« 猫ちぐら | トップページ | 若いときは回避できたのに »

2015年4月 9日 (木)

帰りは違う道

茨城の二泊三日の出張も今日で帰宅。

車で帰ると、7~8時間程度かかるので今日は約10:00頃にみんなに後を任せて帰途につく。

行きは雨だったのだが帰りはいい天気。前回も書いたのだが、富山から茨城に行くには上信越道ルート、関越道ルートがありますが、もう一つ新潟市から磐越道でいわきから常磐道ルートもあります。

これら3つのルートは今回の滞在地最寄りの日立中央ICからの距離だと、なんと誤差20km以内という奇跡のような立地条件。つまり距離だけで言えばどこを通っても大差ないのであります。

先週に訪れたときは、行きは上信越道、帰りは関越道で帰りましたが、今回は行きは関越道でした。

単純な距離だけでなくアップダウン、カーブ、対面通行の有無等で言えば関越経由が一番早いと思います。

今回は1人で帰ると言うこと、天気がいいと言うこと、日立以北の常磐道を通ったことがないこと、安達太良、磐梯、飯豊連峰が見たいことという理由で、磐越道経由を選択。

まずはいわき方面に北上。  八幡太郎義家が「吹く風をなこその関と思へども道もせに散る山桜かな 」と詠んだ和歌などで古来より枕言葉で有名な勿来を通る。勿来の関はそれ自身の存在は諸説有り、現在もその存在の証拠は発見されていないので言ったもん勝ちって奴ですな。

勿来は都人には当時の感覚で言うと人知の及ぶ最果ての地の意味でもあり、これより先は異文化の蝦夷地であったのだから、立地的にも東北の始まりというので最もらしい感じではありますね。今で言うと、イスカンダルやアルカディア、エルドラド、ジパング、みたいな感じですかね。

いわきジャンクションで磐越道に入り、ここから新潟まで太平洋から日本海までの横断となる。

伊達政宗の正室「愛姫」で有名な三春を通る。三春町というのはすごく美しい名前。梅と桃と桜が一度に咲くというのが由来だとかそうでないとか。北に行くほど梅の時期と桜の時期が近づいていきますからね。

伊達政宗というと仙台と思うのですが、実際はどっちかって言うと福島が舞台なんですよね。仙台は晩年だけ。それでも伊達政宗=仙台(宮城)と全国にイメージされているのは、福島県が宮城県にやられた感じ?

磐越道が郡山ジャンクションに近づくと目の前にバーンと残雪を抱いた安達太良山が見えてきて、郡山ジャンクション以東には行ったことがなかったのでこの角度から安達太良の様子もまことに見事。残念ながら写真はない。

会津方面に磐越道を行くと磐梯山が見えてくる。

20150409120815_photo_3

ちょっとスキー場が景色という面では残念なのだが。天気もいいし、凄く綺麗。

会津に差し掛かった辺りで丁度お昼過ぎだったので、せっかくなので久しぶりに喜多方に寄り道して喜多方ラーメンを食べていくことにする。

去年来たときには知り合いのすすめで「まこと屋」に行ったのだが、今回は有名な「坂内食堂」に行ってみるかと思っていたのだが、なんと木曜日が定休日。それでまた「まこと屋」に行ってきました。

20150409130928_photo_2

チャーシュー麺食べました。相変わらず美味しかったです。家族に生麺のお土産を買っていきました。

20150409134646_photo

喜多方や会津坂下あたりから見る飯豊連峰もすごく美しかった。やっぱり磐越で来て正解。

夕方過ぎには無事に到着。約7時間の旅でした。あ~疲れた。

|

« 猫ちぐら | トップページ | 若いときは回避できたのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日までBSで再放送されていました大河ドラマ「独眼竜政宗」を全話見ました。「愛姫」は桜田淳子さんが演じていました。当時はとても人気があった大河ドラマでしたが、一度も見ることがなかったので是非、見たいと以前から思っていました。28年前の作で出演者は若かったですがストーリーは今でも十分に見応えがありました。

投稿: SILVIAおじさん | 2015年4月10日 (金) 19時34分

トンネルを抜けると磐梯山が正面に見えてきますよね。天気が良くてよかったです。
そうですね、伊達政宗の本拠地はこっちです。coldsweats01
伊達郡の名称も残っています(伊達郡が先で伊達氏を名乗ったようですが)

投稿: しゅうちゃん | 2015年4月10日 (金) 22時15分

SILVIAおじさん
私も「独眼竜政宗」は数度見ました。そうですね桜田淳子さんが愛姫でしたね。いかりや長助さんなんかも印象深いです。勝新太郎の秀吉が素晴らしかったです。オープニングのレーザービームと音楽は印象深いです。平均視聴率が40%近くあったなんて信じられないですね。

投稿: おっぺら | 2015年4月11日 (土) 08時27分

しゅうちゃんさん
伊達政宗の奥州の覇権をめぐる争いの舞台はほぼ福島県で古戦場も福島県ばかりですね。相馬、蘆名、二本松、田村もみんな福島県ですものね。
観光地やお土産の主導権争いには宮城に大敗北した感じは否めませんね。
福島県は白虎隊の方が一般的なイメージですかね。
八重の桜は盛大に滑っちゃいましたしね。

投稿: おっぺら | 2015年4月11日 (土) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/61415403

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りは違う道:

« 猫ちぐら | トップページ | 若いときは回避できたのに »