« 北海道2日目in函館~札幌 | トップページ | 人生初神奈川県 »

2015年10月 8日 (木)

北海道3日目in札幌~小樽

さて3回に渡って書いてきました北海道の紀行文も今回で最終回。

最後は札幌から小樽に行きました。

途中余市に寄りまして最近旬のニッカウィスキーでの余市工場を見学しました。151005094242513_photo 歴史のある建物です。ご存じの通り丁度1年前にNHKの連続小説「まっさん」の舞台になった場所です。

その効果か結構たくさんの観光客が来ておりました。151005094317875_photo 当時のまま残されている建物も多いです。もちろん現在でもシングルモルト「余市」はここで生産されています。151005100616663_photo ドラマの撮影でもこの工場でロケが行われていました。私は全部は見ていなかったのですが、全体の20話分くらいを飛び飛びに見ました。最後どうなったのかは見ていませんが、ニッカウィスキーが現在まで続いていますから、まっさんはきっとウィスキー作りに成功したのでしょう。

一通りガイドさんの説明付きで見学した後、最後に試飲コーナーがあります。普段はウィスキーを飲む習慣がないのですが、グラスに入れられた「余市」と「竹鶴」をストレートでガシュッと飲んでみました。

カァァァァッてなりますね。

大きい瓶は買えなかったのですが、「余市」と「竹鶴」の小瓶を買ってきました。

その後小樽で昼食です。151005123631416_photo 昔行ったんですけど、当時はデジカメなんて無かったから気軽に写真なんかも撮ってなくて記憶もおぼろげです。151005115935850_photo もちろん昼食はお寿司。団体客の料理と言うことで、1時間前から(知らんけど)並べられていたカパカパのお寿司をありがたがるほど山育ちではないのですけど、小樽で寿司を食べましたという事実が大事と言うことで。

その後運河に行きまして、ほんの30分ほどの自由行動がありましたが、各々北一ガラスなどに行きましたが、私はそっちは行かず、運河を見に行きました。151005130019274_photo この運河の脇で大学時代に友達と二人で写真を撮った覚えがあります。そんなにたくさん人がいなかったような覚えがありますが、今回は中国人で溢れていました。

でも、よくわからないですけど、この風景中国人が見ても何とも思わんのではないかと思うんだけど・・・。

時間が無かったのと、最後のお土産ポイントであるので慌ててお土産を買わなきゃいけなかったので写真一枚撮ってとっとと退散。151005131402004_photo 小樽のお土産通り。

凄くたくさんの観光バスが来てましたね。

今回は裕次郎記念館はなし。

帰りは千歳空港なので、再び札幌方面に切って返すように戻ります。151005145309314_photo 千歳空港は初めて来たのですけど、さすがに日本一大きい空港だけあって、でかい。お土産屋も一杯で、財布の残りの最後の絞りかすを舐め取られるようにすくわれていきます。

お土産を買うラストチャンスという思いが焦りを生みます。

私はあまりお土産を普段から買って帰る趣味がないので、自分で食べたいものなどを我が家用にちょいちょい買って帰るのだが、みなさんあちにもこっちにも配らにゃならんとばかりに大きなお土産袋を抱えてます。

実際は、搭乗ゲートを潜ってからも、羽田に行ってからも白い恋人やロイズのチョコは買えます。

なんなら今週、地元のデパートでも大北海道展が開催されてそこでも買えます。

さらに、楽天ではいつでも買えます。

ま、新婚旅行に行くときは出発前からハワイのお土産注文してから行きますからね。

というわけで、駆け足で二泊三日、これでもかと言うような内容の弾丸ツアーを体験してきたわけですが、凄いですね。北海道に行ったのに、大自然を全く見ていない。

しいて言えば函館山で夜景を見たのだが、風景と言えば風景なのだが、人工物の作り上げた灯りを見るわけなのでちょっと違うかも。

例えば流氷の海。摩周湖、釧路湿原などなど・・・北海道の大自然に触れる旅というのもしてみたいものです、こんだけ回っても、実際北海道の何を見たといってもほんの一部しか見ていないのでしょうね。

昼ご飯を小樽で食べたのに、家に着いても8時過ぎですからね。近いと言えば近い、遠いと言えば遠い北海道の旅でございました。

|

« 北海道2日目in函館~札幌 | トップページ | 人生初神奈川県 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道3日目in札幌~小樽:

« 北海道2日目in函館~札幌 | トップページ | 人生初神奈川県 »