« お雛猫 | トップページ | 久しぶりに相馬へpart2 »

2018年3月 5日 (月)

久しぶりに相馬へpart1

3月に入り、あの東日本大震災からもうすぐ7年が経とうとしています。そんな中、行く理由としては震災とはなんの関係もないのですが、また仕事で相馬に行く事になりました。

相馬には震災から3年経った2014年の冬にも仕事で訪れたのですが、今回はそれ以来約4年振りの相馬になります。

土曜日から二泊三日でとりあえずは打ち合わせと下見と言うことで私一人で行きました。

相馬へは北陸道、磐越道、東北道を福島までで後は国道115号線で沿岸へというルートとなり、富山からは約7時間ほどの行程になります。

仕事自体はそんなにたいしたことはないのですが今回は出入りを含めて二泊三日となりました。

初日はほぼ移動だけと言うことでちょっと寄り道をしようと早めに出発。180303064048017_photo 全国的に凄くいい天気の一日でした。剱岳の上から朝日が昇ります。空気も澄んでいるのかくっきりと見えました。

道中様々な山々を眺めながらの絶好のドライブ日和。180303095538201_photo 新潟では弥彦山。今年の大雪で新潟の田園地帯も一面真っ白な雪景色。いつも新潟はそんなに降らないイメージですけどこういった景色もあまり見ないかも。

順調に磐越道に乗り、会津に入ります。180303095544467_photo 真っ白な飯豊連峰が、見えます。前日の夜から少し降雪があって、その新しく降った雪が白さを際立たせている様子。

実は会津には大学時代の部活の後輩が住んでおりまして、通りかかる折には連絡を取っているのですが、今回はちょっと寄って会う約束をしました。

普段仕事で通ると平日に行くのでなかなか会えません。今回のように土曜日に移動というのは珍しいです。

ちょっと予定よりも早く着いて待ち合わせまで時間があったので、とりあえず天気も良かったので飯盛山を訪れてみました。180303103208680_photo 飯盛山というと白虎隊が自刃した地として有名です。実は私、ここを訪れるのは3回目。180303103107860_photo 有名な会津さざえ堂があります。登りと下りが別々の複雑な二重らせん構造を持つ世界でも珍しい建築物で国の重要文化財になっています。一度中に入ったことがありますので今回は外観を眺めただけ。180303103746436_photo 飯盛山からは会津市内が一望できます。白虎隊は戊辰戦争の際、城下の街並みが燃える火を落城と勘違いして自刃したともされています(諸説あり)が、若松城(鶴ヶ城)ももちろん見えます。

無事に後輩とも久しぶりに会えました。15年以上顔を見ていなかったでしょうか?それからお互いに結婚して子供も生まれるなど互いの状況も変わりました。互いに年賀状くらいのやりとりしかほぼなかったのですが、こうやってせっかく近くまで行く機会があればたまには顔を見に行くのもいいものです。

最後に会ったときには私もまだ今よりもスリムだったので、大きく成長してしまって驚いたかしら・・・?

自宅に招待してもらって、初めて娘さんの顔も見られました。一緒に昼食をとりながら近況などを話しました。募る話もたくさんあるのですが、今日は相馬でお客さんと会う時間も決まっていましたので早々にお別れ。

磐梯山がとても綺麗でした。

その後再び磐越道に乗って郡山JCTで東北道に乗って福島西ICに乗りました。180303134611904_photo 福島市内はさすがに雪はなかったです。安達太良山も吾妻山も凄く綺麗。何と言っても今日はほとんど富山からずっと雲一つない青空。こんな日は珍しいです。

福島と言えば四年前にも相馬に来たときに、大雪の際に富山に帰るのに大変な苦労をしたのが思い出されます。

その時の様子→

福島市から相馬までは115号線という山道を越えていくのですが、四年前の当時建設中だった自動車専用道路が一部開通していまして、今回そこを走って行きました。今度3月10日にさらにもう少し区間が伸びて次回来るときはそこを走れると思います。

四年前に一部区間が開通したばかりだった常磐道も今では全線開通しておりますし、相馬へのアクセスはかなり便利になっていますね。

無事に久しぶりの相馬に着いて、お客さんと会って夜は一緒に市内で酒を飲みながらいろいろ大事なお仕事の話などをしつつも交友を深めてきました。これが今回の最大の目的なんですけどね。

|

« お雛猫 | トップページ | 久しぶりに相馬へpart2 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに相馬へpart1:

« お雛猫 | トップページ | 久しぶりに相馬へpart2 »