆休みにはどこかに旅行に行く習慣なんてないのだけれど。

数か月前から妻がキャンプに行きたいと言ってました。我が家にはテントがなくてキャンプに行くにはテントを買わなければいけないのですが、テントなんてそんなに本格的なものでもなければそんなに高くありませんので、適当に選んで買えば?というと、ネットでそれらしいものを選んで買っていました。

寝袋と、テーブル、椅子やコンロなどそのあたりのものはとりあえず家にあるので、テントさえ買えばそれなりの事はできます。そのうちやってりゃいいのも欲しくなるのかもしれませんが、まずはあまりお金をかけないで。

キャンプに関しては妻と息子が主体的に計画を進めておりまして、私は誘われている感じ。

一言にキャンプと言いましてもいろんなスタイルがあるとは思いますが、まずは一番ライトな感じで、車でパッと行って、テント立てて、簡単な料理を食べながらお酒飲んで、テントで寝て、朝ご飯を食べてコーヒー飲んで帰るみたいなのでいいかなと。

私自身キャンプというのは普段からあまりやらないので、今回は子供たちが小さいころ以来7~8年ぶりというところだろうか。

実はテントを買ってから今回の前に2回ほど計画を立てていたのですけど、いずれも天候に恵まれず、雨で延期になっていました。

仕事が終わってすぐに砺波にあるキャンプ場に向かいました。もちろん初めて行くところです。200813171603191_photoキャンプ場に着くと、先に行っていた妻と息子がちゃんと二人でテントを張って出迎えてくれました。

ここの所コロナの影響でキャンプブームとなり、都会のほうではキャンプ場もいっぱいだとか。でも今回はテントサイトも一つ置きくらいでもあまるほどガラガラで、静かなキャンプが楽しめそう。

目的は大自然の中でのんびり静かなひと時を過ごしながらお酒を飲むことなので、小さい子供が周りでギャギャー言ってたり、若者が酒飲んで大声でみたいな事に耐えるくらいならそもそも来なくてもいいくらいに思いますので、なかなかいい環境かも。200813174335529_photoさっそく炭に火をつけて夕食を作ります。さっと焼いて食べれるものを中心に。ゆったりとした時間を過ごしたいので、料理に時間をかけたくないので。料理自体を楽しむのが目的じゃやなくて、目的はおいしいビール。200813174329655_photo夜は比較的涼しくて、周りも静か、星もそれなりに見えました。そんなにたくさんは飲みませんでしたが、ほどほどに。

ソーシャルディスタンス完璧でしたので、マスクのない生活ができました。

朝は明るくなって早めに目が覚めて、トーストとコーヒーの朝食。日が昇ると一気に気温も上がってきましたので、早めに撤収にかかりました。

とりあえずテント買って一回目のキャンプ。またそのうち機会があれば。 

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

お誕生会

世の中お盆の長期休暇に入っているところもあるのかもしれないが、私の今年の休暇は今週末の三連休と、来週末の三連休。

すっかりスプリットな感じ。

今週末は三連休だったのだけど、さすがに一週間の出張明けなので、いろいろ事務仕事もたまっていたので、連休最終日の今日は会社に行って事務仕事を片付けていました。完全には片付いていないのだけど、まぁこんなもんで勘弁してやるかっていう程度には片付けた。

今月は妻の誕生月なので、今週末に誕生日のお祝いとして、二人で食事に行ってきました。

前から一度行きたいと思っておりました小杉にあるイタリアンレストラン。

酒蔵を改装したレトロな落ち着いた店内が人気のお店。

前日に予約をしたのですが、あっさり取れました。

18:00に予約をして時間通りにお店に行くと、一番乗り。

奥の席に案内されました。古い木造の蔵の中に、どっしりとしたテーブルとレトロな椅子。白い漆喰壁がいい感じ。格子窓からは庭の木々が見えます。

ディナーのコース料理を注文いたしました。前菜、サラダ、ピザ、パスタ、デザートのセットなのですがせっかくなのでもう一品肉料理を追加してみました。200809182447215_photo前菜がオシャレに盛り付けられてきます。200809184109116_photo_20200810222001ピザは肉厚のモチモチとした感じ。

お店はコロナの影響か、週末というのに満席ではありませんでしたが、このピザのテイクアウトがとっても人気だそうな。確かにこのボリュームと価格を考えるとかなりお買い得感はあるな。

このピザが結構な量で、二人で半分ずつ食べて、パスタまで食べると、女性だと食べられない人もいるんじゃないかって量かも。私でも結構おなか一杯になりました。

ワタリガニのスープのパスタにしましたが、なかなか濃厚なワタリガニの風味がとてもよかった。

季節のものをメニューにしているとのことで、また別のものを食べに行きたいですね。お値段もリーズナブルだし。

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

行ってわかった

月曜日から出張に出かけていましたが、今日無事に帰ってきました。

でも、無事かどうかは数日後まで謎ですが・・・。

無症状感染者になっているかもしれないけど・・・。

行っている間はずーと天気が良かったのですけど、結構な猛暑でした。

お昼ごろに現地を出発して帰ってきたのですけど、途中から高速道路上で前も見えないようなすごい豪雨にあいまして、結構運転がだるかった。

都会に行っていたので、保菌者になっている可能性も否定できませんので、会社に寄ってもソーシャルディスタンス取って、とっとと帰ってきました。週末はおとなしくしていよう。

今日も日本では各地で感染者が増えて、国内の感染者も過去最高を記録しました。私が行っていた場所は今日も大勢の感染者が出ていました。

しかし、そのような都会に行って分かったことは、基本的な対策をしていてもそれ以上の対策をできるわけじゃないから、後はただの運だなということ。

もちろんマスクはずっとしていましたし、保護メガネもかけてましたし、車に乗るたび、どこかに寄るたび、何かを触るたび、お店に入るたび、出るたび、これでもかと手を消毒していました。

外に食べに行くときも、隣に人が座っていない席を選び、大声で話さないようにし、見知らぬ人の近くには近寄らない。

と、まぁできる対策は徹底して取ってきました。

では、これ以上のことが現実的に何ができるかということです。防護服着て歩くわけにもいきませんし。

そもそも「行かない」というのはそもそも論で、今回は仕事ですので不要ではない。だから行かないという選択肢はない。

だとすれば、仮に一週間私がそこに行って感染したとすれば、それはもうしょうがないんじゃない?って事なのです。対策はしましたから。

実際は、やれることは限られています。マスクと手の消毒以外に現実的に日常的にできる対策はあるだろうか?毎日やるんだからそんなにお金はかけられませんし、時間もかけられないとしたら。

ないですね。

誰かが「イソジン」っていえば、あっという間に品切れで手には入りませんしね。

都会では、私らは車で移動していたのですが、お客さんはみんな電車通勤です。「怖くないですか?」って言ったら「怖いけど仕方ない」と。

そうなんです。怖くても避けることはできないんです。仕事する以上は満員電車にも乗らなきゃいけません。

周りでコロナ患者が数百人出てますって言われてもみんな普通にしています。だってそれ以外の方法がないのだから。

しょっちゅう空爆があるシリアに住んでいる人に、「なんでそんなところに住んでいるの?」とか、飢餓や伝染病に苦しむアフリカの人に「なんでそんなところに住んでるの?」って聞くみたいなはなし。

逃げも隠れもできません。仮に隣の家の人がコロナになったからと言って、家捨てて引っ越しできますか?ってなこと。結局は身を任せるしかないのかもしれません。人事を尽くして天命を待つ。コロナのない世界なんて、地球上には南極、北極くらいしかないのだから。

あきらめて好きな事しろって言うんじゃなくて、不要を避けて対策をしているのにもかかわらずなるのはしょうがないって事。

今回はそのことがよくわかりました。

 

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

世が世なら

月曜日から出張に来て、今日で4日目。

来ている所は今日もコロナ陽性者の過去最高を記録したとニュースでやっていました。

気温も今週に入って高くなってきた。正直富山だと、ほとんどありもしないコロナよりは現場では熱中症のほうがよっぽど怖いので、広いところで作業する際は、マスクの着用をしない事も多いのだが、さすがにここではがっちりマスクしての作業になるので、大変だ。

空調服は着ているんだけど、マスクに保護メガネもしっかりしての作業だ。熱中症対策もしっかりしないと危険。

いつもは出張ともなると、夜は退屈なので、遊びに出かけたりもする。

今回泊まっているホテルには過去にも何度も来たことがあります。ホテルから歩いてすぐにでっかいパチンコ屋さんもあって、過去にはよく遊びにも行ったりしてきたのだけど、さすがに今回はちょっと行く気にはなれない。

ホテルの部屋で出張中に一人弁当を食べるなどというのはいくらなんでも侘しすぎるし、弁当を買って食べるのは嫌いだし、ホテルには食事をとるところはないので夜はホテルに近くの店に食べに行くのだけど、やはり外食を控えているのかあまり人はいない。

でも食事を食べたらホテルにまっすぐ帰ってそのまま朝まで引きこもりとなる。普段しょっちゅう出張に行っているのだけど、こんなことは初めてだ。

富山にウィルスをお土産に持って帰るわけにはいかないので、できるだけ気を付けないとね。どこに行ってもジャブジャブ消毒している。

そういえば、世が世なら、今まさに東京オリンピックが開催されているはずだった。

私もチケットに当選していたので、本当ならば今日東京に向けて出発し、明日試合を見て明後日帰るはずだった。

もしそうなら、今回の出張には来られなかったはずだから、まぁ仕事的には延期になって助かったのかもしれないのだけど。

来年無事開催できるのだろうか?まだ宿も取っていないのだけど、今のところ開催されれば見に行くつもりではいるんだけど。どうなることやら。

 

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

仕事だから

週明けの今日から県外に出張。朝から会社のメンバーと三人で出張に行きました。

この出張自体は一か月前から決まっていたのですが、一旦収まったかと思われたコロナも再び息を吹きかえし、特に人口の多い都会では連日のように今日は100人だの今日は200人だのとコロナ陽性患者の急増を発表している。

いつもは地方の田舎に出張に行く事が多いのだが、今回の出張はそのコロナ患者の急増が話題になっている都会である。

いつにも増して気を付けなければならない。

正直行きたいか行きたくないかでいえば行きたくはない。リスクを背負うからだ。

しかし、行きたくないから行かなくてもいいなどと不登校の中学生みたいなわけにはいかない。そりゃぁそうだ。我々はプロだ。それで稼いでそれで飯を食べている。仕事の依頼と、それを受けたという契約はなによりも優先される。

「なんでそんなところに行くの」と困ったことを聞かれる。「なんで?」理由ははっきりしている。仕事だからだ。

仕事を断るというのは容易なことではない。ましてや一旦受けたものを反故にするのは不可能なことだ。

毎日のようにコロナ患者が運び込まれている病院で働く人に「危ないからそんな仕事やめて」と言うのか?

みんなこのコロナ禍の中で大なり小なりリスクを抱えて経済活動をしている。飲食店に勤めるものも、ショッピングセンターで働く者も、駅員だって空港職員だって、ホテル従業員だってみんな同じ。

空からお金は降ってこない。

せめてマスクをしっかりして、ソーシャルディスタンスをしっかり取って消毒を徹底して不用意な外出を控えてとやれることはすべてやっている。

富山県はまだ比較的平和だ。感染者がいるとは言っても今のところは日に1人とか2人とか。ここでは日に100人を超える陽性患者が出ている。

このコロナ禍が始まってから初めて都会に行った。

でも、普通に小学生は学校に行き、高校生は自転車に乗っている。商店では店員が品物を売り、飲食店では食べ物を売っている。何も変わらない。みんな日常を生きている。

一日に200人だろうが500人だろうが実際には逃げも隠れもできない。家を捨てて、仕事も捨てて、無人島に避難などできないのである。生きていくには食べなければいけないし、食べるためには働かなきゃいけない。

それがコロナ禍の都会に来ればよく分かる。

そのことが理解できない人はきっとコロナに感染した人に言うんだろうなぁ「なんで?」と。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

引退

日曜日の今日はお仕事も休み。

昨日は高校野球の代替え大会の話を書きましたが、中学校でも同じように今年は大会が開かれず。軒並み大会は中止。

いくら何でもそれではかわいそうということで、市の大会だけが開かれるということになった。

息子は今年中学三年生。今年が最後の大会だった、一応部長ということで頑張っていただけにかわいそうなことになってしまった。

その代替えの大会が行われ、今週末の試合をもって勝っても負けても引退ということになった。

今日、その最後の試合ということで妻と二人で試合を見に行きました。

中学校の試合なんて別に親もみんな見に来るというわけでもないし、特に無観客の案内もなく、好きに見に行って構わないというスタンス。

それだったら一般の人が応援になんか来るはずもない中学校の大会くらい普通にやればよかったんじゃねぇ?って思ったのは私だけ?

だって今日やった試合と公式の試合の違いってなんだろ?と思っても全く違いないですし。

ともかく報われない世代の息子の中三の部活動はこれでおしまい。もう引退になります。

もうちょっとちゃんとした舞台に立たせてあげたかったなぁ。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

応援ポロシャツ

今日から8月。土曜日だったけどお仕事。来週は出張もあり、事務仕事を片付けなければならなかった。

しかし急に気温が高くなってきました。すっかり夏の気温。まだまだ湿度がちょっと高く不快ですけど。

今年は高校野球の夏の甲子園は春に続いてコロナの影響で中止となり、寂しい夏となっているのですが、各地で甲子園には繋がらない代替え大会が行われています。

富山県でも先週から始まって今週末も行われています。

昨年は娘が高校の吹奏楽で応援に行くというのもあり、久しぶりに高校野球の予選を見に行くと、強豪校の試合ではないのですけど、それはまたそれで面白くて、結局のところ甲子園を見て楽しいのは、高校生離れしたスパープレーなんかじゃなくて、汗と泥にまみれて負けたら終わりという崖っぷちの中で懸命に白球を追いかける選手の姿を見ることなんだなと再認識しました。

それでまた来年も応援に行こうと、母校でもないのに校名の入った応援ポロシャツまで買っていたのだが、結局ご存じのように今の代替え試合は無観客で行われていますので、応援には行けませんでした。

まぁ、私が応援に行けないのはしょうがないとしても、あんな広い球場で応援に行けるのは選手の親も3年生の親2名だけとはちょっとやりすぎじゃないかな?1,2年生のレギュラーの親は息子が試合に出ていても見に行けないとは。

そもそも県内でレギュラーがほぼ3年生だけってチームなんてほんの一握りだけどねぇ。強豪校以外のほとんどの学校だとそんなに部員いないですからね。

じいちゃん、ばあちゃんは孫の試合見に行けないし。もちろん兄弟も。

野球やっている子にとって親だけじゃなくて、祖父の影響で野球やっている子って実際は結構いると思います。孫はかわいいし、子供のころからキャッチボールして、グランドでトスバッティングしてと。

野球に熱い世代はその世代だったりして、熱いおじいちゃんいっぱいいると思うんですよ。

私のような関係ないものはいいが、せめて選手の家族くらいはいいじゃないって思うのは私だけ?スタンドなんてガラガラなんだから全選手の父母祖父母の4人にしたところで、十分なソーシャルディスタンス保てるのにね。

なんで3年生の父母だけとかいう変なところで線を引いちゃったんだろ?

おじいちゃんは孫の甲子園への夢も奪われ、応援にすらいけないとか残酷過ぎない?

結局娘の学校は1回戦は勝ったものの今日敗退してしまいました。結局買っただけで着ていない応援ポロシャツ、来年は着られるでしょうか?

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »