« 最後の夜 | トップページ | 今度は大阪 »

2018年7月16日 (月)

ちょっと寄り道高尾山

海の日3連休の週末はちょっとバタバタしていて、そのバタバタの様子は追々書いていくとして、まずは先週の横浜の帰り道の話。
月曜日から3泊しての木曜日の朝、この日は帰るだけという予定。とは言っても新幹線でビール飲みながら帰るんじゃなくて、一人で運転して帰らないといけない。
この前来たときに山下公園を見たのだが、そのすぐ近くにある赤レンガ倉庫は見ていなかったので、帰る前にちょっと寄ってみることにしました。180712071949595_photo
平日朝7時過ぎの赤レンガ倉庫。もちろんオープン前なので人は全然いません。駐車場もスカスカ。180712072158212_photo
年間600万人もの人が訪れるみたい。さぞかし普段は人で溢れているんだろうな。中には入れなかったので外観の写真を撮って退散。一応横浜でのお約束の一つをクリア。
そのまま首都高から一部下道を経由して東名に乗りました。180712084038436_photo
海老名SAの下りでお土産を購入。上りは行ったことがあったけど、下りに来たのは初めてでした。横浜土産のお菓子を数個と、評判のメロンパンを娘のために買いました。
圏央道に乗り換えて中央道八王子ジャンクションまで行くのですが、その手前に高尾山があります、別にそんなに慌てる旅でもなかったし、行ったこともないから高尾山にでも行ってみるかという軽い気持ちでICを降りてみました。180712092121731_photo
平日朝と言うことで高尾山と言えども人は少ない。ケーブルの乗り場で往復の乗車券を購入。180712092251145_photo
有名なケーブルカー。立山の美女平ケーブルによく似ています。もちろん座ってゆったり乗れました。180712110152280_photo
途中約31度の日本の鉄道における最大勾配があります。180712093844097_photo
山頂の駅です。天気がとても怪しいのですがなんとか持ってくれそう。思いつきできたので手ぶら、雨具なんかありません。180712094303138_photo
登山道に入ります。登山道というより遊歩道ですけど。180712094512299_photo
山頂までの途中に真言宗の霊場「高尾山薬王院」があります。途中までの登山道はそこに至る参道みたいな感じですかね。180712095052813_photo
山門が見えてきました。180712095840154_photo
本社の権現堂。天狗が住む山とされていますので至る所に烏天狗の像があります。
薬王院を過ぎてしばらく行くと山頂に着きます。180712100900179_photo
高尾山山頂。あっさり着きました。湿度が高かったのでそこそこいい汗かきました。
普段は人でごった返しているのでしょうが、山頂にいたのは20人くらいでしょうか?180712101240284_photo
ユリがたくさん咲いていました。雨こそ降りませんでしたが雲がかかって山頂からの富士山の姿は拝めませんでした。

コースはいくつかあるのですが、一番メジャーなコースを往復。時間もありませんでしたし。

来た道をそのまま降りて下山。

これを登山と言っていいのかどうかはともかく年間約260万人の登山客が訪れる世界一の登山者数を誇る山、高尾山制覇。ケーブル使えば1時間もかかりませんけど。

なかなかこんな機会もないのでいい思い出になりましたが、そこそこ人気があるのはわかりますが、ここまで人気があるのがまったくわかりませんでした。260万人も来る魅力はどこにあったのでしょうか?何か見落とした?

一応薬王院で今回の仕事の無事の成功を祈ってきました。名目はそれ。

昼前には中央道に乗って、松本から安房峠を越えて富山に帰るいつものルート。

そこはいつものことなんで割愛。

仕事に行ったのに記事を見ると遊んでばかりいるみたいですが、仕事はしっかりやってきましたから。そりゃぁ仕事のことなんか書いても面白くないんで全く書いていませんからね。

ただ帰るだけという日程なのに、どこにも寄り道しないでまっすぐ帰るような馬鹿にはなってはいけないと思いますんで。

いろんな経験を積んで人生に厚みを持たせるのも仕事に繋がる大事なことと一応考えております。あこ行ったよ、ここ行ったよと話が膨らみますしね。口を開けば仕事の話しかできない奴と話しててもまったく面白くないですから。

「仕事しかできない奴は仕事なんかできない」というのがモットーですので。

というわけで今回の横浜出張はおしまい。横浜楽しかったなぁ。また機会があれば行ってみたいものです。

|

« 最後の夜 | トップページ | 今度は大阪 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと寄り道高尾山:

« 最後の夜 | トップページ | 今度は大阪 »