« 君は飛び立つ | トップページ | 遅ぇ »

2016年3月18日 (金)

我が家のピアノ

このブログを書き始めた2011年8月。

今から約4年半前。

最初に書いた記事の一つに、娘がピアノを習い始めたので中古でピアノを購入したと言う記事が会ったのを記憶している。

丁度中学校に上がるという節目と家の建て替えで半年間はピアノが弾けないという事もあり、息子共々ピアノを辞める事にしました。

とりあえずはそこそこ弾けるようになったし、別にそれで身を立てると言うわけでもありませんし、強く子ども達もピアノを続けることを望まなかったのも理由の一つです。

どうしても弾きたくなったなら、また新しい家で電子ピアノでも買えばいいということで落ち着きました。Efbc9ce3819fefbc9e2 なんなら沈まない鍵盤で「薄汚ぇシンデレラ」になって練習するのもよし。

ピアノの習い事は費用もかかりますし、毎回送り迎えもあって、子供にピアノを習わせるために主に妻は結構大変な思いをしていたと思います。

そこはまぁ子供のこと、そんなに必死に練習している感じでもありませんでしたしね。

2月の末に最後の発表会があり、私もそれを見に行ったのですが、それを最後に辞める事にしました。

もちろんピアノ教室からは「辞めないで」といろいろ引き止められもしましたけど、後は個人の趣味でやってね。

というわけで、お家の引っ越しをした数日前に、ピアノは業者に下取りされて運ばれていきました。

私はその様子は仕事に行っていて見ていないのですが、さすが専門業者、サクサクっと運んでいった模様。

作られてから40年以上も経つ古いピアノでしたが、まだまだ使える感じでした、丁度買ったときの1/3くらいの値段で売れました。

次にこれをどんな子が弾くことになるんでしょうかね。

|

« 君は飛び立つ | トップページ | 遅ぇ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/63364153

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のピアノ:

« 君は飛び立つ | トップページ | 遅ぇ »