« 大移動 | トップページ | ようやく連休 »

2019年4月30日 (火)

そろそろ終わり

いよいよ今日は平成最後の日。

出張中のホテルの部屋で一人、この記事を書きながら静かに平成の終わりを迎えようとしています。

ここの所数か月テレビでは平成の30年を振り返る番組が連日のように放送され、振り返り番組は胸やけ気味で見なくてもいいのだが、明日から何かが変わるかというと年号を書くときに「令和」と書かなくてはいけなくなること以外実際は今日の延長でしかない。

しかし、年号というのは世界中を見ても珍しい風習ですが、時代に区切りをつけるということは考えてみると悪い事ではないように思う今日この頃。

西暦はおそらく人類が存続する終わることなく続いていくような気がします。「終わる」というのはいいことかもしれない。何事にも終わりがある方が人間らしくていい。単に終わるだけではなくて「始まる」というのもいい。

今日はなぜだか普段ろくに聴きもしない長渕剛の「昭和」が頭の中を回っていた。

「とうとう昭和の歴史が終わった」という歌詞の部分を何度か呟いてみた。

人それぞれ「平成」を振り返っていることだと思います。

平成元年になった年はまだ中学生でした。

自分が多感な時期、「青春」と呼ばれるような時期を過ごしたのは平成であった。結婚し子供も生まれた。人生が80年とすると、私はもう折り返し地点を過ぎてしまっています。

人生の大半を平成で過ごしました。自分が平成元年を迎えた年齢と丁度子供たちが令和元年を迎える年齢が同じくらい。自分自身令和がどんな時代になるのかという事よりも、子供たちにとって令和がどんな時代になるのかという事のほうが自分にとっては大事です。それだけ自分自身歳をとったということになるのかもしれない。

子供たちはどう生きるかということを考えて生きてもらいたいのだが、こちらはどう生きるかというよりは、どう老いて、どう死んでいくかという事のほうがどちらかというと重要になってくるかもしれません。そして子供たちに何を残してやれるのか。物事に優先順位をつけるならそれが上にくるのかもしれません。

こうやってひとつ考えてみられるのも、年号という物事の区切りがあるからなのかな?

そろそろ平成も終わりです。

|

« 大移動 | トップページ | ようやく連休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大移動 | トップページ | ようやく連休 »