« 解体 | トップページ | 我が家のピアノ »

2016年3月17日 (木)

君は飛び立つ

白い光の中に山並みは萌えて

遙かな空の果てまでも君は飛び立つ

まさにそんな素晴らしい天気。遠くには立山連峰も美しく輝いていた。

今日は娘の小学校の卒業式であった。

私も仕事を半日休んで卒業式に参加してきました。

日頃仕事の都合で学校行事などに積極的に参加してない私。そういえばよく見るとあんなに小さかったあの子やこの子も大きくなったなぁとこの六年間の時間の経過を改めて感じさせられます。

こうやって考えてみれば、6年間なんて早いもんだなと思いますね。もちろん子ども達が成長していると言うことは私も年齢を重ねていっています。月日の経つのは早い。

小学校の卒業式に参加するのは自分の小学校の卒業以来。160317095044573_photo 卒業式の前に「送辞は誰が読むの?」「答辞は誰が読むの?」と聞いても、「送辞って何?答辞って何?」みたいな感じで、今ではそんなのやらないみたい。

30年くらいの間に世の中変わっちゃったみたいです。

今は「呼びかけ」という卒業生が一人一人台詞を繋いでいく全員参加型のものが主流とか。これも時代の流れなんでしょうかね。

個人的な感想を言いますと、このスタイルでは伝わらない。グッと来るものがなく、やっぱり「送辞」と「答辞」のない卒業式は締まりが無い。

そう言えば普段生活していると我々は日本に住んでいるにも関わらず「君が代」を歌う機会が全くと言って程ない。いつ以来歌ったのか思い出せないほどに久しぶりに「君が代」を歌った。160317100927806_photo 卒業証書をもらう娘。

娘の小学校では転校する数名を除いては全員同じ中学に行きますし、卒業といっても別れではなく通過点や一区切りといった感じです。

だからかもしれませんが子ども達もそんなに湿っぽい雰囲気はありませんでした。

卒業した娘と校門の前で妻と三人で記念写真を撮りましたが、あんなに小さかった娘もこんなに大きくなってと思うと同時に、私も随分お腹周りと顔周りが成長したと感じました。

|

« 解体 | トップページ | 我が家のピアノ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

卒業、おめでとうございます。

投稿: でんでん大将 | 2016年3月17日 (木) 23時01分

でんでん大将さま
ありがとうございます。地域の卒業式には来賓として良く参加しておられるようですね。

投稿: おっぺら | 2016年3月18日 (金) 11時32分

ご卒業おめでとうございます!
卒業生と在校生の呼びかけは、今のスタンダードですね。
確かに「送辞」「答辞」の時代もよかったなぁ。

うちの学校は、明日が本番。
「旅立ちの日に」と校歌の伴奏は僕の担当。
式歌と呼びかけの台本が同じだったとしても、毎年違った感動があります。

5年前に、おっぺらさんと観た立山連峰が、節目を迎えた素敵なおっぺら一家と重なり、思い出されます。

投稿: ねぎとろ | 2016年3月18日 (金) 20時40分

ご卒業おめでとうございます。
先日、内川沿いの中学校が新しく建て替えされているのを見ました。おっぺらJrも新しい校舎で学ばせてあげたいですね。少子化が進んでいるのだから、市の区域を越えて校下の合併を実現して欲しいですね。confident

この「校下」という言葉は富山と石川のみでしか使われていないそうです。

投稿: SILVIA おじさん | 2016年3月18日 (金) 21時02分

ねぎとろさん
お久しぶりです。ありがとうございます。
子ども達の中では誰しもが納得の代表が必ずいるはずです。それに不満を持つ子などいないのに、「きっと不満に思うはずだ」という大人の理論で変な平等を押しつける現代教育の弊害といっては言い過ぎでしょうか?
世の中に出れば何一つ平等なんて事は無いのにねぇ。何も知らずに台詞を言っている子ども達は微笑ましくても、そのスタイルを良しとしてそうしようとした教育者達は何をどのように教育しようとしているのか意味不明です。いろんな考え方があるとは思うんですけど。あまり卒業式を見る機会はないですが、久しぶりに見ると、学習発表会かと思いました。卒業式が軽くて。それが泣けるポイントのなさだったと思います。今流なんですかね?卒業式なんか精一杯堅苦しくやればいいのにと思いますけどね。
そういえばうちでは国歌と校歌以外は子ども達が伴奏していました。

投稿: おっぺら | 2016年3月18日 (金) 22時06分

SILVIA おじさん
私の母校とお隣の中学とが数年前に統合になりました。それがその新しい校舎ですね。旧新湊市街地の児童数は減少の一途をたどっています。逆に周辺の方では子供が増えたりもしています。
「校下」ってこっちでしか言わないのですね。知りませんでした。

投稿: おっぺら | 2016年3月18日 (金) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/63359574

この記事へのトラックバック一覧です: 君は飛び立つ:

« 解体 | トップページ | 我が家のピアノ »