« 暖かを通り越して暑い | トップページ | 決断の連続 »

2016年5月24日 (火)

不思議なこともあるもんだ

別に自慢と言うわけではないのですが、先日中学校で写生大会がありまして。

近所の公園の風景を写生したらしいのですが、今日娘が嬉しい顔して帰って来て、「金賞だったよ」と言うもんだから、いったいどんな絵を描いたのやら?

そもそもそんなに絵が上手いなどとは全く思っていなかったのですが、どういった風の吹き回しなのか?

まぐれ当たりとしても、う~ん、絵にまぐれ当たりということもなぁ。

よくわかりません。

喜んでいたのでいいんだけど。

そのうち絵が返ってきたら見てみることにしましょう。「え!これで?」ってなるかどうかは見てのお楽しみ。

|

« 暖かを通り越して暑い | トップページ | 決断の連続 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

金賞とは素晴らしいですね。
私も小学生の頃、図工が得意でした。
学校の想い出を綴った冊子の表紙になったことがあります。今でも近所の同級生の母親が、その冊子を持っていて数年前に40年振りに見たときは驚きましたよ。coldsweats01

投稿: SILVIA おじさん | 2016年5月25日 (水) 21時08分

SILVIA おじさん
ありがとうございます。別に絵が特別上手くて普段から賞を取ったりすることが多かったわけでないから嬉しかったみたいです。小さな中学校の一学年の中での話ですけどね。

投稿: おっぺら | 2016年5月26日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/63679452

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なこともあるもんだ:

« 暖かを通り越して暑い | トップページ | 決断の連続 »