« 蔵王温泉スキー場2019.3.2 part.2 | トップページ | おうちできりたんぽ »

2019年3月 6日 (水)

山形から富山へ

お昼過ぎに蔵王でのスキーを終えて、いよいよ富山に向かって帰ります。本当は蔵王温泉で汗を流して帰りたいところなのですが、眠くなりそうなのでそのまま帰ることにします。

蔵王から帰るにはいくつかのルートがあります。Kaeri

ルート1

多少遠回りでもいいから全部高速道路で帰りたいなら山形自動車道で一旦東北道まで出て、郡山から磐越道に乗って新潟から東北道で帰るルート。お金がかかりますし、かなり遠回りなんですが、一番コースタイムは短いかも。

ルート2
13号線を米沢まで行き、121号線で峠を越えて会津に出る米沢街道ルート。昔は結構な難所で冬通るのは大変だったんですが、今は道も良くなりました。でも基本山道です。

ルート3
南陽市から国道113号線で新潟に抜けるルート。JR米坂線の線路に沿って行きます。鮭の遡上で有名な荒川に沿って行くルートですね。丁度朝日連峰と飯豊連峰の間を通って行きます。南陽市から村上市までは小国街道と呼ばれる街道ですね。

113号線は南陽市から逆に行けば、白石を経て相馬に抜ける日本海から太平洋まで丁度列島を真っ二つにスパッと切ったように直角に走っている道路です。南陽市から白石までのルートは七ヶ宿街道ですが、ここはまだ通ったことがないのでいずれ通ってみたいものです。

で、これら三つのルートは各々過去に通った事はありますが、今回は一番最近通った事のないルートと言うことで、南陽市から荒川に抜ける113号小国街道のルート3で行くことにしました。

南陽市からの113号線は今丁度バイパス工事が進んでいるようで、一部は自動車専用道路になっていました。いずれ日本海東北道と繋がる日がくるのでしょうか?まだまだ建設は始まったばかりな感じなんですけどね。

でも、新潟の胎内から南陽まで高速道路が繋がれば富山と山形が最短の高速道路で繋がる事になり、少し山形が近くなりますね。

実際遠いとか近いとかは、地図上の距離ではなくて、高速道路で何時間かかるかって言うことで計ることが出来ます。だから富山からだと、山形は仙台よりも距離的には近いんですけど、行きやすさから言うと「遠い」んです。移動時間がかかるという意味で。

南陽市からの113号線はかつて通った事があるとは言え、随分前の事なんで、久しぶりに通ることになります。

JR米坂線の線路と平行に進みます。米坂線は荒川沿いの景色が美しくローカル線が好きな人は距離も長いし面白いかもしれませんね。

私もかつて学生の時に青春18切符で乗ったことがあります。あんまり記憶ないけど。

会津と新潟を結ぶ磐越西線も乗ったことありますが、なかなかいい味出してましたね。

113号からは天気がよければ飯豊連峰や朝日連峰が見られます。今日は天気がそこそこよかったので気持ちよかったです。

道路に雪は全くなくて、荒川を右に左に見ながらのドライブ。

やがて新潟県に入ると「ねこちぐら」で有名な関川村に入ります。我が家のねこちぐらもここの品です。道の駅で休憩し、猫ちぐらの新品を見てきました。

113号線は胎内で日本海東北自動車道の「胎内荒川IC」にそのうちぶつかります。最短で行くならここで日本海東北自動車道に乗って新潟に向かうのがいいのですが、はっきり言ってつまんない道路なので。そのまま113号で新潟に向かうことにしました。

夕日が綺麗でしたからね。113号は真っ直ぐ日本海に突き当たると、そこから新潟市内まで海沿いに進む道路になります。

私はこの海沿いの113号がわりかし好きで、昔は何回も通った懐かしい道路です。海が綺麗なんですよね。190302162454266_photo
久しぶりに通ったら、風車がいっぱい出来ていました。富山県にはあまりないのでなじみが薄いのですが、新潟や秋田の海沿いにはかなりの数が立ち並んでいます。景観的には好きじゃないですね。

113号は新潟市中心まで続いているのですが、途中聖籠で新潟バイパス7号線に乗ります。凄く久しぶりに新潟バイパスを走りましたね。新潟バイパスは出来たときにはビックリしたものでしたが、今では全国に新潟バイパスのような国道バイパスが整備されていきましたね。

今回走った13号線もこんな感じのバイパス化が進んでいました。

新潟バイパスは真っ直ぐ行けばいずれ新潟西ICにぶつかり、後は北陸道でいつものごとく富山に帰るだけです。190302172504153_photo
燕市、三条市あたりで弥彦の山に沈む夕日が美しかったです。新潟平野には雪なんか全然ない。春の景色になってましたね。

しかし、それにしても三条市と燕市は醜い争いを続けている市で、そのせいでJRの駅は燕三条駅。高速道路のICは三条燕ICと県外の人から見たら意味が分からない感じになってます。語呂から言ったら燕三条のほうがしっくりきます。でも三条市と燕市は別々の市ですからそもそも一つに並べて言うことに無理があるんですけどね。

まぁ、こういった類いのことで無駄に長い町の名前をいくつも連ねたような名前ってありますね。全くもって不便ですけど。

とまぁ、こんな感じで無事に家まで帰ってきました。蔵王から家までは途中遠回りもした事もあって約7時間ってところですかね。

今回秋田に行って山形を経由して帰ってきましたけど、総走行距離は1500kmくらいでした。

次はいつ行けますかね。

|

« 蔵王温泉スキー場2019.3.2 part.2 | トップページ | おうちできりたんぽ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形から富山へ:

« 蔵王温泉スキー場2019.3.2 part.2 | トップページ | おうちできりたんぽ »