« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

19'大晦日

いよいよ大晦日。今日で2019年もおしまい。

大晦日は日中は家にいました。ちょっと前々からやろうやろうと思いながらずっとやれないでいた作業をしてました。

今日だけでは終わらなかったので続きは来年に持ち越し。

年越しは近所の知り合いのお店で紅白を見ながら過ごすというのが例年のお約束になっているのですけど、今年もいってきました。

こうして無事に紅白を見ながら年を越せる喜びを感じながらお料理食べてお酒も飲んで。191231214209858_photo紅白歌合戦もどうしても見たいかというとそうでもないのですけど、年を越すためのルーティーンですね。

なんか、今年一年を振り返って、無事に年を越せる喜びというか、それを感じますね。

家族揃って年を越せるというのも、子ども達も大きくなりましたし、もう数年もすれば離れた場所で暮らすことになる可能性も大いにありますし、こうやって家族4人揃って年を越せるというのもあと何年あるのかわかりませんね。

今年一年お世話になった人に感謝。

平成から令和になったこの一年、個人的にはいろいろありましたが、充実したいい一年だったんじゃないかなって思います。まずは健康で過ごせましたし。

いちおうネット上に公開しています私のこのblogもそんなにためになることや面白いことも書いてあるわけでもないので、読者がたくさんいるわけでもありませんが、見て下さった方々皆様にとっても来年が良い年でありますように。

一応来年も続けていくつもりです。

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

結局年末は断念

年末までにスキーに行きたいなぁと思ってあれこれ調べていたんですけど、八方でも麓は雪がなく、上部のみ。志賀高原は割と滑れるみたいですけど、日帰りで行くのはよほど状態がいいとかじゃないと気乗りがしない。

赤観が一応全面滑走可能になったようだけど、近隣では全面オープンしているのは赤観と赤倉温泉くらいのものだ、妻も仕事だし行くなら息子と2人ということになるのだけど、シーズン始めということで近間でライトにいきたいのだけど、そうもいかない。

結局天候も雪も悪そうなのでもうちょっと良くなってからかなぁと、スキーに行くのは断念。特にやることもなく怠惰な年末を過ごす事となってしまっている。

本当に気温が高い。いつになったら降るのだろうか?

なんだかんだでもう明日は大晦日。

令和元年も終わってしまいますね。5月に始まったから早い気がします。

「令和1年」と書くのがどうしても個人的に嫌いで、「令和元年」といろんな書類等で書き続けてきましたが、「元年」と書く(入力する)のももうあまり機会がなくなりますね。

いろんな書類等で「令和1年」と書いてありましたが、個人的には凄く気持ち悪い。実際はどちらを書いても間違いではないとされていますが、一応役所等の公文書では元年と書くように法務省から通達されているようですね。

2010年代ももう終わりですね。2020年代が始まります。

さて、大晦日は特に用事もないのだけど、明日はどう過ごそうかな?

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

板買っちゃった

今日から正月休みの始まり。

なんだかんだで12月は1日しか休みがなかったので、家でゴロゴロすることを体が渇望していました。

というわけで午前中はゴロゴロゴロゴロ。

床暖の上でゴロゴロだべっている猫たちと一緒にゴロゴロ。

本当は雪さえあればスキーにでも行きたい所なのですが、まずはゴロゴロ。

本当は滑れる所もあるのですが、一分滑走可とか、人工雪のゲレンデだけとかそんな感じ。そこに人が集まって大変だろうし、さすがにそんな状況じゃ足が向かない。

中学2年生になる息子は身長伸び盛りと言うことでここ2年はシーズンレンタルスキーで過ごしてきましたが、少し身長というか、足のサイズが落ち着いてきましたので、そろそろ買ってやってもいいのかなって思っていました。

板の長さはともかくとして、足の大きさが変わるときついですのでねぇ。

一応シーズンレンタル屋さんも前に一度のぞいてみたのですが、ろくな板がなかったので借りるのを断念。

もう実力的にも板ならなんでもいいって感じでも無くなってきましたから。

最上級の板とまではいわなくても、実力に見合った板を買ってやりたいと思ってました。

体重も大人の上級者用の板をはいても大丈夫かなって重さになってきましたし。

というわけで、お昼から妻と3人で息子の板を買いに行って来ました。

上位モデルを買ってやる代わりに、型落ちを買うということに決めていました、1年前のモデルだと約半額で買えます。そんなに1年で格段に進化するわけでもないのでそれで上等。

型落ち品ということで、現品限りということもあり、そんなに選択肢はないのですが、おおよそ10万くらいの板が5万円というあたりを目安に、息子に決めさせると、選んだのはOGASAKAのKEO'S。Kscx実は私も今KEO'Sはいています。このモデルの一つ前の型ですけど、一応これよりも上位モデルの板です。

なんだ、父ちゃんと同じのがいいのかい?可愛いのぉ。まぁ、KEO'Sならまず間違いがないですからね。無難というか何でもこなせるというか。扱いやすさでは定評がありますから、今の息子にはいいのかな。ちょっと値は張りますけど。

しかしまぁ、私は結婚してから、同じ板を10年以上もはき続けて、いつかはクラウンじゃないけど、いつかはOGASAKAと悩みに悩んで清水の舞台からだいぶする思いでようやくOGASAKAユーザーになったというのに、お前は中学生でもうOGASAKAかい?

次買うときにはもうこれ以下は、はけない体になるんだけど大丈夫か?

一緒にブーツも買いましたが、これもまた選択肢があまりなくて結局選んだのはLANG。

なんちゅう贅沢。

息子は3歳からスキーをしてきて、いつも上の姉のお下がりで滑っていて、1回だけ小学生の頃に新品買ってやって、後はレンタルスキーだったけど、これで息子にスキーを買ってやるのはもう最後かな。

高校3年間はこの板で十分という板ですし、それ以降は自分でバイトなりなんなりして買いなはれ。

随分嬉しそうだったですけどね。

初めてはくのはいつになるかな?早く雪が降らないかな。

きっと最初に曲がったときにそのターンの切れ味に驚くだろうね。

今のところ板に対しては実力が劣っているでしょうが、頑張って練習して板に見合う滑りになってもらいたいものです。

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

19'仕事納め

年末のバタバタの中、クリスマスも何もあったものではなかったのだけど、いつの間にか子ども達は冬休みに突入していて。

それでもどうにか今年年内にやらなければいけないことをどうにか終えて、27日は仕事納めにこぎつけました。

机の上を片付けて、仕事していくうちに大量にたまった書類をいらないものからバンバン捨てて。

営業車の中を掃除して、足しを越せる準備を整えることができました。

今年は週末から始まって週末に終わる関係から正月休みがいつもより長い感じ。

年末年始は仕事しなくていいので、これまで忙しく休みもなかったのでゆっくり体を休めようと思います。

本当は何度かスキーに行きたいのだけど、雪がない。

今日会社の同僚と各スキー場のライブカメラ映像をながめていたんですけど、白馬も、妙高もダメ。志賀高原でさえも全面滑走にはなっておらず、富山県に至っては原っぱの状態です。

毎年のように暖冬暖冬とは言ってますが、さすがにここまでひどいのは初めて。

ただでさえもスキー人口が減って、スキー場やら周辺施設やらの経営も苦しくなっていると聞きますのに、こんなんじゃ日本のスキー産業がダメになってしまわないかと心配です。

やっぱり生き残ってもらわないといけない所は生き残ってもらわないといけないですからね。

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

筋肉痛

4泊した出張でしたが、今日の午前中に作業して帰って来ました。

今日の朝は、昨晩チョロッとだけ降った雪が山の木を白くしていましたが、昼頃には何事もなかったかのようにすっかり元通りに。

本当に暖かい。

結局帰り道もこの時期の妙高を越えてきた割に雪なんか全くなくて、杉の原も、赤観も全く滑られそうな気配もなかった。本来であれば豪雪で有名なARAIも上部ゲレンデがかろうじて白くなっている程度。

長野に行ったと言うことで帰りはいつものようにリンゴを買ってきました。191224000728838_photo前回10月に行ったときは「シナノスイート」でしたが、今回は季節的に「サンふじ」。

今年は台風もあってリンゴ業者も被害を受けた方が多くあったと聞きますが、さすがに結構売っていました。

家庭用の不揃いのリンゴ達を3箱くらい買ってきました。我が家用は一箱ですけどね。

4泊5日の出張中いつにも増して体使った仕事でしたので結構体中が筋肉痛で痛い。

さすがに疲れましたので今日は早めに帰りました。

明日も筋肉痛でつらそうです。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

行いよかったかな?

長野出張での4日目の夜。

今回の出張は土日がらみで、結構やらなければいけない仕事も多かったので一生懸命働きまして、体いっぱい動かしたから体が痛い。

でも毎日温泉の湯につかって極楽極楽。

仕事のほうは順調に日程をこなしておりまして、やはり順調な現場というのは雰囲気も良くて気持ちがいいです。

外の仕事もあったのですが、ここに来てから4日とも雨にあわず、すごくラッキーでした。日頃の行いということにしておこう。

今日は外でやる仕事をすべて終わらせて、あとは屋内の仕事のみになるのですが、今日の作業終了後に雨が降ってきました。間に合った。

メンバーはまだ残って年末まで仕事を続けていく事になるのですが、私は一応今回の目的をほぼ果たしましたので明日帰る予定。

なんだかんだで今月は年末まで一日しか休みはなかったのですが、なかなかに充実した一か月であった。

まぁ、まだ年末までは一週間あるのですけどね。

師走というからには年末忙しくないのは逆にまずいですからね。

なかなか現場で体動かす暇はないのですが、時には体使った現場を連続してやるのもこれはこれでいいですな。やっぱり事務仕事よりも現場が楽しいです。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

おしぼりうどん

長野での出張3日目の夜。

出張の楽しみといえば食事。いつも一緒に行っているメンバーと一緒に夕食をとることにしているのですが、「今日は何食べようか?」「今日はどこに行こうか?」という話題が。

あまり毎日カロリーの高いものばかり食べるのも肥満の元なので、今日はあっさりしたものを食べようという話になって、手打ちうどんのお店に行くことになりました。

お店に入ってメニューを見ていると「おしぼりうどん」がありました。今来ている長野県坂城町周辺の郷土料理なのだが、これまで何回も来ているにもかかわらず一度も食べたことがありませんでした。

各地の出張に行けばその土地の郷土料理を食べて帰るのも大事なことでありますので、ともかくそれを注文してみることにしました。191221174214061_photo釜揚げうどんをつゆにつけて食べるスタイルのようです。

このつゆに特徴があって、大根おろしを布で絞って出たしぼり汁なのです。この大根はただの大根ではなくて、「ねずみ大根」という小さな大根である。

早速うどんを箸ですくって、つゆにつけて食してみます。

一口に入れると・・・・

 

「辛~い!!!!」

 

めちゃめちゃ辛い。

予想外の味。何が辛いかというと、このねずみ大根という大根がめっちゃ辛い大根なのです。

お店のおばちゃんに「辛かったら味噌入れて」といわれ、入れてみると、少しずつ辛みが和らいでいきます。

味噌はもちろん信州みそである。

なかなか斬新な味でございました。

今日はホテルの近くの居酒屋にちょっと行って一杯ひっかけてきました。

温泉街ということで歩いて行けるところにたくさん飲み屋がございます。

明日も仕事ということで深酒をせず、ほどよいところで切り上げました。

ホテルに入ってほろ酔い気分でゆっくり温泉につかりました。

いい湯なので、夜はもちろん朝も朝風呂に行ってます。仕事というよりも湯治に来たみたい。最近お疲れの疲れを癒して帰りたいと思います。

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

温泉街にて

昨日新幹線で日帰り出張に行って帰ってきたばかりなのだが、今日からはまた別の仕事で長野に出張。

昨日新幹線で通った所に帰ってから翌日にまた行くというなんとも無駄な感じがするのだが、今日は荷物も人も乗せていかなければいけないのでしょうがない。

午前中に積み込みやら準備やらを済ませてお昼前に出発。今回は4~5泊くらいの出張になりそうだ。

天気も良く、この時期にしては妙高あたりにも全く雪もなく、本当に今年末?って思いたくなるような異常な風景。スキー場がオープンする気配が微塵もありません。

今回は長野といっても長野市ではなくて千曲のあたり。ここには仕事で何度か行ったことがあるのだけど、5年ぶりくらいかな?ちょっと久しぶり。

ここに来るときはいつも戸倉上山田温泉にある某ビジネスホテルに泊まることにしているのだけど、これがまた非常に楽しみ。

ホテルは温泉街の中にあって、源泉かけ流しの温泉大浴場があるのである。

この戸倉上山田の湯は硫黄泉で、とてもいい湯である。

確かに往時の賑わいはすでに失われているのですが、まだまだ大きな温泉旅館と、飲み屋街にはたくさんのお店が軒を連ねています。

ここの湯に入ると、体ポカポカ、肌つるつる。最近仕事も忙しくお疲れ気味なので、いいリフレッシュになると思う。

会社にいると、現場から帰って、会社で事務仕事をしてとここの所忙しいのだけど、出張に来てしまえば目の前の仕事に集中して、夕方に作業を終えればあとは飯食って風呂入って寝るだけといういろんな事から解放された生活を送れてしまう。

やっぱり出張仕事ってなんだかんだ言って好きなのである。ここに至るまでの準備は大変なんですけどね。

今日は飲みには行かなかったのだけど、せっかくだから温泉街をぶらぶら歩いて飲みに行ってみたいものである。

今日は移動と明日からの準備が主で、本格的な仕事は明日以降になるのだけど、頑張って働こう。そしておいしいお酒を飲んで、いい湯につかるんだもん。

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

初めての郡山

来年の年明けに福島県で仕事をする予定で、その前に一度現地での打ち合わせと下見をしなければいけないということで、今日福島に行って来ました。

本当は一泊とかで行けばいいのですけど、仕事もつまっており、時間も取れないので日帰りで行ってくることにしました。

日帰りだとさすがに車ではきついので久しぶりに列車での移動にしました。

朝早くに新高岡駅から北陸新幹線に乗り込んで福島県へGO!191218091415632_photo大宮駅から東北新幹線に乗り換えます。大学時代の友人の結婚式に出た時に乗って以来約15年振りに東北新幹線に乗りました。

学生時代から何度も東北には行っておりますが、車の免許を取ってからはほぼ車移動で新幹線に乗ることはあまりありません。

乗り換えで時間が無かったのでゆっくりと見られませんでしたが、大宮駅も随分変わった印象を受けました。私の中ではついこの間の事のように思えても時間が随分経っていますからね。

新幹線の車両が当時と全然違っていますのでそれがさらに変わった印象を受けるのかもしれませんね。

しかし、北陸新幹線が開通してから大阪方面に行くときに新高岡-金沢間の一区間だけに乗ったというのを除けば、ちゃんと乗るのは今回で2回目なのですが、随分便利になりました。福島県に朝行って、打ち合わせしてその日のうちに帰ってこられるんですからねぇ。191218102429394_photo朝7:00過ぎに新高岡を出て、今回の目的地の郡山には10:00過ぎに着いてしまいます。

郡山は、東北自動車道と、磐越自動車道がクロスする地点で、列車でも東北本線と磐越西線、磐越東線と水戸へ続く水郡線が交差する交通の要衝ですね。もっぱら車移動の私は郡山駅前に降り立ったのは初めてです。昔磐越西線に乗ったことがあるので、一度ここで乗り換えたはずなのですが、記憶にはございません。駅からは出なかったんじゃないかな?191218102330815_photoおそらくもう二度と来ない可能性があるので一応駅前の様子を撮影。

新幹線で郡山にきましたが、今回の目的地は郡山ではなくて、そこから東に行った三春を越えた田村市です。郡山駅でレンタカーを借りて車で移動しました。

田村と言えば、坂上田村麻呂の蝦夷征伐の後その子孫が支配してきたと言われています。三春と言えば伊達政宗の正室の「愛姫」の故郷としても知られていますね。この辺りを治めた田村清顕の娘です。NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の愛姫を演じた桜田淳子の美しさが印象的です。今でこそ還暦も過ぎて・・・ですが、当時の桜田淳子見たら、美しいってなりますよ。幼少期の愛姫は後藤久美子でした。これはこれで美しい。

話がそれてしまいましたが、郡山というと、高速道路上を通過していく町でありましたから、今回初めて一般道を走りました。今年は暖冬と言うこともあるのですが、ビックリするほど寒くなかった。のどかな東北の道路を車で走るのって気持ちいいですねぇ。レンタカーで借りたFITがダメ車だったのがちょっと残念。こんなアホみたいな車がなんであんなに売れたのか意味がわかりませんってくらい乗り心地が悪い。視界が悪い、レスポンスが悪い。

そんなこんなで、丁度お昼頃に目的の場所についてお昼を食べました。せっかくだから町にある大衆食堂っぽい古い食堂に入ってみました。

本当に営業してんの?って思うほどの古い建物ののれんをくぐると、老夫婦が乱雑な店内で客と一緒に談笑してました。お客は昼間っから酒飲んで大声でしゃべってるご近所のじいさんとおばちゃん。

いいですねぇ、いい味出してますねぇ。ファミレスなんか行かなくて正解。店内は40年前からタイムスリップしてきたかのようなたたずまい。郷に入っては郷のお店に入れと思いますね。191218122345021_photoお勧めのカツ丼をチョイス。菜の天ぷらと、自家製の漬け物がついており、なにより驚いたのは大根の葉の味噌汁が出てきたこと。大根の葉の味噌汁って家でしか食べたことなかったかもしれない。あまり人に出すもんじゃないですからね。だがそれがいい。

食後にお茶を飲もうと、店のおばちゃんに「お茶下さい」って言うと、客のおばちゃんが「入れたげる」ってお茶入れてくれたり、飛び交う言葉も飾らない地元の言葉で何言ってんだか半分ほどわからないし。

方言って私のようなよそ者と話をするなら相手もよそ行きの言葉でしゃべろうとするので、本来の40%程しか聞けないのだけど、地元の人同士が話しているのを横から聞くと100%の素が味わえますね。

そういえば大学の同級生に田村から来ていた男がいましたけど、結局4年間訛ったままだったなぁとか思い出したりしてちょっと懐かしく思いました。

仕事の方は無事に目的を果たしまして、後は帰るだけ。

時間もあったし、郡山までは高速乗るほどのこともないくらいの距離なので帰りは一般道を通って郡山に向かいました。途中阿武隈川を渡るのですが、先日の台風の水害の爪痕が残っていました。堤防の上部まで水の流れた跡が残っており、河川敷に生えている木の上の方にゴミが一杯絡まっていて、その高さまで水が流れていたことを物語っていました。

郡山駅の付近は水没しましたからね。

災害ゴミの仮置き場なるものがあって、そこには家具やら、家電製品やらの水害ででたゴミがうずたかく積まれていました。凄い量でしたね。

余裕を見て17:00過ぎの新幹線で帰る予定にしていましたが、郡山駅に着いたのは16:00頃で、1時間くらいあったので、駅前を散策してみました。191218160942421_photo駅前の商店街に入ってブラブラ。191218161450903_photo駅前通りをしばらく行った所から駅方面を写してみました。191218161508984_photo 薄皮饅頭で有名な柏屋本店と書いている看板を見つけ、ここが本店かと中に入っておみやげに薄皮饅頭買ってきました。これおいしいんですよねぇ。

帰りは北陸新幹線が各駅停車だったということもあってちょっと時間がかかりましたが、21:00くらいには無事に高岡に着きました。

たまには電車で行く出張もいいですね。私は基本運転が好きで、遠くまで一人で運転することを全くいとわないので、ついつい車移動になっちゃうんですけどね。

次に年明けに行くときは車で行きますけどね。

やはり行ったことの無い土地に行くというのはワクワクしますね。

| | コメント (2)

2019年12月17日 (火)

検診って大事ね

去年から歯の具合が悪くなってずっと治療を続けていましたが、9月頃に一段落ついて、この先どうしますか?と聞かれたので、定期的に検診を続けていくことにしました。

これまで歯医者は悪くなったら行くということで、予防のためや検診のために行ったことは無かったのですが、前回の治療で長年煩っていた歯がダメになってしまって抜くしかなかったために、ついに部分入れ歯の世話になってしまうハメになった。

定期的に見てもらえばこんな事態は防げるのかなと思って、最後に治療した日に、3か月後の検診を予約しました。

3か月経てば忘れてしまいそうなのですが、今日その歯医者の日だったので忘れずに受診に行きました。

歯石の除去や、歯の清掃をしてもらっていたら、歯科衛生士さんが、奥歯に虫歯ありますねと虫歯に気付きました。

随分昔に治療した歯のかぶせもののスキマにアナがあいていたみたいで、すぐに治療にかかることになりました。

これでまたしばらく治療が続くことになりそうです。

でもまぁ、検診のおかげで虫歯に気付くことができたということでよかったのかな。そのために検診したわけだから正解だった。

定期的に見てもらうようにこれからもしようかな。

最近電子マネーばかり使うのであまりたくさんお金を持ち歩いていないのですが、検診くらいだからと油断してあまりお金を持って行かなかったら、思いもかけずレントゲン撮ったりなんだりとしたら最後にお金を払う時に数百円足らなくなってしまった。

次回へのつけになっちゃった。かっこわるい。

歯医者さんでもカード使えたらいいのにな。

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

降らないねぇ

この前の週末は各地でスキー場のオープンが予定されていましたが、結局雪がなくてオープンを見合わせた所が多かった。

もちろん県内では一つもオープンしているスキー場はない。

白馬やら志賀高原やらネットで調べて見るも、まだまだである。

人工雪がある所はかろうじてといった所だが、それじゃぁ行く気にはならない。

これからどうなることやら。雪降るのでしょうか?

とは言っても、週末は土日とも仕事でとてもスキーに行けるという状況ではないのだけど。

どうせ滑られないから平然としていられますが、滑れるのに休みがないとつらいですからねぇ。

正月までには降ってもらいたいものです。

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

びっくり

先月から石川県の現場で仕事をしておりまして、私も毎日のように現場に顔を出しております。

仕事をしているところからちょっと行った所に、「びっくり100円うどん」という看板が。

どうやら素うどんが100円で食べられるらしい。

今時100円じゃぁ缶コーヒーのぬくもりさえ買えないのに。

気になっていましたが、行かずじまいでこれまで過ごしていました。

弁当持って行っているので。

今日は弁当のない日だったので、ちょっくら行ってみるかとお昼に行ってみました。Biu(写真は拾いもんですが)

なかなか味のあるたたずまいであります。

中に入るとお昼時でしたので人で一杯。

けっこういろんなメニューのうどんがあるのですが、せっかくなので一番シンプルなうどんにネギが乗っているだけの「びっくりうどん」を頼んでみました。もちろん100円。

さすがにそれだけではお腹が膨れませんので、パックに入った海苔巻きを頼みました。

調べると、随分昔からおばちゃん一人で店を出しているちょっと有名なお店だとか。

しばらくそのあたりに行く事になると思うのでまた行ってみようかと思います。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

スペイン

忘年会のシーズンとなっているのだけど、日曜日に近所のお友達と一緒に美味しいものを食べに行こうと子供抜きでお互いの夫婦4人で金沢へスペイン料理を食べに行って来ました。

この計画自体は夏頃からあったのだけど、ようやく忘年会などいろんなものを兼ねて開催にこぎ着けました。

しかしイタリア料理、フランス料理、中華料理ならともかく、スペイン料理って専門店で食べたことのない私。期待に胸が膨らみます。

一口にスペイン料理といっても日本料理でも地域性があるのと同じで、スペインの地方によって様々な料理があるようです。

特に予備知識も無いまま初のスペイン料理を堪能してみることに。

金沢の片町にあるスペイン料理の有名店に行きました。一緒に行ったご近所さんの知り合いのお店だそうで、サービスしてくれるとのこと。

こぢんまりとしたオシャレな店内の予約席に案内されて、まずはスペインの生ビールで乾杯。コース料理が次々に出されていきます。1575981764053まずはスープ。今が旬の蟹の身をふんだんに使ったスープ。蟹の香りと蟹味噌の濃厚な味わいがなんとも。1575981775475次にサラダ。見慣れない紫の野菜が。タルディーボという野菜らしく、初めて食べました。シャキシャキして美味しい。1575981767684今回楽しみにしていた料理の一つで「ピルピル」。名前だけを聞いてどんな料理か調べないで楽しみにしていました。

バスク地方の伝統料理で、日本語で言うと鱈のオリーブオイル煮ということになるらしい。淡泊な鱈の身がオリーブオイルで複雑な味わいに。不思議な味。鱈のイメージが変わりました。そこに大量のぷりっぷりの白子が投入。本来のピルピルには白子は入ってないみたいなのですが、スペインと金沢の海鮮がコラボしております。これ本当に美味かった。1575981788509肉料理に移って、仔牛の頬肉を3日ほどじっくりコトコト煮込んだワイン煮込み。聞いただけでよだれが出そうですが、口の中でほわっととろけるのですが、ワインの香りが広がって鼻から抜けていくなんとも味わったことのない食べ物でした。

「次はこれいきまーす」と言って店長がここで取り出してきたのは、ウズラ。1575981782719もちろん生きているわけではありませんが、こいつを捌いて鶏肉料理が作られます。どんな料理になるのかワクワクしていました。

その間にスペイン産のスパークリングワインやら、赤ワインやらをゆっくり味わいながら話をしていると、ついに料理が出てきました。1575981793660さっきのウズラさんがこんな姿に・・・。添えられたワインの味がたっぷりしみこんだマッシュルームも濃厚な味わい。ウズラの料理ってあまり食べた記憶がないのですが、あまり臭みもなく意外と淡泊な食感。カモとかの肉とは結構違いますね。

日本ではウズラは卵しかあまり食べないのですが、世界ではウズラはよく食べられるらしいですね。

この時点で随分お腹も膨らんできてほぼ満腹。1575981791164最後に出てきたのはやっぱりスペイン料理といえばこれでしょと「パエリア」

このくらいは私だってスペイン料理だと知ってるんだからね。

でも、今が旬の金沢の冬の味覚「香箱蟹」の蟹の身をこれでもかとまぶしてある「金沢パエリア」といった風のパエリア。

香箱蟹のなんとも濃厚な味わいでお腹いっぱいのはずなんだけどみんなでぺろっと食べちゃいました。

久しぶりに金沢の街で飲みました。15年振りくらいかな?

たまにはちょっと奮発して美味しいものを食べるというのもいいもんですな。そんなにビックリするほど高いわけじゃないですからね。

他にももっと一杯料理の種類があるのですが、それはまた次回に。他の料理も食べてみたいなぁ。

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

高志の国文学館で藤子不二雄A展を見学

会社の忘年会の翌日の土曜日。この日は休みだった。最も休まないといけない日であったので、朝方まで飲んでいたのだが。

チャックアウトギリギリまで寝ていて、朝風呂に入り損ねた。

二日酔いで家についても昼まで寝てました。

いろいろな疲れもたまっています。

昼から妻が、今富山市の「高志の国文学館」で藤子不二雄A展が行われているので見に行こうというので、どうにか重い腰を上げて行ってみました。

高志の国文学館は旧富山県知事公館跡に2012年にオープンした富山県ゆかりの文学作品を紹介する建物です。まだ行ったことがなかったのでいい機会かな。191207145731332_photoなかなか素敵な庭園と建物です。藤子不二雄A展のポスターが貼られています。

藤子不二雄Aは言わずと知れた富山県出身です。この文学館は漫画も文学として一緒に取り扱っていますので、館内には「まつもと泉」の「きまぐれオレンジロード」なども飾ってあります。

藤子F不二雄とごっちゃになっている人もいるかもしれませんが、二人が共作していたのはほんの初期の頃で、別々に書いていたものを藤子不二雄という共同名義で発表していただけでして、今回は藤子不二雄A名義の作品だけが取り上げられています。

「笑ゥせぇるすまん」「怪物くん」「プロゴルファー猿」「忍者ハットリ君」などが代表作ですね。

もちろん子供の頃はアニメでこれらを見ていました。191207142604180_photoトキワ荘の本物のカベに書かれたイラストがカベごと切り取られています。

一通り眺めてから常設展の富山県にゆかりのある文学の紹介を見ましたが、やっぱり富山県には大物の文学者がいない。

誰々の富山県を題材した作品など、「富山の文学」というと???みないな展示ばかり。だっていないんだもの。

じゃぁいないのになんでこんな建物建てたの?って話になるんだけど、建てた人に聞いてみて下さい。

これから出るはずのノーベル賞のために銅像の台座だけ建てているお隣の国みたいなもの?

越中の国主として赴任し、越中にて多くの歌を詠んだ大物家持も別に富山県出身というわけではないので「ゆかり」の文学者であります。

でもまぁ、だからといって富山県に文学がないかというとないわけもないので、これから新たな文学者が富山県から出て行くきっかけになればいいのかなとか思ったりして。

建物自体はなかなかいい感じで一見の価値はあるかなと思いましたが、中身は飾るべき絵のない美術館といった感じかな?(辛口)

だっていないんだもの。

漫画家は何人か有名な方を輩出していますけどね。

藤子不二雄A展は懐かしくて面白かったです。そのうち藤子F不二雄展もやらないのかな?

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

忘年会

12月に入りそろそろ忘年会などのシーズンになるのですが、金曜日には会社の忘年会がありました。

毎年泊まりで行われているのですが、まだまだ一年を締めくくるには年末にかけても越えなくてはいけないヤマがあるにはあるのですが、ともかく一旦締めということで。

今年一年はどうだったかなぁ?振り返る場があるのはいいことだと思います。

もちろん上手くいっていろんな目標を自分なりに達成できたことも多いですがその中には反省すべき事も多いです。

一応忘年会は一つの目標として、そこで美味しいお酒を飲むために一年頑張ってきているのですけど、何かに区切りをつける場というのは必要なのかなって思いますね。

ゆっくりお風呂に入って宴会が始まりました。191206191324773_photoブリ大根が出ていました。今年初めてブリを食べました。地物か養殖かはわかりませんけどね。美味しかったです。

宴会が終わっても、みんなで部屋で遅くまでワイワイ飲んでいました。

いつもは途中で寝てしまうのですが、今回は結構遅くまで飲んでいました。

翌日の今日は休みだったんですが、二日酔いで具合が悪かったですし、いろんな疲れがたまっておりますので、ゆっくり体を休める日ということにして日中寝てました。

さて、まだまだ年末に向けてちゃんとお正月迎えるためにも頑張らないとね。

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

ステマじゃないよ

この前からお風呂の排水が流れにくくなるという症状が出てきまして、この前遂にお風呂の水を抜いたら洗い場にたまって脱衣所までオーバーフローしてしまう事態に。

配管内にシャンプーや石けんのカスがたまって、それに髪の毛なんかが付着して配管口径が細くなるという事態になっているものと想像されます。

我が家のユニットバスのトラップは、分解できないので直接配管に繋がっている部分を目視することができません。

だからブラシなんかを突っ込んでゴシゴシするわけにもいかず、対応策をネットで検索してみました。

配管内の髪の毛なんかを溶かす薬剤もいろいろ販売されていますが、かなかな高額な上に、配管自体を痛めてしまうかもしれませんのでちょっと使うのをためらいます。

そしたら、加圧式のパイプクリーナーというものが目にとまりました。Pcreanerなんかおもちゃの水鉄砲みたいな形をしています。

本体についているレバーをシュコシュコして圧力をためてトリガーを引いて一気に放出し、その勢いで配管内のつまりを吹き飛ばすという仕組み。

へー、こんなのあったんだ。

アタッチメントがついていて、トイレや台所、洗面台にもちろん風呂の排水溝にもつかえるみたい。

レビューを見てみると、「うまくいきました」という声や「使い物になりませんでした」というダメ出しなどいろんな意見が書いてありました。

あまりべた褒めなのは業者コメントの恐れがあるので最近はレビューはそのまま鵜呑みにするわけにもいきません。

でも値段を見たら1500円程。それならたとえゴミだとしてもネタで笑い飛ばせるレベルかな?と思ってポチってみました。

もし上手くいけば相当安いものですし。

それで、今日ついに家に届きました。

早速お風呂に行ってシュコシュコして・・・

「ターゲットスコープ、オープン! 電影クロスゲージ明度20!」

「発射10秒前、耐ショック、耐閃光防御!」

「エネルギー充填120%」Hadouhou2発射ぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

ポン!という昔ポン菓子を作る時のような音がして、水が飛び散りました!

試しにシャワー全開で排水溝に流してみたら、全然つまらずに流れてる!!!!

どうやら上手くいったみたい。

ものは試しですな。1500円で直っちゃった。

また詰まっても使えますし、大事に取っておこう。まぁ、そのたびに買っても1500円ですからね。

皆が皆上手くいくわけじゃ無いかもしれません。

ステマじゃないよ。ていうか、こんなブログで一円も稼いだことありませんから。

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

ハンズフリー

12月1日から改正道路交通法が改正されて運転中のスマホの使用に対する罰則が強化されました。

私は仕事柄車で移動する時間が長く、かつ電話もバンバンかかってきます。

以前はというとゴニョゴニョだったりもしました。

一応カーナビにはBluetooth通話が出来る機能があるのですが、私は車のスピーカーから相手の声を聞きますので聞きにくくはないのですが、相手はあまり聞きやすくなかったらしくちょっと不評でした。

まぁ、ナビが安物って事もあるのかもしれませんが。

Bluetoothのハンズフリーイヤホンなんかもあるのですが、耳が痛くなりそうな気がしてこれまで使ってきませんでした。

今回の道交法改正を機会に、さすがに免停とかは痛すぎるので、そんなに高いわけでもないので試しに買ってみることにしました。12lこんなやつ。(これじゃないけど)

たくさんあって迷ったんですけど、どうせ消耗品かなと思ってポチッと。

先日届いて使ってみたんですけど。これってなかなか便利ね。

結構うるさい所で電話することも多いんですけど、イヤホンだから相手の声がはっきり聞こえます。

試しにかけた相手にもちゃんとはっきり聞こえているみたいで安心。

もっと前から使っときゃよかった。

作業中も両手を使って作業しながら電話できますし、通話しながらメモ取るのも楽ちん。

ポケットにスマホを入れていると、誰からかかってきたのか確認できないのが難点だけど。

だから誰からかかってきてもとりあえずよそ行きの声で電話でないといけないみたいな。

かけるときはどうしてもスマホを操作しないといけないですので、結局電話帳を検索したりしながら運転になっちゃうので注意が必要。

最初ちょっぴり違和感もありますが、しばらくかけているとかけていることも忘れるくらい。

マイクが襟や何かに引っかかったらポロッと落ちてしまうのも困るんですが、あまりガッチリ耳に装着されると痒くなるかもしれないので軽くかかっている程度がいいのかな?

もちろん運転中のスマホの操作はいけないことなんですけど、それにしても今回の改正はちょっと厳しすぎるかもしれませんね。

やってることと罪のバランスが悪い気がします。

免停って結構重いですからね。

悪いことしなければいいんだって事で何でも罰則重くするのはどうかと思いますけどね。

万引きしたら死刑みたいな。やらなきゃいいじゃんって言えばなんでもそれまでなんですけどね。そんなもんじゃないでしょ。

取り締まるなら60km制限の国道の追い越し車線を40kmで走っている老人を取り締まって下さい。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

長野とんぼがえり

今日は長野で打ち合わせがあったので、朝早くに長野に向けて出発した。

あいにくの雨。

今日長野に行くために妙高を越えねばならないということで先週末に慌ててタイヤ交換済ませたんですけど、降っていたのは雨で、あいにく雪は降らなかった。

でも今シーズン初めて地面に積もった雪を見たかな?

新井や妙高のスキー場は斜面中央あたりから上部にかけて積雪がうっすらあり、黒々とした山の斜面に白くゲレンデの場所が浮かび上がっていました。

でもまだまだ滑るには多くの積雪が必要な感じですね。

もう12月なんですから昔であれば妙高辺りはスキー場開きの時期なんですけど、このまま行ったらいつ滑れることになるのやら。

道も空いていたので順調に中野に出て、横を見ると志賀高原の斜面も黒々とした山の中に白いゲレンデが浮かんでいました。

一昨日から熊の湯と高天ヶ原マンモスのゲレンデがオープンしたらしいのですが、ネットと等の情報を見る限りじゃまだまだ雪不足ですな。

朝早く出たおかげで現地には早めに着いて、用事を済ませてすぐにとんぼ返り。

帰りは行きよりももっと雨がひどかった。

せっかくなので忙しくてなかなか行けなかった県東部のお客さんとの打ち合わせを順に済ませて帰ることに。

黒部、舟橋、水橋と打ち合わせを3連発でこなしてようやく夕方会社に舞い戻ってきました。

あ~疲れた。

でも、結構やらなきゃ行けなかったことをこなせたんでよかったです。

 

そういえば先日の台風19号の被害で閉鎖になっていた小布施のスマートインターが復活していました。リンゴ買って帰っても良かったんですが、今家に結構リンゴあるので今回はスルーしました。

また今月中に行くと思いますのでその時に機会があれば。

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

喉をカラカラにするために

今日は朝から結構寒かったものの、天気が良かった。

今日は朝から事務所でお仕事でした。

やっておかなきゃならない事務仕事と、図面を書かなきゃならんかったので。

昨日無理矢理の有給を取って翌日に休日出勤という意味のわからん事をしている気がしないでもないのだが、これも法律と言うことでしょうがない。

一人事務所で仕事していたのだけど、その日によって乗りが違うのだが、今日はなんか変なスイッチ入って、めっちゃ集中してきっちり時間通りに目標を達成して満足して帰宅。

今日一日でやりたいなぁと思っていたことを無事に終えることが出来ました。

すっきり。

最近忙しくて仕事仕事ってなっちゃってますが、別に嫌々やってるわけじゃないのでね。

なんかねぇ、こうやって忙しくしていると周囲からは不幸な人みたいに思われてしまうんですけど、別に毎日定時に帰れて、毎週末休みみたいな事は私は全然うらやましくともなんともない。(負け惜しみじゃないよ)

幸せの物差しというのは人それぞれ。「幸せ」とかいうとちょっと大げさになっちゃうけど。

結構忙しかったりすれば、それなりの達成感とか充実感を得られることが多いものです。成功の喜びとか、達成の喜びなんて苦労せずには得られるもんじゃないですからね。楽してもらったものにはあまり価値がないですからね。

若い頃にはこの感覚わからなかったんですけど。若い頃上司がめっちゃ働いてて、「この人仕事が趣味なんかな?」とか私も思いましたよ。でもやっとこの歳になって少しその時の上司の気持ちがわかってきた気もします。

仮に私の半分の労働時間だったとしても、嫌だと思う仕事を嫌々やりたくない。実際、私も時には全然忙しくなくて、毎日定時の休みはたっぷりみたいな時期がたまぁ~にあるのだけど、そんな時ってモチベーション下がって仕事するのが嫌になりますものね。

仕事している上で暇というのは結構精神的にもろくなもんじゃないことの方が多い。

働いて20年以上経ちますが、不景気なときもありましたし、リーマンショックも体験しました。仕事がないというのは本当につらいというのを身にしみて味わっていますからね。忙しいことよりも暇なことの方がつらいというのは身をもって経験しています。会社をリストラするために何の仕事も与えずに窓際の机に座らせておくという事が問題になったりしますが、あれって楽に金もらえていいねって思わないですよね。拷問のような苦痛だと思いますよ。

高校時代とか部活やってて、土曜日も日曜日もなくて、お盆と正月に年に数日だけ休みで、毎日遅くまでやってましたよね。でもそれを辞めたくて辞めたくて逃げ出したくてやってたかって事。しかも部活なんて一円だってもらえるわけじゃないのに。それに比べりゃ金はもらえるし、これでもめっちゃ休みありますからね。

要はなんでもそうなんだけど考え方の問題。

人にとって何かを強要されるというのは嫌なものです。だから「もっと働け」とか「休みも仕事しろ」とか言われるのは苦痛なのですが、「残業するな」とか、「もっと休め」っていうのも同様に苦痛。要はなんであれ強要されるつらさに比べれば自主的に忙しくしているつらさなんてたいしたこと無いわけです。

前時代的な今の世の中の風潮に逆行する考え方なのかもしれませんけどね。だから別に私は誰かを巻き込んだりするわけじゃなく、自分一人で勝手にやってます。もちろん部下やまわりにも同じ考え方を強要したりはしてませんよ。「俺もやるからお前もやれ」じゃハラスメントですからね。

それにこういったことは口でいくら言い聞かせても絶対に理解不能だし。楽な仕事をして、楽に稼いで、一日でも休みが欲しいとか思っている人にはキ〇ガイにしか見えないでしょうから。今流行の言葉で言うなら「社畜」とか言われてかわいそうな人を見る目で見られてしまうかもしれない。

でも自分で考えて自らの意思でやってるから「畜」ではないと思っていますけどね。首輪や足かせつけられて仕事してませんし。もともとチームプレーの仕事じゃないし。

高度成長期には「仕事人間」というのは褒め言葉だったのかもしれませんが、現代では「仕事以外趣味のないかわいそうな人」的な意味を持ちますね。

でも私は趣味もありますし、これでもあいた時間でいろいろ余暇を楽しんでおります。前にも一度書いたことがありますが、ありあまる時間の中でやる遊びよりも、数少ない時間を趣味のために一生懸命ひねり出してそれで遊ぶからこそ遊びは楽しいのです。

「何もかも忘れて・・・」といいますが、元々何も忘れなければいけないような日常も無けりゃぁその感覚は絶対に味わえないですからね。

今、ちょっと大きめの仕事に取りかかっている真っ最中でそれなりに大変は大変なのですが、早く上手く終わって美味しい酒を飲みたいものです。喉をカラカラにしてから冷たい生を飲みたいと。まぁ、簡単に言うとそういうことなのでありますな。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »