« 東京見学 初日1 | トップページ | 東京見学 2日目 »

2016年11月17日 (木)

東京見学 初日2

前回の続き。

西洋美術館を見学した後、集合時間まで少しありました。

上野公園には結構見るべき所も多いのですが、30分程でパッと行けるところということと、同僚がパンダを見たことがないと言ったので上野動物園に行くことにしました。161113155503413_photo 実は幼い頃に一度だけ来たことがあります。今から約35年前。あまり記憶はありません。

当時のパンダはホァンホァンだったと思いますが、来たばかりと言うことで、ものすごい人だったと思います。

入園するのにも長い列で、パンダは人混みに流されて、人と人の間から背中だったかをチラッと見ただけ。隅でうずくまっていたと思いますが、動き出すまで待つなんて事は当然できなくて、それをパンダ見たと言えば見たなのかもしれませんが、顔は見ていないと記憶しています。

何しろ5、6歳の事で記憶はかなり薄いのですが、大変な思いをしてパンダを見たという記憶は残っています。

閉園間際に入場し、まずパンダに向かいます。パンダは入り口のすぐ近くにありますので、行きやすい。

今はリーリーとシンシンという二頭のパンダがいるらしい。161113155857271_photo パンダ舎の中は拍子抜けするくらい人もまばらで、ゆっくり動いているパンダを眺めることができました。結構可愛いものですね。

まだもうちょっと時間があったので、次はゾウを見に行きます。161113160202842_photo 鼻を使ってほうきで掃除する芸をしていました。現在は三頭いるようです。上野動物園のゾウと言えば「花子」そして「はな子」ですね。戦争の悲惨さを伝える童話で有名な餓死した「花子」の後に戦後まもなく日本にやってきた「はな子」はつい最近の今年5月に69歳の生涯を閉じたらしいです。

その後、このあたりではあまり見ることのできない白クマを見学して時間が来たので動物園を後にしました。入園料600円でいいものを見られたので大満足。

この日の観光はこれで終了。本日の宿がある神田に向かいます。

夕食前に時間があったので、神田のスポーツ品店街にスキー用具を見に行って、夕食はホテルの近くで会社のみんなと食べました。結構飲んで、食事の後は解散自由行動。

神田から歩いてすぐの所に秋葉原があります。何人かで秋葉原見学に行くことにしました。161113205546873_photo神田川から見る秋葉原。161113205950191_photo 秋葉原は20年ぶりくらいに来たでしょうか。当時とは街の印象がかなり変わりました。アニメの絵が随所に張られ、オタク文化発信の地に変わりましたね。街頭にはメイド喫茶の呼び込みのメイドの格好をしたお姉さんがたくさん立っていました。

秋葉原にはメイド喫茶がある事は知っていましたが、こんなにたくさんあるなんて知りませんでした。たくさんあると言うことは需要があるということなんでしょうけど。

酔って悪のりしたといいますか、虎穴に入らずんば虎児を得ずといいますか、いい歳したおっさん7、8人でメイド喫茶突撃取材を敢行しました。

エレベーターに乗り、三階のフロアに着くと、メイドの格好をした店員が「いらっしゃいませご主人様」と我々を迎えてくれます。

いったいどうすりゃいいの?と戸惑う我々は座席に案内されて、ウサギやら熊やら猫やらの動物の耳がついたカチューシャを渡されて、頭に装着するように言われます。

アラフォー親父のみんなが動物の耳付きカチューシャをつけて、メイドのお姉さんに、「私の真似をしてくださいね」とかいわれて、蟷螂券のような格好をしてみんなで一緒に「萌え萌えキュンキュン」とか言わされます。

こうなってしまえば毒を食らわば皿までの精神でいろんなものを捨て去る覚悟でアキバの夜を満喫しちゃえの心なのだ。161113212642527_photo なんか頼まないといけないとうことで、酔っ払いにもかかわらずこんなでかいパフェを注文させられ、メイドが「美味しくなぁれ、萌え萌えビーム」で魔法をかけてくれます。

正直言ってメイドはド○スで冷静に見るとかなり痛いのであるが、一生懸命メイドになりきっておられるし、「ここは妖精の国」とか言ってるので、こっちも「妖精の国なんだからしょうがない」と納得してこの世界の住人になるように努力する。

店内は外国人観光客が5、6人といかにも秋葉原というようなガチなおっさんが数人という感じだった。

ショータームでメイドが萌え萌えダンスを披露すると、ガチなおっさんが背中に背負ったリュックからおもむろにサイリュームを取り出し、二刀流のビームサーベルのように振り回して踊り出し、その勢いにあっけにとられながらも、曲の合間にみんなで「萌え萌え」「萌え萌え」と合いの手を打つ我々・・・。

「これが秋葉原か・・・・」

最後にメイドの皆さんと全員で記念写真を撮影して終了。1人3000円なり。ちなみに写真撮影から何から何まで全部オプションでお金がかかります。(当然か)

メイド喫茶は、風俗店でも、キャバクラでもなんでもなくて、ただの喫茶店である。店員がメイドの格好をしていてクネクネしておるのですが、口では「ご主人様、ご主人様」と言ってはいるものの、「触るな、写真撮るな、一緒に踊れ」などと全く言うことを聞いてくれるわけではなく、これじゃぁどっちがご主人様なんだよと言いたくもなるのですが、郷に入っては郷に従えということなのであろう。

ともかくいい思い出になりました。猫耳つけた同僚の写真もGETしましたし。

「この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ」

い~ち、に~ぃ、さ~ん、ニャァ~

メイド喫茶を後にした我々はちょっと秋葉原の街を歩いてみました。道を歩けばメイドに当たり、店のチラシを次から次に渡されます。

遅かったと言うことで店はほとんど閉店していて、ただ歩き回っただけでした。161113223048146_photo ドンキホーテにあるAKB48劇場を外から眺めて秋葉原の街を後にします。

再び神田まで歩いて行って、その辺にあった居酒屋に転がり込んで再び飲み直し、本日の行動は完了。

いやぁ~、濃い一日でした。

二日目に続きます。

|

« 東京見学 初日1 | トップページ | 東京見学 2日目 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

私も3年前の慰安旅行は飛行機で東京に行きました。
初日にスカイツリー、二日目は単独行動になりまして、上野動物園でパンダを初めて見て来ました。
目の前のパンダに感動は・・・特になかったですね。大勢の人が訪れて騒がれている時だったら感動したのでしょうね。

投稿: SILVIA おじさん | 2016年11月18日 (金) 22時10分

SILVIA おじさん
東京見学と言えば似たようなルートにどうしてもなりますね。
パンダを見ようと思ってもなかなかこの辺じゃ見られませんからね。かといってわざわざ上野動物園までパンダを見に行くかというとそこまでのものじゃないですし。
今回はついでがありましたのでよかったです。

投稿: おっぺら | 2016年11月18日 (金) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京見学 初日2:

« 東京見学 初日1 | トップページ | 東京見学 2日目 »