« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月30日 (月)

ついにきた

連日一番の話題と言えばやっぱりコロナウィルス。

週末は首都圏などで外出自粛要請が出されるなど日本国内でも徐々に感染が広がっています。

週末は土日共に仕事で石川県に行っていました。不要でも不急でもない用事なのでしょうがない。

今朝一番のニュースは志村けんさんがコロナウィルスによってお亡くなりになったとの訃報を伝えていました。

残念であると同時に実にあっけないものであると思いますね。明日は我が身かもしれません。

今日遂に富山県でも初のコロナウィルス感染者が見つかったとの速報が流れました。

県外に住む学生が帰省の際に県内で発症したとのこと。

中国の武漢から始まって遙か海の向こうから徐々に近づいてきて、ついに数十キロの所にまでウィルスがやってきてしまいました。

遅かれ早かれいずれ来るものと思っていましたが、いざこうなってみるといよいよかって思いますね。

はっきり言ってどこにも逃げも隠れもできませんのである種の努力というか抵抗はできるかもしれませんが、基本的には運を天に任せるしかありません。

家から一歩も出なければ感染のリスクは減るのかもしれませんけど、仕事しないといけませんしね。まさか霞を食って暮らすわけにもいきませんので。

急に重症化してあっという間に死んでしまうと言うことも大いに可能性がありますから、ちょっと身の回り綺麗にしとくかな?

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

スッキリ青空

昨日も今日もすっかり晴れ渡った春の陽気。県内でも桜の開花宣言がありました。

今日も昨日も立山連峰がスッキリ綺麗に見えていてとても綺麗でした。

今日は仕事で石川県に行ってました。

石川県では白山が凄く綺麗でした。200326132243934_photo立山は見慣れているからいいけど、白山が綺麗だったからパチリ。

東京ではオーバーシュートでロックダウンかもとか。

なんで日本語で言わんのか?ルー大柴か?

週末の外出を控えるようにと首都圏では懸命に言ってますね。いろいろ暗い話題が続く世の中だから。

この青い空のようにスッキリとしてしてもらいたいものです。

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

はぁ~

なんだかコロナウィルスのおかげで世の中暗い話題ばかり。

オリンピックもここの所中止やら延期やらいろいろ騒がれているのですけど、今日速報で一年の延期になりそうだとの報道が。

東京2020が2021になっちゃうのかな?

いろんな問題が山積みですね。どうなってしまうのでしょうか?

とりあえずオリンピックチケットに当選しなかった人にはあまり関係がないのかもしれませんけど、以前も書きましたように我が家は当選しているんですよね~。

もう宿も取ったし入金も済ませた。

キャンセルになるのかな?こうやってキャンセル相次ぐと次に予約するときに宿無くなってしまってたりして・・・。

経営厳しいですよねぇ。

とりあえず確定情報が出たら動こうかと思いますけど。

参ったなぁ。

まぁ、今の状態だとしょうがないのかもしれませんけどね。

はぁ~。

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

昇進

春分の日の3連休でしたが、真ん中の土曜日が仕事でしたので、前後の休みの日は特にどこに行くということもなく家でゴロゴロ過ごしました。

週末は仕事かスキーに行く生活を続けていたために、長く伸びた髪を切ってさっぱりしてきました。

コロナウィルスの影響でいろいろお出かけを控える風潮でしたが、今週末は各地で出かける人が大勢いて高速道路などは渋滞していたみたいですね。ずっと自粛続けさせるというのは難しいのかもしれませんね。

私はなんだかんだでスキーに出かけてましたが、ちょっとシーズンも終盤になってくると資金も尽きてきて、ちょっとおとなしくしてなきゃいけないなぁとか思ったりして。

家でゴロゴロ映画などを何本も見たりしてました。

自粛というと、大相撲が無観客で行われていましたが、富山県出身の朝の山が大関取りをかけていた場所ということでいつにも増して注目していました。

観客のいない大相撲はなんだか特殊な感じでしたが、力士や行司の息づかいや呼び出しの声など、普段あまり感じられない所まで感じられて、これはこれで面白かった。

中学の頃、相撲が大好きで毎場所郷土力士の琴ヶ梅を応援していましたが、もう一歩というところまででしたが大関には手が届きませんでした。

今場所終盤に横綱白鵬、鶴竜に連敗し優勝戦線からは離脱してしまいましたが、千秋楽の今日、大関貴景勝を破って11勝目をあげて、大関昇進となると微妙な感じになっていたのですが、特別理事会の招集を八角理事長が了承し、事実上の大関昇進が決まりました。

いやぁ、嬉しいですね。まだ若いですしね。これから大相撲を見るのがますます楽しみになりそうです。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

営業終了

今週は暖かく、今日は20℃を越える予報になっていて、実際に上着も何もいらないような陽気。

こりゃぁ山でも一気に融雪が進んだことだろう。

スキーシーズンも終わりに近づいていますかね。

この暖冬で苦しいながらもなんとか営業を続けていた県内唯一のたいらスキー場も今週の水曜日をもってシーズンの営業を終了しました。

いつもは気軽にいけるいいスキー場として利用しているのですが、結局今シーズンは2回しかいけませんでした。

それでもどうにか今年の冬季国体が運営できたのはせめてもの救いだったかもしれませんね。

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

八方尾根スキー場2020.3.17

前回結構いい状態の志賀高原での一泊二日のスキーを終えて今シーズンの有終の美を飾ったかに思えたのだが、一応虎視眈々と状態のいい日を狙っていました。学校もコロナウィルスで休校になっているし、それならば週末に限定しないで平日でもいい日があれば狙ってみようと天気予報を見たりしていましたが、先週末に寒気が入って、月曜日は今シーズン一番の積雪が見込まれ、翌日の火曜日は晴天予報とまさに行ってくれと言わんばかりの予報となったので、こりゃぁ会社休んで行かなきゃなと思い、火曜日の今日久しぶりに平日スキーに行ってきました。

普段休みなんか全然取ってないし、代休は山ほどあるしその点では問題ナッシング。休みはこんな時にとるもんだ。

狙うは八方。なんぼ降ったといっても、白馬くらいまで行かないと雪ないです。

昨日はかなりの積雪で、しかも強風で午前中に上部リフトが運休したので、フレッシュな雪がそのまま残っている。絶好のコンディションに違いない。

朝一滑るべしとだいぶ早めに着くように気合いを入れて家を出たまではよかったのだが、白馬に向かう国道148号線は放射冷却で-5℃以下のツルツル状態。小谷でトレーラーがスリップで道をふさいで通行止めで開通まで待たされてゲレンデに着いたのはリフト運行時間の8:00ちょっと過ぎ。完全に朝一逃してしまった・・・(泣)

急いで準備を済ませて、名木山から上を目指してGO。空は雲一つない晴天で、新雪が光輝いています。白馬三山もくっきりと見えています。20200317081545-2朝一番のリーゼン。もう滑っている人がいる・・・ファーストトラック逃したぁ。20200317081545-4それでも平日で人も少なく、まだシマシマの残っているグルーミングバーンのリーゼンに飛び出します。いい雪。今シーズンは他が滑れなかったりして例年にも増して八方に来ることが多く、今回で4回目なのだけど、3月も半ばを過ぎた春スキーシーズンに今シーズン最高の雪質を味わえるとは夢にも思わず。いやぁ、来て良かった。

あまりにもよかったのでリーゼンぶっ飛ばしてきました。人もいなくてエッジは新雪に食い込んでキュンキュン曲がれます。朝一から太ももプルプルになるほどの全開滑走。200317シマシマと青い空。この組み合わせは脳から変な液が流れ出ますな。200317092620257_photoコロナの影響でいつもは一杯の外国人がほとんどいません。久しぶりに日本人だらけの八方を滑ったかも。関係ないけどコロナに負けないようにコロナビールの看板の前で記念写真。 20200317081545-5リーゼンからゴンドラ乗り場に向かう斜面の雪も復活し、降りていけるようになっていましたので、ゴンドラ乗ってみるかと今シーズン4回目にして初めてゴンドラに乗ってみました。もちろんガラガラでパッと乗れます。雪のなかったセントラルコースにも積雪があり、見た目ゲレンデらしくなりましたが、所々雪のない所もあって滑れる状況ではなく、依然閉鎖中。おそらくこのまま今シーズンを終えそうですね。20200317081545-6兎平のクワッド降り場からグラードを眺めます。フレッシュな新雪の上にシュプールが描かれています。しかし、斜面に雪煙が見えていますがかなりの強風。リフト止まりそう。20200317081545-7兎平は例によって強風。雪煙が舞い上がりかなり寒い。20200317081545-8しかし、斜面の状態はまさに極上。人のいないフラットな兎平を好きなように滑れるなんて平日ならでは。20200317081545-10リフト止まっちゃいそうなんで、今のうち兎平をローテーション。極楽、極楽。

とかなんとか言っているうちにやはりといいますか、上部リフトが強風のために運休。リーゼンとパノラマ以外滑れない状態に・・・。

でも、今日のリーゼンは午前中気温が上がらずいい状態をキープしていましたし、人も少なく、リーゼンを何度もローテーション。20200317081545-11パノラマに降りてサンテラスパノラマで早めの昼食にしました。

お昼を食べ終わって外に出ると、兎平のクワッドが動いている。グラードクワッドも運転を開始しました。よかった。結局2時間くらいで風は止んでくれました。20200317081545-12とりあえず昼一で運行が始まったリーゼングラードにネタで行ってみましたが、冷えた新雪でいい雪はいい雪だったんですけど、強風にさらされてパックされた雪は堅くて、板がグボグボ沈んでいきあまり楽しくないので一回行っただけでよし。昼からはガスがかかって景色もよくなかったですからね。20200317081545-13リフトが動いてスカイライン方面に行けるようになったのでスカイラインに行ってみました。新雪がたくさん降ったので普段行かないパウダーコースに行ってみましたが、雪が重たくてただ疲れただけ。20200317081545-14気を取り直してスカイライン滑ってみました。人もいないスカイラインは雪の状態もまずまずで今シーズン滑った中では一番の状態でしたし、週末にはリフト待ちのあるスカイラインペアも待ち時間無しだったんですが、ウサギ平の状態の方が勝っていたので再び兎平に戻ることに。

兎平も午後になってますます人がおらず、思いっきり滑れたのだけど、ちょっと雪面が荒れて緩んできたのと、ガスって雪が降りだして雪面がよく見えなくて午前中の爽快感が薄れてしまったので、最後は黒菱のゲレンデを嫌になるまでローテーションしてやめようということになって黒菱に行きました。20200317081545-16ここにきたらひたすら練習。上手い人が一杯滑っていてリフトに乗っていても楽しい。20200317081545-15私も練習。なかなかうまいこと曲がれませんけど・・・

今日は息子と2人で来たと言うことと、平日で状態もよかったので、ほとんど休憩も取らずにひたすら滑り倒すスキーに。こんな感じで滑ったのは久しぶりだなぁ。

結局3:30過ぎまで1時間半ほどひたすら黒菱ローテーションして下山。20200317081545-17今日は一杯滑りました。帰りのリーゼンはさすがに緩んでシャーベット。やっぱりなんだかんだ言っても3月半ばですな。これが今シーズン最後の一本になるのかどうか?そのつもりで滑ってきましたけど。

今シーズンは雪に恵まれず、辛いシーズンでしたが、どうにか今回で10回目のスキー。頑張って行きました。春スキーのこの時期に最後にいい贈り物をもらった気分です。平日も勘定に入れればいい状態を狙えるんだけどねぇ。仕事休まなきゃこの状態には出会えませんでした。

とりあえずこれで今シーズンが終わったとしても悔いなく終われると思います。

平日スキーは癖になりますねぇ。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

金沢観光地めぐり

今週末は土曜日に久しぶりに休日出勤。

日曜日は休みだったので、何しようかな?と思っていたのだが、近間でブラブラと選んだのは金沢。

ここ数年来外国人観光客で賑わっておりましたが、ここの所のコロナ騒ぎで外国人が全くいない本来の金沢の街というのもいいだろうと出かけてみました。最近は日本の観光地のどこに行っても日本にいるのか外国にいるのかわからないような状態で、それが日本の観光客の観光地離れを引き起こしているという問題もあるのだけど、馬鹿でかい声で大騒ぎする中国人を見なくて済むというのはありだなと。

ハワイに行けばハワイに行ったのか日本にいるのかよくわからん場所もあるので、どこも観光地というのはそんなもんなんでしょうけど。

近くに観光地があると、案外行かないもので、今回はまず金沢市内の近江町市場に行くことにしたのだが、私は中学校の時に修学旅行で行ったっきり30年以上も行った事がない。テレビ番組や、雑誌などでは見るのだけど、はて?どんな所だったのかっていうと全く覚えていないというのが正直な所だ。

今、コロナの影響で観光客が激減し、比較的高級な観光客向けの魚や食材が売れなくて値崩れし、安くなっているとのこと。ちょっとでも売り上げに貢献し支えるという大義名分もある。200315100831911_photoはい、近江町市場に到着。

昼前に着いたのだけど、やはり人がいませんね。中国語が聞こえてこない観光地には久しぶりに行った気がします。200315100356433_photo商店街は30有余年ぶりなんだけど、当時の記憶がほぼないのでどこに何があるのかもさっぱりわからないので、観光客らしくマップ片手に散策。 200315104333950_photo「金沢おでん」のお店でおでんと日本酒。実は金沢というのは人口当たりのおでん屋さんの数が全国一位のおでん県らしい。京風の薄口の出汁が特徴。香箱蟹の殻に身を一杯つめた「蟹面」という具が有名なのですが、残念ながらシーズンではないのでそれはまた別の機会に。ばい貝が入ったりするのも独特でしょうかね。車麩、赤巻なども金沢らしい具です。

市場に軒を連ねるお店では高級な松葉蟹がたくさん並べられていて、一杯1万円~3万円程で売られていますが、今は安くてお買い得だそうな。でもちょっと高くて買えないかなぁ。

お店の人と話をして、魚を買うときには値段の交渉ができます。今回は観光客が少ないということもあってか、まとめて買うと結構値引きしてくれました。そういったやりとり自身も面白みの一つですね。200315112034750_photoせっかくなので、近江町市場内のお店で名物の海鮮丼と寿司を食べました。普段だったら並ばないと入れないようなお店にすっと入って食べられるというのもこの状況ならではなのかな?

せっかく金沢の普段行かない観光地に行ったついでに、卯辰山に行ってみました。200315125708137_photo卯辰山からみる金沢市街地。中央左の一番高いビルあるあたりが金沢駅ですね。

もう1カ所普段行かないひがし茶屋町に行ってみました。昔はただ古い建物が密集するだけの街だったのですが、近年は整備され保護されて、金沢指折りの観光地になってますね。200315131603614_photo浅野川沿いの駐車場に車を停めて橋を渡ってひがし茶屋街に向かいます。200315133514588_photo全然来たことなかったのでびっくりしましたが、結構な観光地になっているんですね。大勢の外国人がここを訪れるのか、案内の表記が中国語、韓国語、英語などなんですが、外国人観光客は全くといっていいほどいませんでした。日本人の観光客がきらびやかな着物を着てたくさん歩いていました。

古い街並みは復元されたものも多いのかもしれませんが、外観の保護は守られていて雰囲気があります。

外観は古い建物なのですが、中はオシャレなカフェになっていたりお土産物屋さんになっていたりと、あっちフラフラこっちフラフラとお店に入ってなかなか楽しめます。

茶屋っていうのは早い話が廓って事で、加賀藩の庇護の元点在していたその手のお店を一角に集めたというのが元々の始まりで、「ひがし」と「にし」があります。1カ所に集めないと風紀上問題ありということもありますしね。ただし、今の風俗店というのとは違って格式はありますけどね。

京都などの茶屋街と同じで、今は当時のようなことをできるわけではないですが、文化的に真面目な部分だけが残されております。

いつでもいけるから意外と行かない金沢の観光地。私なんか武家屋敷行った事ないですからね。いつでもいけるから。まぁそのうち行ってみたいものですけどね。1584262451975今回近江町市場で買ってきた魚。ハタハタとノドグロ、カレイ、ホッケの一夜干し。それと大きな黒鯛が安かったので刺身用に切り身にしてもらったもの。

早速黒鯛の刺身と、ハタハタの唐揚げを熱燗と一緒に頂きました。

 

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

志賀高原スキー場2020.3.8

志賀高原2日目の朝。

前日は一日がっつり滑ったこともあって、酒を飲んだら睡魔に襲われて早めに就寝。朝までぐっすり寝てしまいました。

朝起きて外をみるとうっすら積雪がありました。

もともと天気予報では土曜日は晴れる予定でしたが、日曜日は気温が上がって雨になるかもしれないというものでした。しかし実際は天候が変わって雨雲は夜のうちにほぼ通過し、そんなに天候は悪くならないとのこと。日曜日はあきらめていたのにこれはかなりラッキー。Vs200309045朝食を食べて早速ゲレンデに向けて出発。今日は焼額、奥志賀へは行かず中央エリアを滑る予定にしています。まずは前日行かなかった西館山の第2トリプルから西館山に入ります。 Vs200309047一番乗りの西館山。なかなか本当にゲレンデ一番乗りというのは機会がないのですが、誰も滑っていないバージントラックをいただきます。

西館山はもともとそんなに雪質がいい斜面ではないのですが、ガリガリって感じでもなく、ベチョベチョでもなく、今のこの状用から考えると十分な雪質。

西館山と言えば中腹にいい斜面があって、はっきり言ってそこを滑る目的で西館山に行くのだが、昨年の秋にゲレンデで地滑りが起きて今シーズンは閉鎖になっています。初日のパーフェクター、オリンピック、西館と楽しみにしていた斜面がことごとく滑れず非常に残念。Vs200309048斜面下部から地滑りの跡がぽっかりと口を広げています。うーん、残念。この斜面好きなんだけどなぁ。次来るまでに直っていてもらいたいものです。

数本西館山で滑って、息子が行きたがっていたジャイアントに向かいます。やっぱりジャイアント1回は滑っておかないとなぁ。Vs200309050正直ジャイアントの雪質には過度の期待をしていなかったのですが、リフトを降りたらなんかいい感じ。人も少なくて目一杯のロングターンを楽しみます。エッジが効いて滑りやすい。でもペアリフトが面倒なので1回で終了。1回気持ちよく滑られれば満足。来て良かった。

そこから東館のゴンドラで東館の山頂に向かいました。今日も卵形ゴンドラに乗れず。もうちょっとだったんだけどなぁ。こればっかりは運。Vs200309053山頂のレストハウスにある神棚に願いを書いたシールを貼ります。子ども達は思い思いに願いを書いていました。叶うといいね。Vs200309055テラスから周囲の景色を眺めます。少しモヤがかかっていましたが。下界に雲海が広がっています。ここから東館の卵形ゴンドラが乗り入れてくる景色もこれで見納め。Vs200309056ここで寺子屋方面を眺めながら生ビールをグビリ。いやぁ、うまい! Vs200309058昨日は閉鎖されていたパーフェクターが今日は解放されていないかとの一縷の望みをかけて一の瀬に向かいましたが、パーフェクターは今日も閉鎖だったので正面ゲレンデを滑りますが、やっぱり今ひとつしっくりこない。どうしても人が邪魔。Vs200309059子ども達が好きなタンネの森に行き、そこから高天ヶ原に出て昼食にしました。

高天ヶ原をベースにすることが多い割には昼食を高天ヶ原で食べることが少なかったんですが、いつもブログの記事を見させていただいているホテル銀嶺さんの食堂でご飯を食べました。安くて美味しかった。また来たいと思います。

昼食後は高天ヶ原からどうしても卵形ゴンドラをあきらめられず、3度目の正直の東館ゴンドラに乗ってみる事にしました。これがラストチャンス。Vs200309063私達大人は乗れませんでしたが、子ども達は卵形ゴンドラに乗ることができました。「どうだった?」って聞いたら、「狭い」って言ってました。「大人四人は無理じゃない」とかいうので「昔は大人四人でも普通に感じてたよ」って答えると「お父さん四人は無理でしょ」って言うので「お父さん四人でも楽勝」って言っておきました。Vs200309065そこから寺子屋に向かって何本か滑りました。寺子屋は雪がやはり緩んでいなかった。しかも日曜の昼からなんで、昨日に増して人も少なくてリフトはすぐに乗れるわゲレンデは貸し切り状態だわでこんな寺子屋ならずっといても大丈夫。

とか言いながらもすぐに浮気癖が出てしまい、今度は一の瀬ダイヤモンドに行こうとダイヤモンドに向かいました。Vs200309068ダイヤモンドは焼額からの移動の時か朝一に滑るだけで普段はあまり何回も滑ることがないのですが、これがまた滑ってみると、雪が思いの外よくて人も少なく上から下まで一気のロングターンを何度もおかわりしてしまいました。ダイヤモンドも楽しいね。

3時くらいにやめようと思っていたので、高天ヶ原に向かって帰りました。Vs200309069いよいよ最後の1本。高天ヶ原の斜面を一気に上から下までぶっ飛ばして今回の志賀高原は終了。

どんな状態にあたるかは運任せなのですが、今回の一泊二日のスキーは天候にも雪にもまずまず恵まれていいスキーができました。

今シーズンがこれで終わってもとりあえずいい締めができたと思います。まだ状態がいい日があれば行くつもりですけど、とりあえず今シーズンスキーのメインイベントが無事素晴らしいスキーになりました。

コロナウィルスの影響で本当に人が少なかった。

来年もまた来たいと思いますが、来年もいい志賀高原に出会えますように。

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

志賀高原スキー場2020.3.7 part.2

思いもかけない展開で奥志賀まで移動した私達。コロナ恐るべし。Vs200309019久しぶりに奥志賀ゴンドラ乗りました。Vs200309020お約束の記念写真。Vs200309021今年もかまくらありましたが、やっぱりちょっと小さい?雪不足だから?Vs200309022ダウンヒルコースを滑ります。なかなか雪質はいいぞ。でも奥志賀でスノボードが解禁されて数年経ちますが、奥志賀でスノーボード見ると未だに違和感感じます。

ダウンヒルコースを3本ばかり滑りましたが、やっぱり狭いなぁ。いい斜面なんだけどもうちょっと広ければって毎回思いますね。Vs200309025奥志賀で丁度昼になりましたので、とりあえずビールで乾杯。ふだんから奥志賀はそんなに人で一杯ということはないのですが、コロナのせいで今回はさらに人が少ない様子で、レストハウスも空いててゆっくりランチを楽しみました。

昼食を食べて奥志賀の山頂から焼額を通って一の瀬方面に帰ります。Vs200309026パノラマコースからの景色は相変わらず素晴らしいですね。結構3月の焼額にしては雪がよかっただけにオリンピック滑れなかったのが心残り。意味のない中途半端なゴンドラの乗車規制を決めたの誰だ。そこまでするなら営業やめろと。営業するならちゃんとやれと。

私らは全山の券を買っているから他のゲレンデに逃げられるけど、エリア券買っている人はたまらんでしょうね。宿泊のパック券とかだと逃げ場ないですからね。Vs200309028本当は昼からパーフェクター滑る予定だったんですけどコース閉鎖で滑れなかったので、しょうがなく正面ゲレンデを滑ります。朝だったらよかったのかもしれませんが、昼過ぎになると下地が出てきてガリガリのアイスバーンが一部顔を出してきました。急斜面の割に人が多くて初中級者もボーダーもごった煮のように滑るこの斜面は正直好きではありません。

人避けるのに疲れる・・・。Vs200309030それでもいつもは同じレンタルのウェアとゼッケンをつけた中高生のスキー実習の生徒が一杯滑っている一の瀬にそれらの団体の姿がまったく見られなくて、ちょっと異常な感じ。

スキー実習生のキャンセルは宿にとっても堪えたことでしょうね。本当にコロナ恐るべし。小さい子供を連れたファミリーも一の瀬ファミリーに全然いないのが寂しい感じしますね。きっとファミリーの宿キャンセルも多いんでしょうね。Vs200309031寺子屋に再び戻って寺子屋のレストハウスで休憩。何本か寺子屋を滑って宿のある高天ヶ原に向かって帰ります。

しかし、寺子屋は雪質も一番いい感じで、普段ならばその雪質を求めて寺子屋のクワッドにはそれな高天ヶ原に戻って後は終了までひたすらローテション。高天ヶ原も本当に人がいない。思い切り斜面一杯使ってロングターンが楽しめます。

天気は良かったのですが、そんなに気温も上がらないで雪の状態もあまり落ちなかった。これは明日も期待できますね。Vs2003090414時過ぎまで滑りました。途中ビール飲んでゆっくり休憩したりゆったりランチしたりしたものの、朝一から最後まで久しぶりに滑りましたね。本当に楽しかったですから。Vs200309043宿はゲレンデのすぐそば。宿に帰って温泉にゆっくり浸かって、夜はもちろんビールで乾杯。

しかし、一ヶ月以上前に宿を予約した時には空室がほとんどなかったのに、実際は食堂はガラガラ。おそらく客室は半分も埋まっていなかったと思います。この宿には前にも泊まったことがあるのですが、学生の団体などで賑わっているのですが、それらの学生の団体客の姿はまったくいませんでした。

どこの宿も厳しい営業を耐えているのかもしれませんね。稼ぎ時のこんな条件のいい時にキャンセルだらけで困るでしょうね。

鳩の豆鉄砲くらいなのかもしれませんが、私らは行って支える方向で。一度失ってしまうと取り返せませんから。いつまでもスキー場には栄えていてもらわないと困りますんで。

こうやって外に出ると、こんな時期に不謹慎とか言う人は言うのかもしれませんけどね。

世の中の多くの客商売している人が打撃受けていることでしょうね。

スキーばかりは我慢しろって言われても我慢できませんよ。だってそこに雪があるもの。

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

志賀高原スキー場2020.3.7 part.1

今年は本当に雪が少ない。毎日のように天気予報とにらめっこ。これも全部スキーのため。

毎年1回は志賀高原にスキーに行っているのだけど今年は子ども達の期末テストが終わる3月の最初の土日に以前から決めていました。

シーズンも終盤。特に今年は雪も少なく状態があまりよくないので、雪質と天候に恵まれるように祈っていました。今回は天候を見て行き先を決めるのではなくてあらかじめ予約していますのでせっかくならいい状態で滑りたい。

予報によれば水木に寒波が入り積雪もあって、金曜土曜と晴天の予報。しかも気温も高くない。これはいい。ずっとワクワクしながら週末を迎えました。

今回はいつも一緒にスキーに行っている会社の同僚家族も一緒です。志賀高原にはこれまで何度も一緒に行っています。子ども達も幼い頃から一緒に滑っていますが、昨年は娘と同僚の娘が揃って受験ということで行けなかったので久しぶりの志賀高原お泊まりスキーです。

朝5時に志賀高原に向けて出発。道路には雪もなく順調に到着。ひょっとしたらチェーンをつけなきゃいけないかなぁとも思ったのですが、ゲレンデまでほとんど積雪もなくラッキーでした。

今回は高天ヶ原のホテルに宿泊の予定でしたのでホテルに車を停めて、すぐに準備を済ませてゲレンデにGO!Vs200309001足下の雪を踏めばギューッと言ういい音。天候は晴天。リフト運行前に高天ヶ原でスタンバイ。まずは高天ヶ原のファーストトラック。Vs200309002放射冷却で気温も低く。ゲレンデは高天ヶ原らしく、ビシーッとピステンかけられたフラットバーン。朝日に向かって登るこの朝一の高天ヶ原のクワッドの雰囲気たまらないですよね~。Vs200309004早速ゲレンデに飛び出して行きます。ちょっと堅いですが喰い付きは十分。Vs200309005まだ人いない高天ヶ原。この1本が至福。数本ほど高天ヶ原を滑って他のゲレンデに移動していきます。Vs200309007次に向かったのは東館。あまり雪質はよくありませんでしたが。それでもファーストトラック。景色もいいし人はいないし。貸し切りゲレンデのような気分を味わえるのが東館のいい所。Vs200309008東館ゴンドラ乗り場。やっぱりコロナウィルスの影響かいくら朝の東館と言っても全く人がいないのは不思議な感覚。Vs200309009早速ゴンドラに乗り込みます。東館のゴンドラは写真の新しいゴンドラと以前の卵形ゴンドラが併用されているのですが旧の卵形ゴンドラは今シーズン一杯で引退らしい。もうあの卵形ゴンドラに乗れないとなると最後に乗っておきたい気持ちでしたが、数が少なくて乗れませんでした。

子ども達にとってはただ狭いだけのゴンドラなのかもしれませんが、おっさんスキーヤーにとっては卵形ゴンドラの思い入れはそれなりにあります。地元富山県でも「らいちょうバレー」の卵形ゴンドラはよく乗っていました。あげくにはゴンドラそのものも老朽化で運行廃止になりましたけど。

全国でもどんどん新しいゴンドラに架け替えられたり、箱形のゴンドラに変わったり。もう日本で残っていたのはここだけなのかな?Vs200309011当初の予定では初日は焼額を中心に滑ろうと思っていたのですが、やっぱりこの雪の状態をみてしまうとついつい寄り道。寺子屋に来てしまいました。なかなか焼額に着かないぞ。やっぱり寺子屋の雪はいいですねぇ。キュンキュン曲がります。ほんと人が少ないし。Vs200309012一の瀬に出てパーフェクター滑ってダイヤモンドに向かおうと思ったら、競技のポール練習でパーフェクターが閉鎖されていてショック。パーフェクター滑るという志賀高原に来た大きな目的の一つが叶わずショック。しょうがないのでパノラマコースで我慢。

普通ポール練習って邪魔にならないところでやるもんじゃないの?一番いいゲレンデを半分とかじゃなくて完全閉鎖してしかも土日2日間ともっていくらなんでも客の事ないがしろにしすぎ。せめて半日とか土曜日だけとかにしろって。こっちは金払ってる客なんだからコース閉鎖しちゃだめでしょ。西館のワールドカップコース辺りでひっそり練習しろと。Vs200309013パーフェクター滑れなかったやけ酒というわけではないですけど、ダイヤモンドで一杯やってから焼額に向かう事に。朝から飲む生は最高。お泊まりスキーの醍醐味ですね。滑るだけがスキーじゃない。 Vs200309015 焼額に行ってみたけど第二クワッドが空いていたので、やっぱり今日は人が少ないなぁと思って、今回の目的の一つオリンピックコースに向かうべく焼額の第二ゴンドラ乗り場に行ったらビックリ。Vs200309014なんだ?なんだ?この行列は???

実はコロナウィルス対策で、ゴンドラは半分の人数しか乗せないというアナウンスがありました。行く前から知っていたんですけど、まさかこんなひどいことになっているとは。第二ゴンドラは6人乗りなので基本3人しか乗せていません。別に客が多いというわけではないのですけど、そのせいで30分待ちに。

こんな光景久しぶりに見ました。80年代にタイムスリップしたのかと思った。

ゴンドラの中で感染を防ぐとか言ってましたが、これじゃぁ並んでる列で感染するやろが!本末転倒ってこのことかも。これを予想できないのかと。

まぁこんな事も滅多にない事だと思うので、ネタ的にはよかったと納得させて30分並びました。久しぶりにゴンドラに30分も並んだなぁ。25年ぶり程かも。Vs200309016ゴンドラの上からの列の光景。これじゃぁさすがに焼額で滑るのは無理だとオリンピックコースをあきらめました。滑りたかったなぁ。パーフェクターもダメ、オリンピックもダメさすがに凹みました。

本当は今回行く予定ではなかったのですが、このまま奥志賀に流れていき焼額のゴンドラには一度も乗らずに帰ることにしました。それだとオリンピックは滑れなくてもジャイアントスラロームは滑れますので妥協。Vs200309017そういえば今回初めて初音ミクのコスプレで滑っておられる志賀高原で有名なボーダーを初めて見ました。毎年この格好で滑っていてかなり有名な人ですね。ハードブーツで凄い勢いで滑っていきます。中の人は男性らしいのですが・・・。黄色のハードブーツなんで本物かと。偽物いるのかどうか知りませんが・・・。

ジャイアントスラローム中腹の奥志賀への連絡コースで奥志賀へ向かいました。思わぬ焼額のゴンドラの混雑で、一の瀬から奥志賀まで、ただひたすら横移動だけするという変なコース取りになってしまいました。これは結構時間のむだ。意味のない移動だったなぁ。わかってたら来なかったのになぁ。

長くなったので次回に続く。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

来たか?

マスクがないと世の中大騒ぎ。

別に持っていないわけではないけどそんなに多くないから普段はマスクしていない。

そもそもマスクに予報効果はほぼないとされている。アレは予防のためじゃなくて、かかっている人が広めないためにするもの。

だからかかっているわけじゃない私は基本マスクしない。

そもそもマスクしたら速攻でマスク無くなってつけられなくなるわけだから結果かわらないし。

花粉症の人は大変。

でも私も杉ではないけど花粉症。

時期的には5月くらいに本格的に発症する。

でも今日車に乗っていたら、急にくしゃみが連発で出て、鼻から水ばなが・・・。

今年は暖冬だから早いのかな?

桜の開花も今年は早いみたい。

面倒な季節になった。

別に毎年花粉症だからと言ってマスクはしないんですけどね。

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

品薄?

今週の頭からコロナウィルス対策として県内の小中高校が軒並み休みに入っていて、もちろんうちの子ども達もお休み。

世間ではマスク、消毒液が売れ切れ、トイレットペーパーやらティッシュまでもが品薄とおかしな事になっているわけでありますが、学校休みで家で勉強しなければいけない我が家の子ども達にとって、教材も必要ということで、先日問題集を買ってきてありました。

全国的に問題集が品薄に・・・なんかならないですよねぇ。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »