« 高岡アーティスト・イン・レジデンス | トップページ | にぼし »

2015年10月20日 (火)

時代

あまり話題にはなっていないものの、プロ野球のプレーオフも終わり、今朝のニュースではジャイアンツの原監督が今季限りで監督を退くというニュースが流れていました。

プロ野球は日本シリーズがこれから行われるのですが、少年野球の方もシーズンは終盤、そろそろ来シーズンのチーム作りが始まっていきます。

野球やるには野球やる子がいないとダメということで、新入部員を勧誘するべく、新しい子の体験入部が週末に行われました。

私が誘った子供も来ていたので私も日曜日は練習に参加していました。

冒頭で野球が話題になっていないと書きましたが、野球をめぐる子ども達の環境というのは我々の子ども達の頃とは随分違っています。

私たちの子供の頃は近所の友達が集まってプラスチックのカラーバットで柔らかいボールを使った野球をいつもしていました。

小さい頃から野球ばかりしていたと思います。

さらには夜には毎日のように巨人戦が放映され、お父さんがビール飲みながら野球をみる傍らでいつも野球をみていました。

私がそのように過ごしていた少年時代に巨人の四番は原でした。私は特にジャイアンツファンではなかったものの、プロ野球の放送は毎日のように見ていました。

私はその後少年野球をすることになるのですが。野球をやらなかった子ども達でも普段は草野球やプロ野球に親しんでいたので、野球のルールというのはほとんどの子が知っていて当然のお約束ごとだったかもしれません。

日曜日に体験入部に来た子の中には全く野球のルールを知らない子もいて、時代だなぁと感じたわけでした。

体験者を楽しませるのが目的なので、柔らかいボールを打たせて草野球っぽいことをやりました。

小学生も高学年にもなってバットなんか振ったこともないという子が今では普通におります。

そういった意味では野球を始めるというスタート地点が昔よりはかなり後ろなんだなぁと思いますね。

その子が打ったときには、「打ったら一塁に走るんだよ」とそんな所から言わなくてはいけないのが現実です。

塁に出た時に、「次のバッターが打ったら二塁に走るんだよ」というと「二塁ってあっち?」みたいな。

「二塁」でさえももはや専門用語。

そして打ったら二塁に向かってダッシュ。

「おーい、まってぇぇぇ、フライは走っちゃダメなんだよぉぉぉぉ」とまぁこんな感じでございます。

体験入部に来たら必ず入るというわけではないのですが、何人入ってくれるでしょうか?

私の子供の頃のように、野球なんてほっといてもやりたい子供がわんさか集まると言う時代ではありません。

どのチームも選手集めには苦労しています。どうにかこうにか9人揃えているというチームは珍しくありません。

うちもどっちかというと来年はそんな感じになりそうです。

勝つとか負けるの前に試合出来るのか出来ないのかというところから始まるのかもしれません。うちは一応来年は9人以上の選手が残りそうなのですが、それでも出来るだけ多くの子供が参加してくれるにこしたことはないですからね。

|

« 高岡アーティスト・イン・レジデンス | トップページ | にぼし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今の子ども達は、そんなものでしょうか・・・俺たちの子どものころは、下校すれば野球・ソフトボールでした。当時はサッカーなどは、まったく知りませんでしたから・・・プロ野球の中継もほとんどなくなりましたから、その影響もあるのでしょうか・・・

投稿: でんでん大将 | 2015年10月21日 (水) 08時47分

以前、自分よりも歳下の方がプロ野球の監督になりますと、自分が歳を取ったと感じましたよ。おっぺらさんは、今年、そんな時を迎えられているのではないでしょうか。これも時代ですね。coldsweats01

投稿: SILVIAおじさん | 2015年10月21日 (水) 19時59分

でんでん大将さま
今の子ども達にとっては野球はちょっと縁遠いものかもしれません。私は子供の頃は近所の子ども達と野球ばかりしていました、みんなそうだったと思います。
プロ野球の中継がなくなった影響も大きいですが、そもそもなんで無くなったかというと、放送しても全く視聴率が取れないからですものね。
おそらく放送しても誰も見ない。
かく言う私もBSなどで放送している野球の試合は全くと言っていいほど見ませんからね。
そう言えば今週末富山に来られるとか。
何もないところですけど、せめて天気がよくて立山が綺麗に見えるといいなと思います。

投稿: おっぺら | 2015年10月21日 (水) 21時55分

SILVIAおじさん
まだ次期監督の高橋由伸は私よりも歳が上なのですけど、同年代の人が次々と監督になっていきます。
確かに歳を感じますね。

投稿: おっぺら | 2015年10月21日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/62516989

この記事へのトラックバック一覧です: 時代:

« 高岡アーティスト・イン・レジデンス | トップページ | にぼし »