« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月26日 (月)

残念だけど見に行けず

最近書いていることと言ったら仕事の話か、息子の野球の話かで全く味けのないブログになっておりますが、先週末も公式戦でございました。

勝てるとはあまり思っていなかった市の予選でなんだかんだで勝ち上がり、見事市の代表で県大会に出場しました。

その県大会の1回戦が土曜日にありました。

そんなに強いチームではないので、滅多に、というかこんな機会は今年もう二度とないかもしれません。

是非とも見に行きたいと思っていたのですけどそんな時に限って、前々からずっと決まっていた仕事の予定がありまして見に行くことができませんでした。

ちょっとした仕事であれば、代わりの人間でなんとかなるのですが、そればっかりはどうしようもなく、朝から仕事に行きました。

仕事は仕事で私にとってはその日はなかなかの大一番だったのですが、そっちのほうはなんとか無事に上手くいきました。

しかし、仕事の終わり際に妻から連絡があり、息子の方は残念ながら1回戦で敗退との事でした。

土曜日に勝てば、日曜日は見に行けたのですけど残念です。

それでも息子は精一杯やった結果ですので仕方がないですね。

息子の野球の方ももうこれで半分くらい終わったでしょうか?

別に勝ち負けはそんなに重要ではありませんけどいい思い出を作ってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

気遣い麻雀

昨日は会社の取引先の協力会社が集まる会合がありました。

毎年この時期にあり、私も毎年何度も参加しているのですが、会合があり、宴会があり、温泉に入って宿泊してチャンチャンと言う感じ。

取引先の協力会社ということは、もちろんお互いが協力しているというわけではなく、ほとんどが関係ないか、ガチンコのライバル同士です。

でも呉越同舟といいますか、やはりそういった場で敵意むき出しというのはいささか大人げないというもの。

もちろん会に来ているお歴々は海千山千の営業マン同士でありますから、いつも和気藹々と楽しいお酒を飲ませて頂いております。

もちろん私の会社のライバル会社の方も来ておられますが、本当に私はその人が嫌いとかそんなこと全然思わないです。

本当は笑顔の下に刃を隠し持っていなければいけないのかもしれませんが、そんなのはあまり私の性には合いませんね。

年に一回しか顔を合わせない人もいるのですが、その中に麻雀が好きな方がおられまして、私が打てると言うことで毎年「この後麻雀しない?」と誘われ、もちろん次の日は仕事ですからあまり遅くならない程度に数回牌をつまむのがここ数年の恒例となってます。

直接のお客さんが同卓というわけではないので接待麻雀というわけではないのですが、いつもそこでは勝ち負けよりも丁寧な麻雀を心がけています。

今回はあまりついていなかったので牌が集まらなかったのですが、丁寧に振らないように振らないように打ち回しておりました。

浮きの2着、浮きの2着、ちょいラスと少し負け気味の最後の対局。別に勝とうとはあまり思っていなかったのですが、最後くらいトップ取ってチャラくらいで終わらせようと、1局目から役牌を鳴いて積極的に前に出て満貫の上がりを拾って、このまま逃げ切ってトップかな?と思っていたのですが、最後に来てようやく手が入って来て、ドラが三つのリャンカン系のイーシャンテンから聴牌したりしました。

普段だったらモロ引っかけでも役無しのドラ3なら即リーチに行くのですが、やはり綺麗な麻雀、綺麗な麻雀とそれこそ雀荘のメンバーみたいな気持ちになって上がりを結局逃したりしました。

オーラスでもトップ目で、4巡目くらいに2,5,8万待ちの平和ドラ1を聴牌して、黙っていればかなりの確率で上がってトップなので、普段だったらほぼほぼリーチなんかかけないんですけど、最後の局で黙って上がってトップってのも白けるので(勝手にそう思っているだけですが)リーチして結局上がりを逃しました。

裏ドラや一発でチップがつくルールだったら状況によってはオーラストップ目でも三面聴リーチかけますけどね。あと、めちゃめちゃ負けてて頭がおかしくなってるとか。まぁ、普段はほぼやらないです。

私がなんでそんなことをしたのかは、打ってる人はわかったでしょうけどね。

オーラスなので親がノーテンだったら流局でトップ終了かと思いきや、オーラスは誰かが上がらないと終わらないというローカルルールだったみたいで、なぜか続行。

上がれなくても、親ノーテンで流局だと思ったからリーチかけたんだけどなぁ。そのルールだとラス親が絶対的有利なんですよね。

一本場のオーラスも役無しノベ単で聴牌しているところに下家からリーチがかかって、降りてさえいればトップという場面なんだけど、最後なんでリーチしますと、トップ目の意味不明な追っかけをして見事振り込みに回ってトップ逆転されて、「いやぁ、さすがですね、参りました」と締めて終了してきました。

こういった麻雀を打つと、雀荘のメンバーは大変だなぁって思いますね。それでも勝つんだから凄いんですけどね。

でも、来年は四年目なんで、そろそろ何でもやりますと宣言してからやるかな?でも小心者だから綺麗な麻雀打って負けそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

久々更新(でも中身スカスカ)

なんだかばたばたと慌ただしく、気付いたら六月も二十日になってました。先週の出張は久しぶりに五泊もしたし、現場で汗して働きましたし、充実して楽しかったのですけど、やはり富山を数日後にした仕事のツケをまだ払い終えてません。

土日は相変わらず少年野球で朝から晩まで。

土日にやらなくてはいけない仕事の分も積み重なっていきます。

これから夏にかけては息子の野球も公式戦の連続ですし、できるだけ応援に行ってやりたいとは思うのですが。

息子がちょっと頑張ってやっていることがせめてもの救いですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

うずしお

5泊6日の淡路での出張でしたが、まだ一部メンバーは現地で仕事をしているのですが、一応の目処が立ったと言うことでメンバー二人とともに今日淡路島を後にしました。

メンバー二人も淡路島は初めてで、四国に行ったこともないということで、鳴門の渦潮を見て帰ろうと思い朝ちょっと寄り道してきました。

せっかく普段行かない所に行ったのと、頑張って仕事をしてくれたおかげで予定よりも早く終わりましたし、いいんじゃないでしょうかね。

どうせ今日は帰るだけで仕事にならないし、担当者の私がいいというのならいいのである。

やるときゃやると仕事で言ってますが、それは遊びにおいても言えることであると私は思うわけであります。

前回一人で淡路島に打ち合わせに来たときは、鳴門大橋を車で渡って四国に行ったのですが、あまり鳴門の渦潮が見られなかった。

それもそのはずで、一日中グリングリン回っているわけではなくて、潮の満ち引きと大いに関係があるので、渦が出そうな時間というのはある程度予測されているわけです。

そんなことも知らないものだから、前回は失敗しました。事前の調査が必要。

淡路島の南の端の方にある「福良」という港から観覧船が出ています。170614085846208_photo 道の駅にもなっていて中ではお土産などが売っています。

潮の満ち引きに関しては渦潮予想がされていて簡単に調べることができます。「◎、○、-」とかのマークが時間帯で打ってあって本当は◎の時に乗れば一番いいのですけど、残念ながら今回は時間的な都合がつかず「○」という予測の時間帯でした。170614090140488_photo さっそく乗船券を購入。2,000円でした。170614090328067_photo 「咸臨丸」と「日本丸」という2隻の船があるのですが、今回は「咸臨丸」に乗りました。
500人ほど乗れるらしいのですけど、平日ということもあり50人程だったかもしれません。
9:30の朝一番の船でした。170614093247821_photo いよいよ出航です。約1時間ほどのクルージングです。170614094005473_photo 正面に鳴門大橋を見ながら、右に淡路島、前に四国、左に紀伊半島から紀伊水道が見えます。170614094959104_photo 途中の島々や歴史などの船内放送を聴きながらどんどんと鳴門大橋に近づいていきます。170614095824956_photo 穏やかな海でしたが、橋の下に行くと波立っていました。船はしばらく橋の下あたりを旋回します。

やっぱり見ていて凄く不思議です。川とかじゃないのに海面に段差ができて高いところから低いところに海水が流れ込んでいきます。その段差が至る所にできます。見ていて凄く不思議。170614100133627_photo 「○」判定の予報でしたが、一応大きな渦もいくつか見ることができました。やっぱり船のそばで見ると迫力ありますね。

船の船員に「今日の様子はどうですか?」って聞きましたら「50点」とのこと。100点だったらどんなに凄いことやら。

もう二度と来ないかもしれませんし、せっかくですので行ってよかったです。

そのまま高速に乗って帰ってきました。行きと違って帰りは一人で運転してきましたので疲れました。

前回帰り道は名神経由で帰ったのですけど、今回は来た道と同じ舞鶴若狭自動車道で帰りました。一応これで上りと下り両方走ったことになりました。

夕方には久しぶりに富山に無事着きました。

出張中外食が続いたのと比較的カロリー高めの食事だったのでちょっと太ったかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

最後の夜

先週の金曜日から淡路に来て今日で5日目。今日が最後の夜です。

前回一人で来た時に洲本には行ったのですけど、会社のメンバーは洲本に行っていませんでしたのでせっかくですから洲本市街地に行ってみることに。

仕事が終わって洲本で夕食を食べようとふらふらしてみました。

商店街を行くと神社の前に夜店が出ていました。170613175940282_photo 洲本市の厳島神社で通称弁天さんと地元の人たちに愛されているようです。

調べてみましたら弁天夜店と呼ばれる行事で毎年6月の3のつく日には夜店が立つようです。たまたま今日が13日ですので夜店が出ていたというわけです。

洲本の商店街は古き良き時代といいますか、昭和な雰囲気の商店街でなんだか懐かしい感じがします。

結局洲本市で食べようと思って調べていたお店が本日臨時休業という不運で別の店に行くことになりました。

洲本市から津名に向かう国道28号線は海岸線に沿って進む道です。

対岸には和歌山が見えています。穏やかできれいな海で気持ち良く車を走らせることができます。

それで夕食に選んだのは津名にあるラーメン店。

どうも淡路ラーメンなるものがメニューにありましたのでせっかくですからたのんでみることに。170613184907264_photo わかめとねぎたっぷりの上に柚が乗っていました。細麺で魚を出汁にしたあっさりした味で結構おいしかったです。

明日は富山に向かって帰るだけ。

あまり一所に長く泊まることは少ないのですが、せっかくなら一週間くらいいるとその土地の空気をより感じることができますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

猫不足

出張四日目。そろそろ猫不足に陥ってくる。

やっぱり猫に会えないのが寂しいものだ。基本いつも一緒に寝ていますので。170609002321623_photo 出発前に準備している時の写真。

ちょっと箱を置いておいたら入らなくては済まないのね。どうやら落ち着くらしい。

いい場所を見つけてご満悦。ペットショップなどに気持ちのよさそうないいベッド売ってますけど、それだからといって猫が喜ぶわけではないのである。

1万円のフワフワベッドよりもこんな段ボール箱のほうがお気に入りだったりするから面白い。1496067650024 仲良しでいつも一緒にいる二匹。一緒に抱き合って寝ているかと思えば、プロレスしたり。

早く帰ってモフモフしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

はかどった

先週の金曜日に出張で淡路島に来て今日で三日目。

今回は私も現場にて一生懸命?働いています。

しかし、運動不足で久しぶりの現場仕事はなかなか疲れますな。

淡路島はなんだかのどかな雰囲気で、自然に囲まれていてほのぼのとします。

昨日と今日は土日ということで、電話なんかも全くかかってこなくて仕事に集中できてよかった。

本当は現場で体を動かすというのも嫌いではないのですけど、なかなかそんな時間もないし、いつも電話などで邪魔されてしまって、集中できないんですよねぇ。

土日の間には予定通り仕事もはかどって、気持ちがいい。

仕事がうまくいっている時は、現場の雰囲気も良くてさらに仕事がはかどるという好循環。

私の仕事は直接作業するというよりは、準備や環境を整える段取りの部分がメインなので、今回はまことにうまくいったかな?

今日は現場の帰りに、淡路の地元の食材を使った料理の店に行きました。

淡路牛に、玉ねぎにネギに卵。すべての食材が淡路産。米はもちろん淡路米。

けしてそんな高級なお店ではなかったんですけど、せっかくめったに来ないところに来たんですからその土地の風土に触れて帰ってきたいものです。

下手したらもう一生来ないかもしれないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

淡路再び

先月の末に一人で淡路島まで打ち合わせ&下見に来ましたが。今日からいよいよ本番。

会社のメンバー五人とともに朝会社を出発。一路淡路島までの移動です。

北陸道の敦賀から若狭舞鶴自動車道を通って明石を目指します。

今日はとてもいい天気で絶好のドライブ日和。

前回は一人旅でしたが、今日は助手席に同僚を乗せて、運転も交代しながらと楽なドライブ。

今日は二時か三時頃に現地に着けばよかったので、わりとゆっくりと行きました。

明石大橋を渡って、明石SAで明石海峡を眺めながらのランチ。

記念写真なんかを撮りながらの旅となりました。

現場について明日から本格的に仕事が始まりますので今日はその段取りがメイン。

ホテルに早めにチェックインしてみんなで一緒に食事に行きました。170609222658345_photo いつもは数日しか現場にいないのですが、今回は週末絡みということで珍しく五泊六日の予定。

五泊分のおやつです。

しかし何にもなくて夜は暇だなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

報われると言うこと

前回息子が試合の前にバッティングセンターに行ったという記事を書きましたが、週末は公式戦でした。

息子が所属するチームは、6年生が少なく、いつも負けっ放しではないものの、強いわけでもなく、勝ったり負けたりを繰り返しながら結果ちょっと負け越してるといった感じのチームです。

大会で優勝するとなると実際は強いことはもちろん連戦でも勝てるだけの厚みのある戦力が必要となります。

もちろんそんな感じですので、口では「優勝だぁ」なんて言ってますけど、現実とすれば優勝なんて夢みたいなお話。

しかし少年野球というのはおかしな事が一杯起こって、強いチームが必ず勝つというわけではありません。

普段凄いピッチングのピッチャーが突然の大乱調になったり、普段堅い守備の子がバンバンエラーしたり、打ちまくっている子がまったく打てなくなったりと、それはそれは筋書きのないドラマの連続であります。

1回戦はつい先日対戦したときに一方的に負けたチームでした。なかなか勝つのは厳しいかなと思っていたら、あれよあれよのうちになんだか勝っちゃった。

大会でも優勝候補とされているチームもなぜか1回戦で敗退していったりといろいろ番狂わせも起こりました。

2回戦は対戦したことのないチームでしたが実力的には同じくらいのチーム。これも接戦をなんとか逃げ切りギリギリの紙一重で勝利。

なんだかんだ言って決勝戦に進んでしまっちゃった!

息子は結構一生懸命に野球をしていますので、なんとか何かの大会で一つでも報われることがあればいいなぁと思っていましたが、これでなんとか賞状をもらってくれることが確定し、私もいろいろ大変な思いもしてきましたが、やっててよかったなぁと思う一方、息子の努力も報われてよかったと思いました。

決勝戦では惜しくも敗れてしまいましたが、ともかく準優勝。県大会への切符を手にしました。

これからまた大変になります。それもまた嬉しい悲鳴です。

勝てるか勝てないかは個人の能力ではどうにもならない部分も多いです。勝てないチームは全く勝てません。

ともかくも息子は一定の成果を上げることができたわけですから、いい思い出になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

アベックホーマー

明日はまた息子の野球の試合である。

明日は練習試合ではなくて一応公式戦。少年野球では一年を通して多くの公式戦がある。

これから夏にかけては毎週のように練習試合がある。

息子が行きたいというので、今日は夜にバッティングセンターに連れて行ってやった。

バッティングセンターでは「明日公式戦です」と申告すれば一打席無料となる。

息子は随分といい当たりを打つようになってきた。力もついてきたしバッティングフォームも力強くなってきましたね。小学生の成長は早いものです。170602211638787_photo ネットの上段の方に横30cm縦20cm程のパネルが2カ所ぶら下げてあります。

球を打ち返してそれに当たれば「ホームラン」というアナウンスとともにファンファーレが鳴り響きます。

ホームランを打つと3打席分の無料券がもらえます。

今日息子がいい当たりをドカンと打ったら見事ホームランパネルに命中。結構頻繁に行ってますので、これで数回目。今シーズンは3ホームラン目ということです。

何打席か打って満足したようなので、ここはお父さんも打ってみようかと打席に立ちます。

何本か打ってみましたが、まだ先日の捻挫が完治しておらず、足が痛い。

でも息子も見ているし、お父さん頑張っちゃうんだもね。

施設が老朽化していて、結構コントロールが悪い。高い球来てみたり、低い球来てみたりあまり定まらない。

何球か打ったときに、ど真ん中に絶好球が来た。思わず「もらったぁぁ!」と叫んでフルスイング。(ちなみに客は私らしかいなかったので)

バットは真芯をとらえて、弾丸ライナーでホームランパネルに突き刺さりました。

「打った瞬間行ったと思いました」の会心の一撃。

「どうや!お父さんだってまだ負けてないぜ」

昔若い頃草野球をやっていた頃には試合の前によくバッティングセンターにも行ってましたが、最近ではほとんど打ってませんし、息子とちょくちょく行ってはいますが、もったいないから自分が打つことはほとんどありません。

ホームランなんて何年ぶりに打ったかしら?15年振りくらいかもしれません。

今日は息子とアベックホーマーで。二人でタダ券6枚もらいましたから、結局形的にはタダで打ってきたみたいな感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

なんでやろ?

気がついたら今日からもう六月。

GWあったり、お祭りあったり、さすがに五月はあっという間に過ぎちゃった感じ。

今日から衣替えなのね。

最近30℃超える日もあったりと、まだ梅雨入りもしていないけど、今年の夏は暑いのかな?

今日からビールの実質値上げ。激安販売の禁止という訳のわからない理由。

町の小売りの酒屋を守るとかなんとか言ってましたけど、ほぼ絶滅してから保護してもねぇ。

20年遅いかも。

もうほとんどコンビニに変わっちゃいましたね。

なんでビールだけ?という疑問もありますね。

高く売ってはだめならわかるけど、安く売ってはだめというのもよくわからん。

ガソリンとか値下げ競争になってますけど、政府が介入して守るために一定の値段で販売とか聞いたことないし。

タバコなども酒と同じで税金が一杯かかっているんだけど、全国一律料金ってのもおかしい。

JTなんか東日本、西日本などに分割民営化して安売り競争させればいいのに。

ご当地タバコなんか作れば売れるかも。時代から完全に逆行してますけど。

今回のビールの措置はなんか釈然としません。ビール値上げしたら困るのは困るんですけど、そんなんじゃなくて、なぜ国がビールに限って介入したんですかね?

よく調べないで書いているので調べろよって話なのかもしれませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »