« 行く習慣 | トップページ | 八方尾根スキー場2020.1.26 part2 »

2020年1月26日 (日)

八方尾根スキー場2020.1.26 part.1

雪が降らない。県内のスキー場もオープンしない。とは言っても休みもないんだけどね。

今週末はようやく今年に入って正月休みを除いて初めて休みが取れた。土日でどちらか仕事に出れば、もう一日はスキーに行けそう。しかも天気予報を見ると日曜日は天候が良さそうだ。

近辺でどうにかまともに滑れそうなゲレンデはあまりなく、その中でも最寄りの八方で日曜日から今シーズン最初の「朝一リーゼン」が開始されると公式に告知された。八方の朝一リーゼンはワンシーズン一回は行きたいと思っていて、しかも天気のいい日を狙っていくことに決めていますので、これはもう行くしかないと、土曜日は一日がっつり仕事して、日曜日に備えた。Aabbcc1月下旬のシーズン最盛期の八方でも今年のゲレンデ状況は今現在こんな感じ。ゲレンデ下部はほぼ滑走不可。ゴンドラ方面には降りられず、下りのゴンドラに乗らなければ下山できない。4月のゲレンデ状況見ているかのような感じ。

名木山、リーゼン、兎平は人工降雪機があるのでなんとかなるのだろうか?

八方に行くなら朝一リーゼンからというのがここ最近のスタイルだ。リフト代は年々高くなっていき、今シーズンは一日券5500円。しかし、朝一リーゼンに別料金はいらないので、ここから滑るとお得感ありますし、朝一リーゼン最高ですからね。

朝は4時に家を出て、八方に向かいます。道路上は全く雪もなくスムーズに名木山ゲレンデに到着。しかし、見たこともないくらいにまったく雪がない。朝一リーゼンは6:45開始なのだけど、6:00頃に駐車場に到着。リフト待ちを開始する。少しでも早く登るためだ。お泊まり組がいるので一番に上がろうとすると前の晩からということになると思うので、さすがに先頭というわけにはいかないのだけの、それでも前から30人以内くらいの好ポジションを獲得。200126063222467_photoさすがに今シーズン初開催だったり、雪不足が言われたりしているからかもしれないですが、ちょっと人は少なめ。それでも結構の人が待ちに待った朝一リーゼン開催に集まっています。名木山のクワッドの後ろに見える名木山ゲレンデ北の斜面なんかはスキー場というよりもゴルフ場みたいな感じですからね。本当に雪がない。20200126001リフト運行が始まったらすぐに上部に上がり、ともかく最初の一本は一気にリーゼンスラロームの斜面を目一杯で滑ります。雪質はいい。締まった雪をエッジが切り裂いていくような感じ。1本目はピステンのシマシマを感じられます。写真は2本目以降に撮ります。ともかく1本目は無心で降りる。

はっきり言って、最初の一本のみに大きな価値がありますので。この一本のために早起きして来たのですからね。

リーゼンスラロームからは白馬村の町並みが見えるのですけど、上の写真を見ても今年がいかに異常かがわかりますね。麓に全然雪が積もっていない。私は八方には30年以上前から来ていますが、こんな風景は春スキーでもないのに見たことがありません。もう二度と見ることがなければいいのに・・・。200126074506443_photo名木山ゲレンデ壁から白樺に抜けるゴンドラ乗り場へのアクセスは滑走禁止になっているのですが、一生懸命に人工降雪機が動いています。こんな光景もこの時期には珍しいので写真撮ってみました。ゴンドラまで滑って降りられないというのは困ったものですからね。20200126003兎平のクワッドが運行を始める8:15分までは繰り返しリーゼンを滑ります。7:30のゴンドラ運行開始の後から登ってくる客が来るまでは、リーゼンには「朝一リーゼン」に来た客しかいませんので、人もまばらで結構ぶっ飛ばして滑れます。私も朝一から太ももプルプルになるまでガンガン(自分なりに)滑ります。20200126006兎平のクワッドの開始前の列に並び、運転が始まったらすぐに兎平の上部に行き、今度は兎平のファストトラック狙います。フラットな兎平は朝のうちだけですので、これも美味しく頂きます。思った以上に雪質も良くて、喰い付きが良くて気持ちよくターンができます。

2本ほど兎平を滑ると、もうゲレンデは通常運転の感じで、朝一での特別な環境は失われて行きます。この時点でまだ9時前。

それでももう2時間も全開バリバリ(死語)で滑っていますので、おじさんの足はそろそろ悲鳴を上げる時間。ウサギ平テラスで一服。200126085050346_photoいつもなら滑り始めるような時間に、もう一汗かいてビールで乾杯。極楽極楽。この辺の流れはいつもの朝一リーゼンお決まりの流れですね。1580037687150兎平の斜面にも続々と人が上がってきます。雪の量は例年に比べるとかなり少ないですが、特に石やブッシュが見えているわけでもなく、滑るには支障はありません。兎平名物のコブもちゃんとできていますね。

そうこうしているうちに、最上部のリーゼングラードのクワッドの運行が始まりますので、まずは山頂まで行ってみます。景色もいいし、気持ちいいので毎度一回は行きますが、正直コースは特に面白くもないので一回行くだけ。20200126007今日は天気も良く風も無く八方らしくない穏やかな気候でしたが、白馬三山やら五竜やらの山頂には雲がかかっていて、ちょっと残念。

ここからまだ行っていない他のゲレンデに移動していくことになります。

長くなりましたので次回に続く。

|

« 行く習慣 | トップページ | 八方尾根スキー場2020.1.26 part2 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行く習慣 | トップページ | 八方尾根スキー場2020.1.26 part2 »