« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月27日 (土)

なんじゃこりゃ

今日は土曜日だけど仕事でした。

現場作業で久しぶりに現場で汗をかきました。

結構暑かったなぁ。もうこの気温になるとマスクをして体動かすのは厳しい。熱中症対策で現場ではマスクの着用は義務化していません。

県内に感染者が一人もいない今のところ、熱中症のほうがよっぽど危険。

今日はお昼にお弁当食べたんですけど、自動販売機で見たことのないパッケージのお茶を買いました。

ご飯を口に含んで、おもむろにお茶を口に入れたら・・・

「ブッ」

なんじゃこりゃぁ、アイスティーじゃん。

ご飯にアイスティーは合わないことがわかりました。

しかも結構甘いし。

ちゃんと見てから買えばよかった。ちょっと紛らわしい写真だった。麦茶っぽい写真だったの。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

麦茶のありかがわからない

以前若いころ槇原敬之が好きだった時があって、よく聞いていました。

槇原さんの代表曲の一つに「もう恋なんてしない」があります。

もう恋なんてしないなんて~言わないよ絶対♪というサビの歌詞が有名ですね。

昨日台所で寝る前にお茶の入れ物に麦茶が残り少なくなっているのに気づきました。

娘も息子も学校にお茶を持って行っているので。お茶がないと明日の朝ちょっと困ったことになるので、お茶のポットに水を入れて、水出しのパックを入れてから寝ようと、パントリーの中を覗いてみても、どうもお茶が見当たらない。

しょうがないので、新しい新品の袋を開封してお茶を作りました。

今日の朝、「妻にお茶を作ってくれてありがとう」って言われましたが、「お茶のパックがないから新しいの開けた」っていうと、「すぐここにあったのに」と。

あぁ、そういえばそんなところにあったなって「ごめん」というと、槇原敬之の歌を思い出しました。

「もう恋なんてしない」はサビの部分があまりにも有名なのですが、歌いだしは「君がいないと何にも できないわけじゃないと ヤカンを火にかけたけど 紅茶のありかがわかならい~」ってところです。

探せばすぐあるものも、普段やらないとパッと場所わからないんですよねぇ。

おかげで今日は槇原敬之の歌が頭の中にぐるぐるまわってしまいました。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

久しぶりの対局

コロナ禍になってから密を避けるということで、麻雀なんかもなんとなくできない雰囲気で、そもそもやろうと思ってもお店なんかもやっておらず、できなかったのですが、久しぶりに取引先の知り合いから誘われて、今週末の土曜日に久しぶりに麻雀をすることになった。

完全個室の卓があるお店なんで四人以外とは接触しないので大丈夫。

久しぶりなんで今週はちょっとワクワクしました。

やっぱり麻雀楽しいですからね。

部屋に入って自動卓を見ると、イレクターパイプで枠組みしてあり。卓の上に十文字に透明パネルが吊り下げてあって一応飛沫が飛ばないようにしてあった。

いろいろ大変ね。コストかかりますね。

せっかくのパネルなんですけど、やっぱり声は聴きづらいし、腕が当たって都合悪いので、半荘一回で取り外しました。

やってられるか。

そもそも、全く知らない他人とやるんじゃなくて、知り合い四人でやるんだから関係ないんだもんね。

いつもは日中打つことが多いのですが、今回は参加者の都合で夜から打ち始めました。

撤マンというわけではありませんでしたが、夜中に打つのは久しぶりでしたね。

8時から始まって3時ころに辞めたんですけど、時間のたつのは早いです。

半荘6回打ったんですけど、今回は非常についていて、リーチかけた後などにはよく自模りまして、6回中4回トップ、2着1回、ラス1回と絶好調。

ラス引いた一回も、オーラス僅差で、逆転トップの手を聴牌して危険牌切ったら当たってしまって、ラスに転落というようなラスでしたのでまぁしょうがないねっていう感じ。

結局リーチにはその最後の半荘のオーラスに一回振り込んだだけで、守備的にもうまいこといきました。

いつもこんな風にはいかないのですけど、うまくいくときってありますね。

そんなこともあってなんですけど久しぶりに牌を握って、楽しいひと時を過ごしました。

もうちょっと頻繁に打てたらいいんだけどなぁ。

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

開幕

いよいよ今日からプロ野球が開幕。

最近では地上波で野球中継が放送されるのはまれになってきていますが、今日の開幕カードの巨人阪神戦は放送されていました。

今ではそんなに熱烈なプロ野球ファンでもないのですが、今日は近所のお店で生ビール飲みながらテレビで試合を観戦。

無観客試合なのでもちろん客席はガラガラ。

早く普通の生活が戻ってくればいいなぁとか思いながら見ていました。

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

ひとつ屋根の下

最近テレビでは新しく番組を撮影できないなどで、過去のドラマなどを再放送などしていますが、最近昔人気のあったドラマ「ひとつ屋根の下」を見た。

放送は1993年4月から。今から27年前だ。

当時は今では考えられないような視聴率をドラマが記録しており。この作品も最高37.8%ととんでもない視聴率だった。

でも当時タイムリーでは見ていないのよね。今のように録画環境が良くなかったこともあって、見落としたりして一部だけ見たのかもしれない。

今回全話を一気見して、今日見終わった。

感想としては、よくこんなドラマ人気あったもんだって感じ。やはり古くさ感は否めないですね。

登場人物の異常なテンションの高さや、せりふ回しの不自然さ。「秘密は必ず関係者に目撃される」などのシナリオのご都合主義や「お前ら一体いつ仕事してんだよ」みたいな現実感のなさや12話の中で起こる問題に次ぐ問題とか、今見れば結構おかしなドラマである。

とにかく全編にわたって突っ込みどころ満載な感じ。

そのまた昔の大映ドラマなんかよりはましなんだけど、それはそれで一周回ってぶっ飛んでて面白いのだけどねぇ。

完全なパロディーとして割り切って見たほうが楽しめるかもしれない。

これが放送されていた時はちょうど大学に入学したばかりで、そういえば同級生が登場人物の小梅(大路恵美)のことを毎日のように「かわいい、かわいい」って言ってたのを思い出した。そういえば彼は元気なのかなぁとか思い出して懐かしくなった。

残念ながら酒井法子が逮捕されて普通の番組では再放送されることのない作品ですね。

主題歌の財津和夫の「サボテンの花」や挿入歌のチューリップの「青春の影」や「ぼくがつくった愛のうた」も当時はやりましたね。

今でも仕事関係の飲み会などでカラオケになると必ずだれか歌う感じ。ちょうど40~60歳くらいの人には歌いやすい歌ですね。

しかし、過去のフジテレビのドラマの中でも歴代最高視聴率を記録した作品なんだけど、本当になんでなんだろ?って思いますね。なんでこの番組が人気あったのか謎ですわ。いろんな要因があるのだと思いますけど。

出演者の人気というのもあったんでしょうけどね。

昔のドラマに共通してあるのは、人と人が偶然に出会うって事。こんな田舎に住んでいてもどこかでばったり昔好きだったあの子なんかに出会うなんてまずないんだけど、ドラマじゃどこに行っても簡単に誰かに出会い、誰かを見つけ、誰かの秘密を偶然知ってしまうんですよね。

今のドラマじゃこんな手法はそんなにはバンバン取られることはなくなりつつあるのかもしれませんが、今見ると滑稽ですよね。

髪型だったり、服装だったり、走っている車だったり、いろいろ懐かしいなぁって思って楽しめます。でもそんなに昔のような感覚しなくても、四半世紀以上前の作品とは、年取ったって事なんだなぁって思いますね。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

帰りはやっぱり喜多方ラーメン

今日は福島での仕事を終えて富山に向かって帰りました。

ただ帰るだけでは味気ないので軽く寄り道することに。

北陸地方は今日は朝から大雨だったんですけど、福島はまだ天気が良くて青空が広がっていました。

喜多方でラーメンでも食べてから帰るかなって事になって喜多方に向かいました。

普段なら磐越道を新潟方面に向かって会津icで降りて喜多方に向かうのですが、それだと9時には喜多方に着いてしまうのでいくらなんでも早すぎるということで、裏磐梯を通って山越えで喜多方に向かってみました。

行ったことないわけではないのですがずいぶん久しぶりです。

猪苗代磐梯icで降りて檜原湖に向かいました。本当は五色沼あたりを散策してもよかったんですが、それはまた今度の機会に。しかし裏磐梯は有名な観光地で日曜の朝なのですが全然観光客がいない。車も全く走っていませんでした。途中のホテルなども営業していなかったり、人は少ないと思っていたのですけどここまでかと驚きましたね。

檜原湖に着くまでほとんど車とすれ違いませんでしたから。猿は何匹か道を歩いていましたけどね。

道の駅裏磐梯まで行きましたが駐車場にも全然車がいません。お土産売れないで大変でしょうね。200614091501026_photo そこの展望台から檜原湖を見ました。もうちょっと高いところから見渡せればいいのですけど、檜原湖は一部しか見えません。 200614091548134_photo磐梯山の裏側のかつて山体崩壊を起こした爪痕が生々しく見えています。写真ではあまりパッとしませんけど。この前「ブラタモリ」の会津磐梯山の回を見たのを思い出しました。

檜原湖から喜多方まではすぐです。毎度のことなのですが喜多方に行くとどこのお店で食べようか迷います。10時ころにもう着いてしまったので朝ラーメンを食べられる店に行くことにしました。

ちょっと候補があったんですけど、日曜日というのにやっておりませんでしたので、今回行ったお店にしました。観光客がいないとラーメン店も大変でしょうね。200614094713818_photo今回はこれまでまだ行った事のなかった喜多方ラーメンの老舗人気店「あべ食堂」に行ってみました。日曜日ともなると行列のできるお店なのですが、やっぱりコロナで客が少ないのかあっさり入れました。それでもガラガラというわけじゃなく店内は客で埋まっていましたのでさすがだなと思いますね。200614100745109_photoチャーシュー麺をチョイス。奇をてらわない味。さすがに美味しかった。200614102153609_photo完食!器もいいですねぇ。

なんだかんだで磐越通る機会があれば喜多方ラーメン素通りできませんね。

喜多方を後にしたらまっすぐ帰ってきました。

ちょうど西から雨雲がやってきていて、新潟市内に差し掛かるころに雨雲にぶつかって、あとはずっと雨でした。

途中寄ったサービスエリアも、日曜日だというのに全然車いなくて驚いた。非常事態宣言解除といってもまだみんなあまり出かけたりはしないみたいです。私も仕事だから県外行きますけど、プライベートじゃ全然旅行などに出かける気にはなりませんからね。

 

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

無事完了

福島での二日目。今日は朝からお仕事。

今回の仕事は外仕事だったので晴れたらいいなって思ってたら今日はあいにくの雨。

まぁ逆に暑くなくてよかったのかもしれないけど。

仕事自体は予定通り順調に早めに終わった。

あまり早めに終わりすぎてずいぶん時間が余ってしまった。

雨に濡れて冷えたので早めにあったかいお風呂に入ってから郡山の街まで行ってお土産を買いがてらドライブ。

昨日はラーメンを食べたんだけど、なぜか今日ももう一軒の気になるラーメン屋さんでラーメン。

前に来た時も一度食べたんだけど、やっぱりここもおいしかった。

明日は帰るだけなんですけど、来た時とは違ってあんまり天気よさそうじゃないなぁ。

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

久々福島

今日から週末にかけて二泊三日の予定で福島県に出張。

朝から会社の同僚と一緒に車で福島に向かいました。

週間天気予報だと週末天気悪そうな予報だったんですけど、晴れていてよかった。

福島県には今年の一月に仕事で行っていたんですけど、今回もその時と同じ田村市の現場です。

今週の水曜日は全国的に気温が高く、富山でも30℃を超える気温になったんですけど、福島県はその日全国一番の35℃超えになってました。ほんとまだ6月なのに勘弁してほしい。

道路も推定手早めに到着しました。

ビジネスホテルにチェックインして。大浴場でゆっくりと湯につかって旅の疲れを癒します。

そういえばコロナ禍が始まってから初めての泊りでの出張です。

ホテルもコロナ対策でいろんなところにビニールは貼ってあるわ、チェックイン時に検温されるわなどいろいろ以前とは変わっていますね。

どこもそうなんですけど、付け焼刃な「そんなん意味あんのか?」っていうような対策があれやこれやと。

それらもみんな経費かかっているだろうに大変だと思いますね。

そういえば、コロナが始まって約三か月ぶりに自宅以外の風呂に入りました。

客はいなくて貸し切りでゆっくり入れました。

夜は、前回来た時に気に入ったおいしいラーメン屋さんに行ってラーメン食べてきました。

夜は結構時間あったんで、ホテルの部屋でのんびりとごろごろしています。

今日は基本移動のみで、明日本格的な作業をするんですけど、あんまり暑くなりませんように。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

胃カメラ

今年の春の健康診断で、いつものように肥満認定されて、再検査となった。それはまぁ毎年のことなのだが、今年はなぜかバリューム検査で引っかかって胃の再検査を言われた。

それじゃぁ一応みてもらうかと、胃カメラの予約をして胃の検診を行ってきました。

胃カメラは生涯で2回目。前回は麻酔で寝ている間にやってもらうというちょっとヘタレな検査をしてもらったのだが、今回はせっかくなので胃カメラというものを体験してみようと思い、麻酔なしでやってもらうことにした。

一応鼻からと口からが選べるのだが、楽なのは鼻からなのかもしれないが、せっかくだからちゃんと調べてもらおうと口からを選んだ。

それでも昔とは違って、カメラの線も細くなってずいぶん楽にはなったようだ。

内科に行き、麻酔の飴を舐めると、口の中がしびれて感覚がなくなる。

ベッドに横たわって、マウスピースをはめられて、いよいよカメラのコードが口の中に入ってくる。

さすがに苦しかった。「おぇぇぇぇっ」ってなった。

胃の中でカメラがぐりぐり動くのが分かった。

後で撮影した胃の写真を見ながら先生と話をしたのだけど、今の胃カメラの映像ってきれいね。

胃の中は全く問題なし。

胃の周りについている内臓脂肪は問題ありだけどね・・・。

初めての意識のある胃カメラは、いい体験にはなったかな?

全身汗だくになった。看護婦さんがずっと背中をさすりながら「力を抜いて」と言ってたなぁ。

まぁ、できればやらずにすめばそれに越したことがないんだけど。

とにかく何事もなくてよかった。

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

ようやく見た

6月に入っていよいよ学校も本格的に始まって、子供たちが家にいないのでようやく少し日常が戻ってきた実感。

子供たちが学校で配られたいわゆる「アベノマスク」をもらってきて、ようやくこの目で実物を目にすることができました。

何のことはない昔小学校の時に給食当番だった時のことを懐かしく思い出せるアイテムだった。

私のでかい顔には少し小さすぎるかな?

だんだん暑くなってきて、今日はかなり汗ばむ陽気だった。

夜に少しエアコンの試運転をしてみた。すぐに消しましたけど。

まだ体が暑いのに慣れていないなぁ。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »