« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

そろそろ明けるかな

数年前に会社の近くにラーメン屋さんがオープンした。

結局一回だけ行っただけでその後行くことはなかったわけだが、今日前を通りかかったら、お店の看板はそのまま出ていたが、店の入り口に「売店舗」の看板が貼ってあった。

きっとこのコロナの不景気を乗り切れなかったのだろうな。

一般にラーメン店の3年生存率は30%と言われています。7割ものお店が三年持たずに廃業するらしい。

ここもその7割の一つだったのかなぁと。

別になんか結論のある話ではないのだけど、ただそれを見て厳しいなぁとそう思ったという話。

毎日雨続きでいつまで梅雨が続くのかと思っていたが、今日は久しぶりに太陽が一日中出ていた。気温も高く暑かったが、湿度もすごかった。

西のほうから梅雨明けの便りが聞こえてくるが、今日で7月も終わり。

娘の高校では今日終業式だったらしい。

一応明日から夏休みということだけど、夏らしくないから季節感がおかしいな。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

明るい話題

毎日毎日雨ばかり。陰鬱な感じジメジメして。

ここの所仕事では見積もり依頼ばっかりでずっと引きこもっていて仕事もジメジメしている。

毎日のようにコロナ関連のニュースでは全国にどんどん感染者が増えていることを報道している。

今日ついにこれまで(公式には)感染者がいなかった岩手県にも感染者が出たと発表された。

第一号の人はあまりつらい思いをしなければいいのだけど。

明るいニュースといえば、大相撲の朝乃山が頑張っています。県内でも盛り上がっています。

新大関の今場所今日勝って10勝1敗。二桁に星を伸ばした。今日は全勝の白鵬が破れ、三力士が一敗で並んでいる。

まだまだ優勝も十分にあり得ます。

もちろん毎日応援しています。

結構相撲内容もいいですし、このまま星を伸ばしていってもらいたいです。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

今日もちょい浮き

4連休の最終日。GO TOキャンペーンでも結局どこにも出かけず。

本当は4日かけてDIYする予定だったのですが、その工期を3日に短縮して無理やり頑張って終わらせたのは、今日麻雀に誘われていたから。

麻雀のお誘いは断るわけにいかない。だってしたいんだもん。

今日もここ数回と同じく完全個室の部屋にて。

今日は明日仕事ということもあって、朝から日中に打ちました。

今日は知り合いが一人連れてきて、私が一人連れてきてという私と知り合い以外は互いに面識のない面子で打ったのですが、知り合いが連れてきた人が、なんかどこかで会ったことある人だなぁと思っていて、しばらく記憶を辿っていたら、どうも小学生時代の先輩だということがわかった。

2歳違いで中学校は別々の学校だったのもあって、向こうはもちろん私のことは覚えていなかったのですが、いやぁ、世の中狭いですね。

前回もあまり調子が良くなくて忍ぶ麻雀で結局ちょい浮きでしたが、今回も序盤から手が入らず、辛抱の麻雀。

最初の局でラス引いてしまい、追いかける展開。

どうにか一回だけトップを取れたのですが、必死に2着取りを心がけていたのもあって、終わってみればまたちょい浮き。でもよくしのいだ。

やっぱり2着しぶとくとるのは大事だなということで。

麻雀やっていたらあまり出ない役というのもありますが、今日は小三元2回もあがってしまった。うーん珍しい。実は大三元はまだ一回もあがったことがないのですが、そのうちあがりたいものです。

でも本当になかなか上がれなかったなー。まともなピンフ手にならない流れだった。

さて、四日間なかなか充実した週末でした。

ちょっと明日から仕事というのもだるいなぁ。

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

キャットタワー完成!

昨日、一昨日と加工をすすめてきましたが、今日はいよいよ組み立て組付け。何を作っていたのかというと、猫たちのためのキャットタワーでした。200725074806706_photoリビングのテレビボードの後ろの壁に設置予定。家具をずらして、養生して新築以来久しぶりにスッキリとしたリビングになりました。

造り付けのBOXがキャットタワーっぽくなるように新築時に作ったのですが、正直あまり猫たちは利用しておりません。ちょっと天板の幅狭すぎたんです。やっぱり200mm以上は必要。本当はこの壁の上が吹き抜けになっており、うまくキャットタワーを登っていけば猫トイレのある2階に行きつくはずなんですけど。最後まで登っていくことは今のところありません。降りてくる事はたまにあるのですけど。

150mmの天板の上では方向転換がうまくできないので一度落っこちてしまって、それ以来怖いのかあまり高いところまで行かなくなってしまいました。

もともとリビング正面の壁にはキャットタワーを作ろうかなと思わんでもなかったのですが、造り付けの家具を設置してしまっては、うまくいかなくても取り返しがつかないと思いやめました。

BOXはキャットタワーとして利用されなくても棚として使えますが、本当にキャットタワー以外使い道のない装備をさすがに作るにはためらいました。

実際新築の時はそんなことを真剣に考えるよりも、他にもっと考えなきゃいけないことが山ほどあったので、いずれ折を見て必要と思ったときに作ろうと、計画を温めておりました。

コロナの影響ということもあり、週末は時間がありましたし、特に今回の海の日4連休が、本当に仕事なしの4連休になることがわかっていましたのでいよいよの決行となりました。

今日は妻も息子も家にいましたので、組み立てを手伝ってもらいます。一人じゃできないところもありますので。200725112612317_photoまずは本体の枠を設置。今回の方針としては、キャットタワーがうまくいかなかった際にはばらして撤去も考慮して、家自体には穴をあけないで組み立てるということ。枠組みができれば安定しますが、柱などは支えてもらわないと設置できないので息子に手伝ってもらいました。200725113517580_photo柱の設置が完了しました。次は順番に棚板を設置していきます。あらかじめ柱に棚受けははめ込んでビス止めしてありますので、棚板を乗せてコーススレッドで固定していくだけです。200725125751591_photo上部から順番に棚板を設置していきます。数多くのコーススレッドを打ち込むんですが、板の割れを防ぐためすべて下穴をあけて、また、ビスの頭も埋まるように座繰りも入れますので、結構木くずが出ます。上から掃除しながら完成させていくほうが効率的なので上から仕上げていきます。

吹き抜け上部のキャットドアへのアクセスとなるつり橋も設置しました。キャットタワーからつり橋を渡るとキャットドアを潜って二階の床面にアクセスできる構造です。200725125739595_photo つり橋の近景。キャットタワーのつり橋は結構ネットにも作り方などが載っていて、人気のアイテムですので取り入れてみました。つり橋本体は昨日の夜に組み立てておきましたので、今日は取り付けるだけです。さてうまく渡ってくれますかな?200725134257603_photo 他にも階段とか、猫が入れるBOXとか、爪とぎ&移動に利用するための丸棒に麻ひもを巻いた棒などのギミックを設置していきます。これらも昨日の時点ですでに完成させてあり、取り付けるだけにしてあります。もともとリビングで使っていた時計もキャットタワーのデザインの一部として取り付け。200725141543324_photoすべての棚板の取り付けが終わりました。組み立て作業としてはこれで完了です。 200725141634532_photo猫は、結構臆病で、完成したら一目散に登っていくわけじゃなくて、なかなか登ってくれません。慣れるまでにはちょっと時間がかかるかもしれません。棚板の強度を確認の意味も込めて一回乗せてみました。知らないにおいの物に警戒しておっかなびっくり歩いています。200725150834503_photo 養生を外して、そこら中に巻き散らかった木くずを掃除して、元あったようにテレビボードとテレビを戻してみました。これが定位置です。

なかなか様になっている気が・・・。でも使ってくれなかったら何の意味もないので、猫たちが使ってくれて喜んでくれると嬉しいのですが。200725150848903_photo別角度から。透明の板も設置してありますが、あまり猫は透明の板がお好きじゃないよう。慣れてくれるといいのですが。本当はもうちょっと加えたいと思っているものや、注文したもので届いていないものもあって、100%完成ではありませんが、一応今できることはすべて終えることができました。200725152451938_photo2匹とも乗っけてみました。今のところまだ自主的には登りません。

今回の制作では割としっかり設計しましたので、組み立てに際しては特に不備もなく、きちんと寸法通り組みあがりました。200725184315192_photo一応設計図。やっぱりCADがないとここまできっちり作れません。イメージも図面の段階で分かります。CADの便利さは図面を描けることもそうなのですが、修正が簡単にできる点です。実際棚板の位置や、柱の位置をmm単位でちょいちょい移動して修正かけていました。原寸合わせじゃなくて、部品加工を済ませて、現地は組み立てのみの工法はCADないとまず不可能。たまにいるドラフター使いのおじさんは例外。

制作費としましては材木と板で約15,000円。塗料と塗るための道具などで約10,000円。ブラケットの金具やコースレッドで約10,000円。コースレッドはデザイン性重視で、ビスの頭が黒と白であらかじめ塗装済みのものを買いましたのでちょっと高くつきました。その他の小物で約5,000円で総額40,000円くらいでした。

私の加工費が25,000円×3日+残業費20,000円で95,000円。設計費が50,000円で消耗費諸経費を入れて総額150,000円。材料費と合わせて190,000円がいっぱいいっぱいの見積額ですかね。でも、私の人件費が無料ですので40,000円で済んだというだけです。

実際私は消耗品以外の工作の道具をほとんど会社の道具で賄いましたので、それらを持っていない人は道具から買わないといけませんので、もっともっとかかります。わぁ、素敵!私も作ってみたいわぁ。と思っても、そんな簡単にはいかないことは言っておきます。

3日がかりで作りましたが、道具や作業場所など条件がそろっていますし、私も物づくりを日ごろからやっていますので手際よく制作組み立てができるわけであって、のこぎりとジグソーでシコシコ板を切っていたらこの倍かかってもおかしくありません。

私はこれを誰かに作ってくれと仮に頼まれたとしても、50,000円じゃ受けませんね。10万でちょっと考えるかなぁ?まぁ、そのくらい大変です。だって3日間休みなしで肉体労働して、体中筋肉痛ですもの。

でもあれこれ考えて楽しみながらやれましたので、その喜びはプライスレスということで。

今は猫ブームで、こういったキャットタワーも専門に扱うリフォーム業者もあるようですが、「見積取ったら25万でした。ぼったくりー」とか思わないように。それは妥当な金額です。私もこれ設計して積算して見積もり出したら25万って書きますわ。ボランティアじゃなくて商売なら。

 

今回の設計、製作方針は

・なるべく同じ材料から切り出してコストを抑える。

・解体時に家に跡が残るような施工はしない。

・既存のキャットタワーに寸法をぴったり合わせて利用できる作りにする。

・完全撤去可能な作りにする。

・室内空間を維持しデッドなスペースのみを利用する。

・組み立て時には一切加工をしない。加工は制作時にすべて終わらせておくプレハブ工法とする。

・正面側にビスの頭が一切見えない作りにする。

・制作1日。塗装1日。組み立て1日で可能な設計にする。過度な設計をしない。

 

おおむねこんな感じで方針を決めて実際ほとんど実現できたと思います。

今回のキャットタワーは吹き抜けに作ったので、いろいろ構造を悩みました。天井があればディアウォールなど使って簡単にできるんですけど、天井のないところに、壁との固定をしないで柱を立てるというのがちょっと難題ででしたが、考えているときが結構楽しかったですね。

でも、もうしばらくはこんな大掛かりなのはいいかな。

 

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

作業2日目

今日は昨日に引き続き作業2日目。今日も休日の会社に定時前に出勤する気合の入れよう。

今日も広い作業場で一人作業に没頭します。

明日組み立ての予定なのだけど、それには今日のノルマは結構厳しいので頑張って作業しなければ終わりません。

昨日部材の切り出しを終えていますので、今日は主にそれらの塗装作業になります。

部材は切るだけじゃなくて、下穴や、切り欠きなども昨日済ませてあります。木工は結構下穴大事。特に今回のように柔らかい安い木材使っている場合は特にちゃんと下穴開けておかなければ際にビス打つ時などに割れちゃうんですよね。200724083631135_photoさて、いよいよ塗装作業開始。シートをひいて養生して、暑いんだけどタイペック着てやります。塗装って体や周囲に塗料がつかないように気を付けてやるんじゃなくて、塗料が飛び散っても平気な対策してバリバリ塗っていくのが正解。でないと時間かかってしょうがないし、気を付けていてもまず服についてしまうし、下にたれてしまいますからね。

木材の表面処理は昨日終えていますのでいきなりドバっと塗っていきます。とにかく今日は時間がない。

今回は白と、茶の2色を使用するのですが、まずは白から。なぜなら、白などの薄い色は2度塗り必須なので。200724093850491_photo 一回目の塗りは完了。二度塗りの際に一回目の塗料はどうせヤスリかけて削りますので、一回目はそこまで丁寧に塗る必要はなし。一回目の目的は木に塗料を染み込ませること。だから一回目では白の下に木の木目なんかもはっきり見えてしまいます。これは一回目では頑張っても消えませんので。200724115512393_photo白の塗料が乾くのを待つ間に。今度は茶を塗っていきます。茶はステイン系の塗料なので、木目が浮き立つように美しく仕上がります。もちろん二度塗りすればより奇麗になるのですが、今回は時間の関係から一回で済ませることに。

この時点で丁度午前中の作業が終了。昼食を食べに行って戻ってきたら、すぐに今度は白色の二回目の段取りに入ります。

本当はもう少し乾燥に時間を取りたいところなのですが、時間がない。周囲に大型の工場扇フル回転で乾かしましたのでほとんど乾いています。

一回目にせっかく塗った塗装の上からランダムサンダーで表面を均していきます。木材に一回目塗料を染み込ませて、木材のへこんだところに塗料をパテのように盛り上げた状態をペーパーでフラットにします。一回目の塗装が剥げてしまうところも出てきますがそれは気にしない。

触るとツルツルになっているのがわかります。この面出しは塗るのと同じくらい時間がかかります。

今回は三度塗りをする予定はないので二回目が仕上げになります。はっきり言って塗っては削り塗って削りと回数を増やせばよりよくなるのですが、漆工芸じゃないので。ペンキでも最後に水研ぎするくらいやれば、鏡面仕上げも可能ですが、それはまたいずれかの機会に(やらないけど)。200724144751294_photo_20200725001701仕上げ塗は、刷毛で丁寧に塗っていきます。一回目と違って、塗料がスーッと伸びていくのがわかります。

塗料が乾くのを待つ間に先ほど塗った茶の部品が乾いてきていますので、組み立てられるものは組んでいきます。200724152108682_photo_20200725001701パパっと組み立てて、今度は作業するのにいろんな道具を広げまくったのでそれを片付けていきます。これが結構大変。いろんな加工しましたのでその加工の数だけ道具使っていまして、それがあちこちに散らばっていますから。掃除して、片付けて。この時点ですでに残業になっています。

一日中動き続けていたから結構ヘトヘト。足も腰も痛い。

でも、今日中にここまでやらなければいけないという目標を達成できないと明日また会社に来なくちゃいけなくなるので今日の仕事は今日のうちに。明日は本組なので今日頑張んなきゃ完成しなくなってしまう。

最後に仕上がった加工品をすべて車に積み込んで、なんとか今日すべきことは完了いたしました。あ~、疲れた。

私は木工に関してはそんなに経験はありませんが、加工はそんなに素人というわけでもありませんし、道具だって一通り使えますし、会社の機材ですので道具だっていいものばかり。作業手順もロスはなく、テキパキと流れるように作業したはず。でもこんなに一杯いっぱいになってしまったのは、やはり塗装や、塗装の下準備って大変だからですね。特に塗るよりも面出しが大変。でも、面取りって加工の基本ですよね。表面ももちろんですけど、角なんかが切りっぱなしだと見た目美しくないし、塗装も乗りが悪い。

時間なかったですが、抜いてはいけない手を抜いてはいませんから。ちょっと想像した以上に大変だったなぁ。普段仕事で使っている素材とかだと小口や角の処理はしますけど、面は触らないですからね。それが木工ならではですね。ちょっとそこら辺の読みが甘かったかもしれません。

しかし、苦労はしたものの、全体の工程としては今のところ予定通り。明日も順調にいけばいなぁ。

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

いよいよ加工開始

今日から4連休。会社は休みだったんですけど、今日は朝から普通に会社に出勤。

なぜなら今日からいよいよかねてから計画のDIYをやるからだ。

会社の加工場に行けば道具が大量にある。個人でそれらを揃えることはなかなか難しいし、はっきり言って道具がないと、板だって、材木だって手で切らなきゃいけないのだけど、そんなことしていたらいつ終わるかわからないし、精度だって出ない。

今日は広い加工場に私一人。存分に材料や道具を使って一気にやっちゃうんだもんね。

まずは、材料を切る前に塗装の下準備として材料の面を出していきます。そのままだとガサガサして塗装のノリが悪くなるのでペーパーをかけて磨いていきます。200723085033077_photo粗目のサンダーでグイーンと。もちろん手でゴシゴシペーパーかけるなんて物量じゃないもんね。サンダーなんて何台もあるので、ディスク交換も面倒だから、目の粗さごとに一台ずつ並べて使う超贅沢作業だもんね。200723085410911_photo粗目に削ってからはランダムサンダーで仕上げ。大量の木材を一気に削り込むべし。200723110010425_photo板はパイン集成材をコスト面も考慮して使用することにしたのですが、最初から割と表面が整っていますんので、ちょっとしたケバを取るためにこれは手でかけていきます。集成材は樹液もちょっと出ていてねっちょりしていますからそれを取る意味でも軽くかけていきます。

結局ひたすら木材を削り続けて、午前中にようやくペーパーがけが完了。もちろんこんな事やってられんわという人には初めからプレーナー処理がされている木材も売っているのですが、当然お高い。安い木材は表面処理しないといきなり塗装はちょっと見た目が悪い。

物置小屋に棚でも作るんだったら、人目にもつかないし、わざわざこんなことしなくてもいいのだけど、今回制作するものはリビングに設置しようと考えていますんので、手間暇かけてもちょっと見た目にこだわってみたい。

会社の近くのラーメン屋さんでラーメンを掻き込み、そのまま午後の作業。いよいよ材料の切断にかかる。のこぎりを用意して・・・てなことをするわけもなく。200723103100853_photoパネルソーでバンバン切っていきます。ホームセンターなどにもありますがワンカット50円という超ボッ〇クリな価格なんで。今回はきっちり図面を書いてありますし、パネルソーで切るつもりでいましたから、板取り図はもちろん、材料のロスと、パネルソーの寸法変更を最小に抑えるように効率化も考えてありますから、図面通りに切るだけ。

のこぎりや丸鋸なんかに比べてめっちゃ精度いいですからね。ミリ単位で狂いもなく直角に切れるので、何か組み立てるようなものを作るにはパネルソーは超便利。スライド丸鋸もありなんだけど。200723105255350_photo切ったらすぐに部材に名前を張ります。こう行った事でもやはり作業は広いところじゃないと材料が広げられないので大変。

今度は細かい加工に入っていきます。200723135616581_photo棚板にはトリマーかけてR面を取っていきます。これをやると棚板がかなりオシャレに大変身。そんなに難しい作業じゃないんですけど。トリマーは高速回転ですので素人さんは注意が必要。ガッツンと弾かれてせっかくの板にべっこり傷がついてしまったりしてはもったいない。

トリマーかけると全身木くずだらけになってしまいます。でも、トリマービットなんかも一揃え揃えると結構なお値段ですし、なかなか趣味レベルの個人では揃えるのにガッツがいります。でもトリマー使うと一気に加工の質が向上するのでワンランク上の木工には必須ですね。

トリマーあれば奇麗な丸を抜いたり、溝掘ったり、正確に彫り込んだりいろんなことができるようになります。

自動プログラミングで動くNCルーターも会社にありますから使おうと思えば使えたんですけど、今回は面倒でしたので、溝なんかは卓上丸鋸盤で彫り込みましたし、丸はジグソーであけました。家の加工にそこまでせんでもって思いまして。200723143616819_photo穴あけもボール盤でサクサクと。これは厚さ12mmの板の真ん中に長さ50mmの貫通穴開けているんですけど、こんな加工は手動のドリルなんかじゃかなり難しいですからね。

それに会社には0.1刻みでほぼ全種類のキリやタップ、皿ビスやキャップスクリューの座繰り用のキリなど揃っていますけど、こういったものもあれば便利なんですけど、一つ一つ買い揃えていくとなるととんでもない値段しますからね。しかも会社なら問屋から買えるものを、ホームセンターなんかで工具買い揃えるとなるとさらにとんでもない値段になってしまいますしね。

切り欠きや、穴あけなど塗装の前にしなければいけない加工を今日中にして、明日の朝から塗装に入りたいと思っていたのだけど、なかなか時間がかかってしまって、結局休日なのに会社で残業する羽目になってしまったが、今日はそこまで行こうと思った加工を中途半端に残すと計画くるってしまうから頑張りました。

普段の仕事よりもよっぽどまじめにやりました、休憩もほとんどなし。

さすがに疲れました。

明日はいよいよ塗装作業にかかろうと思います。予定では明日が塗装で、明後日が組み立て。明日も結構な作業がありますので頑張らないと。

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

準備完了

明日から週末は4連休。全国では再びコロナ陽性患者が急増して連休中はあまり出かけないように呼び掛けられるなど、まだまだこの先世の中がどうなっていくのやら予断を許さない状況であります。

せっかくの4連休なのですが、コロナの事もありどこかに出かける予定もないので、前々から考えを温めてきたDIYをやろうとしていることは、以前にも記事で書いた通り。

図面を仕上げて、材料を選定し、板取などもきっちりと考慮し準備は整った。

それに使う材料もネットなどでコツコツそろえて、今日はいよいよ使用する木材を買い揃えた。しかしまぁ、木材は高いですね。

DIYでいろいろ制作するのがなかなかできないのは材料が高くて尻込みするのも要因の一つだ。

それと、専門の作業場所があるわけでもなく、作るなら一気に制作してしまいたいので。その時間がなかなか取れないのもある。

いつか自分の作業小屋を持ちたいと思うのだが、その男のロマンを実現することは容易ではない。

道具あれこれ買い揃えていくととんでもない金額になってしまいますからね。それで作るのが本棚とかだと目も当てられない感じになってしまいますからね。

まぁ、趣味というものは採算とかって考えると仕事みたいになってしまいますから、そんなことを考えるのはナンセンス。

釣りが趣味で数十万の道具で小鯵釣ってもいつまでたっても元取れないのと同じです。

木工は楽しいんだけどなかなか重い腰が上がらない。

今週末はゆっくり時間もあるので作業に集中できそう。

今回はいつもと違って、木材に塗装もするつもりなので、塗装についてもいろいろ調べたりしてまた勉強になった。

木材に塗装すると、仕上がりは格好良くなるのですが、当然作る手間からいうとかなりかかってしまいます。

木材にやすりかけたりしないといけませんし、塗装は2度塗り、ニスなどで表面処理もしないといけません。

さてうまくいきますかな。

実は結構ワクワクしていて。明日が楽しみなのであります。

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

ぬか喜び

週末に出張に行った時の話。

温泉に入って出たところに体重計がありました。

最近体重計に乗っていなかったので、ちょっと乗ってみたら、なんと体重が3kgほど減っていた。

そういえば最近脂肪を燃焼する薬も処方されて飲んでいるし、効果があったのかなぁと鏡を見ながら膨れたおなかを引っ込めてみたりして眺めていると、あとから上がってきた同僚が体重計に乗って一言。

「あれ?この体重計狂ってない?」

するともう一人も乗ってみて

「ほんとだ。おかしい」

何のことはない、体重計が狂っていただけ。

なんだこのぬか喜び。

もちろん家に帰ってきてから体重計に乗って正確な値をチェックしたりはしていない。

同僚に言われました。

「何もしないのに痩せるわけないだろ」と

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

今シーズン初桃

長野で2泊しましたが、今日は帰るだけ。

朝からいい天気でドライブ日和。

もちろん朝起きて温泉朝風呂に入ってすっきり。

まだみんな出歩いていないようで、日曜日だというのに高速道路も車が少なくてなかなか快適。

帰りに桃でも買っていこうかと直売所に行きました。

桃のシーズンはまだ始まったばかりで、たくさんある品種の一つである「たまき」が出始めたところ。

今年の桃は甘いのかな?

一箱勝ってきました。値段のほうは割と安かったかな。観光客も少なければ売り上げも少なくなってしまうでしょうね。

サクランボの時期はもう終わりでちょっとだけ買ってきました。

本格的な桃のシーズンはこれからなんですけど、しばらくは長野に行く予定がないので、一番いい時期の桃は今年は買いに行けないかもしれません。

ずっと天気が悪かったんですけど、そろそろ梅雨明けを感じさせる天気でした。

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

やっと見た

長野2日目。今日も外でのお仕事。ちょっぴり天気が心配だったんですけど、雨雲レーダーを見る限り大丈夫そう。

今回の仕事は頑張って準備したかいがあって、すごく順調でした。

いい感じで早めに終わることができました。

外の仕事が終わった瞬間に大粒の雨がザーッとふってきたあたりからして本当についてたなぁ。

ちょっと移動もあって、長野インターから高速に乗ったんですけど、長野にはよく来るんですが、あまり長野インター付近には行く機会がない。

長野インターのそばには川中島古戦場があるんですが、まだ行ったことがなく、時間があったので、生で見たことのないあの銅像を見とくかと思いちょろっと寄ってみました。

駐車場から歩いてすぐにありますので、アクセスはいい。200718145418625_photoじゃーん、ありました川中島合戦の上杉謙信と武田信玄の戦っている場面の銅像。大将同士の一騎打ちとはロマンありますね。ちろん実際にこのようなことはあるはずもないですが。謙信の強さは有名ですが、それは謙信が強かったわけじゃなく、謙信軍が強かったわけですからねぇ。

明日帰る予定ですので、今日はまだホテルで一泊。もちろん今日も温泉にゆっくり浸かって、疲れを癒します。

もちろん朝風呂から入りますからね、いいお湯なんで。

仕事も順調だったし、あとは気を付けて帰るだけですね。

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

温泉出張

政府が示した国内観光需要喚起を目的にしたgo toキャンペーンが始まることが決まって、そのうち大都市では再びコロナ患者が増えてきましてその是非がいろいろ話題になっています。

go toキャンペーンってわけじゃないけれど、今日から県外出張。

行くのは二か月前から決まっていましたんですけど。

今回は外の仕事なので雨が心配だったんですけど、移動中も着いてからも曇ってはいたんですけど雨は落ちてなくてちょっと一安心。

今回の行き先は長野。

一応都会に行くわけじゃないから大丈夫だと思う。まぁ、大丈夫じゃなくても仕事だから行かなきゃいけないんですけどね。

今日は昼頃に着いて昼からお仕事。心配していた雨にも会わなかったおかげで順調に行きました。

今回のビジネスホテルは温泉大浴場があるので、毎回楽しみにしている所です。

チェックインして早速温泉にgo。

硫黄泉の白濁のいい温泉。

このご時世なかなか温泉に行こうなんて思わないので久しぶりの温泉。

ゆっくり浸かってゆったり。

明日が本格的な作業なのですが、明日も雨にあわないといいのですが。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

ホームセンターにて

この前DIYしようかな?って思っていると書きましたが、それから毎日のようにPCの前に座って設計。

考えている間が楽しいのかもしれません。

ちょっと寸法変えたり、ちょっと位置変えたり。

ホームセンターを行き来して材料を選んで、それでまた寸法変更したり。

きっちり材料の板取なんかも考えて、無駄のないように

まだ考えている段階で、本体の構造物は買っていないのですが、細かな部品なんかはネット注文でちょいちょい買い揃えていたりして。

実物の寸法見ないと詳細設計できないようなものもあるので。

今日も仕事帰りにホームセンターであれこれ考えていたら、突然後ろから全然知らない人に話しかけられてびっくり。

作業服着ていたので、店員に間違われたわけではないのだけど、簡単に言うと自分が買いたい商品はここに売っているのか?というような事だった。

あると思うけど、広い店内のどこにあるのかわからないなどと丁寧に説明してあげていると、そのうち店員が来たので店員に場所を聞いて行ってしまった。

再び商品を選んでいると、またその人に声をかけられて、手に持った商品がその人の目的にかなった商品なのかと聞かれた。

「それでいいと思いますよ」って言うとお礼を言って帰って行かれた。

変な人ではなかったのだけど、Yシャツにネクタイと普段から全然物を作るようなことにかかわっていない人が、誰かにお使い頼まれたようで、わけがわからないようだった。

私も普段はいろんな設計をしたり施工をしたりと物を作るような仕事をしているのだけど、作業服着ているからと言ってなんでも知っているわけではない。

鉄やステンレス、樹脂などはよく使っているのだが、正直木工をすることは仕事ではまずない。だから木工に関しては全く何も知らない素人とまではいかないものの、そんなに専門的な知識はないのである。

だから今回木工を自分でしようと思ってあれこれ考えたり調べていたりするといろんな新たな発見があってそれを楽しんでいるのだ。

しかも、普段はいろんなものを作っているのだけど、主に設計して作らせている側なので、自ら何かを作ることはほとんどない。

実際は結構工作や加工は好きなのだけど、普段はなかなか自ら作る暇なんてないから、今回久しぶりにじっくり自分で物を作ることができるので楽しみ。

一応作る方向で前に進んでしまっているので、もう後には引けないのだが、結構な金額がかかるので、失敗ないようにしないとなぁ。

 

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

ちょっと設計

今週末は土日ともお休み。

ずっと雨が続いていたり、なんとなくコロナの自粛ムードが続いていたりと、特に用事もなく、家でゴロゴロ。

土曜日にコストコに買い物に行きました。

ちょっと家の中のDIYでもやってみるかと思い。寸法を測って、CADを使って設計して、材料の確認にメモ帳もってホームセンターに行って素材の選定&見積もり。

木材高いなぁ・・・。手作りでも結構費用かかるもんね。

最近あまり大掛かりなDIYやってなかったので、ちょっとそれに向けて準備してみようかなと思ってます。

さて、実際に作るところまでいくのか?

結構どうしようかとあれこれ悩んで設計するところまででも結句楽しめたんですけどね。

実は結構考えたり悩んでいる過程が一番楽しかったりするんですよね。

製作にはちょっと時間がかかるので、今度週末に時間があるときに制作にかかろうかな。

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

雨は疲れる

今日は大阪の取引先に行かねばいけない用事があったので、朝早くから車に乗って大阪を目指して出発しました。

ここの所長雨が続き、九州の辺りでは豪雨災害があるなどひどい雨が降っておりますが、今日も朝から結構な雨。

高速道路上はぬれた路面でそんなに速度も出せず、先が思いやられる。

高速に乗ったら電光掲示板で福井で事故のために一部通行止めになっているとの表示が。一回高速を降りるのはかなり面倒なのだがついていない。

石川県では高速道路上が川のようになるくらいの土砂降りの雨になるなど、結構気を遣う運転を強いられました。

途中水たまりのでかいのに突っ込んでハンドルグワァっと取られるなど本当に疲れる。

事故での通行止めなら、福井に行くころには通行止めが解除されていないかなぁなどと思っていたのだが、やっぱり解除されておらず、丸岡から福井北の区間で一般道を走った。こんなところで降りるなんて初めてのことである。

上下線ともに通行止めになっていたので大きな事故だったのかな?

今、北陸道ではかなり大掛かりなリニューアル工事が続いておりますので、走っていてもあちこち工事だらけでその都度ストレス。

雨のほうは滋賀県に入るあたりから止んで、名神に入ったら車の流れもスムーズで快適でした。名神は一般の車がいつもよりかなり少ない。トラックと仕事関係の車ばかり。一般車両、特に平日に旅行を楽しむ老人方の車が走っていないというのはこんなに快適ドライブなのだなと。

観光バスが全然走っていないのも名神がすいている理由の一つなのかもしれない。

10時過ぎには無事到着し、納品と打ち合わせをパパっと済ませてとんぼ返り。富山ではほとんどコロナの患者はいないのですが、大阪はまた増えてきているということもあって、ちょっと注意しないといけないのかな?

今回は一人で行きましたので、特にどこにもよることもなく、とっとと帰ってきました。

帰り道はあまり雨が降っていなかったし、福井の通行止めももう解除されていたのでスムーズに帰ってこられました。

でも片道4時間余りを一気に往復したら結構疲れました。雨だったことも疲れを増しました。目が疲れるんですよねぇ。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

久しぶりの徹夜

今週末は土日ともにお休み。

取引先の知り合いから土曜日の夜に麻雀しようとのお誘い。特に用事もなかったのでいいよということで。

今回は場所の予約の関係から夜9:00くらいから開始。

あまりついていなくて出たり入ったりの展開。うまく手がまとまらないかったものの、要所をきっちりと抑えてどうにかこうにか帳尻を合わせてどうにかマイナスになることは避けられた。

終わって結果見て、完全に負けているものだとばかり思っていたんですが、じゃかんプラスになっていたのでちょっと驚いた。

2着で粘った局がたくさんあったのが効いたのかな?

今回は私の知り合いを誘ってみました。昔よく一緒に麻雀したんですけど、お互いなかなか都合が合わなくなり5年以上はご無沙汰していて、いつか一緒に打ちたいねって言っていたのでようやく一緒に打てて楽しかった。

知り合いは非常に麻雀が上手で、麻雀は勝つことのほうが多い私ですが、彼と打つときはあまり勝った印象がない好敵手。

しかし今回はあり得ないくらい彼がついていなくて、まったくいいところないままにぼろ負けしちゃって・・・。

いやぁ、麻雀怖いな。あんなにうまい彼でも状況がわるければあんなに負けるんだってちょっとびっくり。

あきらかについていなかったもんなぁ。

久しぶりに彼と打ったんだけど、また機会があれば打ちたいけどなかなか都合が合わないですからね。

今回は朝方まで打ったんですけど、夜中に終わることはあっても、朝日が昇ってしまうような時間まで徹夜で麻雀したのは久しぶりだったなぁ。20年ぶりくらいかも。

今回は4人とも打てるメンバーだったので、ほとんど誰も長考することがなかったのでサクサク打てました。お店で打った時以来ひさしぶりにこんな麻雀打ったなぁ。そういった意味ではすごく楽しかった。たいがい一人くらいは各駅停車になる人が混ざっていることが多いですからね。

私は常に仲間内で打つときでも5秒以上の長考はなるべくしないように心がけてます。あんまり考えてもいいことないですし、流れ悪くなりますから。たまには迷う時もありますが、そうそう滅多にありません。本当にうまい人と打つと考えるといろいろ見透かされてしまいますし。迷ってもすぐ切るようにしています。

次はいつお誘い来るかわかりませんが、ちょっと最近麻雀誘ってくれる仲間ができておかげで打つ機会が増えて嬉しい。やっぱり楽しいですからね。

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

時期が時期だけに・・・

土曜日に仕事をしていたら、仕事中になんか体調悪いなぁって感じておりました。湿度も高く気温もそこそこ高かったのでそのせいかなぁとか思っていましたが、家に帰って熱をはかると、ちょこっと熱があった。

馬鹿だからか、めったに熱なんか出ない私なのだが、疲れているのかなとか思っていたら、夜中から朝にかけて熱がどんどん上がってしまい、朝には38.5℃を超える高熱に・・・。

この時期にこんな高熱が出ると、ひょっとしてもしかして・・・?とか一生懸命やり残したことの整理でもしたい気持ちになるのだが、しかし日曜日ということもあってちょっと様子を見てみることに。

日曜日は息子の誕生日のお祝いで家族みんなで焼肉食べに行く予定にしていたのだけど、熱は一向に下がる気配がない。

結局一人でお留守番。

というか全身の痛みと悪寒がすさまじく身動きできない。

この時期に冬のパジャマ着て毛布二枚に掛布団重ねて布団に潜り込んで寝ていても平気なくらい寒気がする。

咳なんかは全く出なかったし、食欲もあり、味覚も嗅覚もはっきりしているのでコロナっぽくはなかったが、鼻水も出ないし、インフルエンザともちょっと違う感じ。

そもそも富山県内には感染者はいないし、「いわゆる夜の街」にも行った覚えもないので感染する事はまずありえないのだけど。

月曜の朝にもまだ高熱が続いていたので、ともかく病院に行ってみるかと思ったが、今のご時世、熱が38℃以上もある患者を受け入れてもらえるのかな?って病院に電話したら来てもいいとのこと。入口の係の人に発熱があることを伝えてくださいって言われました。

久しぶりに病院に行ったら、入り口のところで来院者の体温をはかる関所のような所があって、そこの番人に「38℃以上の発熱があります」って伝えたら、辺りは騒然。周囲の病院の人たちの目の色が変わり、一気に戦闘モードになったのが分かった。

「ともかく車に戻って」と言われ、車の運転席で問診と検温をされて、後で呼びますからと電話番号を聞かれた。

しばらくして看護婦さんが車まで呼びに来て、コロナの疑いがある患者が入る特別な個室にご招待される。普段では考えられないVIPな待遇。

防護服着た看護婦さんに、私一人のために貴重な防護服使わせて面倒な思いをさせてと申し訳ない気持ちにさせられました。

一応検査ということでインフルエンザの検査のために長い棒を鼻の穴に突っ込まれた。「こんな時期にインフルの人っているんですか?」って聞いたら「まったくいません」って答えられるも「一応」とのこと。

さらに別に咳も出ていないし、呼吸も苦しくないというのに胸部CTまで撮るという念の入れよう。

お医者さんにCTの写真を見ながら説明を受ける。「肺の映像は奇麗ですね」でも内臓脂肪が気になりますねという肝臓がフォアグラになりかかっていると映像を見て説明を受けてまるで別件逮捕されたかのよう。

さらに追い打ちのように血液検査の結果で一番気になるのはコレステロールの値というもらい事故のような指摘を受けて、この前の健康診断の悪かったところを指導してもらいに来たんじゃないんだけど・・・。

結局は何らかのウィルスによる発熱だろうとの診断。「コロナの可能性はまずないと思います」と言われ、もう数日高熱が続いたらその時にコロナの検査しますと、コロナの検査までのハードルの高さを実感できた。

2日ばかり高熱が出たくらいではコロナの検査なんてしてもらえないのだなと。そうであることは各種情報から知っているので不思議でもなかったんですけど。

でも、どうしてもやれって暴れる人もいっぱいいるんだろうなぁとか思いましたね。みんな自分がコロナじゃないっていうお墨付きが欲しくなるんだわ。

結局なんだったのかっていうと、そこらへんに飛び交っている何百種類のウィルスのどれかがたまたま免疫力が落ちているときにクリーンヒットするも、原因のウィルスなんて特定不能につき「夏風邪」ってひとくくりにされているというやつになったらしい。

胸部CTなんてただの風邪じゃありえないくらいの贅沢をした(というかされた)もんだから、会計の時に昨日キャンセルして浮いた焼肉代の2倍くらいの診察代を請求されて、サーッと血の気が引いたのが効いたのか、昼過ぎにはサーッと嘘のように熱も引いて、夜には平熱に。

でも、今のご時世熱が出れば、それが下がったからといってすぐさま出社というわけにもいかず、2日間も高熱が出ていて結構疲労困憊って事もあって翌日はもう1日しっかり休養することに。

20年ぶりくらいで風邪で会社休みました。こんなご時世でもなかったら、みんなそうだと思いますけど普段は熱なんかあっても会社行ってましたからね。

はっきりいって38℃以上あっても仕事してた事なんか何度もあります。

でも、さすがに今それは許されないですからねぇ。2日も休んでしまった。月曜日は仕方ないにしても、火曜日は別に行こうと思えば行けたし、以前なら絶対行ってましたけど、無理してぶり返したりしても嫌だし思い切って休みました。

もうすっかり完全復活したわけなんですけど、しかしまぁ、今に時期に発熱するとやっぱりいろいろ大変ですわ。おかげさまでコロナどころかその検査にも至りませんでしたけどね。

でも、今みたいにインフルエンザ流行ってない時期だとそんなに高熱の患者もいないから、私は特別扱い的な診察受けたんですけど、コロナやらインフルやらがゴッチャに混ざって何が何だかみたいな人がたくさん病院に訪れたりしたらどうすんでしょうね?片っ端から車待機にして、雪が降る駐車場をあっちの車こっちの車と看護婦さんが駆け回るのかな?

今はやりのドライブインシアターならぬドライブインホスピタルになったりして・・・。とか、勝手ながらどうすんだろ?って思った今回の顛末でした。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »