« 志賀高原スキー場2020.3.7 part.2 | トップページ | 金沢観光地めぐり »

2020年3月11日 (水)

志賀高原スキー場2020.3.8

志賀高原2日目の朝。

前日は一日がっつり滑ったこともあって、酒を飲んだら睡魔に襲われて早めに就寝。朝までぐっすり寝てしまいました。

朝起きて外をみるとうっすら積雪がありました。

もともと天気予報では土曜日は晴れる予定でしたが、日曜日は気温が上がって雨になるかもしれないというものでした。しかし実際は天候が変わって雨雲は夜のうちにほぼ通過し、そんなに天候は悪くならないとのこと。日曜日はあきらめていたのにこれはかなりラッキー。Vs200309045朝食を食べて早速ゲレンデに向けて出発。今日は焼額、奥志賀へは行かず中央エリアを滑る予定にしています。まずは前日行かなかった西館山の第2トリプルから西館山に入ります。 Vs200309047一番乗りの西館山。なかなか本当にゲレンデ一番乗りというのは機会がないのですが、誰も滑っていないバージントラックをいただきます。

西館山はもともとそんなに雪質がいい斜面ではないのですが、ガリガリって感じでもなく、ベチョベチョでもなく、今のこの状用から考えると十分な雪質。

西館山と言えば中腹にいい斜面があって、はっきり言ってそこを滑る目的で西館山に行くのだが、昨年の秋にゲレンデで地滑りが起きて今シーズンは閉鎖になっています。初日のパーフェクター、オリンピック、西館と楽しみにしていた斜面がことごとく滑れず非常に残念。Vs200309048斜面下部から地滑りの跡がぽっかりと口を広げています。うーん、残念。この斜面好きなんだけどなぁ。次来るまでに直っていてもらいたいものです。

数本西館山で滑って、息子が行きたがっていたジャイアントに向かいます。やっぱりジャイアント1回は滑っておかないとなぁ。Vs200309050正直ジャイアントの雪質には過度の期待をしていなかったのですが、リフトを降りたらなんかいい感じ。人も少なくて目一杯のロングターンを楽しみます。エッジが効いて滑りやすい。でもペアリフトが面倒なので1回で終了。1回気持ちよく滑られれば満足。来て良かった。

そこから東館のゴンドラで東館の山頂に向かいました。今日も卵形ゴンドラに乗れず。もうちょっとだったんだけどなぁ。こればっかりは運。Vs200309053山頂のレストハウスにある神棚に願いを書いたシールを貼ります。子ども達は思い思いに願いを書いていました。叶うといいね。Vs200309055テラスから周囲の景色を眺めます。少しモヤがかかっていましたが。下界に雲海が広がっています。ここから東館の卵形ゴンドラが乗り入れてくる景色もこれで見納め。Vs200309056ここで寺子屋方面を眺めながら生ビールをグビリ。いやぁ、うまい! Vs200309058昨日は閉鎖されていたパーフェクターが今日は解放されていないかとの一縷の望みをかけて一の瀬に向かいましたが、パーフェクターは今日も閉鎖だったので正面ゲレンデを滑りますが、やっぱり今ひとつしっくりこない。どうしても人が邪魔。Vs200309059子ども達が好きなタンネの森に行き、そこから高天ヶ原に出て昼食にしました。

高天ヶ原をベースにすることが多い割には昼食を高天ヶ原で食べることが少なかったんですが、いつもブログの記事を見させていただいているホテル銀嶺さんの食堂でご飯を食べました。安くて美味しかった。また来たいと思います。

昼食後は高天ヶ原からどうしても卵形ゴンドラをあきらめられず、3度目の正直の東館ゴンドラに乗ってみる事にしました。これがラストチャンス。Vs200309063私達大人は乗れませんでしたが、子ども達は卵形ゴンドラに乗ることができました。「どうだった?」って聞いたら、「狭い」って言ってました。「大人四人は無理じゃない」とかいうので「昔は大人四人でも普通に感じてたよ」って答えると「お父さん四人は無理でしょ」って言うので「お父さん四人でも楽勝」って言っておきました。Vs200309065そこから寺子屋に向かって何本か滑りました。寺子屋は雪がやはり緩んでいなかった。しかも日曜の昼からなんで、昨日に増して人も少なくてリフトはすぐに乗れるわゲレンデは貸し切り状態だわでこんな寺子屋ならずっといても大丈夫。

とか言いながらもすぐに浮気癖が出てしまい、今度は一の瀬ダイヤモンドに行こうとダイヤモンドに向かいました。Vs200309068ダイヤモンドは焼額からの移動の時か朝一に滑るだけで普段はあまり何回も滑ることがないのですが、これがまた滑ってみると、雪が思いの外よくて人も少なく上から下まで一気のロングターンを何度もおかわりしてしまいました。ダイヤモンドも楽しいね。

3時くらいにやめようと思っていたので、高天ヶ原に向かって帰りました。Vs200309069いよいよ最後の1本。高天ヶ原の斜面を一気に上から下までぶっ飛ばして今回の志賀高原は終了。

どんな状態にあたるかは運任せなのですが、今回の一泊二日のスキーは天候にも雪にもまずまず恵まれていいスキーができました。

今シーズンがこれで終わってもとりあえずいい締めができたと思います。まだ状態がいい日があれば行くつもりですけど、とりあえず今シーズンスキーのメインイベントが無事素晴らしいスキーになりました。

コロナウィルスの影響で本当に人が少なかった。

来年もまた来たいと思いますが、来年もいい志賀高原に出会えますように。

|

« 志賀高原スキー場2020.3.7 part.2 | トップページ | 金沢観光地めぐり »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志賀高原スキー場2020.3.7 part.2 | トップページ | 金沢観光地めぐり »