« 休みは休みで忙しい? | トップページ | 剱岳の展望台「千石城山」登山 »

2015年5月 5日 (火)

洗濯機修理

先週辺りから洗濯機の調子が悪く、脱水中にエラーになって止まってしまうという症状が出てくるように。

古いわけでは無く、約2年前に購入したものでまだ新しい。幸い保証期間中だったのでサービスに連絡して直してもらおうかなと思ったがよくよく調べてみると、洗濯槽の中に異物が混入したりで問題が起きていた場合は保証外。

タダだと思って修理に来てもらったら「これは対象外ですよ」とか言われて修理費を取られてしまうことになりかねない。

脱水の際には少し異音がするような感じもあるのでおそらく中に物が引っかかっているように思う。

しばらくは実家に洗濯物持っていって洗濯させてもらっていたのですが、いつまでもこんな面倒なことはやっていられないし、コインランドリーも高くつく。こいつは早めになんとか対処しないといけない。

せっかく休みなので、朝から洗濯機をバラして見てみることに。Img_4058 ちなみに洗濯機はPanasonic製のNA-FR80N6というもの。Img_4066 まず一番手っ取り早いのが中の円盤部分を外すこと。ちなみにこの部品は「パルセーター」と言うらしいです。こいつはボルト一本でとまっているので、中央のネジを外すと取れます。が、ネジを外しても持ち手など無く、シャフトから真っ直ぐ引き抜かなくてはいけないので苦労します。ガタガタ揺らしながら外すといいかも。Img_6053 写真を撮るのを忘れたので、これはうちの洗濯機ではありませんが、こんな感じです。パルセーター自身が壊れることも結構あるのですが、パルセーターを取り寄せて交換するだけなら簡単です。Oリングとワッシャーなどを元あった通りに戻すのが大切。

と、まぁパルセーターを外して見たものの底には何もなさそう。となると「ブツ」は洗濯槽の周囲に挟まっている可能性が高い。

洗濯槽の周囲は普段は見えなくなっていますから、確認するだけでも洗濯機上面のカバーを外す必要があります。Img_4059 カバーの周囲にあるボルトを外します。うちのは6本のビスでとまっていました。Img_4060 ビスを外し、引っかかりの爪をマイナスドライバーで慎重に外すと、上面が分離します。Img_4061 背面のカバーを外します。猫が気になって周りをうろちょろしますが、気にせず作業。Img_4062 カバーを外すとチューブがあり、こいつを抜きます。こいつを抜かないと上蓋が持ち上がりにくいのですが、今回は外す必要はなかったかもしれません。Img_4063 水と洗剤の投入のゴムホースを外します。ゴムは薄いので破らないように慎重に。Img_4064外れました。しかし完全に外すにはまだホースを何本か外さなくてはいけないのですが、今回はバラすこと自体が目的では無く、上蓋が持ち上がればよいのでそのままに。持ち上げた蓋は妻に持っていてもらいます。

内槽の上面のカバーのビスをドライバーで外します。このビスは上蓋を外さないとまわせない位置にあるので、苦労して上蓋を外すというわけです。Img_4065 簡単に外れます。これでようやくドラム周囲の隙間を覗くことができます。

懐中電灯で照らして周囲を確認すると。Img_4067 なにやら本体とドラムの間に引っかかっている衣類が。針金を曲げた物で引っかけて取り出します。

取り出して廻すと、異音も無くスムーズに回る感じ。きっとこれが原因だったのかな。

洗濯槽の裏側の汚れはまだ年月が経っていないので綺麗でしたので、今回は洗濯槽自体を外して洗う必要はなし。

しかし、洗濯槽を外すにはシャフトにスナップリングが付いていましたし。そのボルトも家にあるヘナチョコモンキーでは回せそうに無いくらいに硬かったので、道具も必要かな。

スナップリングプライヤーと大きめのモンキーかスパナかパイレン。それとプーリー抜きなんかがないと内槽は外せないかも。そんなもん会社に行けばあるけれど、普通の家にはないですわ。Img_4068 ちなみに引っかかっていたのは娘の靴下でした。ほんのちょっとパタパタ言うくらいで回転にはまったく影響しなさそうなのですが、高速回転するのでちょとした回転のブレを感じたら瞬時にエラーを検知して回転を止めるようにできているのですね。

そう考えると、最近の洗濯機はすごくちゃんと作られているのだなと改めて感じました。昔のだったり、外国製なんかの安物だったらおそらくそのまま回転し続けることでしょう。

まぁ、それでも問題ないっちゃぁないのだけど、こいつかモーターシャフト部分まで落ちていって絡まったら、エラいことになってしまうので、そいつを未然に防ぐための機能が働いていたということなのでしょう。

その後洗濯機は無事に元通りになりました。

と言うわけで、子ども達に父ちゃんだってやるときゃやるというところを示し、妻にはいつもゴロゴロしているだけじゃなく、ちょっとは頼りになるというところを見せ、修理代も浮くという上々の結果でした。

めでたしめでたし。

ちなみにネットなどで調べると、動画やら、個人のブログなど一杯洗濯機の修理について書いてあるところがありますので、参考になると思いますよ。

|

« 休みは休みで忙しい? | トップページ | 剱岳の展望台「千石城山」登山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私には出来ないと思います。バラせても、元に戻せないです。分解して、直して、元の状態に戻せたのは・・・何もないですね。手先は器用なんですが、性格が大雑把なんだと思いますcoldsweats01

投稿: SILVIAおじさん | 2015年5月 5日 (火) 21時19分

SILVIAおじさん
私のやったこと程度でしたらドライバー1本でできrる範囲ですので大したことはないですよ。
実は私も組み立てるときにビスを一本締め忘れました。もう一回バラして締めるのが面倒だったのと、別に締めなくても大丈夫な場所だったのでそのままにしておきました。

投稿: おっぺら | 2015年5月 5日 (火) 21時42分

お疲れ様でした。
組み立て終わったらビス1本・・・なんかわかります。結果オーライですよね(^.^)

投稿: キハ58 | 2015年5月 6日 (水) 08時28分

キハ58さん
ありがとうございます。元に戻すときは慎重にしないといけないのですが、せっかちでいけないですね。重要な部分のビスじゃなくてよかったです。

投稿: おっぺら | 2015年5月 6日 (水) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/61542022

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機修理:

« 休みは休みで忙しい? | トップページ | 剱岳の展望台「千石城山」登山 »