« 高山ドライブ | トップページ | 秋の入り口? »

2018年8月21日 (火)

白河越えならず

今年はいつもに増して高校野球をよく見ていました。結構面白い試合が多かった。

今年は高校野球の100回記念ということもあり少し注目されていました。少年野球などの野球人口の減少や、猛暑の中過酷な日程による開催に対しての批判的な声など、問題視される事の多い野球事情も一面ではあるのだが、始まってみれば大会始まって以来の入場観客数100万人突破。

なんだかんだ言いながらも高校野球人気は凄いですね。

今日は決勝戦がありました。今年は何と言っても大会前は桐蔭の二度目の春夏連覇なるかというのが最大の話題でした。確かに超校硬級の選手をずらっと並べた大型チームです。

しかし始まってみると、他の試合でも熱戦が続き面白かった。強いチームが弱いチームをボコボコにするのを見たいわけじゃない。接戦と熱戦。負けたら終わりという緊張感の中でしか生まれない筋書きのないドラマを見たい。

強いチームが必ず勝つ訳じゃなく、番狂わせも大いに起こる。時には「甲子園の魔物」と呼ばれる不思議な事も起こる。

もちろん私は100回の大会をすべて見ているわけではないのだけど、甲子園では数々の奇跡のようなことが起きて、それは凄く印象に残ります。

時には優勝候補と呼ばれながら、涙を呑むチーム。下馬評が高くないのに強豪を次々に破ってあれよあれよと勝ち進んで行くチームも珍しくない。

今回は秋田の県立高校金足農業が強豪を次々に破ってあれよあれよと決勝に進んでいった。国内での注目度も高まった。

高校野球では今や公立の高校が上位に食い込むことはかなりまれなことだ。今から11年前の2007年の佐賀北以来公立の高校の優勝はない。この試合は見ていたのだけど、8回の逆転満塁弾は今でも鮮明に覚えている。

今年はそれ以来の公立高校と、私立強豪校との決勝になった。果たしてあのときの奇跡がまた見られるのではないか。期待が高まった。

金足は学校近郊の学生のみ、しかも3年生は9人。名のある選手はいない。予選からたった一人の投手が投げ続け、メンバーも替えることなく9人だけで勝ち上がってきた。

今では投手の分業が進んでいるが、時にはたった一人で投げ抜いて勝ち上がってくる投手もいる。連投に次ぐ連投でボロボロになりながら。

あと一つの興味は、ついに優勝旗が白河の関を越えて東北の地に渡るのかどうかという事。第1回大会の秋田中学が準優勝に終わったのを始め、これまで東北のチームが決勝に進んだのは8回。すべて決勝戦で敗退している。

私が実際に見て記憶に残っているのは、1989年の仙台育英。大越投手も一人で投げ抜いていた。しかし一歩及ばなかった。その後ダルビッシュの東北。二年連続決勝の八戸光星。2015年の仙台育英も決勝で涙を飲んだ。

今回は決勝に進んだ両チームの力の差から言うと、これまでになく絶望的な感じであったが、それでも何か起こるのではないかそんなワクワクした気持ちで今日を迎えました。

結局は決勝まで投げ抜いた好投手吉田もついには力尽き下馬評通り圧倒的な力の差で桐蔭が春夏連覇を決めた。奇跡は起きなかった。

案外決勝戦で大差が付くというのは珍しいことではありません。

でも金足の選手達は最後まで強豪校に精一杯立ち向かいました。いいチームでした。今大会をすごく楽しませてもらいました。地元のチーム以外は割とフラットな感じで見ているのですが、久しぶりに熱く応援できました。

大差で迎えた7回に意地の1点を返したとき、熱いものが込み上げてきました。

秋田県盛り上がっただろうなぁ。

今年の甲子園も終わってしまいちょっと寂しいです。

|

« 高山ドライブ | トップページ | 秋の入り口? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白河越えならず:

« 高山ドライブ | トップページ | 秋の入り口? »