« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

早めにゲット

毎日暑くて暑くて溶けそう。

もう7月も今日で終わり。

先日東京オリンピックまで一年を切ったとのニュースがありました。以前オリンピックチケットに当選したという事を書いたのですが、当たったからには行こうと言う事にしています。

ニュースでは東京のホテルが予約できないとか宿がないとかいろいろ言われています。

行くと言っても宿泊先を確保するのはなかなか大変な事だと思います。

オリンピック参加国の各国の役員に割り当てるために東京のホテルが大会本部でかなりの数押さえられていて一般予約ができないだとか、ボランティアも相当数自分で宿を手配して参加しないといけないとか、旅行会社が大量に押さえているとかというようなニュースも聞こえてきます。

オリンピック期間中は各ホテルが足下を見てボッタクリ価格で普通のビジネスホテルが3万とかになるとの話も。

家族4人で2泊したらホテル代だけで24万円もかかるではないか!

それでもなんとか取れたならラッキーで、宿取れないから行けないとかになると目も当てられない。

ほとんどのホテルは一年前の今からはまだ予約が始まっていない。

でもこっちとすれば早めに宿を確保して安心したい。直前になって右往左往、結局ボッタクリ価格のホテルに泣く泣く泊まるハメになってしまうのも嫌ですからね。

私も早めに手を打とうかと思いあれこれ作戦を練っていたのですけど、昨日一応宿を押さえる事に成功しました。これでちょっと一安心。しかも安かった。電車で1時間くらいの所なのですけどね。あまり都内に行くと車で行けないので離れた所にしました。

別に温泉旅行に行くわけじゃないから、とりあえず風呂とベッドがあって寝られればいいや。ビジネスと違って家族4人一部屋で泊まれる場所なんでよかった。

あれこれ選んでいる場合じゃない。見つかったらすぐ取る。早いもん勝ちじゃわい。後であんとき取っときゃよかったと後悔しても遅い。これで他の所調べなきゃ、もっといい所あったとかわからないからいいのだ。

一応観光などもしていこうと考えていますから、今度は宿を中心として観光の計画も立てようかな。

しかしまぁ、オリンピック当日は一体全体東京都内はどんな事になっちゃうんでしょうか?

私は東京の電車には何度か乗った事はあるのですが、満員電車は未だ経験がありません。田舎者にはキツいだろうなぁ。

夏のクソ暑い中の満員電車とか想像しただけで「にちゃ~」って感じ。

きっと今みたいな気温なんだろうなぁ・・。

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

花火

今日は久しぶりに日曜日に会社に行って一人事務所で事務仕事。今月も出張があったりして事務仕事が結構たまってきていましたからね。

昼過ぎまで見積書と格闘して、随分すっきりした。

あまりため込みすぎると精神衛生上よくないですから。

しかしまぁ今日も暑い一日だった。台風は太平洋側に上陸して消えてしまった。今日は台風一過ってやつなのかな。

気付けば七月ももう終わり。数日を残すだけになってしまった。

各地で花火大会が行われる季節になりました。

射水でも海王丸パークで毎年恒例の花火大会が行われましたが、娘も息子も友達と花火を見に行くと出かけていきました。

娘は友達と一緒に浴衣を着て出かけていきました。浴衣を着てテンション高めだったな。浴衣着ている姿なんてなかなか見る事ないのでちょっと新鮮だった。

嫁さんと二人取り残されたのだけど、近所の知り合いのお店に行って生ビールを飲みながらケーブルテレビで花火の様子を見ていました。うちらはこれで十分。

天気もよかったのでたくさんの人が来ていたみたい。近所の道路も帰りの車でだいぶ渋滞していましたね。

さて、明日からもまた暑い日が続きそうだな~。

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

思いがけず代表

今日は朝から娘の吹奏楽のコンクールと、息子のテニスの試合に出かけました。台風の影響で午後からは雨になるかもしれないとの予報でしたが、午前中は晴れていました。190727104523900_photo娘の吹奏楽のコンクールは魚津の新川文化ホールで、息子の試合も魚津の桃山運動公園という事で、行き先が同じでラッキーだった。

富山県の吹奏楽のコンクールでは一番の大会で、県代表になると、北陸大会の出場権を得られます。そこでさらに代表になると全国に繋がるという吹奏楽の一番大きな大会です。

高校、中学、小学校の部門があります。高校三年生や、中学三年生にとってはこれが最後の大会というところも多いと思います。

これに勝つために日々練習していると言っても過言ではありません。190727105159194_photo大会は各部門に分かれて3日間の日程で行われますが、朝から晩までいろんな団体が演奏を続けていきます。さすがに全てを見るわけにもいかないので、娘の学校の手前何校かの演奏と娘の学校の演奏を聴きました。

娘が中学生の時は中学の演奏を聴いていたのですけど、高校の部門を今回初めて聴きました。さすがに高校生ともなるとやはり中学とはレベルが違いますね。当たり前だけど。

結果発表は夕方に行われるために、次は息子の試合の様子を見に行きました。190727151404075_photo初めて桃山のテニスコートに行きました。たくさんの学校が来ていました。ちょっとだけ見ていたのですけど、途中から雨が降ってきてしまいました。息子の大会はそんなに大した大会ではありませんでしたので、練習試合みたいな感じ。

テニスを見ていたら娘から県代表に選ばれたとの驚きのメールが。

娘の学校はそんなにがっつり練習しているという感じの部ではないので、まさか代表になるとは思っていませんでしたが驚きでした。

確かにいい演奏だったと親のひいき目で思ったのですが、全部の学校を聴いた訳ではありませんでしたので、それを比べる事はできませんし、そんな耳も持っていません。

でもまぁ、一応それなりには頑張っていましたので、結果は結果としてよくやったと思います。

次は金沢で北陸大会があるのですが、残念ながら平日ですし、その日は仕事でどうしても外せない用事がありますので聴きに行ってやる事はできません。

まだ一年生と言う事で、これで負けても終わると言う事ではないのですけど、来年再び代表になれるという保証は全くないので、この機会を大切にしてもらいたいですね。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

今日は最高

なかなか夏が来ないと言っていたのもついこの間の事なんですけど、一旦暑くなったら一気に連日30℃オーバーとはちょっとやり過ぎなんじゃない?

今日は朝からなんか暑い暑いと思っていたら、今日は富山県が全国の最高気温37.4℃を記録したとニュースでやっていました。

今日は凉よかな事務所で午前中は事務仕事していたのですけどね。

今日は高校野球も決勝戦が行われました。高岡商業が富山第一を破って三年連続の甲子園出場を決めました。

試合は見ていなかったのですけど、打ち合わせが終わって車に乗ってテレビをつけたら、丁度試合が終わった所でした。

エラい気温の日に決勝戦になってしまいましたね。野球の上手い下手だけじゃなくて超人的な体力が無いと勝てませんわね。

どうやら台風6号が紀伊半島のあたりから上陸しつつあり、その影響で富山県で気温が上がったみたいなんですけど、台風は今回も富山には来ません。

東海地方を週末に東京方面に向けて東進するようですが、今回のはそんなに勢力は大きくないようです。あんまり被害が出なければいいのですけどね。

週末は雨が降るらしいのですが一雨来て少し涼しくなればいいのですが、来週の週間天気予報を見たら最高気温は30℃ずーっと越えていますね。

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

やっと夏

月曜日こそは雨でしたが一転して火曜日からは晴れ。

岐阜ではいきなり35℃近くの気温で一気に夏本番。

今日も同じような気温でかなり暑かった。空はすっかり晴れ渡り、夏空。長かった梅雨もようやく明けたようです。

今日岐阜から帰ってきたのですけど、エアコンが負けるくらいの気温でした。

大した仕事をしたわけじゃないんですけど、なんだかバテた。

しばらく暑い日が続くような天気予報。

出張続きのおかげで仕事もたまっていますし、なんとかしないとね。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

今週も

今日は朝から出張で岐阜へ。今月もこれで二回目です。

いつも行くときは晴れていることが多いのですけど、今日はあいにくの雨。

途中の山間部では結構激しく降っていました。

岐阜は小雨でしたが、今日は湿度MAX。

ジメーっとしていて汗もジワーっと不快指数MAX。

ここのところ立て続けに来ていますのでいい加減飽きてきましたが、まだしばらく続きそうです。

あと何回来ることになるのかな?

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

散り際

ちょっと事務仕事もたまっていたので、今日は会社で仕事でもしようかなと思っていたのだけど、昨日高校野球観戦に行って、娘の高校が勝ちましたので、一回戦、二回戦見たら三回戦も見に行かねばという事で妻と二人で朝パッと投票に行ってその足で球場に向かいました。190721092945336_photo今日はちょっと会場が遠かったのですが、そういえば久しぶりに来ました宮野球場。

相手は甲子園出場経験もある強豪校。正直厳しい相手なのですが、それだからこそ応援に行ってあげたいみたいな。2試合も見たら選手の特徴なんかも見えてきてより面白くなってきましたからね。

久しぶりに高校野球を観戦してやっぱり高校野球面白いなと改めて感じましたね。高校野球とはグランドで選手達が行っている野球そのものではなくて、スタンドで応援する父母、ブラスバンド、応援団、チアガール、応援に来た在校生やOBなど球場を包み込んでいる要素全てが高校野球ですよね。

試合は残念ながら一方的な展開になりましたが、最後まで選手はあきらめていませんし、スタンドも最後の最後まで声援を送り続けていました。どうにか一点を返したときに、もう勝負はついていたのですけど、「やったー」と大喜びしました。

負けるとか勝つとかそれも大切なのかもしれませんが、私は何を見に行っているかというと、勝って喜ぶ姿だけではないですからね。

最後一礼し涙を浮かべてベンチに戻ってくる選手達を見た時に少し目頭が熱くなりました。

3年間一緒にプレイした3年生はもちろんこれで引退になります。そういった別れとか最後の瞬間というものを、人生の上では何度か経験している人がほとんどだと思います。なんかとっくに忘れかかっているようなそんな事もフラッシュバックして選手達の気持ちに少し寄り添う事ができるんですかね。

今日勝って笑ったチームも数日後には頬を伝う涙をぬぐう事になるのだと思います。なにせ、甲子園の決勝の舞台に立つ2チーム以外はその最後の日の前にどこかで負けて球場を去る事になるのですからね。

全国優勝する1校以外は全て負けて終わるのです。だからこそ高校野球の応援は活躍する選手を見に行くのもありますが、最後散っていく散り際を見届けに行くという側面もあると思います。

高校野球は何が起こるかわかりませんが、ほぼほぼ勝てない相手というのは現実にあります。「負ける試合なんで見に行くの?」と言う人もいますがそうじゃないんですよね。

全然名前も知らない3年生が最後の試合で大量差の最終回に代打で出てきたとして、ずっとグランドに出られずに声を上げ続けてきた3年間の思いを想像し、気持ちに寄り添えるのが高校野球観戦ですよね。

たまたま見たテレビの甲子園で、こんな場面を見たとしたら、ほとんどの人はその代打に自分を重ねて「打て!くらいつけ」って声援を送るんじゃないでしょうか。

行ってよかったなぁ。楽しかった。また来年もできれば見に行きたいですね。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

明日も応援だ!

先週の土曜日に娘の高校の野球部の一回戦を応援に行きましたが、無事に一回戦を突破。今日は2回戦が行われました。

吹奏楽部員の娘を見に行くくらいの気持ちで行ったのですけど、もともと野球は好きなんで、一回応援に行ったなら二回目も行かなきゃと思い今日も妻と二人で球場に足を運びました。

甲子園を目指して高校球児が戦っているのですが、正直甲子園というとそれはさすがに難しいと思われる娘の高校。一つでも多く勝ってもらいたいですね。190720134440031_photoさすがに一回戦よりは多くの観客が来ていました。

プロ野球とか、ハイレベルな甲子園などの高校野球もいいのですが、地方大会のこの雰囲気もいいですね。プロ野球にはプロ野球の高校野球には高校野球の、少年野球には少年野球の面白さがあるとおもいます。

昔高校時代も少年野球時代に野球を一緒にやった仲間も出ていましたし、母校の応援には全て行きました。3年間通じてもほとんど勝った事がありませんでしたけど。なんだかんだ言っても、学校上げての応援となりますし、高校生にとっても一種のお祭りのようなイベント感ありますよね。

野球部ばかり優遇されて不公平だなどといろいろ問題もあったりしますが、それでも需要と供給的な事で言えば、人気があるからこそ注目もされるし力も入ると言う事で、生徒にとっても自分の学校を応援し校歌を歌い一体になれるのもまた事実だと思います。

普段野球なんて全く興味が無い女子高生も、その場に行けば最後の最後はスタンドで目を潤ませながら母校の勝利を祈るものです。

娘も吹奏楽部員だから応援に行くくらいの感じでしたが、やはりこうして生でスタンドの雰囲気を感じると面白みを感じるようになってきたようです。「どうでもいい」から「勝って欲しい」と思えば吹いている楽器の音色も変わるのじゃないでしょうか?

これは野球の面白さというよりは、”母校”の応援の楽しさなのかもしれませんけどね。

私もついつい熱が入って、手を叩き、自然と「ナイス!!」とか「ヨッシャァ」とか口に出てしまいます。正直出ている選手には誰一人面識はないのですが、応援する側のスタンドにいればそっちを真剣に応援するのが高校野球の流儀かな?

甲子園なんか見に行っても、何の関係もない余所の県と県の対戦で、たまたま座った側の応援しちゃいますもの。1塁側と3塁側に分かれていますが、アルプススタンドは別として、甲子園の内野席なんてたまたま座った側の高校を成り行きで応援している人随分いると思いますよ。

お世辞にもハイレベルの戦いではないのですけど、懸命に白球を追い、最後の最後まで手に汗握る接戦を見せてくれて、ついつい力が入りました。

どうにか今回も勝利し、前回は校歌斉唱の時に座って聴きましたが、今日は立って聴きました。校歌も入学以来何回か聴いたので少し覚えてきました。選手がスタンドに礼をしたらもうスタンディングオベーションでしたわ。

ここまできたらかなり情がわいてきまして、この成り行きを見届けねばならないので明日も応援に行くつもりです。

スタンドでたまたま知り合いに会いましたが、「なんで応援に来てるの?」と聞いたら「娘が昔この高校でその時に応援してから毎回応援に来るようになった」とのこと。私もこのまま3年間娘の学校を応援したらそうなってしまうかも。

あらゆるプロスポーツなんかにも言えるのですけど、どこか贔屓にしているチームができればそれ自体が俄然面白くなるものです。とりあえず3年間はファンになって応援しようかな。

明日の試合は三回戦。相手は強敵ですが、精一杯戦ってもらいたいですね。

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

初桃

今日は朝から打ち合わせのために久しぶりに長野に行きました。長野は仕事で結構行くんですけど、GWに仕事で行った以来久しぶりです。

お昼から打ち合わせでしたので、朝一軒通り道で用事を済ませたら、そっちが思いの外早く終わったおかげで長野に予定よりも早く着いてしまいました。

今回は車で一人の日帰り。長野ではそろそろ桃のシーズンが始まりますね。

行きつけの店をのぞいてみますと、桃がたくさん売っていました。

とりあえず今シーズン一発目の桃を購入。いつものように家庭用の安物。

今年の桃はどうでしょうか?昨年は大変な猛暑でしたが、果物は甘かった。今年は日照時間が少ないのが気がかりですね。

とりあえず帰って来て一個食べてみましたが、めちゃめちゃ甘かった。

今回はお買い得だったみたい。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

ビーバー

最近日本のスポーツ界を賑わす話題の一つに、日本人初のNBAドラフト1巡目の指名を受けてウィザーズに入団した八村塁があげられる。

富山県出身という事で、県内も大いに沸いています。

あの野茂英雄がメジャーリーグに挑戦し活躍したときも衝撃だったが、こうして日本人がまさかNBAのトップ選手として注目を浴びる事になるとは、驚きだ。

NBAの世界なんて日本人にとっては全く別次元の宇宙の彼方のような気がしていた。まだシーズンが始まっていないのだけど、是非一軍で活躍してもらいたいものです。

その八村塁がチームメイトに日本のお菓子を渡した所美味しいと大評判となったというニュースが最近話題です。

しかもそのお菓子は「白えびビーバー」。

全国のほとんどの人は全く知らないお菓子だと思う。

それもそのはず、石川県金沢市の北陸製菓が製造しているほぼ北陸限定のマニアックなお菓子だからだ。

ネットで話題となり、注文が殺到。それは大変な事態になっているとの事。

通販サイトなどでは売り切れ入荷待ちで購入する事はできない。

私もしばらく食べた事がなかったのですが、せっかく話題になったからと、この前小松のイオンに行ったときにちょっと久しぶりに買ってみる事に。

品切れになってないか心配しましたが、普通にたくさん売っていました。

知らなかったんですけどカレー味や、白エビ、ノドグロ味などバリエーションが増えていたんですね。190715213321746_photo はい、ビーバー。

八村の郷土愛的な話題でますます好感度もアップ。

富山湾の宝石と呼ばれる白エビは全国的にも珍しく、白エビを冠した商品は結構出回っています。

私も事ある毎に県外のお客さんにお土産を持って行く際には白エビせんべいを買っていくんですが、これがいつも好評です。富山県は基本的に米菓が美味いと私は思っています。

名物に美味いものなしという言葉もありますが、この白エビせんべいは私が食べても美味いと思いますもの。

ビーバーの会社は石川県ですが、その中の「白エビ味」をチョイスしたのは富山県出身の八村の愛だったのかな?富山県的にも白エビの知名度が上がればいいですからね。

まだ食べていませんが、久しぶりのビーバーの味を堪能したいと思います。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

粟津温泉旅行part.2

那谷寺からすぐそばの粟津温泉に到着し、宿に入りました。

粟津温泉は開湯1300年といわれる我が国でも随一の歴史を持つ温泉で高度成長期からバブルを経て巨大温泉旅館の建設、そして今に至る廃墟ホテルの乱立という片山津、山代、山中とはちょっと違って、比較的小さい規模の温泉宿が多い。

もともとそんなに大きな規模じゃないですので、落ち着いた雰囲気を味わえます。

今回チョイスしたのは粟津温泉の代表格、1300年の歴史を持つ世界一古い温泉旅館としてギネスにも載った事のある「法師」。

実はまだ行った事がありませんでした。

えー、高いんじゃないの?思いがちだが、いろんなプランがあって、割とリーズナブルに利用できます。もちろん凄く高い部屋もあるんですけどね。

直前にネットで予約したと前回書きましたが、一部屋だけあいておりました。今回の目的は夫婦水入らずでのんびり過ごすという事なので、割と目的にかなった宿かな?

こういった温泉旅館ってしばらく行ってないなぁ。子ども連れだと格安ホテルチェーンの温泉宿で他の子ども達がキャーキャー走り回っている中で美味くもないバイキングを食べるみたいな。そんなゆったりどころかぐったりな温泉ばかり行っていましたからね。

そんな格安の「〇〇リゾート」や「〇〇温泉物語」系の宿が近年人気ですが、それはそれでいい所もあるのですが、はっきり言って全然割安じゃない。子ども連れならともかく、自分や、夫婦二人でって言うのなら絶対に行きたくない。

お値段だって、そこよりはそりゃぁ高いですが、そんなにべらぼうに高いわけじゃないし、数千円ケチっただけでこんなに違うの?って感じ。まぁ、一時期に比べると老舗温泉旅館の料金が随分下がってきたというのもあるかもしれませんね。

ここのところ全然そういった旅館に行こうともしていなかったので調べてもいませんでしたが、今回宿を探していたら、「え、そんな値段で泊まれちゃうの?布団部屋じゃないの?」くらいの感じでした。これなら年に一回くらいはプチ贅沢でいろいろ行ってみるのもいいかもね。

ようやく子ども達放置して出かけられるようになったしね。

早速チェックインした。さすが趣のある建物ですね。190714150725511_photoこの宿の売りである小堀遠州が監修したとされる日本庭園を前に抹茶を飲んでから部屋に行くというのがこの旅館のスタイルらしい。

フロントの受付は中国系の外国人。部屋まで案内してくれた仲居もそうでした。日本語凄く上手で最初気付きませんでした。こんな老舗旅館でも人手不足なんだなぁ。でもその事情はよくわかります。ちょっと考えれば日本人の若者雇うなんて無理だろうなって思うのでそれはしょうがない。でもよく教育されていたなぁ。大変なんだろうなぁ。

大きなお風呂に一人でゆっくり入って疲れを癒やし、バイキングじゃない料理を食べて、お酒を飲んで。

夜は部屋でゆっくりと過ごして。

目的が「ゆったりする」ということなので本当にゆったりと過ごしました。

最近歳と共に熟睡するという事がだんだん少なくなってきましたが、ほろ酔い気分で布団に入り、目を閉じたらあっという間に朝になっていました。いやぁ、熟睡した。この気分味わうだけでも価値はあったかな?

朝風呂にゆっくり浸かって、朝食をゆっくり食べて。

特に帰りも予定は入れていなかったのでのんびりモーニングコーヒーを飲んで、チェックアウト時間前までゆったり過ごして宿を後にしました。なんにも予定がないっていうのもいいもんだ。190715102859881_photo宿の前で記念写真を撮ってもらいました。

そう頻繁に行くわけにはいかないのですがまたこうやってのんびりお湯に浸かるのもいいかな?どうしてもって場所さえなければそんなに頑張って前から予約しなくても今週末行き当たりばったりでもなんとでもなるというのがわかりましたし。

帰りは小松にオープンした巨大なイオンモール新小松に寄ってみて、ブラブラしながらお土産を買ったりしてみました。

金沢で前から食べに行きたいと思っていた小籠包の店でランチしてゆっくり帰って来ました。

子供が生まれてから15年間。久しぶりに夫婦水入らずでのお泊まりをしました。ようやくこういったことが自由にできるようになりました。

これからこういった機会をちょっとずつ増やしていけたらいいですね。

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

粟津温泉旅行part.1

ここの所週末に仕事が続いていて休みも少なかったんですけど、海の日3連休は久しぶりに仕事のない連休になりました。とは言っても、もともと仕事だった予定がお客さんの都合でキャンセルになっただけなので、特に予定などもなかった。

久しぶりに妻と温泉にでも出かけるかと言いながら、どこに行こうかという明確な予定もない。ともかく、子ども達が生まれてこのかた妻と2人で一泊で出かけた事など無い。娘も高校生になり、別に子ども二人一泊くらい家に置いていっても大丈夫な年齢にようやくなってきた。

特に娘は高校卒業すれば恐らく家を出て一人暮らしなんて事にもなる可能性が大なので、今のうちちょっとずつ親が起こしてご飯を作って洗濯してという事から離れていかなければいけない年齢となってきました。

というわけで、温泉一泊妻と二人でのんびりとというコンセプトの元行き先を探してみた。

今はネットで各種温泉宿の空き部屋を簡単に検索してパッと予約できる。どうしてもこの宿に行きたいというような目的でもなければ、これでも十分選択肢としてはあるものだ。

実際宿を予約したのは金曜日の夜。3連休の中日の一泊なのに凄くたくさんの宿が空いてるんでびっくりしました。この業界もいろいろ大変なのね。

別に何県の何温泉に行くという目的もなかったので。今回チョイスしたのは石川県の粟津温泉。1300年の歴史ある有名な温泉街ですね。割とリーズナブルなプランがありましたので、そこに決定。

朝から出かけてブラブラと観光地に寄って、途中の適当なお店でランチしてというゆるーい旅行。粟津温泉まではその気になれば2時間足らずで着いてしまうのですが、せっかくなのでいろいろ寄り道をする事に。

まず向かったのは小松市にある自動車博物館。国内外のレトロな車が展示されています。実は何気に行った事がなかったので1回くらいは行っておかないとね。190714122402964_photoいろんな県のナンバーの車が一杯停まっていました。県外の人にも人気あるみたいですね。特に車が好きな人にはもう今ではなかなか見られない名車が実物ですぐ間近で見られるのでいいんじゃないかな。190714132026814_photo正直妻はなんのこっちゃかよくわからなかったみたいだけど、私にとっては懐かしい車が一杯あって楽しかった。おおよそメーカー毎に分かれていて、三階から順に降りていく形で見ていきます。フェアレディーのコーナー。240ZG。私が生まれる前の車ですが、この辺りだとまだ現役で小さい頃走っていたのを見た記憶がありますね。今走っていたら「すげー!」ってなりますが、ごくごくたまに見かける事があります。190714134707806_photo博物館の目玉なのかな?入り口付近に置いてあるトヨタ2000GT。1967年発売で総生産台数337台。内国内販売は218台と言われる希少価値の高い車。今の価値で2000万以上の価格だったので、買えた人はお金持ちばかりなのかな?しかし、この2000GTは販売台数こそ少ないものの、現在でもかなりの台数が現存していて、お金さえあれば購入する事も可能。でもかつてのオークションで1億円以上の値をつけた事もありましたね。形だけ同じで別のエンジンを積んだレプリカもあるみたい。それでも2400万くらいするらしい。

ごくごくたまに走っている姿を見る事もあります。私も何回か見た事があります。めっちゃ感動しましたけどね。近く走っていたら恐ろしくて併走なんかできませんわ。数年前に富山県の国道で、2000GTが倒木の直撃で全損するという事故があり話題になりましたね。

とまぁ、この辺りの事を妻に説明するも「ふーん」って感じで終了。まぁ、興味なけりゃそんなもの。カメラ持っていろんな車の写真を撮りまくっている人が多くいました。

ケンメリ、ハコスカ(GT-Rでなはい)もありました。割とスポーツカーとかではなく大衆車が多いのでノスタルジーに浸れます。CITYやカットビスターレット、ミラXXとかもあって笑った。

とまぁ、そんな感じで始めての自動車博物館でしたが、入館料もお手頃で十分楽しめました。

まだ宿に行くには時間がありましたので、これまた意外と行った事の無かった那谷寺に行ってみる事にしました。190714140118088_photo着いたときにはあいにくの小雨でしたが、おかげで人も少なくゆっくり見る事が出来ました。190714140831766_photo雨に濡れる緑の苔がいい感じ。190714142516966_photo遊仙境という岩をくりぬいて作られた場所に仏像などが置いてあります。岩を掘った階段がありますが、観光客は立ち入り禁止。190714142724410_photoくりぬいた岩にへばりつくように建てられている本殿の「大非閣」。国の重要文化財に指定されております。中に洞窟になった胎内くぐりがあったので潜ってきました。これで生まれ変わったはず・・・。190714143442736_photo同じく国の重要文化財の「三重塔」から先に行くと、展望台があります。先ほど歩いた遊仙境の岩とその前の池や庭が見下ろせます。190714144043631_photoこれまた国の重要文化財の鐘楼。なかなか面白い造り。鐘が見えない造りになっています。190714144152350_photoおおよそこれで1週。苔むした岩と庭。木々が雨に濡れて非常に静か。こういった庭園は雨は雨でいいものだなと思う。思ったより人が少なかったですし。こんな静かな庭園を歩くときに中国人の罵声が聞こえてこないというのはいいものだ。京都なんかひどいですもんね。

というわけで程よく観光地を巡り、丁度宿にチェックインする時間になりましたので宿に向かいました。

次回に続く。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

応援の応援

夏が近づいて参りました。夏と言えば高校野球。さて今年は一体どんなドラマが繰り広げられるのでしょうか?

富山県でも今日から予選の一回戦が各地で始まりました。

とは言っても毎年高校野球の予選を見に行くほどコアなファンでもないのですが、今日は娘の高校の試合を見に行きました。

娘は吹奏楽部ですので、スタンドで演奏をしているので、高校野球の応援をする娘の応援みたいな感じ。

でも野球自体は好きなのでたまには高校野球見るのもいいですよね。

娘の高校は私の母校でもないので、実際にその高校の試合を見に行くのは始めて。

たまたま試合が高岡の西部総合公園野球場ということで、そこにも行った事が無いので一度行っておこうかという目的も兼ねて。

甲子園のハイレベルな高校野球もいいですが、地方予選の試合というのもそれはそれでまた別の面白さがあるというもの。190713093726362_photoなんだかんだで久しぶり。強豪校ではありませんので、甲子園がどうと言う事はありませんが、1回でも多く勝ってもらいたいです。行くからにはちゃんと娘の高校を応援します。190713093737239_photo早めに行ってシートノックから見学。やっぱりシートノック見ないとね。

今日はそんなに暑くないのでよかった。

野球はもちろん娘の演奏をしている所も見ないといけないし、あんまり生徒のところばかり見ていると変出者かと思われるしなぁ。190713095624290_photo試合の方は無事に一回戦突破。順調に行けば来週の土曜日に次の試合があるみたい。時間があったらまた見に行こうかな?

全然今まで関わりの無い学校だったけど、何回か応援に行って負けるところ見たら泣いちゃうかも。

 

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

岐阜タンメン

月曜からの岐阜の出張。今日で三日目でございます。仕事の方は頑張ってやっておりますので予定通り。

出張の楽しみといえば土地土地の名物を食べるという事。

今日はお昼に岐阜に来たという事で「岐阜タンメン」のお店に行ってきました。Tanmenコンビニなどでもこんなカップラーメン売っていますね。食べたことはないですけど。

もちろん本物の岐阜タンメンもいまだ食べたことがなかったです。すぐ隣の県なのですけどね。

ちょっとお昼時間の前に行ったのですぐに座れましたけど、12時を過ぎたころから徐々に人が増え始め行列ができていました。

早速スタンダードな岐阜タンメンを頼んでみました。190710122004693_photo豚バラと白菜、細麺が特徴なのかな?辛みはお好みで増やせるのですが、まずはそんなに辛くないものを頼んでみました。

なかなか美味しかった。替え玉もできるのですが、替え玉はしませんでした。

機会があったらまた食べに行ってみたいですね。

 

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

いつもの

今日からまた岐阜に出張にきました。今年何回目だろ?結構来てますね。

なぜか来るときはいつも天気がいいのですけど今日もなかなかのドライブ日和。

いつも一人で運転していくことが多いのですけど今回は同乗者がいて話をしているとすぐに着いてしまいました。

東海北陸でゆっくり行っても二時間半くらいですからね。

今日から数日間仕事をして帰るのですけど、順調にいけばいいです。

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

お久しぶりの顔合わせ

今週土曜日の夜にかつて仕事で世話になった方が定年退職を迎えられたと言う事で送別会が企画されていました。

随分前から誘いを受けていて、すぐに行きますと返事をしました。

某宿泊施設でお風呂に入って、食事をして飲んでお泊まりしましょうと言う事でした。

土曜日日中は仕事だったのですが早めに片付けて会場に向かいました。

参加者の人たちはかつて一緒に仕事をした人たちなのですが、今では各々の道に進み、こうやって集まる事は今では滅多にありません。

私も普段から個々に連絡を取り合うようなことはほぼないのですが、みんなに会うのを楽しみにしていました。

最後に会ったのはいつだっただろうかな?

確か6、7年前の関係者の通夜であったとおもいます。

その前にあったのも通夜。

結局通夜とか葬儀でしか顔を合わせないのですよね。それが悲しい。

でもそんな不幸ではなくてこうやって集まる機会があってよかった。

久しぶりに会ったので、お酒を交えながら思い出話に花が咲きました。

随分みんなの近況も変わっていましたので、近況報告もして夜遅くまで大いに盛り上がりました。

お互いの間には15年ほどの時間が流れているのですが、たまに会うとそんな感じがしないですね。

凄く不思議な感覚。

次にまた会う約束をして、朝に解散になりました。

まだこうやって声をかけてもらい、かつてのように仲良く話せる場があるというのは嬉しい事です。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

初黒星

先週に引き続き今週の土日も仕事。

結構以前から準備してきた仕事で、これが無事終わればちょっと一安心なんだけど。

結果はそんなに自分たちに非がないのだけど、トラブルに見舞われ残念な結果に終わった。

あまり詳しく書く事はできないのだが、この手の仕事で15年間、上手くいかなかった事はなかったんですが、初黒星みたいな感じでちょっと凹んでしまった。

はぁ~(ため息)

しかし、まぁ、失敗に学ぶ事も多いし、失敗しなかったらその事には気付かないままだからある意味糧となるに違いない。誰か怪我したとかそんなんじゃないので。

でもまぁ、今はそんな気持ちにはまだなれないなぁ・・・

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

最初で最後の

子ども達が小学校の頃から親にはもちろんPTA活動があって、役員になる当番が回ってくるのですが、子ども達が小学校の頃や上の子が中学生の頃には、少年野球の父母会が忙しかったなどという理由もあって、いつも妻にその役目を任せていました。

今年中学生の息子の分で当番が回ってきて、それを私がやる事になりました。

高校に行けばよほどでなければそんな役目も回ってこないと思いますので、これが最後のPTAの役員です。

今回やらなければ結局1回もやらなかったと言う事になってしまうのですが、この最後の機会にやることになりました。

おそらく私にとって一生で最後で最初のPTA役員。

とは言っても執行部とかではなく、一ヒラ役員に過ぎないのですけど。

これから運動会やらもあって会合があります。

昨日役員会があって行ってきました。

どんなことをしているのかも知らなかったのですが、やっぱりそれなりに大変な事もありますね。特に執行部の方は大変だと思います。できるだけ協力しないといけませんね。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

台湾土産のお菓子

いよいよ7月。梅雨真っ盛りでジメジメした日々が続いています。

娘も期末テスト期間中で頑張って勉強中。中学生の息子も明日から期末テストらしい。

先月の初めに台湾に行ったときに最後に細かいお金が余ってしまい、そのまま帰国しても両替もできないし最後に余ったお金を全部使い切ろうと言う事でコンビニに行きました。

だいたい日本円で1000円くらいを計算しながらセブンイレブンの中にあるお菓子などで消費しようと細々買いました。190622002741739_photoその中の一つのPringlesをようやく先日開封しました。パッケージ見たらエビの味なんでしょうが、文字が読めないので細かい所はよくわかりません。でも美味しかったです。旅行鞄に突っ込んで持ってきたのでちょっと割れていましたけどね。

そういえばそのコンビニでピッタリの金額に近づけるためにあれこれ計算してようやくほぼ使い切る金額に調整してレジに持って行き、財布の中の小銭を一枚、二枚と数えてレジのおじさんに渡そうとしていると、レジのおじさんが、端数の細かいのはいいよってこっちに返してきました。

たとえば987円だったとして、最後一円玉を7枚数えていると、「あ、一円はいいから」って言われた感じ。

ちょっとびっくり。近所の八百屋さんじゃなくて、天下のセブンイレブンですぜ。コンビニなんてびた一文まけないのに、コンビニで値引きしてもらえるなんて!!

まぁ、日本のコンビニの場合値引きは心情というよりもシステム上難しいのだと思いますけど。

結局ほぼぴったり使ったつもりがどうしようもない小銭がちょっと余るみたいな。

そんなに世界中の国を回ったわけじゃなくて私が行った事のある少ない国の印象ですが、本当に細かい数まできっちり取るのは日本ぐらいですね。

日本だと募金箱が置いてあり、一円単位など持って帰るの面倒なら募金箱に入れるんですが、以前行ったとある国では小銭入れが置いてあって、そこに投げて入れておけば、次の客などがちょっと小銭出すのが面倒ならそこからサッと拾って払っていいってなっているのを見た事があり、なかなかいいシステムだなと思った事があります。

レジで後ろがつかえているのに、財布の隅から一生懸命一円玉数えて探すおばちゃんにイライラした経験は誰しもが経験していると思います。そして散々探したあげくに、「やっぱり無かったからそれでいい」みたいな・・・・。ムキー(怒)。

それを解決してくれますね。

もっとも必要以上に力士が塩掴むみたいに鷲づかみにしていく強欲バ〇ァがいない事が前提のシステムなんですが、ただと思えばビニール袋も、おしぼりも、輪ゴムも、はたまたアイスクリームのスプーンまで鷲づかみにして持って行くバ〇ァが実際にはいます。

こう書くと「女性差別だ!」と炎上する世の中なのですが、もちろん男にもいますよ(これでいいかな?)。

でもコンビニで小銭おまけできるレジのシステムってどんなになっているんだろう?ちょっと興味わきますね。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »