« 思いっきり捻挫 | トップページ | 淡路へ part2 »

2017年5月25日 (木)

淡路へ part1

仕事でいろいろと県外に出張することが多いのだけど、今度6月に淡路島で仕事をすることになってます。

その前段階として現場視察と現地打ち合わせが行われることになり、現地に向かうことになった。

淡路島はまだ一度も行ったことがないのでちょっと楽しみ。行ったことのないところに行く出張は悪くないですね。

朝から打ち合わせということなので、さすがに朝出ていくというわけにもいかないので今回は前日に移動し宿泊となる。移動だけでもつまらないのでいろいろと行ってみたいと思う所もあるので早めに出ることにした。

もちろん打ち合わせだけではなく、出張時の宿。泊先の確認、周辺の食事場所や買い物の場所、周辺の地理などを確認する目的もあります。

淡路島に向かうにはいろいろなルートが考えられるのですが、googleのナビで最短と言われたのもあり、全線開通して以来一度も通ったことのない舞鶴若狭自動車道経由で行くことにした。

ほとんどが対面通行なので疲れるが、初めて行く土地というのもまたよしかな。

単に高速で通過しただけでは「行った」ということにはならないのかもしれないのですが、舞鶴など普段はあまり行かない土地を通りました。

福知山、丹波あたりもまったく行ったことがない所です。170525100214878_photo 「西紀」というSAに立ち寄りました。ちなみにここまでノンストップ。ここでお約束の丹波の黒豆をお土産で購入。初めて行くときはお約束が基本。

西川JCTから中国自動車道を神戸方面に向かいます。中国自動車道は初めて自分で運転しました。

私、基本的には北にはいろいろ行っているのですけど、南にはあまり行ったことがなく、沖縄以外では兵庫より南には行ったことがありません。

神戸三田JCTから六甲有料道路。神戸北JCTから山陽自動車道とここからは自分で走ったことのない道路の連続。そのまま神戸淡路鳴門自動車道を直進し、淡路島に向かう明石海峡大橋に出ます。170525105519578_photo もちろん初めての明石海峡大橋。小雨交じりの曇り空だったのが何とも残念。

明石海峡大橋を渡ったらそこは淡路島です。170525110333667_photo_2 橋を渡ってすぐの淡路SAに立ち寄って、今渡ってきた大橋を振り返ります。170525110416336_photo 恋人たちの聖地だとのこと。残念ながら一人旅でございます。しかしなんで桂由美が認定しているのかがさっぱりわりません。

目的は淡路島の島内の現場なのですが、せっかく来たのでそのまま淡路島を縦断して四国に進路をとります。なぜなら私は四国にまだ行ったことがないのです。

目と鼻の先まで来て行かないのももったいない。それで今回は必要以上に早めに出発してきたのでした。170525115717339_photo 鳴門大橋にさしかかります。

渦潮見たいじゃないですか。

そして私はいよいよ初めての地四国に到達したのでした。

次回に続く

|

« 思いっきり捻挫 | トップページ | 淡路へ part2 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/65328437

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路へ part1:

« 思いっきり捻挫 | トップページ | 淡路へ part2 »