« 久しぶりの対局 | トップページ | なんじゃこりゃ »

2020年6月26日 (金)

麦茶のありかがわからない

以前若いころ槇原敬之が好きだった時があって、よく聞いていました。

槇原さんの代表曲の一つに「もう恋なんてしない」があります。

もう恋なんてしないなんて~言わないよ絶対♪というサビの歌詞が有名ですね。

昨日台所で寝る前にお茶の入れ物に麦茶が残り少なくなっているのに気づきました。

娘も息子も学校にお茶を持って行っているので。お茶がないと明日の朝ちょっと困ったことになるので、お茶のポットに水を入れて、水出しのパックを入れてから寝ようと、パントリーの中を覗いてみても、どうもお茶が見当たらない。

しょうがないので、新しい新品の袋を開封してお茶を作りました。

今日の朝、「妻にお茶を作ってくれてありがとう」って言われましたが、「お茶のパックがないから新しいの開けた」っていうと、「すぐここにあったのに」と。

あぁ、そういえばそんなところにあったなって「ごめん」というと、槇原敬之の歌を思い出しました。

「もう恋なんてしない」はサビの部分があまりにも有名なのですが、歌いだしは「君がいないと何にも できないわけじゃないと ヤカンを火にかけたけど 紅茶のありかがわかならい~」ってところです。

探せばすぐあるものも、普段やらないとパッと場所わからないんですよねぇ。

おかげで今日は槇原敬之の歌が頭の中にぐるぐるまわってしまいました。

|

« 久しぶりの対局 | トップページ | なんじゃこりゃ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの対局 | トップページ | なんじゃこりゃ »