« 山形へ | トップページ | 山形駅あたりぶらぶら散歩 »

2019年3月 2日 (土)

山形市内ぶらぶら散歩

前回の続き。

さて山形市内のホテルにチェックインしたわけですが、山形城跡の霞城公園から山形駅までぐるっと歩いてみようと出かけました。190301153845833_photo
山形駅の西側を歩いてお城に向かいます。約25年前に一度山形市内に泊まったことがあるのですが、当時の面影まったくないです。すごく再開発が進んでいて、道路は広いわ、建物は新しいわ。まるで一回全部更地にして造り替えたくらいのイメージありますね。

正面に見えているのが、山形駅西口前にある「霞城セントラル」というビルで、2001年に完成しておりますので。私は初めて見ました。地上24階の山形市内では最高層のビルで、今では山形のランドマークになっているようです。190301154349950_photo
ほどなく山形城の南大手門へ続くお堀に出ます。190301154611443_photo
南大手門と言っても現在は石垣が残っているだけです。ここからお城に入ります。190301155110886_photo
山形城は最上義光が基礎を築き、鳥居忠正の時代に今の形になったようです。山形城には当時のものがほぼ何もなく、以前に建物をすべて取り壊して更地にして陸軍の駐屯地にもなった歴史からただっ広い公園のようになっています。城跡に野球場があったり、面白いことになっています。本丸跡では現在発掘工事が行われています。Yamagatacastlemap
現在の山形城は三の丸の堀はほぼ完全に埋め立てられ、地図の中央部の二の丸の堀に囲まれた二の丸、本丸の範囲だけが残っています。三の丸を含めた面積では当時日本でも五指に入る規模の東北最大のお城だったとか。山形駅は三の丸の中にスッポリ入っています。当時のお城のど真ん中に山形新幹線が通っているということになりますね。190301155300406_photo
発掘調査の概要が書いてありました。

城の中には多くの桜が植えられて、現在では桜の名所となっています。190301155357307_photo
驚いたことにまだ三月一日だというのに桜の花が。ここの所の陽気で狂い咲き?まさか今年初めての桜を山形で見ることになろうとは。190301155800390_photo
東大手門のそばに最上義光の騎馬像があります。義光と言えば知将のイメージなのですが、随分勇ましい像です。190301155909471_photo
南大手門は石垣のみでしたが、東大手門は平成に入ってから復元されています。江戸城の門にも匹敵する大きさだとか。190301160030005_photo
東大手門を出てすぐに二の丸のお堀にかかる橋があるのですが、堀のすぐそばに電車が走っています。もちろん山形新幹線もここを走ります。見えている木々はすべてソメイヨシノで、ここからは桜の時期はなかなかすごい写真が撮れる撮影スポットとなっています。「山形城 桜」とかで検索すればそんな写真が見つかると思います。190301160209040_photo
橋のすぐ脇には山形美術館があります。190301160403480_photo
そのさらに横には最上義光歴史館が建っています。最上家の「丸に二つひき」の家紋が目を引きます。入館料無料だったので入ってみました。190301161317477_photo
兜や義光が使った鉄の指揮棒(本物)が展示してあり、伊達政宗などの書状や義光の書状も展示してありました。

最上義光と言えば、NHK大河ドラマの「独眼竜政宗」の中で原田芳雄が演じた義光のイメージが強いですね。最上義光の妹の義姫が政宗の母で、岩下志麻演じてました。作品の中では様々な策を弄した梟雄ぶりが原田さんの演技と相まっておりました。

義光の娘の駒姫は戦国随一の美貌とされ、わずか15歳で豊臣秀次の側室となり、その後秀次失脚の際に他の側室とともに三条河原で処刑されます。物語後半の悲哀が前半の梟雄ぶりとうって変わって描かれました。

秀次の失脚は石田光成が大きく関わっていた事とされていますので、その後関ヶ原の合戦の際には義光は東軍に付き、直江山城守兼続率いる上杉軍と壮絶な戦い(長谷堂城の戦い)を行うことに繋がります。

というわけで、個人的には最上義光非常に興味がありますし、戦国の中でも好きな武将の一人なので、今回その記念館に行けたのはよかったです。

最上氏は義光の死後わずか9年で家督争いによる騒動で改易となり、以後山形城は転々と主を変えながら明治を迎えます。でもやっぱり山形と言えば最上義光ですよねぇ。

その後いよいよ山形駅に向かうことにします。

次回に続く。

|

« 山形へ | トップページ | 山形駅あたりぶらぶら散歩 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形市内ぶらぶら散歩:

« 山形へ | トップページ | 山形駅あたりぶらぶら散歩 »