« まだ終わりじゃない | トップページ | 晴れ晴れ »

2019年3月17日 (日)

たいらスキー場2019.3.17

週末にかけて寒波が入り、山では積雪があった。ネット情報では志賀高原でも白馬辺りでもハイシーズン並のコンディションと書かれていた。まぁ、それはちょっと大げさだとしても今の時期にしてはかなりいい感じ。

やっぱり降ったら行かなきゃなぁということなのだが、娘も息子も友達と遊ぶ約束。妻はその送り迎えと誰も乗り気じゃない。いいもん、じゃぁ一人で行っちゃうもんね。ということで今日はたいらに行くことにしました。

県内では立山山麓が今日で今シーズンの営業を終了。IOXアローザは上部のみの営業と、全面まともに滑れるスキー場で生き残っているのはたいらだけになってしまった。

朝行くときに遠目に見える夢の平はほとんど雪がなく、IOXも下部は完全に草原になっていました。しかしたいらにはまだ十分な積雪があり、石が見えているようなところはありません。

今月の週末には各種の大会が連続して行われる予定になっており、そのためリフト券が割り引き。元々半日券でしか滑るつもりはないのですが半日券が1500円と、ちょっとボーリングでも行ってくるかというくらいの料金でとってもリーズナブル。190317085250600_photo
来週末にあるモーグル大会に向けてダイナミックコースで整備が始まっています。190317084345153_photo
人力でジャンプ台などを作っている様子が見られます。大変そうだなぁ。

ダイナミックはコースの脇を滑れるのですけどカッチンカッチン。2本ほど滑りましたがエッジが立ちません。上に行って何本か滑りましたが、結構アイスバーン。しかし今の時期ベチョベチョじゃないだけマシというもの。さすがに今日は人も少ないし、割と上手な人ばかりでした。190317102007037_photo
今日は県内のショップ合同での来シーズンモデルの試乗会が行われていました。コースも制限されていたし、がっつり滑るという感じでもなかったし、せっかく一人で来ているので試乗会に参加してみました。

実はスキーの試乗会に参加するのは生まれて初めて。いつかやってみたいと思っていたんですよねぇ。1000円の参加料を払えば、置いてある高い板好きなだけ借りて滑れます。スキー歴長いんですけど案外そんなにたくさんの板履いてないんで、まだ履いたことのないメーカー一杯あります。

いろんな種類の板がありましたが、主にDEMOモデルやオールラウンドの板からチョイスして履いてみました。190317094327801_photo
まずはFISCHER RC ONEから。以前FISCHERの板に凄くあこがれた時期があって、デザインが格好よかったからというだけの理由なんですけど、生まれて初めてFISCHERの板を履きました。でもこの板のデザインはあまり格好良くないと思う・・・。

これから書く印象は素人スキーヤーの私があくまで個人的に思っただけのことですので、あまり参考にしないように。1本滑ってみただけの印象なんで。

思い入れが強かったFISCHERでしたが、思い入れが強すぎたのか、この板を乗りこなす技量が私にないのかわかりませんが、あんまり操作性がよくなかった印象。じゃじゃ馬な感じ。190317095856873_photo
次はSALOMON S/MAX BLAST 前に履いていたのが15年くらい前のモデルのSALOMONと言うことと、妻がSALOMONを今履いているということで今のSALOMONどうかなって興味ありました。柔ら目で操作しやすかったけどあんまり印象に残らず。FISCHERがシュパッと切れる感じとするとこれは「ヌルッ」と曲がる感じ。優等生な印象で普通にいい板でした。でもSALOMONと言えばデザインの良さもあるんですが、はっきり言って見た目がダサい。前のX-MAXあんなにかっちょよかったのに・・・。190317102639784_photo
次はVOLKL RACETIGER SX DEMO。生まれて初めてVOLKLの板を履きました。最近デザインがかっちょいいですよねぇ。テール部の文字のところに虎の顔がプリントされていて阪神ファンに一押し(笑)。凄い安定感があって、ばたつかない。でも一発格好良く滑るならいいけど一日使ったら疲れそう。体力いる感じ。この板を手なずける技量が欲しい。だって体力ないんだもん。190317105041166_photo
次はHEAD、I Supershape Speed。これまた人生初HEAD。第一印象が凄く軽い。実際の重さじゃなくて軽やかさなのかもしれませんが、操作しやすい印象。脚力のないおっさんスキーヤーの私にはいいフィーリング。板返すときに「これ、めっちゃいいっすねぇ」とスタッフに言ってしまった。そしたら「これ本当に最高ですよ」って言われた。HEADは根本的なデザインが大変わりしないのが自分的には好き。190317111239782_photo
ATOMIC REDSTER S9i PRO。真ん中のシャフトが印象的。乗りやすい1本。基礎用に開発されたというだけあってオールラウンド感あるなぁ。際だったインパクトなかったですけどなんでもこなせる感じ。リフト待ちで初心者に板の上乗られてシャフトの塗装が禿げたらめっちゃ凹みそう。190317113825572_photo
次はOGASAKA TC-SS。今3年前のKEO'Sを履いているのですが、買うときにTCにしようかどうか迷いました。セレブなら、「面倒だから両方買っちゃえ」ってなるのかもしれませんが、そんないきさつもあり、乗るのを楽しみにしていた板です。でも私的にはこのデザインは好きじゃない。OGASAKA最近デザイン変えすぎ。ひょっとしてデザイン面で迷走しているのかな?はっきり言ってデザインも板購入の大きな要素なんだけどな。160cmと今日履いた板の中では一番短かったのですが、さすがのOGASAKA。斜面や雪の状態をまったく苦にしない軽やかな操作感。長く滑っても疲れなさそう。今165cmの板履いているんだけど、160cmもありかな?って思った。190317120537581_photo
ROSSIGNOL DEMOα。とにかくデザインが凄い。なんてったってピンク。左右の板でデザインが違うんですが、右左これで合ってるのかな?しかし、見た目の印象とは裏腹に滑ってみたら何じゃこりゃってくらいキビキビ曲がる。高速でもブレがなくシュパッと切れるし、一杯に振ったときの粘りがあったなぁ。この色買う勇気はないけど、こりゃスゲえわ。190317124151162_photo
これが最後になります。最後はいよいよSTOCKLI WRT LASER SL SRT Speed D20。生まれて初めてのSTOCKLI。あんまり履いている人が少ないSTOCKLI。今回履いた板の中では一番の高級品。お値段なんと195,000円。絶対に買えない1本。さすがに凄いが、ともかくこれを履いていると「どうだ!凄いだろ!」的な優越感は半端ない。重厚感があって踏むと内に勝手に切れよう切れようと跳ね返ってくる印象。ショートターンでは左右にはじき飛ばされながら滑っている感じ。そのくらい曲がるということで。190317120543647_photo
天候も午前中は雪が降り続いていましたが、午後からは日も差したりとまずまずのコンディションでした。

初めての試乗会楽しかったなぁ。また機会があればやってみたい。まぁ、いろいろ書きましたが、どれもこれも凄くいいんですよもちろん。好みの問題がありますからね。でも普段こうやってたくさんの種類の板に乗る機会はないので、やってみると「こんなに違うのね」って思いますね。

よく「板なんてなんでも一緒だ」とか言う奴いますけど、10万超えるくらいの値段の板からは完全に別物ですわ。タイヤが4つ付いているから軽とレクサスが一緒って言ってるくらいの話ですわ。

もちろん技術はどんどん進歩していますし、毎年いい板がどんどん出てくるんですが、そんなにおいそれと買いかえられないですもん。

でもほとんどの人って板は滑ってみないで買うものなんですよね。私もそんな感じでした。これらの板をきちんと評価するほどの技量は私にはないのですが、この辺の板を履いていても「宝の持ち腐れ」とか言われない程度には上手くなりたいなぁ。

言い訳だけど下手だからこそ道具の力を借りて上手くなるみたいな。

次買うときは絶対に試乗してから買おうと思いますね。試乗できる板って安いのないですけど・・・。でもこんなの試乗しちゃうとこのレベルの板じゃないとダメな体になっちゃう。

1本だけ好きなの持って帰っていいよって言われたらどれにするかなぁ?今回はいた中ではHEAD持って帰るかもしれません。ピンクじゃなかったらROSSIGNOLもありかな。

さて、もうシーズンも終盤。ひょっとしたらこれが今シーズンの最後になるかもしれませんし、もう一回くらい行けるかもしれません。

来週末は仕事で行けないのでこのまま終わりの可能性が大かな。

|

« まだ終わりじゃない | トップページ | 晴れ晴れ »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たいらスキー場2019.3.17:

« まだ終わりじゃない | トップページ | 晴れ晴れ »