« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木)

どうなってんの?

もすうぐ1月も終わりだというのに雪が降らない。

今年は富山で冬の国体が開かれる予定なのだけど、いよいよ開催も危ういのでは無いだろうか?

開会式は2月16日の予定である。

なんとか開催までに雪をどうにかしようと、たいらスキー場では周辺から雪を集めてダンプで運んだりして準備している。

しかし今週も暖かく、雨も降ったので、結果的にはそれだけのことをしてもゲレンデの雪はどんどん少なくなっていってます。

今のところ到底滑れる感じでは無い。

私もどうにか県内のたいらスキー場がオープンしてくれないものかと天に祈っているのだけど、どうなりますかね?

県内が絶望的だから、県外のスキー場もライブカメラなどを毎日のように確認しているのですけど、雪が増えるどころかどんどん減ってます。

でっかい寒波がドカンとやってきてドバッと降ってくれればいいのですけどね。

これだけ雪が降らないと、世の中の多くの人はありがたいと思うのかもしれませんけど、山間部の産業にとっても大きな痛手に違いない。

スキー場なんて営業できなくなって経営が行き詰まったら今の環境じゃまず立ち直れないですからね。

2月は少し寒くならないかな?

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

八方尾根スキー場2020.1.26 part2

前回の続き。

リーゼングラードで風景を眺めた後は、まだ状態のいい兎平を数本滑ってから黒菱方面に降りて行きます。

黒菱ゲレンデは北向きの斜面で、雪質が比較的良いのですが、コースが短く、リフトも4人乗りながら高速リフトでは無いので、混雑する傾向にあります。この斜面は午後になっても状態がいいと思いますので最後の締めに取っておいて、スカイライン方面に降りて行きます。20200126008時間も10:00を過ぎて、気温も上がってきました。青空が広がってなかなか気持ちの良い感じ。

スカイラインはロングコースが魅力なのですが、雪不足でコースの下を走っている道路の起伏が例年以上に強調されていて、そこに来る度に下が見えないので止まって先の安全を確認してから滑らないといけませんので一気に滑り降りるというわけにもいかず、ちょっと爽快感が薄れていました。

黒菱に比べると雪質も一段下がっていて、ゴロゴロした雪の塊があったり、ザラザラの雪だまりがあったり、アイスバーンが顔をのぞかせていたりと、ちょと楽しさ半減と言った感じでした。1580037670741景色がいい北尾根の高原テラスの前で日向ぼっこ&休息。今年から北尾根のレストハウスは本格イタリアン料理のレストランが味わえます。予約制で5000円程とか、我々庶民にはあまり縁がないですかな?

カフェとイタリアン。内装もリフォームされて綺麗になっていましたが、休憩がてら何か飲もうと思ったら自動販売機が撤去されていてがっかり。中で買うとコーラのペットボトルが260円とか。うーん、なんだか30年前のバブルリゾートスキー場にタイムスリップしたのかと思った。

屋外のベンチで日向ぼっこする分には無料だし、この素晴らしい景色はタダなので、のんびりとします。もう本日滑れそうなゲレンデはほぼ滑りましたし、目的も達成しましたからね。後は嫌になるまで滑って終わりかな。

スカイラインは思ったほど状態が良くなかったのと、今日は3人で来ているのでペアリフトのスカイラインはもういいかなって事で、再び上に向かって登っていきます。

朝早かったので、早めに食事にしようと、まだ今日は行っていないパノラマゲレンデのサンテラスパノラマで昼食にしようと降りて行きました。

結構な混雑でした。

いつもは、ここで昼食の後にセントラルコースから白樺コースに降りてゴンドラに乗ると言うのがお決まりのルートなんだけど、今年はどちらも雪不足で滑れませんので、ものすごく久しぶりにパノラマペアに乗って再び兎平に登って行きました。

後は本日の締めとして黒菱で飽きるまで滑って終わりにすることにしました。

ここの緩斜面は、いろんな人が練習したり、スクールの指導が行われたりしていて、八方の中でも上級者が多く滑っているので、リフトの上からそれらの上手い人の滑りを見るのも楽しみの一つですね。

八方には本当に上手い人結構いますからね。20200126009ちょっと息子の滑りも見てやって指導したりして。

黒菱の雪質が結構良くて、喰い付きもよかったのでターンがしやすくていい練習になりました。

中2の息子も、新しい板になじんできたようで、滑りの質も変わってきました。

どう頑張っても現状維持がやっとのおっさんスキーヤーの私とは違って、まだまだ伸びしろも十分に有り、年々上達していくのがうらやましいですね。

もう数年もすれば勝てなくなるかもしれませんね。202001260010とは言ってもそう簡単には負けられないので、私も少しフォームなんかをチェックしながら黒菱で練習。状態のバランスが悪い。体幹がなってないのでしょうな。

不整地とかではまだまだ息子には遅れは取りませんけど、体力では完全に敗北していますからね。

2:30頃まで繰り返し黒菱の斜面で練習して、本日のスキーを終了することにしました。

とは言っても、黒菱から麓の名木山まで降りるには30分程かかりますからね。

しかも荒れた兎平とリーゼンを降りないといけないので結構だるい。202001260012朝一フラットで気持ちよくぶっ飛ばしたリーゼンもこの頃になるとコブコブ。しかも結構ガリガリ。

まぁ、これは何十年も前からのいつものお約束なんですけどね。降りる作業となります。

朝から結構滑って、そろそろ足もプルプルになってきていての最後のこれは結構堪えます。

下の名木山ゲレンデなんかは春スキーのようにベチョベチョ。

1月も終わりというのに、ようやく今シーズン2回目の滑りになりました本日の八方。八方らしくなくまったく風もなく、天気も良くて楽しいスキーになりました。

想像した以上に雪は良くて安心しました。

今シーズンはもう一回来るかどうかわかりませんが、ワンシーズン1回くらいは朝一リーゼンという目標を今シーズンもかなえられましたのでよかったです。

いい状態の八方は本当に楽しいですね。来て良かった。

もうちょっと人工雪じゃ無くて天然雪で全面滑走可になるくらい降ればいいですね。

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

八方尾根スキー場2020.1.26 part.1

雪が降らない。県内のスキー場もオープンしない。とは言っても休みもないんだけどね。

今週末はようやく今年に入って正月休みを除いて初めて休みが取れた。土日でどちらか仕事に出れば、もう一日はスキーに行けそう。しかも天気予報を見ると日曜日は天候が良さそうだ。

近辺でどうにかまともに滑れそうなゲレンデはあまりなく、その中でも最寄りの八方で日曜日から今シーズン最初の「朝一リーゼン」が開始されると公式に告知された。八方の朝一リーゼンはワンシーズン一回は行きたいと思っていて、しかも天気のいい日を狙っていくことに決めていますので、これはもう行くしかないと、土曜日は一日がっつり仕事して、日曜日に備えた。Aabbcc1月下旬のシーズン最盛期の八方でも今年のゲレンデ状況は今現在こんな感じ。ゲレンデ下部はほぼ滑走不可。ゴンドラ方面には降りられず、下りのゴンドラに乗らなければ下山できない。4月のゲレンデ状況見ているかのような感じ。

名木山、リーゼン、兎平は人工降雪機があるのでなんとかなるのだろうか?

八方に行くなら朝一リーゼンからというのがここ最近のスタイルだ。リフト代は年々高くなっていき、今シーズンは一日券5500円。しかし、朝一リーゼンに別料金はいらないので、ここから滑るとお得感ありますし、朝一リーゼン最高ですからね。

朝は4時に家を出て、八方に向かいます。道路上は全く雪もなくスムーズに名木山ゲレンデに到着。しかし、見たこともないくらいにまったく雪がない。朝一リーゼンは6:45開始なのだけど、6:00頃に駐車場に到着。リフト待ちを開始する。少しでも早く登るためだ。お泊まり組がいるので一番に上がろうとすると前の晩からということになると思うので、さすがに先頭というわけにはいかないのだけの、それでも前から30人以内くらいの好ポジションを獲得。200126063222467_photoさすがに今シーズン初開催だったり、雪不足が言われたりしているからかもしれないですが、ちょっと人は少なめ。それでも結構の人が待ちに待った朝一リーゼン開催に集まっています。名木山のクワッドの後ろに見える名木山ゲレンデ北の斜面なんかはスキー場というよりもゴルフ場みたいな感じですからね。本当に雪がない。20200126001リフト運行が始まったらすぐに上部に上がり、ともかく最初の一本は一気にリーゼンスラロームの斜面を目一杯で滑ります。雪質はいい。締まった雪をエッジが切り裂いていくような感じ。1本目はピステンのシマシマを感じられます。写真は2本目以降に撮ります。ともかく1本目は無心で降りる。

はっきり言って、最初の一本のみに大きな価値がありますので。この一本のために早起きして来たのですからね。

リーゼンスラロームからは白馬村の町並みが見えるのですけど、上の写真を見ても今年がいかに異常かがわかりますね。麓に全然雪が積もっていない。私は八方には30年以上前から来ていますが、こんな風景は春スキーでもないのに見たことがありません。もう二度と見ることがなければいいのに・・・。200126074506443_photo名木山ゲレンデ壁から白樺に抜けるゴンドラ乗り場へのアクセスは滑走禁止になっているのですが、一生懸命に人工降雪機が動いています。こんな光景もこの時期には珍しいので写真撮ってみました。ゴンドラまで滑って降りられないというのは困ったものですからね。20200126003兎平のクワッドが運行を始める8:15分までは繰り返しリーゼンを滑ります。7:30のゴンドラ運行開始の後から登ってくる客が来るまでは、リーゼンには「朝一リーゼン」に来た客しかいませんので、人もまばらで結構ぶっ飛ばして滑れます。私も朝一から太ももプルプルになるまでガンガン(自分なりに)滑ります。20200126006兎平のクワッドの開始前の列に並び、運転が始まったらすぐに兎平の上部に行き、今度は兎平のファストトラック狙います。フラットな兎平は朝のうちだけですので、これも美味しく頂きます。思った以上に雪質も良くて、喰い付きが良くて気持ちよくターンができます。

2本ほど兎平を滑ると、もうゲレンデは通常運転の感じで、朝一での特別な環境は失われて行きます。この時点でまだ9時前。

それでももう2時間も全開バリバリ(死語)で滑っていますので、おじさんの足はそろそろ悲鳴を上げる時間。ウサギ平テラスで一服。200126085050346_photoいつもなら滑り始めるような時間に、もう一汗かいてビールで乾杯。極楽極楽。この辺の流れはいつもの朝一リーゼンお決まりの流れですね。1580037687150兎平の斜面にも続々と人が上がってきます。雪の量は例年に比べるとかなり少ないですが、特に石やブッシュが見えているわけでもなく、滑るには支障はありません。兎平名物のコブもちゃんとできていますね。

そうこうしているうちに、最上部のリーゼングラードのクワッドの運行が始まりますので、まずは山頂まで行ってみます。景色もいいし、気持ちいいので毎度一回は行きますが、正直コースは特に面白くもないので一回行くだけ。20200126007今日は天気も良く風も無く八方らしくない穏やかな気候でしたが、白馬三山やら五竜やらの山頂には雲がかかっていて、ちょっと残念。

ここからまだ行っていない他のゲレンデに移動していくことになります。

長くなりましたので次回に続く。

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

行く習慣

単なる言い訳に過ぎないのだが、秋頃から仕事も忙しく帰りも遅くなりがちで、出張なども続いてすっかりジムから遠ざかっていた。

もちろん行く行かないに関わらず、会費は払っているので、幽霊会員になりそうになっていました。

幸い家族会員なので、息子がコツコツ通っていますので、まったくドブに捨てている感じでもないのが救い。

年が明けてもまだ一回も行っていなかったのですが、重い腰をあげて今日久しぶりに体動かしてきました。

行き始めるとそれが習慣になるのですが、行かなくなると今度はそれが習慣になっちゃうんですよね。

そんなにがっつりウェイトなんかをやっているわけじゃなくて、ストレッチ中心にバイクなど軽く体動かしているだけなんですけどね。

行くのを習慣に再び戻していかないと行けませんね。

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

大寒?

今日は大寒。本当は1年で一番寒い時期なのだが暖かい。

まぁ、今日はちょっぴり肌寒い日だったのだけど、全然雪が降る気配がない。

いろんなスキー場の積雪情報を見ているのだけど、ダメだこりゃ。

今週末久しぶりの休みだからスキーに行きたいんだけど、さてどうしようか?

県内は全滅だからなぁ。

こんなひどいなんてねぇ。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

一泊二日福島の旅

先週福島に行って帰って来たのですが、今週末も一泊二日で田村に行く事になりました。

私が帰ってからも仕事は続いており、今回は作業終了の挨拶を兼ねて、材料の引き取りに向かうというものでした。

今回は私一人で、しかも資材を積んで帰らないいけませんので、2tトラックに乗っての移動となります。

せっかく一人で移動ですし、ちょっと寄ってみたい所もありましたので、朝早く出発。

一人で運転だと、トイレとか必要ない限りノンストップで運転しますので、10時過ぎには磐越道で福島県に入っていました。

昼食にはこの前食べた喜多方ラーメンが美味しかったし、まだ行っていない名店が数多くありますので、前から気になっていた人気店にいってみるとこにしました。200118101332507_photo11時頃に入店しましたので、いつもは行列もできるらしいお店なのですが、すんなり入れました。チャーシュー麺をチョイス。正直全然たいしたこと無くて、残念。まぁこんな事もあります。期待のハードルが高すぎたかな?ドンマイ。次に来たときにまた別の店に行くことにしましょう。

昼前には郡山に着いて、この前に行ったときに三春の三春駒がいいなぁと思ったので、三春駒を売っている「デコ屋敷」に行ってみました。200118114437364_photoデコというのは木偶のことで、私の地元でも人形のことを「デコさん」とか言いますね。

張り子人形とかもちろん三春駒などの木彫りのものも売っています。200118114624843_photoお店の中にはいろんな民芸品が置いてあります。張り子の達磨なども有名みたい。目的の三春駒を購入。いろいろサイズがあるのですが、丁度良さそうな大きさの2000円程のものを買いました。三春駒には黒と白があって、黒は「子宝、安産、子育て」に御利益が有り、白は「老後安泰、長寿」の御利益があるそうで、黒の御利益は私にはあまり関係ないのですが、黒の方がいいので黒いのを買いました。200118114557230_photo買いませんでしたが、張り子の人形もなかなかの味わいがありました。虎が特に気に入りました。

丁度お昼に現場について、作業はほぼ終わっていましたから、荷物をトラックに積み込んでとりあえず帰る準備は完了。夜には作業をしてくれた仲間とお客さんを交えて、今回の作業の打ち上げをして一泊して翌朝帰る予定になっていました。

夕方まで時間がありましたし、せっかく二度と来ることもないような場所なのでみんなで観光をして帰ろうということになって、現場から車で30分程ということで田村市の有名な観光地である「あぶくま洞」に行く事にしました。200118145837823_photoちょっと高い所にありますので雪が降っていました。あぶくま洞は昭和44年に石灰岩や大理石の採掘場にて石灰岩の採掘中に発見された鍾乳洞で、写真の切り立った露頭は、昔の採掘場の切場の跡だそうな。なかなかのスケールです。

そもそも鍾乳洞は夏場なんかに、「あ~涼しい」とか言って行くもんだと思うんですけど、さすがにこの時期は客もまばら。鍾乳洞自体は夏見ても冬見ても同じですからね。

入場料の1200円を払って入っていきました。200118151747463_photoなかなか思った以上に凄かった。行って良かった。全然客いなくてゆっくり見られましたし。

夜はお客さんも交えて、ホテルのそばの居酒屋で宴会。結構今回の仕事は順調に行きましたのでみんな気分よく飲めました。

今日は朝から本当に帰るだけでした。磐梯山SAでお土産を買ってみんなで一緒に帰りました。昨日遅くまで飲んでいたので結構お疲れ気味でしたが、帰りは一人で運転してきたわけじゃなかったのでまだマシでした。200119204405975_photo今回買ってきた三春駒。この造形がなんともいい味。200119204441734_photo一昨年会津で買いました「赤べこ」と並べて飾ってみました。ますますいい感じ。200117143728204_photoままどおると薄皮饅頭を抱いて暖めるうちのシロちゃん。

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

平日飲み会

昨年の末から石川県でずっと仕事が続いていて、そろそろ終わりが見えたということで、取引先のお客さんや協力会社の人などと打ち上げをしようという話になって、私が幹事をつとめてお店選びをしました。

場所は小松駅近辺だったのですが、実は私、小松には何度か行ったことはあるのですが、小松で泊まったことはなく、小松駅は一度も行ったことがありません。

普段用事ないですからね。

とうぜんお店もどこに何があるのか全くわからず、googleマップを見ながらいろいろ探して、関西方面から来ているお客さんだったので、日本海の海産物を食べてもらおうと、そんなお店をチョイス。

夕方まで仕事をしてそれからホテルに向かってチェックイン後小松駅周辺のお店に向かって歩いて行きました。

初めて歩く小松駅前。アーケードの商店街が有り、結構シャッター通りといえばシャッター通りなのですが、昔は賑わっていたんでしょうね。

今は郊外に巨大なイオンができたり、8号線バイパスも山手を走って、人の集まる所は郊外に移ってきているのでしょうね。200115185117736_photo小松駅前。そのうち北陸新幹線が西に延びたら新幹線が停車する駅になるとのことです。

平日でしたので駅前にもお店も空いていました。お客さんとはずっと以前から長い付き合いなのですけど、一度も一緒にお酒を飲んだことはなく、今回機会があってお酒を飲めてよかったです。

楽しく盛り上がって、次のお店にもなだれ込んで、結局ホテルに帰ったのは1時を過ぎていました。私もなんだかんだで結構飲みました。酔っぱらったのもそうですが、最後は眠くて眠くて。

年明けから休みもなく出張などもあって、帰ってきたら帰って来たで仕事もたまっており、なんだかんだでお疲れモードですからね。

ホテルの部屋で久しぶりに吐きました。せっかく美味しいもの食べたのにもったいない。

平日なので翌日仕事と言うことでわざと吐いたんですけどね。

それでも朝はスッキリと起きられませんでした。

今日は午前中打ち合わせが一件あっただけなのでゆっくりホテルを出て仕事に向かいました。

小松駅付近で泊まるなんてもう二度とないかもしれませんね。

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

喜多方寄って帰宅

今日は福島での最終日。

朝に現場に顔を出して持って帰るものを積み込んで、お客さんに挨拶などして現場を後にしました。

なかなか天気が良かったので、帰りは気持ちいいドライブになるかなぁと磐越道に乗って会津方面に進みますと磐越熱海のあたりからチラチラと雪が降り出しまして、会津盆地に差し掛かるとどんよりとした冬の空になってしまった。

やはり郡山以東の太平洋側の気候とは違っているのねと思いつつ会津に向かいました。

残念ながら磐梯山の姿は雲の中に隠れてしまって全く見えず。

今回も喜多方に向かって喜多方ラーメンを食べて帰ることにしました。

会津縦貫道が2016年に喜多方までの全線開通してから会津から喜多方まではサクッと行けるようになりました。

約30年振りとも言われる雪の全くない会津平野。本当に1月なのかしら?と思うような気候です。

磐越道を通る度に喜多方のラーメンを食べて行く事が多いのですが、一言に「喜多方ラーメン」と言っても多くの有名店があり、しかも味付けも店によってまちまちなので、本当にどこに行くか毎度毎度悩みます。1回しか食べられないですからね。

これまで「元来軒」「坂内食堂」「まこと食堂」「食堂なまえ」と言った有名店で喜多方ラーメンを食べてきましたが、一応行ったことの無い店に行こうかなと。

今回は通過する時間から11時前くらいに到着と言うことで「朝ラー」ができる有名店をチョイスしてみたのですが、残念ながら着いたときにはスープが切れて閉店。

一応今日は祝日ですのでさもあらん。

第2候補はこれまた人気店の「食堂はせ川」。ちょっと喜多方の町の中心から離れた所にあります。

行列を覚悟して行ったのですけど、1人客と言うことと、11時頃だと言うことで、すぐに入れました。200113113844660_photoそれでも大勢の人が来ていました。県外ナンバーの車も多く、かく言う私の車も富山ナンバーなんですけどね。ちゃんと冬の行列対策してありますね。昨日のお店はまともに外に並びましたからね。吹雪の日だったら1時間並んだら遭難しますわ。その点良心的だし、街中にある喜多方ラーメンのお店って駐車場に困るのですが、ここは大きめの駐車場があってありがたい。

この店には、いくつかのラーメンの種類があって、どの店にするか迷って、店を選んでからも何食べるか迷うみたいな悩ましい感じなんだけど、ここはひとつ背脂系のラーメンをチョイス。事前に調べた「脂っこくないスッキリした背脂」というものを体験してみたかった。

そういえば、私はブログでいろんな所でいろんなものを食べて、それを写真で載せたりしているのですが、基本食レポ的なことには興味がないので、店の名前などは載せないことが多いし、食べた感想も御託を並べずに「おいしかった」など小学生の作文のような感想しか「あえて」書かないようにしています。さらには批評家ではないので味に対して否定的な事は「あえて」書かないように心がけています。

特にラーメンなんて個人的な好みがありますから、感想書いても軽く聞き流して下さい。人に美味しいと紹介されたラーメン屋に行ったら全然美味しくなかったとかいうのは誰しも経験があると思います。

テーブルに座って程なくして、ラーメンが出てきました。200113112334644_photo大きめのチャーシューが特徴的。まずはスープから飲んでみましたが、背脂と言われ、スープにも油が浮かんでいるのに、なんだ?このスッキリした味???背脂なのにあっさりという不思議なスープ。

麺はもちろん喜多方らしく縮れ麺。もちろんこれも美味しい。

チャーシューがこれまた絶品。

食べている最中に「いやこれ、マジで美味いんですけど」とか1人でニヤニヤしながら食べてみました。

私はラーメンは基本的にスープ全部飲み干すような事はしないんですけど、久しぶりにスープまで全部飲み干して完食。いやぁ、来て良かった。

また来たいと思いますが、次に来たら来たで「今度は違った店に行こう」病が勃発して別の店行っちゃうんですよねぇ。今回肩すかしくらった店にも行ってみたいし。

美味しいお店有り過ぎ。

会津から、喜多方に向かってそこから富山方面に向かうには会津に戻るよりは次の会津坂下ICから乗る方が近いと言うことで、そこから乗りました。

新潟に向かうにつれて天候が悪化。新潟市内は土砂降りの雨。

猛吹雪よりはいくらかマシなのですが、郡山のスッキリとした青空を毎日見ていたので、日本海側のどんよりとした冬の空はまた別の場所に来た感があります。日本て不思議ですね。郡山と新潟って言うほど離れてないんですけど、気候が全く違いますからね。

富山に着くまではずっと雨。

それでも夕方には着きました。200113171438306_photo今回のお土産。家族に大人気の薄皮饅頭はもちろん、今回はもう一つの郡山土産の定番「ままどおる」もチョイス。まぁこの辺りは東京行って「東京ばな奈」札幌行って「白い恋人」みたいなお約束中のお約束みたいなもんなんで。

で、いつも仕事で全国走り回って土地土地の名物を食べ歩くも、「美味しかったよ」っていう感想しか聞かせてあげられない妻のために今回食べに行った「とら食堂」と「はせ川」のラーメン。現物とどれくらい近いのかな?

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

ちょっとだけ観光

福島での5拍目の夜。今日が田村での最後の夜になります。

明日は富山に戻ります。もう一回来る機会ははたしてあるでしょうか?

来てから毎日天候にも恵まれて仕事のほうも順調そのもの。他のメンバーは終わるまでもう少し泊まることになりますが、私は一足お先に帰路につきます。

今日は用事で郡山に行く事がありましたので、ブログを見てくださって時々コメントをいただいている福島在住の「しゅうちゃん」さんがこの前のコメントで三春の滝桜の事を書いてくださったので、せっかくですから通り道ということもあって、まったく桜の時期でもなんでもないのですが、滝桜を見てこようと思い寄り道してみました。

桜の時期は大勢の見物客で賑わうのでしょうが、今日は誰もいませんでした。当たり前ですけどね。200112080938333_photo天然記念物に指定されているのですね。桜は全国で5本が天然記念物に指定されていて、その一本だそうな。そのうちでも日本三大桜とも呼ばれているらしい。Takisakuraちなみに満開だとこんな感じ。凄いですね。いつか生で見てみたいものですが、一輪も咲いてなくても一応木は見たということで。

今回福島に来る際に大学時代の会津に住む後輩に連絡してみたんですが、「郡山になんかない?」と聞くと、白河ラーメンなるものがあって、おいしいお店がたくさんあるので是非と薦められましたので、せっかくですので食べに行ってみることにしました。

福島といえば喜多方ラーメンが有名で私も何度か食べに行ったことがあるのですが、白河ラーメンは初めてですね。

調べてみると、醤油ベースの鶏がら豚骨ベースの出汁に幅広の手打ち多加水の縮れ麺が特徴だそうな。

白河市内は喜多方に勝るとも劣らないラーメン激戦区で、中でも白河ラーメンを代表するお店と言われているのが「とら食堂」。しかしさすがに白河まで行くのは遠いし、そこからのれん分けした「とらや分店 村田や」というのが、ちょうど滝桜から郡山の間らへんにありますので、行ってみることにしました。

ものすごい人気店で、日曜の昼ということで行列できているんじゃないかな?と思って行ったら案の定店の前には長い列。普段は行列に並んでまでラーメン食べることはまずないのですが、せっかくだし、おそらくラストチャンスということで待ってみることに。

店の外のベンチに腰掛け寒さに震えながら待つ事約40分。ようやく名前が呼ばれて入店。

一人だからまだ早かったけど、数人でテーブルに座ろうと思ったらもっと待たなきゃいけなかったかも。

早速チャーシュー麺を注文。200112131755211_photo寒い中待って出てきた熱いラーメン。まずはスープを・・・。

すっきりした味わい。麺は多加水ということでモチモチっとした透き通った麺で、縮れ太麺にスープがよく絡みます。

おなかがすいていたので一気に食しました。さすがに人気店ということで県外ナンバーの車もちらほらと。

こいつはまた別の店で食べてみたくなりますね。

やっぱりせっかく他の街に行ったのですからご当地物を食べないとね。

田村から滝桜を経て郡山に抜ける道はちょうど山から郡山の街に降りていく感じなのですが、今日は天気が良かったですので青空に安達太良山の白い頂が映えていました。そこに蛇行する阿武隈川の流れる様も見えて、いいロケーション。

安達太良山の上の青い空が本当の空なのだというやつですね。

遠く山と山の間にひときわ真っ白の峰が遠くにチラッと覗いているののですが、それはおそらく飯豊の山なんだろうな。磐越道を通るとき、特に冬は飯豊の真っ白な頂が見えるとうれしいのですが、今回来るときには雲がかかっていて見られませんでした。

明日、喜多方のあたりから見えるといいな。

三春駒かわいくて買って帰りたいんだけど、本物は高いんだよなぁ。Miharukomaいいですよねぇ。この素朴な感じ。三春のあたりにはいたるところに三春駒があるんですが、かわいいですねぇ。

そんなこんなで福島楽しかったなぁ。仕事が順調だったのだがなによりなんですけど、福島市内や二本松、いわきや白河など福島県内の泊まったことのないところにも行ってみたいものですね。

| | コメント (2)

2020年1月10日 (金)

上々

福島での三日目の夜。

日中の仕事は今のところ順調。

まぁ、それなりに準備はしてきましたからね。

外の仕事もあるのですが、今のところ天候にも恵まれて上々。

雪もほとんど降らないですし、寒いには寒いけど、福島らしい寒さじゃないですからね。

ホテルに泊まって、毎日みんなで夕食を食べているのですが、初めて来る街で、スマホでいろいろ食堂を調べながら毎日の食事を楽しみにしています。今のところ毎日同じ店に行っているのですけど、私はできればファミレスみたいなどこにでもある店じゃなくて、個人経営のお店に行くのが好きです。

おそらく一生二度と食べに行かない店も多いです。

たまに凄くいい店に出会えたりします。

今のところそんな感じはないですけど。まぁ当りもあれば外れもあって、それがまた面白いんですけどね。

大きな街じゃないですから、そんなにたくさんの食堂はないですけどね。

さて、明日はどこに食べに行くかな?

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

今日から福島

昨年末に新幹線で福島に行きましたが、今日からいよいよお仕事の本番開始ということで今日から再び福島に向けて出発しました。

今回は私一人ではなくて会社の連中を引き連れて車での移動になりました。

今日はあいにく雨。

しかし、この時期新潟を走っていてもまったく雪が積もっていないどころか雨降っているんですからね。しかも今日は結構気温も高かった。

 

新潟中央JCTから磐越道に入ったあたりでようやく空も晴れてきました。

会津に入っても会津平野には雪はなく、遠くに見える磐梯山も頂上付近が白くなっているが、真冬の姿とは到底思えない。200108131536213_photo磐梯山SAからはきれいに磐梯山が見えていました。

磐梯山周辺にはアルツ磐梯をはじめ猪苗代リゾートなどいくつかのスキー場があり、一応遠目にはゲレンデが白くは見えるのですが、アルツが今週末にようやくオープン。するようで、他のゲレンデは一部もしくはまだオープンに漕ぎつけていないようだ。本当に雪不足深刻ですね。

今回の目的地は田村市のあたりなのですが、郡山JCTを過ぎると、昨晩降ったのか雪がちらほらと地面に積もっているのがうかがえました。

暖冬といえどさすがに福島は富山に比べれば気温が低く、今朝富山を出た時に比べると10℃くらいの気温差があり肌寒く感じます。

今日は二時ころに現場に着いて、現説と荷下ろしなどを済ませて、明日の朝から本格的に仕事がスタートとなります。

今日からしばらくビジネスホテルでお泊り。

来たことのない、そしておそらくもう二度と来ることのないであろう場所での仕事というのは結構好きである。

いろいろ新しい発見もありますし。

それに私は東北の空気感が好き。

どこをどうというと難しいのですが、北陸にはない雰囲気が東北にはありますね。

| | コメント (2)

2020年1月 6日 (月)

アイドリング

今日から仕事始め。

といっても、今日は挨拶回りなど仕事らしい仕事は明日からかな。

長い連休だったから。

アイドリング必要ね。

でも年始から何か体調がよくないのよねぇ。ちょっと風邪気味。

早く体調元に戻さないと。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

ウダウダ終了

今年の年末年始の9連休も今日で最後。

こんなに長い連休したのはいつ以来だろうか?

学生時代以来かもしれない。実は前にもあったけど忘れているだけかもしれない。

ともかく、久しぶりにゆっくり休めた気がします。

この連休は前から計画していたことなど何もなかったので、スキーに1回行ったのと、妻の実家に行っただけで、基本的には家やその近辺でウダウダ過ごしただけだった。

年末しばらくずっと忙しい日々が続いていたので、ウダウダしたいなぁと思っていたので、十分ウダウダしました。

本当はもっと周囲に雪があったならば3回くらいはスキーに行くチャンスはあったかなぁと思うとちょっと残念。

何かのネット調査の結果によれば、今年の長い連休では約60%の人は特にどこにも行く計画を立てず家でゴロゴロしていたらしい。

どうりで地元のショッピングセンターの初売りで6000人が並んだとかいうビックリな事がニュースになるわけだ。

どこに行っても人だらけで出かけるの嫌になりますからね。

さて、明日からまた仕事です。

こう休んでばかりだと働くのも嫌になりそうですが、気持ちを切りかえなきゃいけないですね。

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

赤倉観光リゾートスキー場2020.1.2

年が明けまして、結局昨年末はスキーに行けず、初スキーは年をまたぐ事になってしまいました。

毎年1月2日はスキーに行ってその帰りに妻の実家にいくというのが恒例となっています。

本当は近くのスキー場でサクッと滑ってというのがいいのですが、今年は年が明けても県内スキー場にはまったく雪がなく、最寄りでいうと八方とかになるのですが、八方はリフト券も高いので滑るならがっつり滑れて朝一リーゼンから参加できるときに行くとリーズナブル感あるので今回はパス。となると、今雪があって全面滑れるとなると、赤観くらいしかない。

というわけで、今年は赤観に行く事にしました。1人5000円で1000円のランチパックがついてきますので、実質一日券4000円ですしね。

昨シーズンは妙高方面には一度も行きませんでしたので、一昨年に行った以来久しぶりの赤観になります。

天気はあまり良さそうではなかったのですが、上越ジャンクションあたりでもまだ雨が降っていて、今の時期だと新井SAくらいから雪のカベでもできている時期なのですが、路面にも周囲にもチラチラッと雪があるだけでまったく異常な年ですね。

それでも妙高まで行くと昨晩に積もった雪があって、雨も雪に変わりホッと一安心。正月から雨の中滑るなんて萎えますからね。

やはり、他のスキー場が軒並み雪不足で営業していないということから赤観には人が集まっていました。ちょっと初動が遅かったのもあって、8:30過ぎにゲレンデに着いたのですが、いつもじゃあり得ないくらいの人。

リフト券売り場に長蛇の列。窓口が2つしかないですからね。それでも普段はそんなに困らないのだけど、今回くらいの人が来るならチケット売り場2つというのは完全にオーバーフロー。

30分以上並んでようやくチケットを買いました。こんなの久しぶり。20200102095219-2ゴンドラに乗ってもさらにチケット売り場の列は長くなるばかりで、1時間待ちくらいだったんじゃないかな?20200102095219-3駐車場の車もこんな奥まで。昔は当たり前だったんですが、こんなの久しぶりに見ました。20200102095219-4早速今シーズン初滑りと行きます。状態が心配でしたが、前日からの積雪で雪は悪くありませんでした。木々にも雪が積もっていい感じ。積雪量が少ないからかあまり圧雪かけられないと思いますので、ちょっと雪面は荒れていますがそれはしょうがないですね。

ゴンドラから下へ下りる「ホテルBコース」「ホテルビギナーコース」あたりは正月ということと、初心者ボーダーの受け皿になる周囲の池ノ平、杉の原あたりが滑れないということからか人で溢れていますので、そこには近寄らず、女子国体から第3クワッド方面に向かいます。20200102095219-5その後お決まりのチャンピオンBのローテーション。こっちはいつも空いていますので。年末に新しい板を買った息子ですが、長くなった板に戸惑ったものの、板と靴の性能が格段にアップしたはずなのでまた1つ上達できるんじゃないかな?20200102095219-7高校生になった娘も昨年は受験ということもあって2回しか滑りにいかなかったんですが、相変わらず飄々と滑っております。息子と違ってそんなにガツガツスキーに行きたいわけはないので、部活や試験なども結構重なって今後も一緒に行く機会は減っていくのかな?正月くらいは4人一緒に滑りたかったのでちょっと遠くで面倒でしたが来て良かった。20200102095219-8私ももちろんシーズン初滑り。感覚が戻るのに数本かかりましたが、後半フィーリングが戻った気がします。今シーズン前にちょっと金かけてチューンナップしましたので、エッジの効きが良かった気もします。しかし、視界があまり良くなくて、斜面も若干荒れ気味なのと、所々雪面が茶色になっている場所や、ブッシュが出ている場所があり、それらを避けるのに神経使ってたせいか、足が疲れて疲れて、いつも以上に疲労しました。20200102095219-10初滑りということと、この後に用事もありますので、今回のスキーは早めに終了。体中痛くなりましたし、天候と視界が午後から徐々に悪くなってきましたからね。

それといろんなコースあるにはあるのですが、赤観はなんだかんだ言ってもチャンピオンBしか滑りませんので飽きてきますし、相変わらずアクセスが悪く、スキーを漕がなきゃいけない所がありすぎて嫌になってきます。いいゲレンデなのに勿体ない。

スキー人口の減少で、客呼ばなきゃ経営苦しいでしょうに、ボーダーから敬遠されるようなコースだと売り上げ上がらないんじゃないかと余計な心配までしてしまいます。漕がなきゃいけないのはスキーならまだしもボードにとっては致命的ですからね。何とかすればいいのにとチャンピオン第4クワッドが撤去されて以来7年間同じような事を来る度に思うのですが、結局今年も何一つ改善されていませんね。

ともかく、ようやく1回滑って、シーズン開始と言えるのはありがたい。

昨年は地元中心に滑りましたが、今年は雪がないので県外中心になるか、回数が減ってしまうかもしれません。ずっと県外行き続けるのは資金的にも苦しいですしねぇ。

雪は確かに少なかったですが、思ったよりも雪は良かったですし、早く県内や他のスキー場もオープンできるくらいに雪が降らないかなぁ。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

20'元日

2020年、令和2年の元日。

あけましておめでとうございます。

久しぶりに元日仕事ではなかった妻がいて、今年は家族4人揃っての元日を迎えました。

休日仕事やら、部活やらでなかなかタイミングの合わない事が多く、こうして休日に4人揃って昼食を食べるって珍しい気がします。

もっとも今日は昨晩紅白最後まで酒飲みながら見たりと、夜更かしだったので起きたのが昼過ぎでしたけど。

お雑煮を食べて昼から酒飲んで、ちょっとお正月気分。

録画した正月番組なんかを見ながら、結局家から出ないでゴロゴロと過ごしていました。

特に福袋にも興味ありませんし。

そういえば初日の出見なかった。

そんな感じの平和な元日となりました。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »