« 志賀高原スキー場2019.3.9 part.1 | トップページ | 吐き出してすっきりしたいのよ »

2019年3月11日 (月)

志賀高原スキー場2019.3.9 part.2

お昼からはまず、高天ヶ原マンモスに移動しました。タンネの森は時間の関係で今回はパス。

朝こそ気温が低かったのですが、昼頃にはすっかり気温も上がって徐々に雪は緩んできました。まぁ、時期が時期だけにしょうがない。これでも今の他のスキー場の状態を考えれば極上といっていい条件かもしれません。2019030932
とりあえずマンモスを2本ばか滑って、東館山に移動しました。2019030918
高天ヶ原の上部から東館山のオリンピックコースを経て発哺ブナ平のブナ平ゲレンデを楽しみながらジャイアントに向かいました。2019030919
ジャイアントは比較的雪質もよく、人も少なかったですのであまり荒れてなくて、いい状態でした。いい状態のジャイアントってほんと楽しい。2019030920
2本ばかし一気にズバーッと滑って次は西館に行ってみました。2019030921西館山の一番上まで上がって、1本だけ下まで滑ってみました。やっぱり西館山は雪の状態がよくなくてべっちょり。志賀高原って割と同じよう場場所や高さにたくさんのゲレンデが集まっていますが、ちょっとした斜面の向きや高さの違いによって全然状態が違うもんです。

西館山の下部から発哺クワッドを乗り継いで東館山のゴンドラに乗っててっぺんに向かいました。東館山のレトロな4人乗りゴンドラは新しい搬器と古い搬器が混ざって運行しているのですが、今回は古い方の卵形ゴンドラに乗れました。

せっかく一回しか乗らないのですから、古い卵形ゴンドラの方に乗りたかったのでラッキー。毎回来年は乗れないんじゃないかと最後のつもりで乗るんですが、今年も元気に運行していて嬉しいです。もはや貴重なゴンドラなので長く活躍してもらいたいですね。2019030922
東館山ゴンドラの山頂駅の上にある展望デッキでしばし休憩。天気がいいとここからの眺めはすばらしいです。風もないポカポカ陽気でまったりと椅子に座って休憩。2019030924
この時点で3時頃になっていましたが、ずっと天気はまったく崩れず。こんな日も珍しい。2019030925
東館山の山頂からいよいよ今回の最後のゲレンデである寺子屋に向かいました。寺子屋は志賀高原の中でも渋峠、横手山、熊の湯を除いた中央エリアでは最も雪質のよいゲレンデです。ここを最後にしたのはいつも混んでいるので空いている夕方を狙って。2019030927
やっぱり寺子屋の雪質は他とは段違い。景色もよく、思いの外ゲレンデも荒れていなかったので、時間が来るまでここを滑って締めることにしました。2019030928
青空に一筋のコントレイル。今日は飛行機の上から見る景色も素晴らしかっただろうなぁ。周囲に雲一つなかったのでアルプスを一望に出来たはず。こんな日に飛行機に乗ってみたいものである。2019030929
結局ノンストップで5,6本滑っただろうか?寺子屋のリフト営業終了時間ギリギリの4時頃まで滑って、車のある一の瀬に戻っていきます。

一の瀬を滑り降りて帰るのですが、日中大会のために閉鎖されていたパーフェクターが解放されていましたのでそこを滑っておりて締めることにしました。2019030930
パーフェクターは日中大会していたせいであまり荒れておらず、雪の状態もよかった。もう4時を回って人も少なかったので、思い切ってパーフェクターぶっ飛ばして滑ります。うーん、やっぱりパーフェクター面白い。

でも一の瀬の正面ゲレンデとパーフェクターって隣り合っていて、条件はいくらも違いないと思うんですが、いつもパーフェクターの方が雪質いいんですよね。何でなんでしょ?本当にスキー場の雪質の違いって微妙な条件が関わってくるのだと志賀高原に来るといつも思いますね。

パーフェクター滑って降りるとか言ってたんですけど、あまりにパーフェクター面白かったのでおかわりしちゃいました。一の瀬ファミリーの一の瀬クワッドは4時40分~50分くらいまで運行しているんで、その気になればあと3,4本滑ることも出来たのですけど。いい感じに疲れていたのと、日帰りなので運転して帰らないといけませんので、本日はこれにて終了。190309163232611_photo
朝一の瀬ファミリーの上部に登った太陽は、もうすぐダイヤモンドの上に沈もうとしています。今日は気持ちよくいっぱい滑りました。一日で結構回れたと思います。

朝はツルツルのアイスバーンになっていた道路の雪も帰りにはすっかり溶けていました。中野市内で早めの夕食を食べて富山に向かって帰りました。

富山~志賀高原は今は道も良くなって、今回のように道路にほとんど雪がないような状態だと、3時間ちょいで来られるようになりました。私が子どもの頃なんて高速道路もなくて、志賀高原なんて遙か彼方のスキー場だったんですけどね。あの頃日帰りで志賀高原に行ける日が来るなんて思いもしませんでした。

何回か日帰りで志賀高原に行ったことがあるのですけど、やっぱり志賀高原は泊まりがいいかな。結構お金かかるので大変なんですけど。

朝早く出て、一日目一杯滑って、帰りも一人で運転して帰ったのでさすがに疲れました。

今シーズンは行けないんじゃないかと思っていたのですけど、行けてよかった。しかもこんなにいい日に。天気もよく、雪もよく、人も少なくて。この時期だとスキー実習生もいないし、にわかスキーヤーやボーダーはまだ滑れると思ってないし、それなりにやってそうな人しかゲレンデにいないのであまり気を遣って人を避けなくてもいいので快適です。

やっぱりシーズンに一回は行きたいですね。志賀高原。

|

« 志賀高原スキー場2019.3.9 part.1 | トップページ | 吐き出してすっきりしたいのよ »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原スキー場2019.3.9 part.2:

« 志賀高原スキー場2019.3.9 part.1 | トップページ | 吐き出してすっきりしたいのよ »