« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月)

仕事を休んで娘の応援

今日は月曜日なんだけど、久しぶりに平日に代休を取ってお休み。先々週も土日働いたし、昨日の日曜も働いたし、代休取らないとね。

といっても、別に何も用事なくて取った訳じゃなくて、何かというと今日は娘の吹奏楽部のコンクールがあったのでした。180730181313847_photo
今年3年生の娘にとっては3年間の集大成とも言える大会です。もちろん県代表になればこの先も少し延命するのですけど、この大会と今週末にある大会で代表になれなければ実質中学校の部活は引退となります。

娘は吹奏楽部が好きらしく、いつも真面目に部活動に取り組んでいるようでした。

1年生と2年生の時の去年と一昨年は息子の野球なども忙しかったり、まだ最上級生というわけではなかったのでほとんど娘の部活の演奏を聴きに行くと言うこともなかったのですが、さすがにもう最後という事ですと聴きに行ってやろうかなと思って休みを取りました。

いつも家に遊びに来る娘の同級生の子達も出ていますしね。応援してあげましょう。180730133627070_photo
場所は魚津の新川文化ホール。久しぶりに来ました。

娘の出番は昼過ぎでした。30分程前に会場に入って他の学校の演奏もいくつか聴きました。

数ヶ月前に一度この大会で演奏する曲を吹いているのを聴いたのですが、その時はお世辞にも上手とは言えませんでした。私もあまり中学の吹奏楽部の演奏をよく聴いているわけではないので、「こんなもんか?」と思ったのですけど、それから大会に向けて数ヶ月練習した成果はどうでしょう?

やっぱり、凄く上達しているように感じました。終わった後も嬉しそうな顔をしていましたので満足のいく演奏ができたのかな?

野球やサッカーと違って、誰かがスーパーゴール決めたり、満塁ホームラン打ったりなんてことは吹奏楽部にはありません。どうんなにスゲー奴が一人いてもどうにかなるようなことはないですね。全体的なレベルと調和が必要ですよね。

もちろん細かい技術的なことはわかりませんけど、いい演奏に聞こえました。

もし県代表になったらまた聴きに行ってやろうと思います。これを書いている段階では結果は出ていませんが、代表になれていたらいいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

逆走?

西日本の豪雨被害、連日の異常な猛暑、そして今回の台風12号の進路などこれまでにない気象が今年は続きます。今年の気象という意味では、冬にあった例を見ない豪雪被害も以上と言えば異常気象です。
<p>
日曜日の昨日は外での仕事がある予定でした。
<p>
今回の台風は進路の予測が結構変化していまして、最初の予定では富山県の付近を通過する可能性があった。
<p>
まったく雨が降らないからこれでちょっと雨でも降って地表の熱が下がらないかなと思ったりもした。
<p>
一緒に仕事する業者からは「台風も来るし延期する?」と電話があったくらいなのだが、結局進路が変わって台風は富山に来なくなったので、予定通り仕事をした。Tai12
まさか台風が西に向かって進むなんてねぇ。こんなの初めて見ました。
<p>
結局今回の台風では全然雨は降らず終い。これで何日連続で降っていないんだろ?こんなに雨が降らないのもあまりないかもしれない。
<p>
朝から予定通り仕事をしたのですが、台風の影響かまたさらに気温が上がり、現場の外気温は36℃を越えていた。
<p>
湿度と併せて熱中症の警報がなる温度計があったのだが、ピーピー鳴って「危険」のところを指していた。
<p>
ちょっと動いただけで全身ずぶ濡れ、汗がバンバン噴き出してくる。呼吸も乱れるし、あかん、仕事する気候じゃない。
<p>
まぁそんなにハードな仕事ではなかったので、休み休みどうにか無事に終了。一杯着替えました。
<p>
週間天気予報をみても天気はずっと晴れ。しかも33℃だか34℃だか。たまりませんわ。
<p>
夏休みだから週末には、子ども達もサッカーの試合やら野球の試合やらも一杯あるのですが、この気温だと外で体を動かすとなると危険ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

これが若さか・・・。

毎日毎日猛暑の日が続いています。いったいいつになったら雨が降るのやら、ちょっと台風が来ているみたいなのですが、いい加減少し降ってちょっとは涼しくなってもらいたいものです。

いつの間にやら夏休みに入って子ども達が家にいます。

最近の暑さでこっちは随分夏ばて気味なのですけど、息子なんか朝から半日部活で外で運動してきて、お昼ご飯食べてから近所のお友達と公園までテニスしに行って、夕飯食べてから夜にジムで運動するというすさまじい体力。

中学生ってスゲぇなぁって改めて思いました。

馬鹿なんじゃないかと思うくらい。

自分もこんな体力馬鹿な時は確かにあったなぁと思い起こせますが、その体力は一体どこに消えてしまったのやら・・・・。

本当に若いってうらやましいと思うおじさまでした。

若いときにはその価値なんて屁とも思ってないんですけどね。

人は何でも失ってみないとその価値には気付かないものです。

もしもその価値を失う前に気付くことができればきっといいことがあると思いますね。

いつか全力で走れなくなるときが来るとか、お腹が出てきてちょっと動いたら息切れしたりとか、体を動かすことが面倒になったりするとか、絶対信じられないと思うんですよね。

私も中学校くらいの時はそんなこと考えもしなかったです。Sya
だいたい、この画像がおっさんじゃないと意味がわからないという・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

今シーズン最狂

しかしまぁこの猛暑いつまで続くのやら、全国で熱中症患者が続々と出ています。

気をつけないとね。

今日は久しぶりに現場仕事でした。今日も予報は35℃オーバー。

しかも今回はめっちゃ汚くて、ちょっとあまり体によくない薬品が周囲にあるという現場で、どうしても保護着を着ないといけない現場でした。Mono61017616
こんなやつ。

こんな気温の時にやる仕事じゃない。でも仕方ないのであります。仕事なんでね。

朝から灼熱。工場は天井が保温無しのスレート。壁ももちろん保温無し。窓開けても風なんか入ってこないし、湿度が高く蒸し風呂状態。

仕事初めてすぐに全身汗でべっちょべちょ。パンツまでビチョビチョ。

もちろん仕事でやっていると熱中症になんかなっちゃうと労災になって偉い目にあうので、休憩と水分を大量に取りながら。

体感気温は40℃肥えていると思う。不快指数もマックス。

何リットル飲んだかな?アクエリなど5L近く飲んだかもしれない。でも全然小便が出ない。全部汗。

昼過ぎが一番きつかった。本当に目眩しそう。明日もあるので三時過ぎに早めにお片付け。というかそれ以上できない。みんなフラフラ。ちょっと危険を感じました。

明日も35℃超えそう。

夏場にいろんな仕事をしてきましたが、過去5本の指に入るヤバさでした。案外外の仕事ってヤバいランキングに入らないんですよね。倒れそうになるのは高温の時期の湿度の高い屋内の仕事。

湿度が高いのは本当にヤバい。

明日も頑張ります。無事終わって美味しいビール飲みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

加藤剛さんと「風と雲と虹と」&「獅子の時代」

先日横浜に行っていましたが、その道中のニュースで俳優の加藤剛さんが先月の6月18日に80歳でお亡くなりになっていたことがわかったとやっていました。

加藤剛さんと言えば、何と言っても大岡越前のイメージが強いのかもしれないが、いくつかNHKの大河ドラマにも主演しておられました。

昔の大河ドラマの映像を今年に入ってたくさん見ていたのですが、加藤剛さんの主演作品としては、「風と雲と虹と」(1976)をまず見ました。Kazekumoniji
この作品は平安時代の平将門、藤原純友の乱を描いたもので、登場人物が今ひとつメジャーじゃないというか、ちょっとパッとしない話であまり一般受けしなかったかもしれない。

NHKの大河ドラマとしては14作目なのだが、全編の映像が残っている作品としては最古の作品だそうな。それ以前の映像ってどんな管理されていたんでしょうかね?

若き日の加藤剛演じる平将門は正直で正義感に溢れる主人公でした。忍者のような草刈正雄演じる鹿島玄明。若き日の草刈り正雄って凄いイケメン。

吉永小百合演じるヒロイン貴子は将門の恋人であったが、兵士達に寄ってたかって慰み物にされて裸で打ち捨てられるという壮絶な最期も衝撃的。今の大河じゃ絶対にこんなシーンは放送されないな。

緒形拳演じる藤原純友と加藤剛演じる平将門の名演はなかなか見物で、硬派な大河ドラマで、最近の学園ドラマのような大河ドラマと違って見所たっぷりの作品だった。

他にも宍戸錠、米倉斉加年、山口崇、丹阿弥八津子、星由里子、蟹江敬三、西村晃、峰岸徹、露口茂、太地喜和子などそうそうたる共演者も魅力的でした。

その後、1980年に放送された大河ドラマ「獅子の時代」も加藤剛主演の作品でした。これも最近見たばかりでした。Shishi
平安時代から打って変わって、幕末明治維新を描いた作品で、薩摩藩士、苅谷嘉顕役の加藤剛と会津藩士、平沼銑次役の菅原文太が主人公の作品なのですが、二人とも歴史上では架空の人物という大河ドラマでは珍しい設定です。

山田太一の脚本で、主題歌が宇崎竜童の異色なテーマ音楽で、作中に流れる音楽も非常に特量的な作品でした。

この二人の主人公の間に立つ大原麗子演じる「もん」という女性が二人の運命を大きく左右していくのですが、この大原麗子がとにかく美人。この大原麗子を見るためだけにこの作品を見たとしても価値があるくらいの作品。今こういった魅力の女優はあまりいなくなりました。

他には何と言っても菅原文太が凄く魅力的。素直にかっこいい。私がこの作品を見たときには加藤剛さんはまだ生きていたのですけど、もう三人ともお亡くなりになってしまったんですね。

この「獅子の時代」の舞台の一つがまだ開港間近の横浜でした。今回横浜に行ったときに加藤剛さんの死を知り、この作品を見て横浜開港の歴史や遺構についても調べたりしました。

「風と雲と虹と」の平将門、「獅子の時代」の苅谷嘉顕の加藤剛演じる二人の主人公は作中で二人とも非業の死を遂げるという役なのですが、どちらも真面目一本気な性格という主人公で現実の加藤剛さんのイメージにもピッタリな役でした。

菅原文太演じる平沼銑次の妹役で若き日の大竹しのぶが出ていますが、まだ初々しい。

今年の大河ドラマは西郷隆盛が主人公ですが、この作品にも時代設定が同じなので西郷隆盛も出てきますし、大久保利通も出てきます。
時代的には「獅子の時代」「篤姫」「八重の桜」「西郷どん」は同じなのですが、それぞれ共通の人物がどのような描かれ方をしているのか比べてみるのも面白いかもしれません。

「獅子の時代」数多くの大河ドラマを見ましたがその中でも一、二を争うくらい面白い作品でした。随分昔の作品ですが、大河ドラマの名作は絶対に昔の作品の方が面白い。

役者がアイドルタレントとか可愛いだけの女優とかが出て無くてちゃんと役者だし、予算のかけ方が今と段違いですしね。大河ドラマはまずアイドル出演させるのをやめた方がいいと思う。

最近行った横浜と、加藤剛さんの死、そして今年見た大河ドラマと言うことでちょっと思いを書いてみました。

どんどん魅力的な俳優さんがいなくなっていき寂しいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

大阪フリータイム

灼熱の大阪2日目。今日も大阪は35℃以上の予報。しかしヒートアイランドだかなんだかわからないけど、気温以上に暑い。

今日は帰りのホームに集合という完全フリータイム。私はまったくお土産だか買い物だかに興味が無いので、一人フラフラと大阪の街を散策することに。

まず向かったのは、娘が受験生と言うことで、合格祈願のお祈りでも捧げてくるかと、大阪天満宮。学問の神様菅原道真を祀った神社です。大阪には他にも天満宮はあるのですが、大阪天満宮は1000年以上もの歴史がある由緒正しき神社。

地下鉄で近くまで行って歩いて神社に向かいます。180715090236964_photo
天満宮に行くと、大勢の人たちが集まってなにやら準備をしています。なんだろうなと調べてみると、来週天神際という天満宮のお祭りがあるようでその準備みたいです。

天神際は日本三大祭りと呼ばれる、「祇園祭」「神田祭」「天神祭」の三つのうちの一つらしい。なんだか凄いお祭りなのね。1000年以上もの歴史のあるお祭りらしいですが、それは凄いですね。180715090323106_photo
さっそくお賽銭を入れて、娘の合格を祈願。これで大丈夫?180715090948720_photo
裏口から出てみました。180715091547380_photo
天満宮の近くには日本一長い2.6km、約600軒の商店が軒を連ねるアーケード街天神橋筋商店街があります。御神燈がかけられて、お祭りムード。なかなか観光に来ない場所ですね。180715091436046_photo
アーケードの入り口には御迎人形が飾られています。天神祭の船にかつて乗せられていた人形だそうです。

天神橋筋を後にして、梅田方面に向かおうと思いましたが、調べてみると梅田まで3km弱。地下鉄で行こうかとも思いましたが、時間もありましたし、何かあるかもしれないので、歩いて行くことにしました。

特に下調べも何もしていませんが、時にはブラブラ歩いて行くのもいいかもしれません。

しかし、気温は高く、歩いていると汗だく。

通りを行くと、なんだか道の中に変わったものが見えてきました。180715093652001_photo
道路の車線上に木が生えていて社が建っています。180715093637712_photo
本当に道の上にってて、道路が迂回しています。なんだろうなと思って調べてみると、これは「龍王大神」というという祠で、生えている銀杏は樹齢300年以上。かつて空襲の時にはこの木の前で火の手が収まったとされ、火除けの神様として大切にされていいるそうな。

都市開発に伴って、この銀杏を伐採しようとしたら関わった人が怪死したというエピソードがあるそうな。

こういうのちゃんと残しているのも凄いですね。実際の交通のことなんか考えたらめっちゃめちゃ邪魔なんですけどね。

ブラッと歩いていたら珍しいものを見つけました。

そのまま梅田に向かって歩いていると、通りにあるお寺の前に「大塩平八郎の墓」と石碑が立っていました。門は開けられていて中を見ると墓が建ってます。180715092232612_photo
日本史の授業で習った大塩平八郎の乱の首謀者大塩平八郎は大阪の天満の生まれらしいです。もう一つの墓は平八郎の養子の各之助の墓らしい。戦災で失われた墓を再建したそうで、比較的墓は新しい。

暑い中歩いて大変だったが、あっさり地下鉄で行かないで正解だったかな。全くの偶然ですが大阪の歴史の一部に触れる事ができました。

賑やかな繁華街だけじゃなくて、大阪には長い歴史があって、このような史跡も多く存在していますが、あまりそこには目が向かないでいるかもしれません。

そのまま梅田に行き、梅田界隈をブラブラしながら食事を食べたりして時間を潰しました。

しかしまぁ、暑いのなんの、人は凄いし、ヘトヘトになりました。

とりあえず今回の大阪旅行はこれにて終了。

大阪だけじゃなくて全国的に今週一週間は猛暑が続くみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

今度は大阪

先週月曜日から木曜日まで出張で出かけていましたが、金曜日はその間にたまった仕事の山。

それで土曜日からは海の日の3連休に突入したのだが、土曜日は今度大阪へ。これは仕事ではなくてプライベートのお出かけなのだが、家族じゃなくて、男同士仲間内での以前より企画されていた旅行です。

朝早く新幹線で金沢へ、サンダーバードで大阪に着いたのは9:30頃。そこからみんなでUSJに向かいました。どこに行くのか、何をするのかは基本お任せ旅。

この日は大阪では39℃の予報も出るほどの猛暑。灼熱のUSJへいざ!180714095036819_photo
いやぁ、暑い暑い、暑いなんてもんじゃない。

今回はせっかくなのでエクスプレスパスを購入しました。四つの乗り物に乗れるというもの。値段は9600円。相変わらずのぼったくり。

何度かUSJに行ってますが行く度にひどくなっている気がします。

とりあえず、せっかく買ったので順番にチケットを消化することに。ハリーポッターに乗り、ウォーターワールドを見ます。180714114741501_photo
今回の旅行チケットについてきたおまけのパンプキンジュース。何と800円。絶対買わないわ。正気の沙汰とは思えない値段設定。しかもまずいという・・・。

この灼熱のUSJ。照り返しなどで体感温度は凄いことに。あまりの暑さにちょっと人は少なかった印象。西日本豪雨被害の影響もあったのかな?

ともかく汗だく。喉渇いてカラカラ。日焼けしてズキズキ。子供連れも結構いましたが、連れてきたら児童虐待レベルの暑さ。熱中症で具合悪くなった人結構いたんじゃないかな?180714110415861_photo
そういえば、最近ミニヨンのコーナーができたんですけど、そこは見たことがなかったのでとりあえず見にいきました。アトラクションは並べないのでパス。

はっきり行って涼しいところで休んでいたかったのですが、約10000円もエクスプレスパスに費やしたので勿体ない根性で先に進みます。貧乏性なんで。

フライングダイナソー、ジョーズとまわって、もう一つのおまけチケットのフードをもらいに。180714142113704_photo
エルモまん。このクソ暑いのにアッチアッチの肉まん。食べましたよ貧乏性なんで。でもこれ買ったら450円。やり過ぎだろ!

最後にドリームザライドをこなしてノルマ達成。結構フラフラになりながらUSJを後に。いやぁ、凄い気温だった。蒸し暑いのなんの。

水分取ろうと思って自販機に行けば300円だし、やり過ぎだろ!

しかしまぁ、大阪は外国人観光客が増えていると聞いていましたが、いっぱい来ていましたね。180714175058770_photo
ホテルは道頓堀の近く。みんなで夕食に向かいます。180714181715470_photo
今回はもつ鍋。暑かったのでビールが美味い。180714195119906_photo
夕飯の後はフラフラとその辺を散策。日が落ちてもじっとり暑い。人混みの汗と香水と、飯屋の油の匂いと下水の匂い。大阪の匂い。毎回エネルギッシュな街だなぁってそれは感心します。180714220119684_photo_2
先日のワールドカップでも大勢が道頓堀に飛び込んでいた戎橋。いつも思いますが、あの汚い川に飛び込むなんて凄い。口に川の水入るって考えただけで身の毛がよだちます。

橋の上は相変わらずの混雑ですが、ほんとうに外国人だらけ。2年前に来たときも思ったのですが、またさらにその割合が増えている気がします。

飲んで、食べて、歩いてホテルに帰って、シャワーを浴びて倒れるように寝ました。いやぁ、ハードな一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

ちょっと寄り道高尾山

海の日3連休の週末はちょっとバタバタしていて、そのバタバタの様子は追々書いていくとして、まずは先週の横浜の帰り道の話。
月曜日から3泊しての木曜日の朝、この日は帰るだけという予定。とは言っても新幹線でビール飲みながら帰るんじゃなくて、一人で運転して帰らないといけない。
この前来たときに山下公園を見たのだが、そのすぐ近くにある赤レンガ倉庫は見ていなかったので、帰る前にちょっと寄ってみることにしました。180712071949595_photo
平日朝7時過ぎの赤レンガ倉庫。もちろんオープン前なので人は全然いません。駐車場もスカスカ。180712072158212_photo
年間600万人もの人が訪れるみたい。さぞかし普段は人で溢れているんだろうな。中には入れなかったので外観の写真を撮って退散。一応横浜でのお約束の一つをクリア。
そのまま首都高から一部下道を経由して東名に乗りました。180712084038436_photo
海老名SAの下りでお土産を購入。上りは行ったことがあったけど、下りに来たのは初めてでした。横浜土産のお菓子を数個と、評判のメロンパンを娘のために買いました。
圏央道に乗り換えて中央道八王子ジャンクションまで行くのですが、その手前に高尾山があります、別にそんなに慌てる旅でもなかったし、行ったこともないから高尾山にでも行ってみるかという軽い気持ちでICを降りてみました。180712092121731_photo
平日朝と言うことで高尾山と言えども人は少ない。ケーブルの乗り場で往復の乗車券を購入。180712092251145_photo
有名なケーブルカー。立山の美女平ケーブルによく似ています。もちろん座ってゆったり乗れました。180712110152280_photo
途中約31度の日本の鉄道における最大勾配があります。180712093844097_photo
山頂の駅です。天気がとても怪しいのですがなんとか持ってくれそう。思いつきできたので手ぶら、雨具なんかありません。180712094303138_photo
登山道に入ります。登山道というより遊歩道ですけど。180712094512299_photo
山頂までの途中に真言宗の霊場「高尾山薬王院」があります。途中までの登山道はそこに至る参道みたいな感じですかね。180712095052813_photo
山門が見えてきました。180712095840154_photo
本社の権現堂。天狗が住む山とされていますので至る所に烏天狗の像があります。
薬王院を過ぎてしばらく行くと山頂に着きます。180712100900179_photo
高尾山山頂。あっさり着きました。湿度が高かったのでそこそこいい汗かきました。
普段は人でごった返しているのでしょうが、山頂にいたのは20人くらいでしょうか?180712101240284_photo
ユリがたくさん咲いていました。雨こそ降りませんでしたが雲がかかって山頂からの富士山の姿は拝めませんでした。

コースはいくつかあるのですが、一番メジャーなコースを往復。時間もありませんでしたし。

来た道をそのまま降りて下山。

これを登山と言っていいのかどうかはともかく年間約260万人の登山客が訪れる世界一の登山者数を誇る山、高尾山制覇。ケーブル使えば1時間もかかりませんけど。

なかなかこんな機会もないのでいい思い出になりましたが、そこそこ人気があるのはわかりますが、ここまで人気があるのがまったくわかりませんでした。260万人も来る魅力はどこにあったのでしょうか?何か見落とした?

一応薬王院で今回の仕事の無事の成功を祈ってきました。名目はそれ。

昼前には中央道に乗って、松本から安房峠を越えて富山に帰るいつものルート。

そこはいつものことなんで割愛。

仕事に行ったのに記事を見ると遊んでばかりいるみたいですが、仕事はしっかりやってきましたから。そりゃぁ仕事のことなんか書いても面白くないんで全く書いていませんからね。

ただ帰るだけという日程なのに、どこにも寄り道しないでまっすぐ帰るような馬鹿にはなってはいけないと思いますんで。

いろんな経験を積んで人生に厚みを持たせるのも仕事に繋がる大事なことと一応考えております。あこ行ったよ、ここ行ったよと話が膨らみますしね。口を開けば仕事の話しかできない奴と話しててもまったく面白くないですから。

「仕事しかできない奴は仕事なんかできない」というのがモットーですので。

というわけで今回の横浜出張はおしまい。横浜楽しかったなぁ。また機会があれば行ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

最後の夜

今週の月曜日に横浜に来て今日が最後の夜。メンバーはまだしばらくこちらで仕事をすることになると思いますが、私は一人明日帰ることになります。

横浜は見るべきところが多くてとても見切れません。今回は中華街、山下公園、横浜スタジアム付近に宿泊していましたので、その周りはぶらぶらしましたが、横浜駅、みなとみらいのあたりには行ってません。これはまた次回(あるのかな?)の課題とします。

今日は仕事も頑張って、みんなでホテルに戻って一緒に夕食を食べに行きました。私は最後の夜なのですがみんなはまだ先が長いということで、一人フラフラと夜の関内を歩き回ってきました。180711221323470_photo
関内駅。横浜スタジアムに向かう観客が大勢乗り降りしますが、試合も終わり人もまばらでした。

今日はオールスター前の前半最後の試合。残念ながらベイスターズは1-2と連敗。

関内駅の周りにはまだまだベイスターズのユニフォームを着た人が大勢歩いています。180711221556771_photo
さようなら、横浜スタジアム。180711223333148_photo
何も食べはしませんでしたが、中華街もふらふら歩いてみました。もうほとんどの店は閉店。

普段は近所のコンビニに行くにも車で行くような生活をしていますが、いっぱい歩きました。フラフラ、ブラブラ。

もっといっぱい滞在したいところですが、残念です。

たくさんの居酒屋や飲みに行くところもあったんですけど、仕事もあるということで食べに行くだけで飲みにいかなかった。関内でお酒を飲んでみたかったなぁ。

明日は帰るだけですが、帰るだけといっても一人で長時間運転していかなくてはいけません。

ゆっくり寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

私には特別な試合

横浜での二日目。仕事の方は今日から本格的に始まって、今日は一生懸命働きまして、順調に一日が終わった。

仕事も頑張って、遊びも頑張るということでアフターは予定通り横浜スタジアムでベイスターズとドラゴンズの試合を見に行きました。一緒に行ったメンバーは野球に興味がないので、今日は私一人で行きました。

もっとも、前日に予約したので並んで座れる席もあいてなかったんですけど。Screenshot_20180710225521
入場口でスマホのチケットを係員に見せると、印鑑を押されます。

私が泊まっているホテルは球場のライト側にあり、座席はレフト側なので、入場してスタジアムの中をバックネット側を経てぐるりと一周する形でスタンドに向かいました。飲食店やグッズショップを眺めつつ歩きました。180710190144727_photo
仕事が終わってからでしたので座席についたのは二回の裏くらいだったかな?初回に中日がツーランホームランで先制、裏にベイスターズが1点返したという2-1の状況。席に着くなり早速可愛いビール売りのお姉さんから生ビールを買い観戦開始。

横浜スタジアム大きいです。敷地の面積は狭いのですが急斜面のすり鉢状になっていて私的にはすごく美しい形だと思います。

以前はオレンジ色の座席があったんですが、今シーズンから座席のすべてがブルーになりました。そこにベイスターズのユニフォームを着た観客がいて、球場はブルー一色。180710193648582_photo
各回の間にはいろいろな催しが行われます。

私は別にベースターズのファンでもなんでもないのですが、今日はベイスターズファンとして、応援の手拍子や、ヒットが出たときに盛り上がっていました。今日の試合はホームランが両チーム合せて六本も飛び出す乱打戦でした。

たまたま隣の席に座った女性が熱心なファンの方で、歌を歌ったり、プレーに一喜一憂しすごく楽しそうでした。ビールもいっぱい飲んでましたし。

今日は中日を横浜が追いかける展開でしたが、4回にピッチャーのウィーランドがバックスクリーンにソロ、1番に返って桑原がツーランでついに4-4の同点に追いついた時には、スタンド大盛り上がり。とりあえず私も回り中の観客とハイタッチして喜びを分かち合いました。楽しまにゃぁ損。180710210547336_photo
7回の攻撃。結局4-4に追いついたまではよかったのですが、横浜の投手陣が崩れ、6回には中日ビシエドに満塁ホームランを浴びて万事休す。

連れがおらず、一人で見ていた私は、隣のコアなファンの女性とベースターズ談義をしながら、あの選手はどうだとか、こうだとか楽しく観戦できました。しかし、最近あまり野球を見ない私は、ベイスターズの選手では筒香しかよくわからないのであります・・・。

進藤、石井、畠山、駒田、ローズ、佐伯、谷繁、鈴木とかの話だったらわかるのですが・・・。

肝心の筒香のホームランは見ることができませんでしたが、センターフェンス直撃のツーベース見られたので満足。180710210730664_photo
写真ボケボケですが、中日の岩瀬を見れました。岩瀬は今年44歳。実は同級生です。松井秀樹と同じ歳なのですが、まだ現役で頑張ってます。再び投げる姿を生で見る機会はないだろうなぁ。

後は薮田審判の「卍」を生で初めて見ました。Yabuta
これ(全然別の試合の画像です)。見逃し三振の時にしかしないのですが、今日の試合見逃し三振は1回しかなかったので、見られないかとハラハラしましたが、見られてよかった。

中日山井のピッチングも見られてよかった。
Screenshot_20180710225618
今日の結果です。乱打戦。ピッチャーグダグダでした。いつもやっている試合の一つでしかないのですが、私にとってはハマスタで生で観戦という今後生涯もう一回あるかないかという特別な試合でした。180710220504674_photo
乱打戦のため試合終了は少し遅くなりました。ベースターズ負けてしまいましたし、最後は大差がついたのですが、結局最後まで席を立たず観戦を楽しみました。

夕飯を食べていなかったので、帰りに球場周辺を歩き回ってラーメン食べて帰りました。

行ってよかった。ハマスタの雰囲気がすごく良かった。機会があればまた行ってみたいのですが、なかなか難しいだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

いよいよ横浜本番

先月末、仕事の下見と打ち合わせに横浜の方に来た記事を書きましたが、今日はいよいよその本番。メンバーを連れて朝から横浜の方へ移動しました。

西日本を中心に大雨で甚大な被害が出ましたけれど、今日は朝からすっきりとしたいい天気。しかし湿った空気が大陸を覆っているのか、非常に蒸し暑い。

高速で糸魚川まで行き、下道を安曇野まで行ってから長野自動車道に乗るという前回と同じルートで行きました。

中央道に乗って甲府を経由して神奈川に入ります。圏央道から東名を経由して横浜に向かいます。

途中双葉SAで昼食。ここで食べたの初めてでした。前回は横浜に向かう道路が結構渋滞していたのですけど、今回はスムーズ。目的地には15:00前に到着しました。7:00に会社を出発したので約8時間ほどのドライブでした。今回は一人で運転していきましたので、疲れました。

今日は荷物を降ろしたり、各種手続きをしたりで終了。本格的な作業は明日以降から始まります。

ホテルにチェックインしてみんなで夕食を食べに行きました。180709191331559_photo
ホテルは前回と同じく横浜スタジアム近くのホテル。横浜スタジアムは現在東京オリンピックの野球、ソフトボール会場となることを見越して、座席数の増設などの改修工事を行っています。180709193543848_photo
今日の夕食はラーメン。横浜といえば何といっても「家系ラーメン」。この系列のラーメン屋さんはたくさんあるのですけど、ホテルから徒歩圏内ということでそんなに選択肢はありませんでしたけど、おいしいという口コミを見ていきました。勢いに任せて大盛り頼んだんですけど、重たかった・・・。

味が濃いのでちょっとおじさんにはきついかな?

今日から横浜スタジアムではドラゴンズとの三連戦を行っています。球場の周りには今日もまたユニフォームを着た人が大勢いました。

前回は横浜で一泊だけということで、中華街に行きましたので横浜スタジアムに行けませんでしたが、今回は三泊の予定ですので是非ともこの機会に横浜スタジアムで野球の試合を見てみたいと思います。

横浜スタジアムのチケットは現在大人気で、ほぼ満員札止め状態。特に1塁側のベイスターズ側のチケットはなかなか手に入れることができません。

今回は前日に購入しようとしていますので、3塁側しかあいていませんでした。ようやく取れたのは内野スタンドのレフト側。まぁあんまり人気のない席です。それでも4000円。

私は一人で行こうと思っていますので、ポツポツとあいた席を選ぶことができるのですが、複数人で並んだ席を確保するのは前日だとまず不可能です。

ベイスターズの公式ページに登録してネットでチケットを購入しました。携帯のアプリでチケットを受け取ってそれを見せて入場できるみたい。Screenshot_20180709230300
というわけで、おそらく今回しか使わないであろうアプリを落として、会員登録してみました。

明日は天気もよさそうだし、今日もベイスターズは勝って4連勝中と乗っています。
別にどちらのファンというわけではないのですが、せっかく浜スタで見るわけだし、ベイスターズに心を寄せて見てみようと思います。

そういえばベイスターズの試合は前身のホエールズを含めて初めてです。明日は横浜はウィーランド(知らん)と中日は山井の予告先発です。

うーん、今から楽しみ。

もちろん明日は仕事の方は初日なのでしっかりしないといけないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

日本負けちゃった

Wカップも日本の敗戦で楽しみが少し減ってしまった。

戦前はどうせ予選で3連敗と思っていたのですけど、なぜかコロンビアに勝ってしまって、なんだかんだで予選を突破してしまって驚いた。

世の中全体が手のひらクルーっと返してしまった。

グループリーグを突破して、決勝トーナメント1回戦は深夜3:00からの放送。

早めに寝てから起きてちゃんと最初から見ました。

世界ランキング3位のベルギーにボコボコにやられるのかと思いきや、日本が先制し、さらに追加点を奪い2点をリードしてしまった。

サッカーって小学校のサッカーでもあるまいし、実力差があるとは言え、プロ同士の対戦で2点差を追いつかれると言うことまではあっても、2点差をひっくり返されるなどということはよほどのことが無い限りはない。

事実W杯の決勝トーナメントまで勝ち上がってくるチーム同士でいうと48年振りの出来事である。

さすがに私もこりゃ、もらったかなとかなり思っていたのでビックリ。しかしまぁ、最後のカウンターは凄かった。あそこで一番力の差を感じました。美しいカウンターでした。

いろんな意味で予想が覆される大会でした。

決勝トーナメントに出場を決めた際の時間稼ぎや、その他采配についても、様々な意見がありますね。

下馬評を覆し決勝トーナメントに進んで、世界最強の攻撃力のベルギーを相手に最後まで互角に渡り合ったことをよくやった、と褒める評論もあれば、結局のところ10人のコロンビアに1勝しただけで、1勝2敗1分けに終わっただけで、結果だけ見れば全く通用していないだろって意見もあります。

それだけ訳のわからない大会だったかもしれません。

でも日本の得点シーンでは思わず「オーッ」と声も出ましたし、興奮できました。

でも、ワールドカップって、優勝経験のあるイタリアでも今回出られていませんし、あのオランダも出場できず。過去にはイングランドも出られなかった事ありますし、予選落ちということであれば、今大会は優勝候補のドイツが予選落ちしましたし、フランスだって、ポルトガルだってスペインだってアルゼンチンだってブラジルだって長い歴史の中では予選落ちしたこともある。

必ずしも下馬評通りには事が進みませんし、ビックリすることも起きるから見ていて面白いのかもしれませんね。

私はそんなにコアなサッカーファンではないですから、あまり細かいことは言いたくありませんが、ここ2週間間違いなく楽しませてもらいました。

また四年後が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

鎌倉から湘南

横浜を後にして鎌倉に向かいました。横浜と横須賀は高速道路で繋がっていますが、横浜と鎌倉は繋がっていないので、少し下道を通って行きます。

まず向かったのが鶴岡八幡宮。源頼朝ゆかりの神社として有名です。一度は行ってきたいと思っていましたから機会があってよかった。

鶴岡八幡宮は建物が国の重要文化財に指定されていますが、建物自体は戦災で焼失したりと創建当時の建物は残っていません。

鶴岡八幡宮へ向かう道は狭くてくねくねと曲がる道路で、観光地鎌倉に向かう車で渋滞していました。20180630_085603
正面の三の鳥居をくぐると、まっすぐに伸びた石畳の奥に本宮が見えています。

まだ時間も早かったので比較的静かな雰囲気を味わえたと思います。20180630_090055
61段ある大石段を登ったところに桜門があり、その奥に拝殿と本宮があります。鎌倉幕府三代将軍源実朝が暗殺された舞台とされています。以降鎌倉幕府は北条氏と中心とした執権政治に移って行くわけですが、歴史の授業で習ったのを覚えています。20180630_091020
石段の上から参道を振り返ると、由比ヶ浜からまっすぐに続く若宮大路が見えています。一の鳥居から二の鳥居、三の鳥居と大きな三つの鳥居が見えます。その若宮大路の途中に江ノ島電鉄の起点にもなる鎌倉駅があり、多くの人が若宮大路を歩いています。

鶴ヶ丘八幡で、パワースポットの御利益と言うことで、今年受験生の娘のために合格祈願のお守りを買ってきました。

鶴岡八幡宮を後にして、次に向かったのは鎌倉大仏。割とすぐ近くにあります。20180630_094414
鎌倉の大仏は、もちろん初めて生で見ました。高徳院というお寺の境内にあります。

鎌倉のシンボル的な建造物なのですが、寺の創建、大仏建立の経緯やその時期についてははっきりわかっていないようです。20180630_094536
全体のバランスとしては顔が体に対して大きいです。

東大寺の大仏と鎌倉の大仏とあと一つの大仏を併せて日本三大大仏という呼び方があります。富山県民としては高岡の大仏が日本三大大仏の一つとして疑いようもなく信じているわけなのですが、東大寺、鎌倉の二つは誰しも異存がないのですが、三つ目についてはいろいろ諸説ありはっきりいって「該当なし」というのが現在の通説でしょうか。

高岡では三大大仏として言っておりますが、それは富山県の中だけの話で全国的にはそんなことは言っておりません。が、三つ目が空位であるので、主張するのはありなのかな?実際大きさや姿形から言っても、全国屈指の大仏であることには変わりないのですから。20180630_094742
20円払えば大仏の内部に入る事ができます。つなぎ目が見えています。中央のくぼみが顔の部分です。補修のFRPがなされています。20180630_095007
鎌倉の大仏は顔を前に下げていて、ちょっと猫背な感じです。後ろから見るとちょっと怒られているような感じがして哀愁漂ってます。

鎌倉大仏を後にして今回はあと帰るだけなのですが、由比ヶ浜から江ノ島、茅ヶ崎の海岸通りを通って帰ることにしました。20180630_101805
土曜日と言うことで道は混んでいました。この日は関東が丁度梅雨明けして気温も高く、まだ6月なのですが30℃を超えて夏の湘南の雰囲気でした。

サーフィンを楽しむ人やジョギングをする人、ヨットもたくさん海に浮かんでいました。

サザンのCDでも持ってくればよかった。ケツメイシとかでもよかったかな?

実際に初めて見る江ノ島は思ったより大きかったかな。20180630_101924
江ノ電が走っているところも初めて見られました。

茅ヶ崎海岸の西の端まで行って新湘南バイパスの茅ヶ崎海岸ICから乗って、圏央道で帰りました。実際圏央道からだと、関越で上信越経由で帰るのが一番近いのですが、それだと全部高速になるので、中央道から長野自動車道を松本まで行き、そこから安房峠を越えて帰りました。

朝から結構盛りだくさんな内容で一杯走ったので疲れました。やっぱりなんだかんだで横浜から帰って来たわけですから、渋滞とかいろいろありますし、実際の距離以上に横浜って遠いです。

でも天気に恵まれたおかげで、いい体験になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

横浜の朝

初めての横浜での宿泊。2日目は特に予定もなく、富山に帰るだけ。帰るだけと言っても車で帰るわけだからほぼ一日がかり。

しかしまぁ、土曜日だしせっかく二人で来ているわけだから、帰り道にいろいろあまり遅くならない程度に寄り道して帰ろうかと言うことに。

私は基本的に初めて来る場所では少し寄り道をしていくようにしていますし、何回も来ているのでなければ、基本来た道をそのまま帰ると言うことはしないようにしています。

新しい物を見て見聞を広めると言うことは、経験の上積みとなり、何かしら新しい発見が今後に繋がるということもあると思うからであります。

ホテルで朝食を食べて出発する前にホテルから歩いて五分ほどの山下公園に散歩がてら行ってみることにしました。

しかし、山下公園に向かう道を歩きましたが、横浜の街は都会の割に本当に綺麗な印象です。道路や歩道も広く、清潔な印象。

大阪や東京などに比べても、道路にガムがこびりついていたり、タバコの吸い殻が落ちていたり、などの汚らしい感じがあまりない。素敵な街だなって思います。多くのドラマや映画のロケ地になっているのがうなずけます。20180630_065858
四角い大桟橋埠頭の左側に赤レンガ倉庫が見えます。今回は行きませんでしたが、次回は歩いて行ってみようかと思います。その左奥にヨットの帆のようなデザインのヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが見えます。その左にはみなとみらいの観覧車コスモロック21が、写真左に一際高くそびえるビルは横浜ランドマークタワーです。20180630_070016
海側の方に目をやると、横浜ベイブリッジが見えます。20180630_070125
山下公園にある「赤い靴はいてた女の子像」。思ったより小さかったです。野口雨情の作詞によゆ大正時代の童謡がモチーフです。20180630_070417
横浜の姉妹都市であるサンディエゴから寄贈された「水の守護神」像。横にはバラ園がありバラの花が綺麗です。

行ったのが土曜日の朝でしたので公園には犬の散歩をする人や、ジョギングを楽しむ人などがたくさんいました。公園はゴミ一つ落ちていない綺麗な感じで、都会特有の変なテントやそこで寝泊まりする方々もおらず、デートスポットとして名高い場所という評判通りですね。

行ったのが男ふたりなんですけど・・・。

山下公園のすぐ横が中華街です。20180630_070808
昨日は夜の賑やかな中華街を訪れましたが、今朝は朝の静かな中華街を通ってホテルに帰りました。もちろんお店は閉まっておりますが、道なんかも綺麗で中華街と言えども清潔な街だなという印象を強くしました。

ホテルをチェックアウトし、車に乗り込んで帰ります。そんなに遠回りではないということで行ったことのない鎌倉と湘南の海を通って帰ることにしました。

首都高速湾岸線を南下し、横浜横須賀道路に乗り換えます。「港のヨーコ、ヨコハマ、ヨコスカ~♪」とかお約束のように口ずさみながら鎌倉に向かいます。

続きは次回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »