« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月29日 (木)

バースト

今日は朝からお仕事で福井県まで。

高速道路を車で行ったのですけど、今日は天気が良くて気持ちがいい。紅葉も盛りを過ぎてきました。そろそろ高い山の上の方は随分白くなりました。

午前中に順調に仕事は終わって帰り道。

福井に来たと言うことで。お昼ご飯はソースカツ丼。181129125737900_photo
帰りは助手席に乗っていました。

今日は二人で会社のトラックに乗って走っていたのですけど、おしゃべりしながら走っていると、急に「パーン」とはじけるような音がして、運転したいた同僚が、「おーっとっととと」とか言ってハンドルを左右に。車は蛇行し始めた。

私は一体何が起こったのか一瞬わからなかったが。

運転していた同僚が叫んだ。「バーストしたぁぁぁ」

実は私、これまで約四半世紀運転をしてきましたが、バーストというのは一度も体験したことが無かった。

「あぁ、これがバースとかぁ」なんんて余裕はない。100km/h位で走っているのである。しかも私は助手席。なーんにもできん。

運転していた同僚は過去にもバーストの経験があったようで落ち着いて対処。ハザードを出しながら路肩に停車。後ろから来ていたトラックが一台いたのだけどうまく避けてくれました。

幸運な事に丁度ICの少し手前だったので、そのまま路肩をハザード出しながら走行し、広いところでタイヤ交換。181129142110319_photo
見事にパックリ。

いやぁついてた。何事も無くて良かったです。

何事も無く無事に済んだから言えるのですけど、いい経験になりました。タイヤはそこまで古かったわけでもなかったのですが、空気圧足らなかったのかな?

私の普段乗っている車じゃ無いので整備状況は分かりませんが。何か踏んだようでもなかったし。

もう体験したくはありませんが、とりあえず人生初体験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

今年の打ち納め

3連休の真ん中の土曜日。今年ようやく2回目の会社の仲間達とやる麻雀の会が行われました。

本当はもうちょっとやりたいんだけど、なかなか予定が合わずに今年は結局2回しかやることができませんでした。

もちろん今年最後。

いつも決まった4人でやっているのですけど、今回もいつもの4人。

場所はいつもの金沢のテルメ。

朝から4人で車に乗って会場に行って、ひとっ風呂浴びてから勝負開始。

周りにもたくさん卓があって基本全卓埋まっているのですけど、麻雀となるとやはりちょっと年配の人が多い。

丁度団塊の世代と呼ばれるような方々が一番客層としては多いかもしれません。

今回も隣にはそういった卓が3つ隣接していたのですけど、まぁうるさいうるさい。でかい声でギャーギャー騒ぐわ、牌を「バシーン、バシーン」とたたきつけるわ。

牌をたたきつける音はかなり耳障りで不快です。

「パシッ」くらいなら大目に見ますけど、「バシーン」となるとイライラしますね。

周りに人がいるんだから気遣いしろよ。自分の家じゃあるまいし。

みんながみんなマナーが良いんだけど、一部マナーの悪い人がいるんじゃなくて、基本マナーが悪い人ばっかり。

雀荘とかだと速攻で注意されるんだけど、誰も注意する人いないので、結構無法地帯。

別に楽しく和気藹々やってるので、話もするなとは言わんけど、叫んだりするのはさすがにあかんやろ。

とまぁ、それはいつものことなので苦笑いしながらもこっちはこっちで楽しくやっておりました。

今回は凄く調子が良くて、最初にトップを取ってから程よくトップを取り続けて、結局終わってみれば20回くらい打ってほぼ半分がトップという圧勝一人勝ち。

今回は気分良く終わることができました。

僅差の競り合いにほとんど勝てたのが良かったかな。それと一つ乗ったら満貫という裏ドラがことごとく乗ったというのが勝因。

一日打ったのですけど、毎回の事ながら楽しい時間は過ぎるのがあっという間ですな。

さて、来年年明けに打てるかな?多分打てれば「平成最後の麻雀」と言うことになるのでしょうけど、下手したらこれが平成最後の麻雀になるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

何でも取り入れる

勤労感謝の日の3連休。今年はちゃんと3連休だった。

なんだか世の中では「ブラックフライデー」なるあまり聞き慣れない言葉が。

新聞の広告もいっぱい入って来ていて、それに「ブラックフライデー」という言葉が踊っていた。

アメリカの11月第4金曜日の感謝祭の売れ残り一掃セールの事なのだけど、これがいつの間にやら日本に入ってきたかと思うと、みんな一斉に利用し始めましたね。

ハロウィンなどと同じですね。いつの間にか。

儀式をすることよりも物を売ることが目的なので、その背後にある文化や伝統などは知ったことでは無い。ブラックフライデーとか言われてもそれが何なのか分かる人は少ないかも。

ハロウィンもじゃぁそれがどういった日なのかと言われたらちゃんと説明できる人は少ないんじゃないかな?

日本人らしいですね。

しかもそういった物を取り入れたときに、ちゃんとカスタマイズして日本独自の進化をさせてしまう。

ブラックフライデーも本場では金曜日一日なんですけど。日本の広告を見ると、3連休3日間とか、下手すりゃ「今日から一週間」とか書いてある始末。

フライデーでもなんでもないやん。

商魂たくましいですな。

「酒が飲めるぞ音頭」じゃないけど、何でも理由さえつければそれでいいのだってやつですな。

と言うわけで、実はセールとか言っても、なんだかんだ理由をつけては一年中やっていますので、ブラックフライデーだからといって安いわけでは無い。

本場のブラックフラーデーは在庫セールで、本当のセールなんですけど、それは感謝祭という文化に裏打ちされているものだからかもしれません。

日本のは名前だけ「ブラックフライデー」という名の単なる通常運転。表層だけ真似した薄っぺらいもの。広告の値段見ても何がセールじゃ!いつもと同じ値段じゃねーかよというのが正直な感想。

アメリカの「ブラックフライデー」や中国の「独身の日」というような本物の「本気で物を売る日」というのは日本にはないんですよね。

インチキなセールは一年中やっていますけど。朝から血眼になって買い出しに行くレベルのビックリするようなとんでもない値段で物売ってる日なんてないでしょ?

だからその程度の値段で売る広告に「ブラックフライデー」なんか書くなよ。格好悪いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

初めての伊勢うどん

この前旅行に行ったときに買ってきた伊勢うどん。

私は食べたことがなかったのですが、早速食べてみました。181118183707196_photo
食べたことが無いので正しい姿がよく分かりませんが、卵を入れて食べるのもよい的なことが書いてあったのでその通りに。

伊勢うどんというのはコシがないというのが売りらしいのですがその通りで、太い麺なんですけど、歯ごたえがぐにゃっとしてなんか不思議な食感。

つゆじゃ無くて濃いタレを絡めて食べる。

この辺りじゃなかなか食べる機会のない種類のうどん。

好きか嫌いかって言われると、そんなにいいとは思わなかったけど何事も経験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

頑張れ新チーム

今週は社員旅行で月曜日が休みで、水曜日と木曜日には一泊で大阪の方に仕事の打ち合わせで出かけるなどしたために、仕事がたまってしまって・・・。
大阪の方は車で行ったのですが、行きも帰りも凄く天気がよくて紅葉の北陸路を楽しくドライブ。今回は用事がいくつかあったので、いつもの日帰り弾丸大阪ではなかったので、ちょとゆったり。
そんなわけで、土曜日は一日会社で引きこもって事務仕事。
今日の日曜日も現場に出てお仕事だった。
今日は息子が入善で行われた扇状地マラソンの5kmの部に出場する事になっていたので応援に行きたかったのだけど残念。妻が付き添いで応援に行きました。181118220705733_photo
天気もよくて、無事完走したようです。私は運動は好きでしたが、長距離走るのは昔から嫌いだったのに誰に似たのやら。息子は走るのが好きなようです。
さて、今日の仕事は順調に行って午前中には終わったので、家に帰ると娘が市の吹奏楽のイベントを見に行くというので、どうせする事もないし、一緒に見に行くことにしました。181118150117317_photo
娘は三年生でもう中学の吹奏楽部は引退したのですが、後輩達の新チーム初舞台と言うことで同級生と一緒に応援に行くというわけです。
私も以前は吹奏楽には全く興味がなかったのですが、一年間娘の吹奏楽の演奏を見に行くうちに少しずつ興味もわいてきました。娘は出ていなくても知っている子や、息子の同級生達も出ていますので、多少の興味もありますしね。
以前は娘の吹奏楽を見に行っていたのですけど、観客席で娘と一緒にあーでも無いこーでも無いと言いながら演奏を聴くのは初めてでした。
娘の同級生の子達もいましたので一緒に仲良く鑑賞してきました。
初舞台と言うことでそんなに素晴らしい演奏とは言えなかったのですけど、これから来年のコンクールに向けてたくさん練習して頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

名古屋、長島、伊勢旅行 2日目

長島温泉で一泊し、翌日いよいよ今回の旅行の目的地である伊勢神宮に向かいます。
伊勢神宮には外宮(げくう)と内宮(ないくう)の大きく分けて二つのエリアがあり、その二つはちょっと離れたところにあります。
まずは外宮に向かいました。外宮は豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りする正宮豊受大神宮を中心として多賀宮、土宮、月夜見宮、風宮といった別宮がそのまわりを囲むように配置されています。181112112106680_photo
正面です。橋を渡ったら外宮です。森の中にある感じ。181112110131828_photo
中の木々の太さが歴史を感じさせてくれます。181112105807068_photo_3
これが豊受大神宮。外宮の中心です。衣食住と産業の神様だそうです。内部は撮影禁止ですので外から。181112111109471_photo
これは別宮の一つ風宮。こういった小さな社です。本当に昔ながらの簡素な造りになっています。
これら周囲の社を一つ一つ詣でて外宮を後にしました。
次にいよいよ内宮に向かいます。内宮は皇大新宮という皇室の先祖とされる日本国民の総氏神である天照大神をお祀りしている社を中心とする地です。外宮と同じように荒祭宮、月読宮、瀧原宮、伊雑宮、風日祈宮、倭姫宮という別宮がその周りに配されています。181112114350838_photo
その昔参拝者が身を清めた五十鈴川にかかる宇治橋が内宮の入り口。この橋が下界と神界を隔てています。181112121945606_photo_2
橋の上から五十鈴川の清流が静かにながれている様子がうかがえます。紅葉が美しいです。181112114730954_photo_2
玉砂利の参道をずっと奥に進んでいきます。この広い道も週末になると多くの参拝者で埋め尽くされるらしいのですが、さすがに月曜日と言うことでそこまで多くの人ではありませんでした。181112121209612_photo
巨木に囲まれた参道を奥に進んでいきます。なんとも言えない荘厳な雰囲気があります。181112115948275_photo
これが天照大神をお祀りした皇大新宮です。参拝者の列ができています。もちろん中は撮影禁止なので外観だけ。
その他の別宮も一回りしてきました。社の造りはどれも同じような簡素な造りです。20年に一度の式年遷宮の際にはすべて建て替えられるのですが、姿形に手を加えること無く昔のままの姿を今に伝えています。
内宮を後にして、その後内宮の脇にある「おかげ横町」に向かいます。
お伊勢参りは江戸時代にはすでに年間数百万人の参拝者がいたらしいのですが、当然その門前町には旅籠やらお土産屋やらが建ち並んでいたはずなのですが、それが昔ながらの街並みが保護されたり、復元されたりして残っています。181112123650262_photo
左右にお土産屋やら飲食店やらが建ち並んでいます。大勢の観光客が来ています。もちろんかなりの数の外国人観光客もいました。181112132826829_photo
有名な赤福の本店があります。赤福を買う行列ができていました。もちろん赤福はここでしか買えないわけではありません。しかしまぁ、いったい一日いくつの赤福が売れるんでしょうかね?
おかげ横丁は赤福の当時の社長が1993年に行政の支援を一切受けずに大金を投じて町の一角の景観を作り替え、多くの店を入れてテーマパーク化したものです。凄いですね。
と言うわけで今回の伊勢詣ではこれにて終了。後は高速に乗ってまっすぐ富山に戻ってきました。
一度行ってみたいと思っていたのですけどようやく念願果たせました。天候にも恵まれてよかったです。181112200559992_photo
もちろんお土産は赤福。なんだかんだで久しぶりに食べました。他には伊勢うどんも買ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

名古屋、長島、伊勢旅行 1日目

毎年恒例の社員旅行が日曜日と月曜日に一泊二日で行われました。

今年の主な目的は伊勢神宮に行くというもの。その通り道の名古屋と長島に立ち寄るというものでした。

伊勢神宮は江戸時代から庶民にお伊勢参りが流行して以来、日本人ならば一度は行っておかなくてはいけないといわれる場所である。私はまだ行ったことがなかったので、今回の行き先にも以前から「伊勢神宮行きましょうよ」とプッシュしていた事もあり、楽しみにしていました。

幸い二日間とも予報では天気は上々。観光バスでまずは名古屋に向かいます。181111111207816_photo
まずは名古屋駅に向かって、駅前にあるミッドランドスクエアビルの展望台に登って、名古屋市内を展望します。眼下に名古屋城が見えます。天気もよかったし、なかなかの眺望が楽しめました。

そのまま名古屋市内で昼食。名古屋には手羽先、味噌カツ、味噌煮込みうどん、天むす、きしめん、小倉トーストなどなどグルメな名物がたくさんありますが、今回はその中でも何と言っても外せない「ひつまぶし」を食しました。181111121855311_photo
ひつまぶしはなかなか食べる機会がありません。だって高いんだもの。3000円~5000円ほどしますものね。そうおいそれとは食べられない。うな重と何が違うかというと、だし汁をかけてお茶漬けのようにして薬味を乗せて食べる食べ方をすると言う点らしい。

あと、そのまま食べるのでは無くて、茶碗にすくって食べるという食べ方の違い。

でもまぁ、普段からうな丼やうな重食べるかというと、まぁ食べないですね。

次に向かったのは名古屋城。181111132536813_photo
名古屋城天守閣は今年の5月から建て替えに伴う調査ということで立ち入り禁止です。181111141133777_photo
この天守閣もまもなく取り壊されるでしょうから、この姿はもうしばらく。一応2022年完成予定らしいのだが、こんなもの4年くらいで建て替えられるなんて思えないんですけどなぁ。

その代わりと言ってはなんだけど、今年の6月に本丸御殿が完成して公開が始まった。181111134307381_photo
もちろん中に入ってきました。内部は建て替えられたばかりで、建物の障壁やら襖絵から、欄間などに至るまで、豪華絢爛で素晴らしかったのだが、新しすぎて歴史の重みというものがまったくない。何もかもが複製で、当時のままというものが何も無いですからね。何を見に行っているのかというと歴史的な遺物を見に行っているのですから、その意味ではここには何も無い。300年くらい経ったらいい感じになるかもしれませんね。中国や韓国のフィクション複製とは違うので、そこは凄いんですけどね。181111142052880_photo
初めて名古屋城址に行きましたが、しゃちほこも見られました。でかい。

名古屋城を後にして、次は長島へ向かいます、長島スパーランドは初めて行きました。遊園地隣接の宿が今回の宿泊先。宿からそのまま遊園地に入れます。まるで某ネズミの国の温泉バージョン。

なばなの里のイルミネーションを見に行くグループと、遊園地のアトラクションを楽しむグループの二手に分かれました。私は長島のジェットコースターに乗りたかったので、遊園地組へ。181111160653316_photo
乗りたかったスチールドラゴン。コースの全長が2,479mの世界一を誇り、最高速度は153km/h、最高部高さ97m、最大落差は93.5m。東の富士急「フジヤマ」と並び称される日本一の絶叫マシーン。「フジヤマ」は以前乗ったことがあるので。初めてのスチールドラゴンにワクワク。

私は結構絶叫系大丈夫というかむしろ好きな方なのだが、一緒に行った同僚なんかは「やべぇ、やべぇ」って感じ。何しろ下から見上げる迫力はなかなかのものだ。

行ったのが遅くて、日曜日の閉園間近だったので、日中は3時間待ちのスチールドラゴンも50分待ち。乗った頃には夕日が傾きかけており、夜景のスチールドラゴンであった。

自分の番が来て、97mの頂点に向かって登っていく。結構な早さで行く。周りはすでに悲鳴が。頂点に行くとさすがに凄い高さ。両手を上げて落下に備える。

やっぱり凄いスピード感。「いぇ~い」とか言いながら落下。「ぎゃぁぁぁ」とか「きゃぁぁぁ」とかの絶叫が響く。

スリル満点。面白かった。もちろん最後まで手を上げておりました。もう一回乗ってみたいくらい楽しかった。ほとんどの人はもう二度と乗りたくないと言っていましたけど・・・。181111172704920_photo
その後「嵐」という椅子がグルングルン回転するアトラクションにも乗りました。なかなか斬新でしたね。

その後長島温泉にゆっくり浸かって宴会。大いに飲んで長島の夜を楽しみました。しかしまぁ、温泉の規模の大きさに驚きましたね。凄い露天風呂でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

ようやく抜いたけど

ここのところしばらく歯の調子が悪かった。

歯自体というよりは歯の根元、歯茎の部分だ。

歯周病が悪化してきて、奥歯が揺れ始めた。奥歯って揺れ始めたらもう駄目なんですよねぇ。

揺れると、根元で炎症を起こして、化膿したりする。そうするとグラグラが悪化してここから悪循環が始まる。

体調の悪いときなどに痛み出す。

夏頃から揺れがひどくなってきて、もう片側の奥歯ではほとんど物が噛めなくなっていた。

早く歯医者に行けばいいんだけど、ついに今日予約していた歯医者に行った。

とは言っても、治すとかじゃなくて、抜歯するしかないんですけどね。

麻酔して、もはやぐらぐらになった奥歯はあっさりと抜けた。

これから入れ歯を入れるなどの治療が始まる。

大きな歯だったので記念にもらってきた。歯自体はまだまだ元気だったのに。

もちろんもう再び生えることはない。人類はずっと進化をしてきたんだけど、なぜ歯は何度も生え替わらないように進化したんだろうか。

江戸時代なんかではかなり多くの人が虫歯が原因で亡くなっているらしい。命に関わる事なのになぜそこは進化しなかったんだろうかねぇ?

ともかく長い間煩っていて、ストレスだった歯が無くなった。大きな歯だったので口の中がスカスカになった感じがして慣れないのだけど。

頑張ってこれ以上歯を無くさないようにしないとなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

なんて日だ

ゴールド免許でここ10年以上は無事故無違反できていましたが、今日ついにその日が来てしまった。

毎日仕事で車を乗り回し、年間で3万キロくらいは走ってるので、そのうち捕まる日は来るのだけれど、今日生まれて初めて一旦停止で捕まってしまった。

とは言っても、ちゃんと減速して左右の安全確認をしてから徐行して交差点に入ったのだが、どうも警察の言うには、ちゃんと止まっていなかったらしい。

規則は規則なんでと言われたが、一体何のためにやっているんだろうね。

罰金のノルマのためと言われても仕方ないよなぁ。弱いものいじめだわ。

そもそも後ろからパトカーが近づいてきて、信号待ちの時にドアをノックされたんだけど、最初何のことを言っているのかさっぱりわからんかった。違反したつもりがないのだもの。

「え、ちゃんと止まりましたよ」

「でも見てましたから」

何にも証拠のない話。警察がノルマのためにグレーな人を捕まえたとしてもそんなん誰も何も証明できない。

ごねても無駄なので多少愚痴を言って罰金の青切符を受け取ったのだけど、あんまりあこぎなことをやると評判落とすだろうね。

私がきちんとマニュアル通りに止まらなかった(だろう)事と、警察がそれを咎めて罰金を科すことと一体どちらが悪質なんだろうな。

停止線では見えないからズルズルと交差点に出て、身を乗り出して安全を確認して、もちろん車は来ていなかったからそのまま進んだだけのことなのになぁ。安全に走行する上で必要な事は全部やっているんだけどねぇ。

もちろん厳密に言うとそれが違反なんだと言うことは「決まりは決まり」という点ではわかってますけどね。

そんなに悪質な運転をしている訳じゃないんだから注意喚起ぐらいで済ませるべきなんだろうけどな。本当はそういった指導も警察には通達されているはずなんだけど、ノルマかねぇ?

こんな事されても反省するどころか、歩いていたら鳥のクソがあたまに落ちてきたくらいのアンラッキーとしか捕らえられなくなっちゃいますわな。

クソなら拭けば落ちるんだけど、罰金7000円なり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

福地山登山

数年前、低山を中心に再び登山をちょいちょいと始めていた私でしたが、息子の少年野球にすっかり腰を折られてしまい、ここ数年は週末野球漬けの日々を過ごしていました。

終わったらまた山に行くぞと思っていたのですけど、結局今年一年は行こう行こうと思いながらなんだかんだで行かずに過ごしてしまった。今年高尾山に登りましたが、あれは登山と言っていい感じじゃないんで。

そんな折、仕事でも付き合いのある近所の知り合いが、最近山登りにはまっているということを聞きました。ずっと以前から知っているのですが、山に登っているなんて全然知らなかったので、この前合って話をしたときに、「今度一緒に行く?」と誘われて二つ返事でOKしました。

行き先は最初ということでそんなに長いコースではなくて、気軽に登れて景色もよくて、温泉なんかも楽しめたらなぁみたいなライトな感じで行きました。

選んだ場所は上高地の近く福地温泉のそばにある福地山。県外の低山についてあまり詳しくないので正直知りませんでしたが、景色がよくなかなか人気の山だとか。

久しぶりに登山する道具を引っ張り出してきてワクワクしながら準備。朝早くでかけました。181103083517982_photo
福地温泉の朝一をやっている所が登山口。アクセスがいいです。富山からだとすぐ近く。181103083702608_photo
紅葉ももう終盤ですが、まだまだ紅葉が綺麗。181103100651522_photo
登り初めてすぐに杉林を抜けたら目の前に焼岳の姿がバーンと現れます。噴煙上がっているかな?181103103637229_photo
乗鞍岳も綺麗に見えます。山頂にはうっすらと雪がつもっています。181103104050582_photo
人気の山だけあって登山道はしっかり整備されており、山頂にも大勢の人がいました。2時間くらいで山頂に到着。

紅葉の広葉樹の林の中から時折のぞく周囲の山々が綺麗で、いろいろ話をしながら登ったと言うこともあって2時間ほどですぐに着きました。

天気もいいし、こんな日の登山は最高です。181103105653972_photo
山頂で食べるカップラーメンは美味しいですね。実はコレ、この前妻と息子が大阪に遊びに行ったときに、日清のカップヌードルミュージアムで作ってきたオリジナルカップ麺。

山頂でコーヒーを飲んだりしながらしばしゆっくりと過ごしました。この時期は寒いのですぐに降りようかって事になるのですが、ポカポカ陽気で山頂が気持ちよかったです。181103115504190_photo_2
山頂からは穂高岳(写真右)から槍ヶ岳(中央)、笠ヶ岳(左奥)が一望にできます。残念ながら穂高と槍の山頂には雲がかかっていてしばらく槍の穂先が見えないかと待ちましたが、見えそうになかったのであきらめて下山。181103132313846_photo
下りも紅葉と周囲の景色を楽しみながら。

楽しみにしていた槍ヶ岳の勇姿は見られませんでしたが、気軽に登れる山なので、また来る機会があると思います。

焼岳、乗鞍岳、穂高連峰、槍ヶ岳、笠ヶ岳と名のある名峰がはっきりと望める贅沢な山でした。

帰りにはもちろん福地温泉で温泉につかって帰りました。硫黄の匂いの温泉で疲れを癒やし暖まりました。

やっぱり登山は楽しいですね。しかし、そう思ったのが遅く、恐らく今シーズンは初めの終わり。また来シーズンに登りたいですね。

冬山はやりませんし、もうスキーシーズンがすぐそこまで来てますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

15といえば

今日から11月。朝晩が冷えてきました。今日今シーズン初めて仕事にジャンパーを着ていきました。日中は脱いでいましたけど。

娘の誕生日ということで家でささやかにホームパーティー。

子ども達のリクエストもあって、なんだかんだでカラオケに行こうという話になって誕生祝いだからまぁいいかって事で家族四人で平日の夜に行ってきました。181101213719738_photo
こんな平日の夜にカラオケ行くなんて・・・。

そもそもカラオケ自体滅多に行かないけど。

最近のカラオケって進化していますね。

「お父さんの中学生の時なんて・・・」とか話をすれば、一曲歌う毎に100円入れてさ、そしたらレーザーディスクがウイーンって動いてさ。

そもそもレーザーディスクなるものがまったく理解できないだろうけど。

スナックに行けば、ママがカセットガシャンって差し込んでさ・・・。

娘は中三。15歳。

レベッカのMOONの歌詞で「娘は13になって盗みの味覚えて・・・」というのをずっと「娘は中三になって」と勘違いしていたなぁ・・・。

盗みといえばやっぱり15歳といえば「盗んだバイクで走り出す」歳だ。

「やり場のない怒り」とか「校舎の裏タバコをふかす」とかあんまりそんなのとは無縁っぽいのでいいのだけど・・・。

でもまぁ、実際に家出をしたわけでもないんだけど、「15の夜」の歌詞なんかに自分が15の時は共感する所も多かったのだけど、今の中学生の前では笑い話にされてしまう今日この頃。

カラオケといっても歌う歌が90年代初頭でストップしている私。15になった娘のために約25年ぶり程に尾崎豊の「15の夜」を熱唱してやりましたわ。

案の定「そんな奴おるんけ?」と笑われてしまう。昔は校舎の裏でタバコをふかして、校舎の窓割って大人達が嫌いで何かからの束縛から自由になりたいとあがく若者がおったのじゃ!

この支配から卒業したかったのじゃ!口うるさい大人達のルーズな生活に縛られても素敵な夢を忘れたくなかったんじゃ!

自分が15位の時、「15の夜」の歌詞に受けた衝撃と共感は娘にはおそらく1mmも伝わらないまま終了。

とまぁ、こんな感じで久しぶりで歌えるのかな?と思ったのだが、一応JOYSOUNDで92点程出たのでそれだけは満足。

中村あゆみ翼の折れたエンジェル理論で行くと。13で二人は出会い14で幼い心を傾けて、15であいつに預ける歳じゃ。16で初めてのキス、17で初めての朝・・・うわぁぁぁぁあ。

浜田省吾理論で行くと、15と言えば、通りのウィンドウに飾ってあったギターを見てイナズマが体を駆け抜ける歳じゃ。

藤圭子によると、15、16、17と私の人生暗かった・・・。

アンジェラ・アキによると、15の僕には誰にも話せない悩みの種があるのじゃ!

うーん、娘はどうなんだろ?なんだかのほほんとしておるなぁ。悩みなんかあるのかな?

まぁ、15歳なんだからあるだろう。15の悩みなんて親に相談してどうこうなるようなもんでもないしなぁ。

でもいいなぁ、15って。可能性は無限だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »