« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

最後の日

長野出張二日目である。前回半月ほど前に来たときは、富山に比べて朝晩に涼しい風が吹き、秋だなぁと思ったものですが、今日は長野も暑かった。台風の影響かな?

仕事のほうは順調でたまにはこんなスムーズな仕事というのもいいもんだ。

今日で9月も最終日。今日で消費税8%も最後である。明日からは消費税が10%の世界に突入してしまう。

今回は特に事前に何かを買うということはほとんどなかった。

思えば平成元年1989年に日本で初めて消費税が導入されたときは世の中大騒ぎだった。反対の声も今とは比べ物にならないものだった気がする。当時私は中学生。それから約30年、ついに10%の大台に乗ってしまった。

段階的に上げられてい行くにしたがって特に混乱も少なくなっているようだ。挑戦っと慣れてしまった?

消費税導入のころは野党社会党などは大反対していた記憶がある。今回8%から10%に引き上げられる法案を通したのは当時政権与党であった民主党であるということから今回の野党はおとなしい。

別に消費税が上がろうが上がるまいが、結局何らかの形で徴収されてしまうものだから、消費税という形で徴収されるのが一番平等といえば平等な気もしないでもない。

所得から源泉徴収でズカンと取られるのはもっと個人的に取られる量が多いかもしれない。給料もらっていない人の分も給料もらっている人が払うことになるのだから。消費税は老いも若きも取られますからね。

何が一体一番いいのかは専門家でもないからよくわからないのでありますが、いろいろ厳しいことだけは確かだ。

今日の夜にコンビニに行ってホテルの部屋で飲むために缶酎ハイを一本買いました。

8%最後の買い物。

味わって飲みます。

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

買って帰れるかな

今週末は土曜日に娘の高校の文化祭があって、吹奏楽の演奏もあるので本当は見に行きたかったところなのだけど残念ながら仕事で行けず。

息子の部活の試合もあったのだけどもちろんそれも見に行けず。

仕事のほうは、外での仕事で雨の心配も少しあったのだけど、結局ほとんど降らずラッキー。無事順調に終えることができました。

今日は朝からたまった事務仕事をするべく会社に行き机に向かっていました。

ちょっとすっきりした。いろいろため込むのは精神衛生上よくないですから。

昼からは会社のメンバーと一緒に出張で長野に向かいました。

数日だけですけど明日から本格的な仕事が始まります。

前回は半月ほど前に長野に来たものの時間的な余裕がなくて何も買って帰れませんでしたけど、今回は買って帰れたらいいな。

ブドウがおいしい季節ですからね。

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

ちょっと見学

先日息子達が14歳の挑戦にで行っているということを書いたのだが、息子が行っている所は一般の人の目につく会社ではない。

娘の時は客商売だったので働いているところを一度チラッと見に行ったのだが、今回はそういうわけにはいかない。

息子の友達が飲食店で働いているということで、妻に行ってみればって言われて、ちょっと面白半分で今日昼ご飯をそのお店で食べてみた。

小さい頃から知っている子なのだが、ちゃんとやってるかなぁ?

でもお客さんを前にしたらなんてしゃべっていいのかわからないよねぇ。

今は結構いろんな店に中学生が店員として働いているはずです。

| | コメント (1)

2019年9月24日 (火)

労働と対価

台風17号は昨日の昼頃に温帯低気圧に変わって、結局富山県に到達する前に消滅してしまった。

昨日は現場仕事だったのですが、風の影響もあったにはあったのですが、なんとかひどいことにはならず、無事に順調に予定をこなすことが出来ました。

祝日三連休明けの今日から息子は「14歳の挑戦」で職場体験に行きました。行く前には職場に宛てた父母からのメッセージだの、息子へのメッセージだのを書かされました。

私自身はどちらかというと14歳の挑戦否定派。あんなもん各職場に迷惑かけるだけで、子ども達にとっては益になるとは思えない。

あくまで現行のやり方ではという事なのだが。富山県独自の取り組みらしいですけど、始まってから20年にもなりますが、どこの県にも広がっていない所をみると、もはや意地でやってるとしか・・・。

かなり行ける職場は制限されていますし、あれをもって一体何がわかるんだろ?

そもそも行く学生達が「行け」と言われて嫌々行っているだけで、あんまりやる気あるようにも思えないし。

私の会社では、職種的にもその受け入れはしていないのですけど、もしお願いされて一週間中学生の相手しろって言われたらスゲー嫌だろうなって思う。そういった意味でも企業にとって何の利益にもならないことに付き合わされている会社の方々はさぞかし大変だろうなって思います。

もちろん私たちが学生の頃にはこんな事はなかったんだけど。これを体験して社会に出た子ども達に、この経験が役に立ったかどうか聞いてみたいですね。

何の意味もなかったって意見が多かったら、辞めればいいのに。受け入れる企業側の負担でかいですもの。担当者が一週間つきっきりって会社にとって結構な負担だと思うんですけどね。

そもそも職を選ぶには面接があって、学歴を調べられて、試験もあったりして別に自由に選べる訳じゃないですからね。頭悪いとなれない職種も一杯ありますからね。職業の選択の自由はありますが、採用されるかどうかを決めるのは本人の意思じゃないから。

「働く」のは何のため?っていえば、そりゃぁつまるところ、「食べていく」ためなんですけど、食べていく、稼いでいくって言うことは綺麗事じゃないですからねぇ。

「働く」ということは「お金」と切っても切れない事なんだけど、「お金」を「労働」と切り離して考えるからこんな綺麗事になるんじゃないかな?社会主義国家じゃないんだから「労働=対価」の仕組みをどこかに取り入れないとダメと思うのが、私が14歳の挑戦に懐疑的な理由の1つ。「やりがい」というのは「報酬の多い少ない」に大きく関わってくるはずです。

仕事のやりがいというのは必ずしも金だけじゃないですけど、そこは無視できない事柄ですよね。

一体誰がやりがいあるからといって、無償で働くというのか?それは労働ではなく奉仕。これは全く別のもの。

「金が全てじゃないなんて綺麗には言えないわ」ということなのだ。

ではやりがいのある仕事をするというのが必ずしも正しいのか?じゃぁ、凄く嫌いだけど報酬が多いからやる仕事はダメなのか?どちらもアリだと思うんですけど、前者にのみ光を当てているのは思想の偏りを助長しているのでは?

14歳の子ども達に無報酬でボランティアさせてそれを「職業」とはこれいかに?ボランティアは職じゃないからボランティアなんですけどね。

「働くと言うことはこんなに素晴らしいことですよ」みたいな事よりも、「働かないとこんなに悲惨なことになりますよ」的な体験もありかもしれませんね。ニート減らせる効果もあるかも。

「働かざる者食うべからず」の精神を教え込む場だったり、より多く働いた者がより多く得るだとか、よりいいことを考えついた者が多く得るという事をどうやって取り入れたらいいんでしょ?

「稼ぐ」って事が現実には「働く」と同義ではないという現実もより複雑ですしね。世の中では自ら働かず他人を働かせることでより多く稼ぐ人の方がより立派な人になっているケースが多いですし、働かないで稼ぐっていうのが実は最もみんなが最終的に目指していることだったり・・・。

なんだか否定的な文句ばっかり言っているみたいなのだけど、私なりには「中学生」「約一週間」という制約の上で、どのようにやるのが一番いいのだろうかって考えたりもしているのです。

いい考えがなかなか浮かびませんけどね。それだけ「働く」ということには矛盾が一杯。どうすりゃいいんですかね?

 

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

思わぬ休み

敬老の日の3連休に続いて、今週も秋分の日の3連休であるのだが、今週も仕事です。

随分前からこの週末にやることが決まっていた仕事で、半年以上前からの案件がようやく終わります。

別にずっとその仕事をしていたわけではないのですが、決まってから終わるまで期間の長い仕事というのはそれがずっと心の片隅に引っかかっていますのであまり好きではない。

できればパッと決まって、パッと準備してパッと終わるというのが理想だ。今回のは決まるまでが長くて、パッと準備はしたのですが、そのままやれる日までに数ヶ月を要した。準備し終わってからは特に何もすることもなく放置されているような状態は状態でしたが、それが終わっていないという事がずっと気になっていました。

金曜日から本格的に始まって、3連休の間も継続で仕事を吸う予定だったのですが、人を入れて段取りよく行ったために、元々予備的に見ていた今日の予定が昨日のうちに終わった。

まぁ、できればみんな休みたいですから、1日休めるように頑張った結果なんだけど、おかげで3連休の真ん中の今日は休みになった。

朝から結構肉体労働で、私も陣頭に立って一日中動き続けていましたので、結構疲れた。足が痛いです。

昨日は次の日も休みと言うことで、疲れたし、近所の知り合いのお店に行って軽く一杯飲んでぐっすり寝ようと思ってお店に行きました。

そしたらそこで近所のお友達に会いまして、あれよあれよと盛り上がってしまって、いつの間にか深酒に。結局夜中まで飲んじゃうハメに。

楽しかったのでいいんですけどね。もともと今日は仕事の予定だったので特に何する予定もなかったですから。

結構二日酔いで朝方は気持ち悪かったのですが、今日は息子の新人戦の地区大会がありました。見られないと思っていたら予定が空いて行けるようになりましたから応援に行って来ました。190922105605267_photo高岡であったのですが、スポーツコアの会場初めて行きましたがなかなか素晴らしい設備になっておりました。

結果は優勝とは行かず、何回か勝った後途中で負けてしまったのですが、来年の本番に向けてまた練習すればいいですね。

明日も仕事なので一日だけの休日でしたが、ゆっくり体を休めないと行けませんので、今日はたっぷり昼寝をしました。

ちょっと前日飲み過ぎて寝不足でしたからね。

明日は台風の影響であまり天気がよくないかもしれませんが無事に上手くいけばいいです。

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

今日は走った動いた

長野での2日目の朝。今日は今年に入って何度も行っている岐阜での仕事が最後の山場と言うことで、朝ホテルで朝食を食べた後すぐに岐阜に向かって出発。

上信越道を南下します。

いつも長野に来るときは富山県側から来ますので、須坂長野東ICを利用しているのですが、今回は長野からさらに南に行くために長野ICから乗りました。

仕事で何回も何回も長野に行ってる割に長野ICって初めて利用しました。いつも通過するだけです。

長野ICのすぐ近くには川中島古戦場跡地にある公園があります。ここには座した信玄を馬上の謙信が切りつけ、その刃を信玄が軍配で受けようとするシーンを象った有名な銅像があります。実物はまだ見ていないのですが、今回も素通りしました。急いでいたので。

最も謙信が単騎で突撃し、信玄に切りつけるなど言わずともあるはずのない事なのですが、結構有名なシーンですね。

他には松代藩主であった佐久間象山の銅像もあります。信州の海もない奥地に生まれた象山が国内洋学の第一人者で、幕末の開国の流れを作った一人になったというのも面白いですね。

象山と言えば、NHK大河ドラマ「八重の桜」で奥田瑛二が演じた象山が印象的です。

長野ICで上信越道に乗って南下。更埴JCTで長野自動車道に変わり、松本方面に向かいます。いつもこの道を通ると山を下りていくと安曇野の平野に出た時にバーンと広がる北アルプスの山々が美しいのでありますが、今日は雲がかかっておりまったく見えないでちょっと残念。

岡谷JCTから中央道名古屋方面に向かいます。駒ヶ根あたりまでは北陸道、上信越道周りの方が富山から近いのですけど、飯田あたりになると高速で行くには東海北陸からの岐阜経由の方が近くなってしまいます。

仕事ではあまりその辺りまで行くことはないので、中央道を駒ヶ根以南名古屋方面に運転する機会はほとんどありません。私の記憶では今回で2回目です。逆ルートの名古屋から長野に向けての中央道は一度しか入ったことがありません。

時間があれば国道19号の木曽路で中津川に出るルートを通るのも一興なのですが、今回は時間がなかったので。

中央道はアップダウンとカーブの連続。それに古いので路面が悪い場所が多く、トンネルも最近出来た高速に比べて狭くて薄暗くて好きではありません。

よく渋滞が発生しますが。その理由がよくわかります。

小牧JCTから東名自動車道に乗って東海北陸道の起点の一宮JCTから東海北陸道に乗って北上し、岐阜に向かいました。

東名ではさすがにトラックなどが多く先が詰まってしまいましたが、特に止まるような渋滞もなくスムーズにノンストップで岐阜に着きました。長野から岐阜までは約300kmです。

10:30頃に現場に入り、片付けなど荷物を運んで歩き回って、16:30頃にようやく富山に向けての岐路につきました。

会社までは約200km。今日は朝から500km走って、途中肉体労働するというなかなかハードな1日でありました。

月曜に富山を出て、新潟~長野~愛知~岐阜とぐるっと一周してまた富山に帰ってきました。

時間的な余裕がなくて旅を味わう余裕がなかったのは残念。途中、SAでさえも一回も寄りませんでしたからね。

お土産どころじゃない。

それにしても長野に行ったのにフルーツ買ってこられなかったのは残念だったなぁ。

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

青いリンゴ

長野での二日目。今日からいよいよ本格的な作業の開始。

いやぁ、今日は結構頑張って仕事しました。

いっぱい歩いたので足が痛い。190917151306805_photo

いたるところにあるリンゴ畑にはたくさんのリンゴの実がなっています。リンゴは早いものはもう出回っているのですが、これから本格的に収穫の時期になってきますね。

今日は夜に少し長野の街を車で走ったのですが、相変わらず長野の道っておかしい。

全然整然としていなくて、曲がりくねって斜めになったり、いつの間にかカーブして変な方向に向かっている。広かったり狭かったり。

直角に交わっている交差点本当に少ない。

不謹慎な話なんだけど、長野って空襲があったにはあったけど、被害は少なかった。

おかげで善光寺なんかは昔の面影を保っているのですけどね。

だから道路もおそらく昔のままなんでしょうね。

右折レーンのない交差点で渋滞したり。結構渋滞が多いイメージ。車が多いのじゃなくて道路事情が悪いからだと思う。

千曲川という大きな川に囲まれているのにそこにかかっている橋が明らかに少ないのもだめだなぁって毎回思う。

明日は長野を離れて別の場所に向かいます。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

今日からは長野

敬老の日の三連休最終日、今日は朝からたまっている事務仕事をこなすために会社で事務仕事。

昼からは明日からの出張工事の移動日で、長野に向けて出発。

今日は連休の最終日ということで高速道路にはいつにもまして車が多かった。

現場に向かって、荷物を降ろして明日からの工事の下準備を済ませてホテルに向かいました。

今回は協力会社とも一緒ということで、ホテルの横の居酒屋で明日からの工事の打ち合わせ&飲み会。

こういった事って大事。

明日から本格的な仕事ということで、酒が残らない程度でほどほどに切り上げ。

重なるときは重なるもので、ここのところは出張の仕事が多いです。

嫌いじゃないんですけどね。

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

2019年秋祭り

昨日土曜日に地元の獅子舞が行われました。例年9月の第2土曜日に行われるのですが、今年は8月31日が土曜日だったということで、14日がお祭りになりました。

敬老の日3連休の初日とお祭りした後2連休というなかなかいい条件。最も私は月曜日仕事ですけど。

朝から晴天に恵まれました。秋晴れと言いたい所ですが、残暑と言った方がいいですかね。日中は30℃を越える気温。

正直獅子舞をするには過酷な条件です。20191 でも踊っている若者達は元気いっぱいで踊っておりました。若いって凄いなぁと感心します。

顔も腕も日焼けで真っ赤になってしまいました。1568548345121 今年は花が一軒と少し寂しいお祭りでしたが、大勢の見物客も来てくれて大いに盛り上がりました。

花が少なかったのでちょっといつもより早めに終わったのですが。最後の公民館の前までたくさんのギャラリーが集まってくれました。

結構頑張って太鼓を叩いたので、少し腕が痛いです。今年は仕事が忙しくてあまり練習に行けませんでした。個人的にちょっと練習不足は否めませんでしたかねぇ。やっぱりこの歳になっても練習しないとダメだなぁって思います。

今日は朝から公民館でお祭りの後片付け。お昼にみんなと飲みながら慰労会も行われました。

日中はものすごく暑かったですが、日が沈んでからは涼しい風が吹き、少しずつ秋の訪れを感じさせますね。

いいお祭りになりました。

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

前日

いつの間にやら明日はいよいよ地域のお祭りの本番。

今年は出張やら何やらが続いて結局あんまり練習に行けなかったなぁ。

公民館ではすっかり準備が終わって明日の本番を迎えるばかり。190913194026505_photo明日は天気予報によれば雨の心配がなさそうなので何より。

いいお祭りになればいいなぁ

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

大阪で打ち合わせ

昨日と今日一泊二日で大阪に出張に行って来ました。

今回は打ち合わせと言う事で協力会社の社長と二人で車での移動。午前中に大阪に向けて出発し、昼前には現地に到着。

午後から半日打ち合わせをして、ビジネスホテルに夕方向かいました。

チェックインしたのが17:00過ぎ。大阪の中心市街地ではありませんが、駅前のホテルで周囲には飲み屋街があって、歩いて行ける距離に多くの飲食店が軒を連ねています。

日頃一緒に仕事をしているものの、あまり飲みに行く機会もないのでもちろん二人で飲みに行く事にしました。

たくさんお店があって迷ったのですが、せっかく大阪に来たと言う事で大阪らしいものを食べようと、串カツ屋さんに行く事にしました。190910174817085_photo平日の18時前と言う事で店に入ったときは客もまばらでしたが、そのうち店内は大勢のお客さんが集まってきました。

もちろん仕事の話や、その他様々な話をしながらお酒も進んで、生ビールもお代わりお代わりと6、7杯は飲んだと思います。

この日の大阪は35℃以上と結構な暑さで、最初の一杯なんかは喉カラカラで、キューッと飲み干してしまいました。

ビールしか飲んでなかったのでお腹も一杯になりましたし、もう一軒飲みに行こうと言うことで、まだスナックなんかが始まるには早い時間でしたので、ショットバーで酎ハイを3杯ほどひっかけて、お店のお兄さんに安心のお店と言うことで連れていってもらったスナックにはしご酒。

この時点で結構酔っぱらいに仕上がっております。

知らない街の知らないお店に入るのはなかなか勇気がいりますが、これもまた旅の醍醐味。

連れていってもらったお店は女性が多くいましたが、若い子があまりいなくて、30代半ばくらいのお姉さんが大勢いる店で、話も弾みました。この歳になると、若い子なんてどうでもよい。話が合わないもの。

何話しても「知らない」「知らない」とか言われて酔いも冷めます。

やっぱり同年代くらいの「子供は高校生」とか言ってるくらいのが一番ストライク。

富山から来たと言うことで、そのあたりの話題から大阪の話など、盛り上がって酔っぱらって、連れの社長なんかもう来ることも無いかもしれないのにボトルまで入れて、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

「次に来たらもうボトル捨てられてんじゃない?」とか言いながら濃いめの焼酎を水割りでグビグビやって、もう完全に仕上がってしまいました。

私は酔っぱらったら眠たくなったり、同じ話を繰り返したりする事もありますが、基本的に酒癖は悪くないです。連れも楽しく飲める方でしたのでこういったお酒は気持ちよい。

そういえば私は生まれてこの方酔っぱらって喧嘩したことや、女性にセクハラしたことは記憶にある限りはありません。そもそもそんなに強くはないのですが、無理矢理飲まされた大学時代以外は自分のペースで飲む限り、酔って記憶が無くなったと言うこともありません。

それでも真っ直ぐ歩けない程度には随分飲みまして、明日もあるしこれで帰って寝ようとホテルに着いてもまだ12時前でした。

でも6時から飲み続けてますからかなり飲んだなぁ。おそらく今年一番酔っぱらいました。

もちろん今日は、朝スッキリ目が覚めて、熱めのシャワーを浴びて2日目の打ち合わせに向かいました。

お昼頃には今回の用事を全部済ませて帰路につきました。

私の車で来ていますので、行きも帰りも運転は私一人。でも同乗者と話しながら帰れるので楽です。

片道4時間かからないくらいですし、日帰りじゃないのでましです。

さすがに大阪まで日帰り運転は疲れますからね。何回もやってますけど。

基本お客さんに呼ばれないと行く機会はないのですが、キープしたボトルが捨てられないうちにまた呼ばれないかな?

 

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

バザー

土曜日は息子の中学校の運動会がありました。

私は結局娘の時は一度も運動会見に行く事もなかったのですが、今年はPTAの役員と言う事で仕事もありますので、朝から出かけていきました。

昨年は天候に恵まれなくて残念な運動会になりましたから。今年は晴れればいいなぁと思っていたらちょっと晴れすぎて、朝から結構な気温になりました。

校長先生の挨拶などの開会式の最中にすでに倒れる生徒がたくさん出て、保健の先生が早くもエンジン全開。

地元の学校ではPTAによるバザーが例年行われるのですが、私はその中でもポップコーンを作って売る係りになっていました。190907101645173_photoPTAの役員になったのは小学校を通じて初めてですので、あまり勝手がわかりませんが、知り合いの父母もたくさんいましたので、いろいろお話をしたりしながらも楽しくやらせてもらいました。

天候が天候でしたので、残念ながらポップコーンは不人気であまり売れなかったのですが、隣で売っていたかき氷は飛ぶように売れてました。

仕事をしながら合間に運動会も見学していました。

天候にも恵まれ、盛り上がった運動会になりました。息子の団が優勝して、よかったみたい。

夜にはPTA役員の慰労会が催されましたが、初めてで最後のPTAですし、また来月学校祭があったりとPTAの役員の方々とも交流しておいた方がいいかとも思って参加してきました。

お酒も入って、二次会にも行きました。さすがに朝からで疲れたので三次会には行きませんでしたが、いままでほとんど話した事もない息子の同級生のお父さんなんかとも話す機会があって、「いつもお世話になってます」とか言えたんでよかったかな?

今週は出張の疲れや、運動会の疲れで、酔っぱらって帰った事もあって、朝は遅くまで寝ていました。

何にもする気が起きないで、たまった疲労を抜かないといけないと思ってしっかり寝ておりました。休養も大事。

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

初参加

今週の頭から行っていた出張から今日帰ってきました。

一緒に行っていたメンバーとも一緒に帰って来たのですけど、一週間現場にいましたから結構疲れました。

たくさん歩いたから足が痛い。

車数台で行っていたので、帰りは一人で運転して帰って来たのですけど、運転中眠くなって大変だった。

SAでブラックガムを買って、トイレで顔を洗ってどうにか眠気を覚まして運転してきました。

トンネルの連続の単調な道路で、しかも随所に対面通行なので本当に走っていても退屈な道。

もうちょっと仕事は続くのですけど、とりあえず今回はちょっと一区切り。

今週の頭からお祭りの練習が始まっていたのですけど、出張で全然行けてませんでしたから、疲れていましたけど今日は初めて顔を出してきました。笛を吹いてみたのですけど、初日と言う事で全然音が出なくてつらかった。

まぁ毎度の事ですけどね。

あまり練習には仕事の都合で行けないかもしれませんが、本番までにもうちょっと吹いて調子を取り戻しておかないとなぁ。

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

ゴロゴロ

台風の影響なのか大気の状態が不安定で、出張中の岐阜でも午後から雨になりました。

仕事は屋内なので雨の影響はないのですけど、結構な雨が降ってきました。

昨日も全国的に大雨が降った場所があって被害も出たようですが、なかなか雷もすごかったです。

ピカピカ、ドンドン、雷鳴りっぱなしでした。

大気が不安定なんでしょうね。

雨が降って、一日一日涼しくなってくるのはいいのですけど、あんまり降るのはちょっと困りますね。

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

今週も出張

9月に入った今週も週の頭の昨日から岐阜に出張に来ております。

今年に入ってもう何回目かな。いい加減飽きてきたのですけど、何度も何度も繰り返し来た仕事もいよいよ大詰め。今月はいよいよ最後の山場です。おそらく来るのはもう最後になるはずなんだけど、今週は一週間現場にて働く予定になっています。

今週も随分暑い日が続いています。

今石垣島あたりに発生した台風の影響もあるのかな?

今週末は中学校の運動会があるので雨にならなければいいのに。

そういえば昨日からお祭りの練習も始まりました。

今年は出張で半分以上行けないなぁ。

こればっかりはしょうがない。

なんだか申し訳ないんだけどね。

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

奇跡が起きた

夏休みも今日で最終日。

別に夏休みのない私は関係ないのだが、今仕事結構忙しくて頭の中モヤモヤ状態なのだが、そんな時こそ仕事も忘れてリフレッシュと言う事で、今年2回目の会社の仲間との麻雀をやってきました。

毎度毎度なかなか予定が合わずに開催できないのですけど・・・。

いつものように金沢のテルメに朝から行って、一風呂浴びてから対局開始。

大学生の頃に麻雀を覚え、かれこれ20年以上経ちますが今回ついにと言いますか、麻雀をしている人ならば誰もが一度は上がりたいという役満をついに目にする事ができました。

対戦を始めて間もない親が聴牌連チャンした東一局2本場。ドラは四萬:麻雀王国

私の手配には萬子がそんなに多かったわけではなかったが、手なりで萬子の一通がどうにか完成し、9巡目に手配はこんな感じにまとまってきた。

九萬:麻雀王国八萬:麻雀王国七萬:麻雀王国六萬:麻雀王国五萬:麻雀王国四萬:麻雀王国三萬:麻雀王国二萬:麻雀王国一萬:麻雀王国九索:麻雀王国八索:麻雀王国五索:麻雀王国四索:麻雀王国

九索:麻雀王国八索:麻雀王国を持ってくれば、平和一通ドラ1。ダマでも満貫あるかな?でも頭がないので先に三索:麻雀王国六索:麻雀王国引いちゃったら単騎待ちになっちゃうなぁとか考えながら、持ってきたのはよりによって二萬:麻雀王国。一通を台無しにしかねないしょうもないツモ。でもまぁ萬子の多面張もあるし、三萬:麻雀王国とかドラの四萬:麻雀王国引いて横に伸びれば凄くいい形になります。索子の辺張には単騎待ちとしてもそんなにいい感じはしないし、残す意味が特に無いので九索:麻雀王国を切ってともかくは

九萬:麻雀王国八萬:麻雀王国七萬:麻雀王国六萬:麻雀王国五萬:麻雀王国四萬:麻雀王国三萬:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国一萬:麻雀王国八索:麻雀王国五索:麻雀王国四索:麻雀王国とこんな形にしました。まぁこれは九索:麻雀王国八索:麻雀王国とどっちを先に切るかは違っても、ほとんどの人はそのどちらかを切ると思います。この時点で清一に決めて迷いを断ち切るという意味を込めて四索:麻雀王国五索:麻雀王国に手をかける人もごく少数いるかもしれませんね。三度の飯より染手が好きな人の発想かもしれませんが、倍萬、跳満条件などの条件も無く、点差もない東一局の中盤も過ぎたこの時点で一通もドラもあり、点数的にも十分な手の両面ターツに手をかけるのはちょっと特殊かもしれません。

次にツモって来たのは九萬:麻雀王国。打八索:麻雀王国としました。平和一通を目指していたのに、ツモがよれてきたなぁって感じ。これ、一通にならない奴やん。

九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国八萬:麻雀王国七萬:麻雀王国六萬:麻雀王国五萬:麻雀王国四萬:麻雀王国三萬:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国一萬:麻雀王国五索:麻雀王国四索:麻雀王国

一通にならないなら清一か?とも思い始め、この時点で11巡目。さすがに五索:麻雀王国四索:麻雀王国と落とすのはロスが多いなぁとも考えていたら親が三枚目の六索:麻雀王国を切って3-6索待ちに全然魅力が無くなってしまった。それならば清一を第一本線としていく事に方針変更。もちろん萬子が上家から出ればチーしていくことを決めました。九萬:麻雀王国出たらポンもします。鳴いた清一ドラ1に一通つける必要ないですし七萬:麻雀王国以外萬子何引いても聴牌という好形の一向聴に構えられます。

そこで次にツモって来たのは一萬:麻雀王国!!!打五索:麻雀王国。ここでついに面前清一の一向聴と喜んだのですが、いや?ちょっと待てよ?

九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国八萬:麻雀王国七萬:麻雀王国六萬:麻雀王国五萬:麻雀王国四萬:麻雀王国三萬:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国四索:麻雀王国これって一萬:麻雀王国九萬:麻雀王国ツモれば九蓮宝燈の聴牌じゃね?と急に九蓮宝燈というのが頭に浮かんで来ました。その前に気付くだろ?と思うかもしれませんが、この一萬:麻雀王国を引く前の手配で九蓮宝燈って案外意識しないです。一萬と九萬が最低でも聴牌するのに5枚必要なんですけど、3枚しかありませんからね。それに九蓮宝燈って狙って作る役じゃないですし、そもそも上がれるなんて意識のはるか外にあります。

ともかくこれで九蓮宝燈に必要な一萬、九萬6枚のうち、4枚が手に入りました。でも麻雀やっている人ならわかると思いますが、必要な牌を1牌ならともかく2牌ピンポイントで持ってくるのはかなりの難関。しかも自分ですでに2枚持っている牌ですからね。普通はそんな事あてにして打ちませんね。

まぁ、九蓮宝燈といかなくてもドラも萬子だし、鳴いても跳満以上は確定ですしね。面前清一でも滅多に上がれる手ではないですから十分嬉しいです。それにしても3牌連続萬子の有効牌を引くなど、萬子が押し寄せてきています。

九蓮宝燈なんて聴牌どころか一向聴でさえもそう簡単になる事はありません。私の記憶では九蓮宝燈の聴牌は過去に1度だけありますがもちろん上がった事はありません。その時は誰か他の人に先に上がられてしまいました。学生時代の20年以上も昔の話です。そんな上がった事もないような出来事でも覚えているくらい九蓮宝燈は聴牌しただけでも強烈な印象が残る手です。

この時点でちょっとドキドキしてきました。面前清一だけでもドキドキしますからね。このチャンスを逃すと九蓮宝燈は一生上がれないかもしれない。ここまで来たら目指す。だから他から萬子が出ても絶対に鳴かないと言う事をこの時決意しました。最低でも面前清一!

何を持ってきたら何待ちになるのかなぁとか考えていながらツモ牌に手を伸ばし、盲牌した感触は萬子!親指をギリギリっと引き絞って見えた牌はなんと一萬:麻雀王国!!!

ついに来ました!九連宝燈聴牌!!!なんとここにきてまさかの一萬:麻雀王国連続二枚引き!!!

九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国八萬:麻雀王国七萬:麻雀王国六萬:麻雀王国五萬:麻雀王国四萬:麻雀王国三萬:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国

正直もう心臓はバクバク!清一だと多面待ちになる事が多いのですが、幸いというか、待ち牌は二萬:麻雀王国九萬:麻雀王国の2種類しかない。初心者だと手配を三枚ずつに分けて組み合わせを替えたりして「こいつ、清一やってやがるな」とバレてしまうんですけど、そんな無粋な真似はしませんからね。清一はバレたら自分でツモる以外上がれなくなりますからね。

場を見ると九萬:麻雀王国は上家が10巡目に切っていて、もう一枚しか残っていません。

とりあえず二萬:麻雀王国は出ても見逃す事に決めました。面前清一ドラ1の跳萬を逃すのは惜しいが、こんなチャンスもう一生に1回もないかもしれないからねぇ。ツモれば渋々上がりますけどねさすがに。

そしたらすぐに上家からリーチがかかった。九萬:麻雀王国はリーチ者の現物。捨牌からして下家はおそらく持っていない。対面は萬子一枚も切っていない。上家は九萬一枚しか萬子を切っていない。私も萬子は一枚も切っていない。場はすごく萬子が高い場になっていました。幸い二萬:麻雀王国はリーチ者以外からはよほどの事はない限り出ない牌だ。

私がリーチ者に振り込む事も考えられる。どうか頼むから当たり牌引いてこないでくれよと祈りつつツモった牌は無筋の七索:麻雀王国。もちろんノータイムでツモ切り。ここで私がほぼ聴牌と言う事がバレてしまう。しかも連続で索子切り続け、終いには手出しで五索:麻雀王国四索:麻雀王国と両面ターツ落としまで入って萬子を一枚も切っていない。萬子で染まっている気配の怪しさ満点の捨て牌。これじゃぁ親の現物とは言え九萬:麻雀王国もおいそれとは出てこないはずです。

そこから1週。誰も振り込まないで、リーチ者も上がらないでと祈りながら再び私のツモ番がやってきた。

牌山に手を伸ばしてツモった感触は萬子!!!

見たらなんと私の右手に握られていた牌は九萬:麻雀王国!!!!!

不思議と大声も出なくて、「ツモ」と宣言してツモった九萬を卓に静かに置いて手を倒しました。

倒された手は全部萬子ですから、他の三人はすぐに面前清一上がった事はわかるので、「うわぁ、清一かぁ、押してきたから張ってるとは思ったけど」とかいう反応でしたが。

ここでちょっと呼吸を整えて静かに役の名前を言いました。恐らくはもう一生言う事のない役の名前を。

「九蓮宝燈」190831084747370_photo_20190902000801これがその時の写真。動揺して一萬が1つ逆さまなのはご愛敬。でも萬子の九蓮宝燈ってやはり美しい。

九蓮宝燈なんて、自分が上がるのが初めてなのはもちろん、同卓のメンバーも含めもちろん上がった事も見た事もないそうです。

「うぉぉぉ、スゲー!」「マジで!?」

九蓮宝燈クラスだと、上がられても悔しいとかそんなんじゃないですよ。「まさか目の前で見られるとは」的な感動すらあります。点数なんて子供なんで16000-8000の32000点しかないですからね。

上がったら死ぬとも言われる究極の役満「九蓮宝燈」。ついに、ついに上がれました!これで私も「俺、九蓮宝燈上がった事あるもんね」って言えます。

本当に奇跡のような事が続かないと上がれません。まず、手配から狙うという事はまずないですから、清一してたらたまたまなりましたって流れが普通だと思います。でも清一ねらってたら途中で大概鳴きますし、一と九が場に出やすいのですぐに条件が無くなります。一萬:麻雀王国九萬:麻雀王国を自力で三枚集めないといけないというのがこの役満の一番の難しさです。そもそも単なる面前清一だってそうそう出る上がりではありません。一日打っていても一回も出ない事が多いです。

今回も、途中で頭が出来ていたら、おそらく三索:麻雀王国六索:麻雀王国待ちで平和一通ドラ1でリーチかダマ聴しますからね。その聴牌が来なかったというのが幸運。巡目が早ければ清一に向かうかもしれませんけど。鳴いても清一ドラ1だとハネ満ありますから、恐らくはそう打つ人が多いかもしれませんね。

それに何と言っても自分が上がるまでに誰も上がらなかったと言う事。当たり前だと思うかもしれませんが、どんな手を作っても先に上がられてしまえば1点の収入にもなりません。誰かに例え上がられなかったとしても、早い巡目でリーチされれば、九蓮宝燈なんて成就しません。

さらには、上家が萬子を切らなかったと言う事。途中チーする気満々でしたから、そこで萬子が捨てられていたら迷わずチーします。

萬子をたくさん引くというだけじゃなく、どの順番で引くかとういう手順、他にどんな牌を持っているかという手配、捨て牌や、巡目、他家の動向、そして肝心な当たり牌が山に残っているかなど様々な偶然が奇跡のように重ならないとできません。

あがりまでの6牌のツモのうち5牌が萬子という奇跡のようなツモは故小島武夫先生のMONDO杯での「九蓮宝燈」を思い起こさせます。こんなの上がるときは、こんな上がってくれと言わんばかりのツモが押し寄せてくるもんだなぁって改めて思いましたね。あの時は金子プロのチーでツモ順が変わったという事もありました。

生涯麻雀を打ち続けたミスター麻雀、小島武夫先生でさえもプライベート、対局合わせても5回しか九蓮宝燈は上がっていないらしい。私は小島武夫先生のおそらく1/100も麻雀打ってないと思います。

点数とかじゃなくて本当に嬉しかったです。役満は国士無双や四暗刻は何度か上がった事がありますが、まったく別ですね。

諸説はありますが、およその確率で九蓮宝燈がでるのは22万分の1だとか。役満の中でも出やすい国士無双や四暗刻は約2000分の1と言われています。出やすいと言っても役満はそうそう出ませんからね。単純に言って九蓮宝燈はこれらの役満の100倍以上出ない計算になります。理不尽な事に点数は役満と言う事で同じなんですけどね。

九蓮宝燈は一生に一度も上がれなくてもおかしくない確率です。それどころか、自分以外の誰かが上がるのを同卓して目撃するという事を含めても一生見られないレベルの確率です。毎日麻雀やっているプロや、雀荘のメンバーとかなら一回くらい上がる事あるかもねってレベル。昔麻雀のゲームもやりまくりましたが、ゲームですら上がった事ありません。そう考えたら小島先生が5回あがったというのはかなり凄いかもしれませんね。

今回牌が入って来た順番や、状況をはっきり覚えているのも、上がったときに脳から出た変な汁のおかげだと思います。前半部分はともかく、後半は牌の入った順番や、気持ちの揺れ動きなどはっきりと覚えていました。思い出に残すために覚えている限り詳しく備忘録的に書いてみました。

そういえば今回私じゃないんですけど、打っている最中に国士無双が一回出ました。

毎年2、3回しかこのメンバーで打つ機会がないのですが、役満が出たのはかなり久しぶりでした。私はこの仲間内の麻雀では2007年に四暗刻をツモって以来約12年ぶりの役満でした。(役満は記録をつけています)

いつものように朝から夜まで楽しく麻雀打ちました。私はいきなり開始早々に役満上がってトップからスタートするも、中盤全然トップが取れずに苦しい戦いを強いられました。しかし失点を抑えたのが功を奏して、終盤に連続で大きなトップを取って逃げ切り、どうにか勝利で1日を終える事が出来ました。

九蓮宝燈あがって負けて帰ったっていうんじゃ後味わるいですからね。勝って1日を締めくくれてよかったです。

今日は思い出の一日になりました。

今年年内にもう一度できるかどうかは微妙ですが、できれば年内にもう一回打ちたいものですな。

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »