« めでたいめでたい | トップページ | さて、当たるかな? »

2019年5月26日 (日)

大平山2019.5.26

日曜日は天気もよくて、妻も息子も私も特に用事も無かった事から、久しぶりに一緒に山にでも行ってくるかと言う事で、行って来ました。

前日に突然思いついたのと、そんなにがっつりやる体力もやる気も無い事から、ライトに1~2時間くらいで登れる山にしようと選んだのは魚津の奥にある「大平山」。標高は1100m弱と低い山です。

一時間くらいのコースタイムで、山の中をハイキングして、山頂で昼食食べて帰ってこようということで。

もちろん今まで登った事はありません。

朝8時過ぎに家を出発。魚津ICから山に向かってどんどん登って行きますと片貝川沿いに、島尻、黒谷、東蔵と集落が続き、東蔵の集落を過ぎた所で林道に入ります。ここから林道を結構な距離登って行かなくてはいけないのですが、一口に林道といっても結構程度に開きがあります。舗装もしていない作業道のような林道でとてもじゃないけど普通の車で登れないような道から、ちゃんと舗装され整備されている道まで。

今回の林道は割と整備されていましたのでちょっと安心。

そのうち登山道の入り口に到着。車が数台停められる広さがあって、3台ほど停まっていました。家族で登山をするのは久しぶり。

大平山はあまり有名な山ではないので、登山道はそんなに整備されている感じではありませんでした。190526110344334_photo広葉樹の林の中を進んでいくのですが、笹や木々の枝などが登山道に覆い被さっていて手で避けていかなくてはいけません。

この時期の低山の特徴として、アブやらブヨやらがブンブン飛び回って顔やら腕やらにとまります。この虫の襲撃が嫌な人だと低山を登る事は出来ません。

それでも、ウグイスなどの鳥の鳴き声も聞こえるなど、森林浴と思って登れば気持ちも晴れるというもの。

1000m程度の標高の山ということで終始藪漕ぎで全くと言って程眺望はよくありません。190526122915080_photo 本当に一時間くらいで山頂に到着。190526112004715_photoはい、記念写真。 190526123101200_photo 山頂からは今回の登山の唯一の眺望が得られます。山頂まで何も見えないとなると、登る価値無しの山になっちゃいますからね。それにしても木が邪魔で山が隠れちゃっています。この木なからましかばとおぼえしか・・・。

一応左に見えるのが毛勝で奥には剱岳が見えています。190526113428899_photo山頂付近には少しですけど残雪も残っていました。うーん、わかりにくい写真。190526115523767_photo山頂は少し広場のようになっていますのでそこに腰を下ろして湯を沸かしてお昼ご飯。おにぎりとカップラーメン。

コーヒーも入れて、ゆっくりお茶してから山頂を後にしました。そんなに景色がいいわけでも無く、虫もずっとブンブンブンブン飛び回っていますのでとっとと撤退。

帰りは来た道を再び戻ってすぐに下に着きました。190526132755483_photo 途中の林道からの方が山が綺麗に見えるという・・・。

まぁ、久しぶりの登山なんで、こんなもんでしょ。もうちょっと手応えのある山に次は行きたいと思います。

|

« めでたいめでたい | トップページ | さて、当たるかな? »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めでたいめでたい | トップページ | さて、当たるかな? »