« 志賀高原スキー場2020.3.7 part.1 | トップページ | 志賀高原スキー場2020.3.8 »

2020年3月10日 (火)

志賀高原スキー場2020.3.7 part.2

思いもかけない展開で奥志賀まで移動した私達。コロナ恐るべし。Vs200309019久しぶりに奥志賀ゴンドラ乗りました。Vs200309020お約束の記念写真。Vs200309021今年もかまくらありましたが、やっぱりちょっと小さい?雪不足だから?Vs200309022ダウンヒルコースを滑ります。なかなか雪質はいいぞ。でも奥志賀でスノボードが解禁されて数年経ちますが、奥志賀でスノーボード見ると未だに違和感感じます。

ダウンヒルコースを3本ばかり滑りましたが、やっぱり狭いなぁ。いい斜面なんだけどもうちょっと広ければって毎回思いますね。Vs200309025奥志賀で丁度昼になりましたので、とりあえずビールで乾杯。ふだんから奥志賀はそんなに人で一杯ということはないのですが、コロナのせいで今回はさらに人が少ない様子で、レストハウスも空いててゆっくりランチを楽しみました。

昼食を食べて奥志賀の山頂から焼額を通って一の瀬方面に帰ります。Vs200309026パノラマコースからの景色は相変わらず素晴らしいですね。結構3月の焼額にしては雪がよかっただけにオリンピック滑れなかったのが心残り。意味のない中途半端なゴンドラの乗車規制を決めたの誰だ。そこまでするなら営業やめろと。営業するならちゃんとやれと。

私らは全山の券を買っているから他のゲレンデに逃げられるけど、エリア券買っている人はたまらんでしょうね。宿泊のパック券とかだと逃げ場ないですからね。Vs200309028本当は昼からパーフェクター滑る予定だったんですけどコース閉鎖で滑れなかったので、しょうがなく正面ゲレンデを滑ります。朝だったらよかったのかもしれませんが、昼過ぎになると下地が出てきてガリガリのアイスバーンが一部顔を出してきました。急斜面の割に人が多くて初中級者もボーダーもごった煮のように滑るこの斜面は正直好きではありません。

人避けるのに疲れる・・・。Vs200309030それでもいつもは同じレンタルのウェアとゼッケンをつけた中高生のスキー実習の生徒が一杯滑っている一の瀬にそれらの団体の姿がまったく見られなくて、ちょっと異常な感じ。

スキー実習生のキャンセルは宿にとっても堪えたことでしょうね。本当にコロナ恐るべし。小さい子供を連れたファミリーも一の瀬ファミリーに全然いないのが寂しい感じしますね。きっとファミリーの宿キャンセルも多いんでしょうね。Vs200309031寺子屋に再び戻って寺子屋のレストハウスで休憩。何本か寺子屋を滑って宿のある高天ヶ原に向かって帰ります。

しかし、寺子屋は雪質も一番いい感じで、普段ならばその雪質を求めて寺子屋のクワッドにはそれな高天ヶ原に戻って後は終了までひたすらローテション。高天ヶ原も本当に人がいない。思い切り斜面一杯使ってロングターンが楽しめます。

天気は良かったのですが、そんなに気温も上がらないで雪の状態もあまり落ちなかった。これは明日も期待できますね。Vs2003090414時過ぎまで滑りました。途中ビール飲んでゆっくり休憩したりゆったりランチしたりしたものの、朝一から最後まで久しぶりに滑りましたね。本当に楽しかったですから。Vs200309043宿はゲレンデのすぐそば。宿に帰って温泉にゆっくり浸かって、夜はもちろんビールで乾杯。

しかし、一ヶ月以上前に宿を予約した時には空室がほとんどなかったのに、実際は食堂はガラガラ。おそらく客室は半分も埋まっていなかったと思います。この宿には前にも泊まったことがあるのですが、学生の団体などで賑わっているのですが、それらの学生の団体客の姿はまったくいませんでした。

どこの宿も厳しい営業を耐えているのかもしれませんね。稼ぎ時のこんな条件のいい時にキャンセルだらけで困るでしょうね。

鳩の豆鉄砲くらいなのかもしれませんが、私らは行って支える方向で。一度失ってしまうと取り返せませんから。いつまでもスキー場には栄えていてもらわないと困りますんで。

こうやって外に出ると、こんな時期に不謹慎とか言う人は言うのかもしれませんけどね。

世の中の多くの客商売している人が打撃受けていることでしょうね。

スキーばかりは我慢しろって言われても我慢できませんよ。だってそこに雪があるもの。

|

« 志賀高原スキー場2020.3.7 part.1 | トップページ | 志賀高原スキー場2020.3.8 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志賀高原スキー場2020.3.7 part.1 | トップページ | 志賀高原スキー場2020.3.8 »