« 鎌倉から湘南 | トップページ | いよいよ横浜本番 »

2018年7月 4日 (水)

日本負けちゃった

Wカップも日本の敗戦で楽しみが少し減ってしまった。

戦前はどうせ予選で3連敗と思っていたのですけど、なぜかコロンビアに勝ってしまって、なんだかんだで予選を突破してしまって驚いた。

世の中全体が手のひらクルーっと返してしまった。

グループリーグを突破して、決勝トーナメント1回戦は深夜3:00からの放送。

早めに寝てから起きてちゃんと最初から見ました。

世界ランキング3位のベルギーにボコボコにやられるのかと思いきや、日本が先制し、さらに追加点を奪い2点をリードしてしまった。

サッカーって小学校のサッカーでもあるまいし、実力差があるとは言え、プロ同士の対戦で2点差を追いつかれると言うことまではあっても、2点差をひっくり返されるなどということはよほどのことが無い限りはない。

事実W杯の決勝トーナメントまで勝ち上がってくるチーム同士でいうと48年振りの出来事である。

さすがに私もこりゃ、もらったかなとかなり思っていたのでビックリ。しかしまぁ、最後のカウンターは凄かった。あそこで一番力の差を感じました。美しいカウンターでした。

いろんな意味で予想が覆される大会でした。

決勝トーナメントに出場を決めた際の時間稼ぎや、その他采配についても、様々な意見がありますね。

下馬評を覆し決勝トーナメントに進んで、世界最強の攻撃力のベルギーを相手に最後まで互角に渡り合ったことをよくやった、と褒める評論もあれば、結局のところ10人のコロンビアに1勝しただけで、1勝2敗1分けに終わっただけで、結果だけ見れば全く通用していないだろって意見もあります。

それだけ訳のわからない大会だったかもしれません。

でも日本の得点シーンでは思わず「オーッ」と声も出ましたし、興奮できました。

でも、ワールドカップって、優勝経験のあるイタリアでも今回出られていませんし、あのオランダも出場できず。過去にはイングランドも出られなかった事ありますし、予選落ちということであれば、今大会は優勝候補のドイツが予選落ちしましたし、フランスだって、ポルトガルだってスペインだってアルゼンチンだってブラジルだって長い歴史の中では予選落ちしたこともある。

必ずしも下馬評通りには事が進みませんし、ビックリすることも起きるから見ていて面白いのかもしれませんね。

私はそんなにコアなサッカーファンではないですから、あまり細かいことは言いたくありませんが、ここ2週間間違いなく楽しませてもらいました。

また四年後が楽しみですね。

|

« 鎌倉から湘南 | トップページ | いよいよ横浜本番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/66901880

この記事へのトラックバック一覧です: 日本負けちゃった:

« 鎌倉から湘南 | トップページ | いよいよ横浜本番 »