« たまにも二人で | トップページ | 海水浴 »

2015年8月 7日 (金)

夏休みにふと思う

甲子園での高校野球も始まり、まさに夏真っ盛り。キチガイじみた暑さが続いています。

子供たちは夏休み。宿題をしたり友達と遊んだり。

ところで昔、友達と遊ぶときはどうしていただろうか?自転車をこいで友達の家に行き、「○○くんあそーぼー」とかいって、いなければまた次の家という感じであったか、近くの公園なりグランドなりに行けば誰かしらいて声をかけて遊んだり、時には電話をかけて友達を誘ったりした様な記憶がある。

もちろん携帯電話なんてない時代の話であるから、今の小学生の事はやはり昔とは随分違うんだなぁと思わされることも多い。

今の時代たいていの母親はスマホを持っておりますので、友達同士の母同士はまずLineなんかでつながっています。

それで、子供同士で約束する前に、その子の母親から「うちの子が遊びたいって言ってるんだけど○○ちゃん明日暇?」などと連絡が入るというのももはや日常のこととなりつつあるようだ。

保育所の頃ならいざ知らず、小学生にもなってと私は思うのだが、この手の子供に対するお膳立てをすることに何の抵抗もないというのが昨今の風潮のように思う。

私としては「なんでおめぇの遊ぶ約束の世話を俺がせにゃならんのだ!」と思うのだが、当然うちの子は勝手に電話をかけて勝手に約束して勝手に遊びに行きます。

そんなの当たり前じゃねぇ?と思うかもしれませんが当たり前じゃないのですこれが。

だから小学生でも自分で電話をかけないから電話をかけられない子もいて。

今は中学生にもなろうものなら携帯を持つのがほぼ標準化。携帯で電話をするのは自分が番号を知っている友達だけで、さらには電話なんかしなくてもメールやLineで事足りてしまうのである。

つまり友達の家に電話をかけたら相手の親が出て、「こんばんわ、○○ですけど、○○ちゃんいますか?」なんてやり取りをほぼほぼやらなくても済む。

こうやって電話一本の応対もまともにできないまま大人になっていってしまう子が増えちゃうのかもしれないんだなぁと最近思うのであります。

うちは普通にかかってきた電話でも近くにいれば子供に取らせますし、それもまた社会勉強だろくらいに思っておるわけですが、なかなかそうはいかない子も多いかもしれない。

普段から家は子供たちに留守番なんかも平気でさせていますが、大きくなっても留守番も一人でできない子もいるみたい。そんなお母さんは「うちの子にそんなんできるわけない」などと言うのですが、できるのかできないのかなんてやらせてみなけりゃわからんのであって、やらせてもないのにそりゃできんやろ。と心の中で一人突っ込みを入れているのであります。

学校行事や、クラブ活動なんかで持ち物を準備するときも、うちでも忘れ物がないように「あれ持ったか?これ持ったか?」くらいの確認はしますが、何もかも全部親が用意する子も多いです。原則自分で用意するのが大事な気がします。

いつも私は「おめぇが忘れものしても俺はなんも困らんけどよ」と言っておるのですが、親とすれば、子供が忘れ物したら届けてやらなきゃならんから大変なんで、事前にそのリスクを避けるのかもしれないが、そんなもん「届けんでもいいやろ」という考えには至らないようだ。

以前うちの息子が野球の練習にスパイクを忘れて行ったことがあったのだが、届けてくれと言うので、「知らんがな。裸足でやれ!!!」と電話切ってやりました。

忘れ物して痛い目にあって初めて「次はちゃんと準備しよう」と思うのであるから、忘れもの大いに結構。だって俺困らんし。

以前バッグを受け取った子供が「え~っ、○○入れてないの?何でよ?」みたいな言葉を母に言っておるのを聞いたことがある。実際には到底親に向かって吐いていい言葉とは思えないような口調である。母は「ごめんね」と平謝りしておった。

私は横にいた息子に「そんなもん自分で用意するのが当たり前やろ。もしお前がそんな口親に聞いたら頭かち割るぞ」と小さな声で優しく教えておいた。

転ばぬ先の杖という言葉がありますが、杖どころか転びそうなところにマットまでひいて救急隊まで待機させているような感じなのである。

転んだことない奴に転んだ痛みがどうしてわかんのか?将来受け身も取れないような豪快な転倒をかますかもしれませんね。

こんな世話を焼くのは昔ではおばあちゃんの役目だったのかもしれない。それに「おばあちゃん、あんまり○○を甘やかせないで」と釘を刺すのは母の役割だったはずである。

でも今はあまり同居する家はないですからね。それが原因か何かは知りませんが。

今度夏休みに行事があって学校に子供たちが登校することがあるのだが、別の親から「その日どうする?車で送ってく?」みたいなメールが届く。

「はぁ?なんで送らんとあかんの歩いて行かせるに決まっとるやろが!」

世の中のお母さん、ラッシュ時間帯に子供を車で学校に送るのはやめてください。渋滞の元ですので。子供は甘ったれになるわガソリン代はもったいないわ、渋滞の原因になって社会に迷惑だわ何一ついいことございませんので。

なんか書いていたら熱く語ってしまったのだが、本当に見ていて、自分の子供を本当にパンツ一枚一人ではけんようになんで育てるかな?と疑問に思うことが本当に多いので。

特に男の子を持つ親に多いです。娘の友達なんか、電話の受け答えもしっかりしているし、挨拶もちゃんとできるし、しっかりしています。やっぱり母は男の子に甘いんだろうなぁ。

まぁ、関係ないっちゃ関係ないんだけどね。しかし、子供が親に向かって暴言吐いているのだけは見ていて非常に腹が立つのであります。

これを読んで「ドッキッ」としたあなた、別にあなたのことを書いているのではないので安心を。

|

« たまにも二人で | トップページ | 海水浴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/62037129

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みにふと思う:

« たまにも二人で | トップページ | 海水浴 »