« 通常営業開始 | トップページ | 諏訪町にてpart1 »

2015年8月18日 (火)

ご当地の味

長野での出張二日目。

今回は長野県の南部伊那市に来ています。

伊那市にはこれまでも出張で何度か来ていますが、伊那市の特有の料理「ローメン」を食べたことがありませんでした。

気になっていたので、今日たまたま近くにあったローメンのお店に入ってローメンを食べてみることにしました。

ローメンは焼きそばみたいな感じなのですが、麺は太めの中華麺。それを蒸したものにマトンの肉が乗っています。詳しく知りたければネット上にいくらでも解説が載ってますので、詳細は割愛。Romen 今日食べた店のではないですが、こんな感じ。

今日行った店は。通り沿いにはなくて裏路地の目立たないところにあった地域のおっさんたちが集まる、夜は飲み屋になるような味のある店。

昼間から焼酎飲んで酔っ払った農家のおっさんがいるような昭和な食堂。いい感じ出してました。

店のおばちゃんにローメン初めてというと、食べ方を教えてくれた。

酢をドバドバかけて、ごま油をドバドバかけて、お好みでトウガラシやニンニクをかけて食べるそうな。

作法は盛岡のじゃじゃ麺に近いのだけど味はまったく違ってます。蒸した麺なので、ちょうど伸びたラーメンみたいな食感。くさいマトンの肉がちょっと食べる人を選ぶかもしれない。

メニューに「チャーメン」というのがあったので「チャーメンって何?」って聞くと、肉の入ってないローメンだそうだ。何故に「肉なしローメン」という名前じゃないのかはわからない。

正直味のほうは、微妙な感じだったのだが、せっかく旅に来たのでご当地の味というものを味わって帰るというのも大事なことかなと思います。

|

« 通常営業開始 | トップページ | 諏訪町にてpart1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

伊那市はイナゴなどの虫を料理して食べる食文化が有名だと思っていました。「ローメン」も名前だけは知っていましたが、伊那市が本場とは知りませんでした。マトン肉が入っているのは驚きです。長野のように海がない地方の食文化は違いますね。confident

投稿: SILVIAおじさん | 2015年8月19日 (水) 07時57分

イナゴはこの前食べたのですが、蜂の子を一度食べてみたいなぁと思っていたのですが。なかなか高級食材らしいです。
ローメンは伊那にあるとある食堂が考え出したらしいですよ。

投稿: おっぺら | 2015年8月20日 (木) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/62111003

この記事へのトラックバック一覧です: ご当地の味:

« 通常営業開始 | トップページ | 諏訪町にてpart1 »