« 見たいけど | トップページ | 夏らしい事 »

2019年8月22日 (木)

北陸初ならず

お盆の連休明けから出張に出て、本当は木曜日に帰るつもりだったのですが、諸事情により一泊伸ばして今日が最後の夜。

今年は何度も来ていて、まだこの後も何度か来なくてはいけないのだけど、同じ場所に何度も来るのは少々飽きてきました。

なんだか一日中現場に出ていると日がたつのが早くて、今日は甲子園では決勝が行われた。

毎日楽しみにしていたのだけど、終わってしまうのはやはり寂しい。

今年はあまり見られなかったなぁ。

今日の決勝も現場にいましたので結局全く見ることができず、スマホに速報で通知が入って結果を知るみたいな・・・。

今年は北陸初の優勝が出るのかと話題でした。

星稜が二回目の決勝で大阪の履正社と対戦。とっちが勝っても初優勝となる一戦でした。

もちろん星稜を応援していたのですけど、やはり優勝の壁は厚かった。

昨年は秋田の金足農業がフィバーでしたが、東北勢もいまだ優勝ならず。深紅の大優勝旗は白河の関を超えられません。

北陸の場合「愛発関」(あらちのせき)辺りになるのかもしれませんがあまり言われませんね。そんなに有名じゃない。

東北も過去には確か9回決勝に行っているはずなのですが、すべて退けられています。

北陸勢が優勝する日はいつになることやら。

北陸勢は過去には1995年の星稜以外は決勝には進んでいません。北陸勢としては二度目の挑戦でした。

昨年の東北勢代表の金足農業も、今年の星稜も結局は決勝では昨年大阪桐蔭、今年履正社と大阪の壁を破れませんでした。

大阪だけで今年19回目の優勝と、ここのところは大阪勢をどこがどう倒すかが注目ですね。

優勝した履正社には我が富山代表の高岡商業も三回戦で敗れています。

こうなってくると、アンチ大阪となって大阪と対戦する学校を応援したくもなってきますが、履正社としては大阪では大阪桐蔭に苦杯を飲まされ続け、今年の選抜では優勝候補に挙げられながらも、一回戦で今日対戦した星稜の奥川に17奪三振を奪われよもやの一回戦敗退と悔しい思いを続けてきました。

打倒奥川を胸に夏に向けて復讐を誓い、ついにつかんだ初優勝はうれしかったと思います。

どちらの学校にもドラマがあって、それが高校野球の面白さですね。

今年は富山の高岡商業も頑張ってくれました。

富山県勢はまだベスト4にすら進んだことがありません。実は全国でまだベスト4に行ったことのない県は富山県だけなんですよねぇ。

お隣の星稜を応援していましたが、いつか富山の学校が決勝に行く日も見てみたいものです。

甲子園が終わったら夏が終わった感じがしますねぇ。まだまだ暑いですけど。

|

« 見たいけど | トップページ | 夏らしい事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見たいけど | トップページ | 夏らしい事 »