« 暖かくなると始まる | トップページ | 連休開始 »

2015年4月29日 (水)

壊してしまうのは一瞬でできるから

今日からGWの始まり。天気がいいので出かけた方も一杯いるのかな。20150429163907_photo よく見たら家の車庫の屋根下でせっせこせっせこ作業中。20150429163902_photo 暖かくなってきたから家造り。20150429163914_photo すぐお隣にも建築中の家が。まだ4部屋しかできてませんけど。

近くに物干しがあるので妻が「早く取ってよ」と言うもんだから、「今度蜂が留守の時にね」とは言ったものの、一生懸命作っているのでなんだか可愛そう。

完成させてあげたい気もしますし、完成してから壊すのも可愛そうだし。

実際アシナガバチは非常におとなしい蜂です。まず襲ってこないし、刺されても大したことないし、とっさに手で払ったりしなければまず刺されないんだけど、妻や子どもは「ブーン」って聞こえたらすぐに手で払っちゃうんだろうから、やっぱり危ないかなぁ。ごくまれにアナフィラキシーショックもあるらしいけど。

昔、山でよく仕事をしていたときに、地蜂やスズメバチと出くわすこともありました。

スズメバチの親指ほどの大きさの斥候の一匹が胸元にとまって服の上をブンブン歩き回っても、身じろぎせずにやりすごす。そんな事も一度や二度ではなかったです。手で払わなければ襲われません。

突然知らないで巣を踏んだり、巣のある枝を切ったりすれば、やられますけどね。実際は斥候がいることが多いので大きな羽音で威嚇されますから、巣があることは気付くことが多いです。

昔野球をしていたときに草むらにあるボールを拾いに行ったときに、知らずに巣を触ったみたいでアシナガバチに刺されたことがあります。チクッとしただけで、大したことはなかったです。まだアブなんかの方が痒いしやっかいなくらい。

蜂はすべてが人間の敵というわけではなく、ミツバチは有益ですし、アシナガバチだって家の周りの害虫を駆除してくれたりします。襲う前には威嚇しますし、よほどのことが無いと襲われませんので、どうせなら巣が大きく成長するのを観察するのも子ども達にとって面白いかな。

今から写真撮影して夏休みの自由研究にするのもいいかも。蜂に親しんで、蜂と共存し、とっさに蜂を払って刺されるような事にならないように訓練するのも人生において有益だったりするかも。

しばらく様子見てみよう。

|

« 暖かくなると始まる | トップページ | 連休開始 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年は蜂を見掛けるのが異常なくらいに少ないと聞いていましたが、昨日始めて住宅街でスズメバチに初遭遇しました。距離はありましたが思わず逃げてしまいました。手で振り払うような動きが良くないのですね。黒いものに対して攻撃的になるとも聞いています。

投稿: SILVIAおじさん | 2015年4月29日 (水) 21時08分

お気持ちわかります。植物の受粉に必要な蜂なしに、美味しい果物など食べられないですね。それに、4部屋かもしれませんし^^;;

投稿: キハ58 | 2015年4月29日 (水) 22時38分

SILVIAおじさん
スズメバチだとさすがに何とかしないといけないですけど、アシナガバチですからね。ハチ自らは攻撃してきません。家の入り口などではなく、家の敷地内でもあまり行かないところですので、駆除するかどうか決めかねてます。

投稿: おっぺら | 2015年4月29日 (水) 23時26分

キハ58さん
朝顔につるべとられてもらい水ではないですけれど、自然のあるがままをなるべく受け入れるというのもありなのかなと思います。日本人の美徳でしょうか。実害はほぼないですから、五分の魂を大切にするのもいいかなと。

投稿: おっぺら | 2015年4月29日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/61512948

この記事へのトラックバック一覧です: 壊してしまうのは一瞬でできるから:

« 暖かくなると始まる | トップページ | 連休開始 »