« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

壊してしまうのは一瞬でできるから

今日からGWの始まり。天気がいいので出かけた方も一杯いるのかな。20150429163907_photo よく見たら家の車庫の屋根下でせっせこせっせこ作業中。20150429163902_photo 暖かくなってきたから家造り。20150429163914_photo すぐお隣にも建築中の家が。まだ4部屋しかできてませんけど。

近くに物干しがあるので妻が「早く取ってよ」と言うもんだから、「今度蜂が留守の時にね」とは言ったものの、一生懸命作っているのでなんだか可愛そう。

完成させてあげたい気もしますし、完成してから壊すのも可愛そうだし。

実際アシナガバチは非常におとなしい蜂です。まず襲ってこないし、刺されても大したことないし、とっさに手で払ったりしなければまず刺されないんだけど、妻や子どもは「ブーン」って聞こえたらすぐに手で払っちゃうんだろうから、やっぱり危ないかなぁ。ごくまれにアナフィラキシーショックもあるらしいけど。

昔、山でよく仕事をしていたときに、地蜂やスズメバチと出くわすこともありました。

スズメバチの親指ほどの大きさの斥候の一匹が胸元にとまって服の上をブンブン歩き回っても、身じろぎせずにやりすごす。そんな事も一度や二度ではなかったです。手で払わなければ襲われません。

突然知らないで巣を踏んだり、巣のある枝を切ったりすれば、やられますけどね。実際は斥候がいることが多いので大きな羽音で威嚇されますから、巣があることは気付くことが多いです。

昔野球をしていたときに草むらにあるボールを拾いに行ったときに、知らずに巣を触ったみたいでアシナガバチに刺されたことがあります。チクッとしただけで、大したことはなかったです。まだアブなんかの方が痒いしやっかいなくらい。

蜂はすべてが人間の敵というわけではなく、ミツバチは有益ですし、アシナガバチだって家の周りの害虫を駆除してくれたりします。襲う前には威嚇しますし、よほどのことが無いと襲われませんので、どうせなら巣が大きく成長するのを観察するのも子ども達にとって面白いかな。

今から写真撮影して夏休みの自由研究にするのもいいかも。蜂に親しんで、蜂と共存し、とっさに蜂を払って刺されるような事にならないように訓練するのも人生において有益だったりするかも。

しばらく様子見てみよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

暖かくなると始まる

ここのところ2日間ちょっと全国的に異常な気温で、昨日は富山市でも29℃を上回ったとか。

こう暑くなると、鼻からたら~っと鼻水が出てきて、目が痒い。

五月中頃から六月頭くらいに始まる私の花粉症が始まる合図。

ということは、六月の気温ということかな。

まだ始まりなので大したことはないけれど、くしゃみ連発になるので困ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年4月26日 (日)

いきなり本番

GWも近づいてきて今週末は土曜日も日曜日も息子の野球の公式戦。

これをもっていよいよシーズンが始まるといった感じなのだが、この最初の試合が少年野球にとっては全国に繋がる一番大きな大会です。

勝ったチームは夏休みにある全国大会までこれから地区大会、県大会と8月までの戦いを続けていきます。

つまり春の始まったばかりの大会に負けたらもう始まったのに終わりという感じになってしまうのだ。

仕事の都合もあり、息子がまだ四年生なのでレギュラーとしては試合に出ていないということもあって練習試合なんかはあまり見に行っていません。今週は土曜日は休みだったのと公式戦と言うことで一回戦から見に行きました。

冬の間たくさん練習した成果もあって無事一回戦は突破。今日の日曜日に2回戦がありました。

今日は残念ながらお仕事で見に行けないかと思ったのですが、外に出る用事がありましたのでお昼の時間にちょこっと寄り道して見に行きました。20150426130216_photo いい天気で絶好の野球日和でした。

最初から最後までは見られなかったのですが、なんとか勝ったようです。

GW中は練習試合やら公式戦やら野球漬けになりそうです。あまり出かけられないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

久しぶり万葉線

毎年会社では花見と称して春にみんなで飲み会をやっているのですが、もちろん桜の花などはもう散ってしまっている。

今回はこの前新たに入った2人の新人の歓迎会も兼ねて行った。

高岡の駅前の居酒屋で行われたのだが、今回は妻に用事があって送ってもらえない。それならばと万葉線で行くことに。

数年ぶりに乗ったかもしれません。

万葉線には昔ながらの古い車体と、アイトラムと呼ばれる新型車両。それにドラえもんのカラーリングを施した車両と主に3種類があるのだが、駅でどれが来るのかと思って待っていると、来たのは20150424175752_photo 旧型車両。旧型車両には広告やらいろいろ本体にカラーリングされているものがあるのだが、来たのは猫や動物の絵が描いてあるタイプのやつ。

これに乗るのは初めてかもしれない、車内にも動物のいろいろな絵が描かれています。

久しぶりに乗ったのですが、料金は私が高校生の時に乗っていた当時に比べて安くなっていました。

高岡駅に向かう間に少しずつ人が乗ってきて、駅に着く頃には座席も埋まっていました。金曜日だったので私と同様にこれから飲みに出かける人が何人も乗っている感じでした。

高岡駅が新しくなって、万葉線が駅舎の中にまで乗り入れるようになったのですが、見たことはあったのですが、実際に乗って入ったのは初めてでした。20150424184358_photo 以前に比べたらすぐに駅なので便利になりました。

飲み会の方は夜遅くまで2次会、3次会と流れて行き、帰ったのは午前様でした。

今回は結構飲んじゃった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

先取ればいいってもんでもないやろ

今日は久しぶりに外でお仕事したのですが、汗ばむほどの陽気。

ようやく晴れたときは上着いらなくなってきました。

ついこの間春になったと思ったら、20150423225358_photo もう初夏を味わってしまいました。

いくらなんでも「初夏限定」を今から販売するのって頭おかしくない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

正確に測る

今日の新聞にデカデカと載っていましたが、全国で一斉の学力テストが行われたみたい。

娘も受けたようで、「どうだった?」と聞いたら「簡単だった」と言ってたのでそこそこはできたようでよかった。

全国の生徒の学力がどの水準にあるかを調査する目的で行われているようだが、過去には出来の悪い生徒を欠席させたり、学力テストの予習をさせたり、学校や県の成績を上げようと様々な不正も行われてきたようだ。

笑っちゃう話なのだけど、やっている当人達が真剣に不正を働いているのだから笑えない。

今回の結果がどのような形で出てくるのかはわからないが、今回はおもしろ不正が全国で行われていなければいいのだけど。

しかし、子どもの成績が悪いと教師が減俸にでもなるのでしょうか?

健康診断の前だけ節制したり、身長測るときにちょっとでも背伸びしたり、腹囲を測るときにお腹引っ込めたり、やってることはそれの延長かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

またこの時期

一年の経つのは早いもので、今日から5/15のお祭りに向けての練習が始まった。

今日は天候が悪かったこともあってあまり集まりが良くなかった。

これから約3週間は毎晩忙しくなる。

笛を吹いたり、太鼓を叩いたりとして過ごしていたのだが、去年の秋のお祭り以来約半年ぶりにやったのでなかなか始めは思うようにいかないものだ。

まぁ、本番までには取り戻して行くことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

皿うどん&ちゃんぽん

この前イオンモール高岡が改装になって、いろんなお店が新たにオープンしました。

イオンなんて年に1回行くかどうかレベルで行かないので、イオンが改装と聞いても「ふーん」くらいの感じで聞いていたのだが、これがまた結構とんでもない人出だったようで。

人気ありますなぁ。

今回の改装で北陸3県で初めて「リンガーハット」という店が出店したらしい。

何の店だか正直知らなかったのだが、長崎ちゃんぽんのお店だそうだ。

なんだか大人気みたくて週末ともなると長蛇の列だそうな。

八番ラーメンが関東とかに進出したら長蛇の列になったみたいな事なんだろうなぁと勝手に脳内変換。結局そんなもんかもしらん。

北陸ではここでしか食べられないとなるとありがたく感じるものなのかな。初めて富山にスターバックスが進出したときのあの長蛇の列もキ○ガイじみていました。

そう言えば以前東北に住んでいたときに、その当時吉野家が東北初進出の1号店を出しました。そのとき吉野家の牛丼の前にとんでもない長蛇の列ができたのを目の当たりにしました。吉野家の牛丼なんて行列で1時間も並んで食うもんじゃないやろ、と思ったのを思い出しました。

リンガーハットが普通にある地域に住んでいる人にしたらさぞかし滑稽な風景なのかもしれない。

妻がリンガーハットの500円券を2枚持ってまして、その期限が今月いっぱいということ、イオン近辺に出かける用事があったということで、食べてみることにしました。

朝ご飯を食べていなかったので11:00頃に食べに行ったのですが、もう行列が出来ていました。15分くらい並んだでしょうかね。20150419111855_photo 私は皿うどんを、妻はちゃんぽんを購入しました。ドレッシングを渡されて「お好みでかけてください」と言われ、「え!?麺にドレッシングかけるの?」と驚いたが、新たな新境地が開けるのかと思いちょっとだけ試してみる。何のことはない、つけない方が美味かった。もしくはつけなくても美味しかった。

人それぞれだとは思うが、こう言ったのを蛇足と言うのではないかとおもう。

長崎の本場の人がちゃんぽんにドレッシングかけて食べるものなのかどうなのか知らないけど、これって普通なの?

値段もそんなに高くないし、味も美味しかったし、30分並んで食う程のものではないとしても悪くないと思います。

あそこで働いているバイトの人たち大変だろうなぁ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

一体何をしているのやら

週明けまでに出さなければいけない仕事があって、土曜日か日曜日かどちらかにお仕事しなくてはいけなかった今週。

どっちにしようか迷ったのだが、嫌なものから最初に食べてしまう性格の私。美味しいものは後でゆっくり食べることとして、土曜日の今日は天気が良かったのだけど、会社でお仕事。

志賀高原辺りではまだ雪が降っていて、気温も低く、同僚から「行く?」とか言われて心動かされるも今シーズン終了したので諦める。

一昨日にちょっこりランニング始めたので、昨日も今日もほんのちょっと走っただけなのに足がビシバシ痛い。しかもかなりゆっくり走るというレベルでは無いくらいに走っただけなのに、これはいよいよ運動不足にも程があるような状況。

今日は休日なので定時までで仕事やっつけて早めに帰宅。野球の練習から帰ってきた息子と娘も引き連れて嫁さんと4人で近所の公園で仲良くランニング。

入り口の方に焼き肉屋さんがあって、その行き帰りに美味しそうな匂いがほよ~んと漂ってくるもんだから、息子が「焼き肉食べたい」などと言いだした。

こっちはそんなに乗り気でも無かったのだけど、これが言霊という奴か、妻も娘もすっかりその気に。

なんとなくそんな流れで焼き肉食べに行くことに。

食べ放題のお店。子供らと行く焼き肉なんてそれで十分。とは言ったものの4人で行けばそんなにお気楽極楽の値段でもない。20150418212402_photo 週末だから一杯で、結構待たせられた。お腹空いたのと、食べ放題という貧乏根性で結局一杯食べることになる。

今日のランニングはアプリによるとカロリー消費はたったの122。

そのランニングに行った時の焼き肉の匂いに釣られて何カロリー摂取したのやら。

ダイエットどころじゃないわ。

明日から頑張るもん(`ε´)

たぶん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

物は言いよう

今日妻が、カルビーのポテトチップスを買ってきました。

すかさず私が、「今ポテトチップス40周年で40%増量になってるんだぞ。それ買ってきた?」

と言いますと、「ジャーン!」と取り出したのがこちら。20150417202933_photo コンビニ以外のスーパー限定で60gが84gになってます。

しかし、今ポテトチップスってたったの60gしかないのね。改めてみるとボッ○クリだのぉ。

この四月からいろんな物が値上げ値上げで、
物価上がった分給料上がってねぇyo ( ゚皿゚)キーッ!!

子どもの頃は90gで100円くらいだった気が。

1975年発売開始 90g 100円。「100円でカルビーポテトチップスは買えますが、ポテトチップスで100円は買えません」のキャッチフレーズ覚えてますか?

年々徐々に内容量が減っていき、40年経った今では60g。価格はオープン価格になっているようだが、じわじわと値段を上げ、中身を減らし、実質倍近くになってるんですよね。

ジュースとかが、40年かかっても100円から8%の税込みで130円になっただけだと言うことを考えると、ボッ○クリと言われても仕方が無い。しかも内容量60gって書きながら、内容ではなく袋も含めて60g(ちなみに袋は約8g)だそうな。内容?内容の意味知ってるんだろうか?

40周年でデカデカと40%増量と書いてあるが、40年前の容量には戻ってない。「増量」しているわけではなくて、「ちょっと昔に戻した」というだけ。表現って難しいですねぇ。ペテンですな。

お値段据え置きで内容量を減らすか、内容量据え置きで価格を上げるかどっちかならわかるが、それを両方やっているのだからねぇ。値段も上げて、内容量も減らす。

ともかく、40年も生き残っている馴染みの品物はそんなに多くはないと思いますが、同じ品物で40年で最も価格が上がった品物の一つなんだろうなぁって思いますね。たばこも倍以上になりましたが、あれは税金が上がっただけですからね。

実質は小売店にいくらで卸しているのかということが問題なのでしょう。スーパーなどでは100円くらいで買えますので、卸値としては上げてないんだよって言われるのかもしれないのですけどね。

それでも買うからダメなんでしょうけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

ようやく始動

去年初参加だったのだが、今年もエントリーして会社のメンバーと出ることになりました、リレーマラソン。

なんだかんだでもう一ヶ月半くらいに迫ってきております。

私も一応参加メンバーに入っていることで、そろそろ暖かくなってきたから練習もしないといけない。

しかし、日頃まったく運動らしい運動はしておりません。どんどん体が退化していきます。

今日仕事から帰ってから妻と娘と3人で近所の公園に行き走ってきました。

考えてみたら仕事が忙しいのを言い訳に、去年マラソンが終わってから全然走ってないのである。

これじゃぁ走る前の準備運動で疲れるレベル。

まずゆっくりとスローランニングから。

体が重い重い・・・。

一週約1kmのコースを2週くらい走ろうかなと思っていたのですが、足が痛くなって一周半でおしまい。

これはいかんぞ。かなりなまってる。でも最初からやり過ぎるとむしろ体に悪いのでいいことにする。

こりゃぁ、本番走れるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

性格の不一致

猫にもいろいろ性格があって、個性があって面白い。

我が家で飼い始めた猫は、以前飼っていた猫とは本当に性格が真逆に近いくらい違っていて面白い。

前の猫は血統書付きのお嬢様。親もその親も良血で(もちろん良血でないと繁殖の機会が与えられないので当然だが)代々箱入りの苦労もしたことのない子で、最後まで家の中以外の世界は獣医くらいしか知らずに亡くなりました。20150415210253_photo 今の猫は全くの雑種。どこかの車庫だかで生まれて、保護されて里親が見つかるまでゲージの中で育ったみたい。

耳の先がカットされているのは野良ちゃんが保護されて去勢された証。一応雄なのですが、キャン○マがないのでニューハーフかな?

以前も雑種の野良あがりの猫を飼ったことがありますが、やはり野良の血なのか中々にワイルド。当時はまだ猫を去勢するというのは一般的ではなく、飼い猫と言えば外にも自由に出て行くのが当然の時代。雄は家中でスプレーするし、春になると「ギャロギャロ」うるさいので去勢するとかなり飼いやすくなります。

以前飼ってた野良上がりの猫は、ネズミやら鳩やらカラスやらを仕留めて、血まみれのまま獲物を持って帰ってきて、朝起きたら枕元に置いてある事もよくあった。

隙さえあれば台所の食事でもなんでもかっさらってダッシュで逃げてましたね。

お嬢様の方は、苦労知らずなのか、あまり盗人のようなことはしませんでした。非常に頭が良くて、餌の時は「待て」って言ったら、お座りして、「お手」も「お代わり」もして、「ヨシ」って言ってから食べるような猫でした。

お高くとまっているのか、非常に触られるのが嫌いで、触るとプイッと逃げていきました。ほとんど膝の上なんかに乗ってくることもなく、自分から寝ている私の上に乗ってきたと言うのも、10年以上飼ってて記憶にあるのでは2回しかありませんでした。

もちろん一緒になんか寝ないで、まず布団の中には入ってきませんでした。布団の上にすら乗らずに、ベットの脇の自分の寝床で必ず寝てました。

全然鳴かないで、「ニャァ」という声を聞くのは非常に珍しかったです。

自由気ままで、一定の距離をきっちり保ったまま生活していました。

今の猫は、非常に人なつっこく、くっついてきて、どこに行っても後を付いてくるような甘えん坊で、体を触られることに全く抵抗なく、ブラッシングしても、もっとしてとお腹を出して寝転んだりします。

野良上がりなのでワイルドかと思っていたので、ちょっとびっくり。

人間の食べ物に全く興味がなくて、隙を見せても盗んだりしないです。食べ物に対する執着が薄い。

ニャァニャァよく甘えた声でよく鳴きます。喉をゴロゴロ鳴らすなんて前の猫は滅多に無かったんですが、いつも私にすり寄ってゴロゴロ言ってます。一日で前の猫の1年分くらい鳴くかもしれません。

もちろん夜になると勝手に布団に入ってきて、私にピッタリくっついて朝まで寝てます。夜中に運動会になる事も多いですけど・・・。

爪を切ったりするときもおとなしく切られてます。一切抵抗しない。なでても、足とか触っても微動だにせずにされるがままになってます。

遊んで欲しいときは鳴きながら猫じゃらし咥えてすり寄ってきてきます。

本当に性格違うなぁと思って、見ていて面白い。

野良らしく、今耳ダニにかかっていて、治療中です。耳の中に薬を入れるのでさすがに嫌がりますが、少しずつ快方に向かっています。あまりカキカキしなくなってきました。

もうちょっとかな。

甘えんぼちゃんの猫って可愛いなと思う今日このごろです。こんな事ダラダラ書くというのは私も「親ばか」ならぬ「飼い主ばか」かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

ペットドア

猫を飼い始めて一週間。最初はオドオドしていた猫も、すっかり家になじんで、もうここが家で、我々が身の回りの世話をしてくれる従者ということを認識して来た感じである。

我々はお猫様の従順な僕でございます。

ちょっと肉球ぷにぷにさせていただけるなら、お食事の世話だって、う○この片付けだってなんでもするんだからね。

我が家では猫のトイレはリビングの外の廊下に置いてあります。

リビングと廊下はドアで繋がっているのですけど、猫が行き来するのにいつもドアを開けっ放しにしておくのもエネルギー効率が悪いので、ドアに「ペットドア」という物を取り付けました。

最初、ちょいちょいと日曜大工でこしらえるかなとも思ったのですが、ネットで調べると安いのであれば3,000円程度。これなら材料買ってきて制作するのもばかばかしいのでポチッとしました。

早速届いたのがこれ。20150406115525_photo 透明なドアの下に磁石がついていていつも閉まった状態がキープできます。

この「ペットドア」の形に合わせてドアをくりぬいて、こいつをはめてビスでとめて完成というもの。

説明書が英語で、しかも絵のみで全然説明になってない。

型に合わせてドアにマーキングして、その通りに穴明けちゃえばいいらしいんだけど、型紙なんかついてないぞ!

現物をドアに当てて鉛筆でなぞります。そのままだと小さい穴になってしまうので、はまるようにするにはそれより一回り大きく開けなくてはいけない。

アマゾンで買ったのですが、「この商品を買った人はこんな商品も買ってます」には

31aqzz4fl3l

こんな手鋸も載っていましたが(もちろん買ってない)、ドアを外して置いて切るならともかく、ドアをつけたままで真っ直ぐ切るのは、女性じゃちょっと無理かな。男子でも、日頃DIYとか好きな人じゃないと難しいかも。小さい手鋸は真っ直ぐ切るのは難しいです。どっちかというと丸や曲線を切る物だもの。

「説明にはドアを外して、台の上に乗せて切ってください」みたいなことを書いてありますが、ドア外すって大変よ。外して戻したら締まらなくなったりと、素人さんはやめた方がいいですよ。

まず鋸で切るには最初に鋸歯が入るように穴を開けないと行けません。だから穴を開ける道具がいります。キリくらいの小さい穴じゃ鋸歯は通りませんので、また道具を買わなきゃならんことになるわけだ。

我が家には電動のドリルもキリも揃ってますので問題なし。

ドアは鋸なんかでちまちま切ってられないのでジグソーで一気にカット。高級ドアならともかく、安っぽい我が家のようなドアだと通常はドアってこっちの面とあっちの面に薄い合板が貼り合わせてあり、中は空洞になってます。鋸で切るにしても、向こうの板ともに二枚同時に真っ直ぐ切らねばならない。それはチョロい手鋸で素人がやるには案外難しいと思います。

表側のけがき線だけ見て裏側めちゃくちゃにならないように注意しましょう。

道具さえあれば30分くらいで取り付け完了。20150413200133_photo それで、「ペットドア」がつけば猫が出入りしてくれると思ったら大間違い。まずはここから出入りできることを仕込まねばいけません。

嫌がる猫のケツを押して無理矢理通らせるも、入り口で足踏ん張って入って行こうとしません。

まずは、扉を開けて固定して開けっ放しにして訓練すること数日。普通にこの穴から出入りすることができるようになりました。

それで今度は蓋を閉めてみますが、頭や手で蓋を押して開けて通るにはもうちょっと訓練が必要。最初は手で押して開けようとしますが、頭突っ込むまではそこからさらに数日の訓練が。

後は猫の頭の良さにもよると思いますけど、うちの猫は賢いとは言いがたいお馬鹿ですが、訓練期間も含めて約一週間くらいで最初に自力で通過することができました。20150413065816_photo 1回通れば後は放っておいても大丈夫。

ここまできてようやくミッションコンプリートでございます。

鍵をかけたり、一方通行にするために下部にスライドロックがついてますが、緩くて猫が触って勝手にロックかかったりするので、特に必要なければ取っ払ってしまった方がいいです。マイナスドライバーで簡単に外れます。

やっぱり猫飼う人にとっては便利ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

2014-2015シーズン統括

桜の花も満開で穏やかな陽気の日々が続きすっかり春ですが、山にはまだたくさんの雪があり、周囲のスキー場でもGWまでは営業を続けているところも多く、その気になれば滑りに行くことも可能なのですが、私はもう今シーズンのスキーはおしまい。

ということで毎年恒例のシーズン統括。

1.   12/23八方尾根スキー場  記事1
2.   12/27高鷲スノーパーク&ダイナランド 記事1 記事2
3.   12/30高鷲スノーパーク&ダイナランド 記事1
4.   1/11栂池高原スキー場 記事1
5.   1/24栂池高原スキー場(1日目) 記事1
6.   1/25栂池高原スキー場(2日目) 記事1
7.   1/30妙高杉の原スキー場 記事1
8.   2/7牛岳スキー場(ナイター) 記事1
9.   2/11牛岳スキー場 記事1 記事2
10. 2/15たいらスキー場 記事1
11. 2/21たいらスキー場 記事1
12. 2/28野沢温泉スキー場 記事1 記事2
13. 3/15栂池高原スキー場 記事1
14. 3/27志賀高原スキー場(1日目) 記事1 記事2
15. 3/28志賀高原スキー場(2日目)記事1 記事2

と数えてみたら15回。昨シーズンも15回でしたので今年も例年通りたくさん滑ることができました。

今年は富山県内が4回。白馬方面が5回。妙高方面が1回。志賀、野沢方面が3回。今年は初めて岐阜ひるがの方面に2回行きました。

毎年どこか一カ所くらいはネタ的にも行ったことのない、もしくはブログ開設後記事にしたことのないスキー場に行こうと心がけているのですが、その意味では「高鷲スノーパーク&ダイナランド」「牛岳スキー場」「野沢温泉スキー場」と今年は3つのゲレンデを滑った感想を書くことができました。

特にダイナランドは半分ネタで行った割にはなかなか良い具合でした。

毎年何度か足を運ぶ妙高方面でしたが今年は杉の原にたったの一回。赤観に至っては一度も行きませんでした。杉の原は子供リフト料金無料はとっても魅力的なのですが、もう子供たちのレベルが杉の原で満足できるレベルじゃなくなってきたのも大きいかな。赤観はチャンピオン第7クワッドの廃止による接続の悪さで、行く気が失せているのも要因ですかね。

子供たちも年々上達してきました。どんな斜面でもほぼ平気で降りてきますので、選択の基準が少し歯ごたえのある斜面ということにもなってきました。

残念なのは八方に一回しか、しかもリフトがほぼ運休の日にしか行けなかったこと。リーゼングラードもスカイラインも今年は滑ることができませんでした。行くつもりはあったのですが、タイミングが合いませんでした。

15回も行っているという見方もありますが、ほんの15回の内であそこも行きたい、ここも行きたいとなると迷ってしまいます。本当はシーズン券でも買って一カ所に行き続けるのが効率的なのでしょうけど、効率でやっているわけではないので。

今年は本当に記録的に雪の多い年でした。毎回行っているゲレンデでもこんなの見たことないというような積雪で風景が変わって見えたほどでした。

おおむね天候には恵まれて、泊まりで行った栂池と志賀高原では二日間とも晴天という幸運に恵まれました。

雪質もいい感じの日が多く、凄く恵まれたシーズンでした。仕事がなかなか忙しくて休日に仕事も多かったので、シーズン中は仕事しているかスキーしているかどっちかという週末になりましたが、一日でもたくさん行けるように頑張って例年並みの回数をこなせました。

本当は新しい板とウェアが欲しいのですが、金欠でなかなか難しいのである。来年こそ欲しいのだが我が家の大蔵大臣の許可が下りないので来年以降の課題とします。

富山県とそれに隣接する新潟、長野、岐阜県が出かけた範囲なのですが、来年はもうちょっと足を伸ばして東北方面にも進出したいなどと考えてはいるのですがどうなりますことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

若いときは回避できたのに

先日出張にいっていたときのこと。なんだか四月としてはおかしな事に関東地方で雪が。

朝おきたら茨城で雪が降っていて車のフロントガラスなんかにも積もっているものだから驚いた。気象観測的にも記録的な出来事だったようでなかなか珍しいものを見た。

そんで仕事場も寒くてトイレが近くなって困る。

そんなすぐにトイレがそばにあるという訳ではなかったのでちょっと慌て気味に小走りでトイレに向かっていました。

そしたら何かに躓いて、おっとっととバランスを崩して片足で三歩ほどケンケンしてから体勢を立て直すことができずにそのままヘッドスライディングする感じで、思いっきり豪快にこけてしまいました。Tumazuku 膝をちょっとすりむいて、手のひらをちょっとすりむいたのと、左のふとももをで激しく打ち付けて、打ち身になっちゃいました。

悶絶もので痛かったのですが、見ていた人もいたので、やせ我慢で何事もなかったようにトイレには向かいました。Gunya 本当はぐにゃぁってなるくらい泣きそうだったのです。

しかし、ぶつけて痛かっただけで、怪我としては大したことはなかったんですけどね。

そんで戻ってきたときに、何に躓いたのか確認すれば(行くときはすました顔して確認せず)、本当にここなのか?と思うくらいほんのちょっとの舗装の切れ目の段差。3cmもあるかないかってところ。

これにつまずくとは、いかに足上げて走ってなかったのかがうかがえる。歳だから足が上がらなくなっているのかも。

それよりも何よりも、躓いてバランス崩してよろけた時にバランスを立て直せなかった体幹の衰え。

こんなに豪快にコケたのは何年ぶりだろうか?思い返してみてもほとんど記憶にない。

やっぱり少しずつ何もかもが衰えているんだなぁと感じた今日この頃でした。

打ち身の太ももがその日と次の日が最悪に痛くて、まともに歩けませんでした。もうほぼ治りましたけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

帰りは違う道

茨城の二泊三日の出張も今日で帰宅。

車で帰ると、7~8時間程度かかるので今日は約10:00頃にみんなに後を任せて帰途につく。

行きは雨だったのだが帰りはいい天気。前回も書いたのだが、富山から茨城に行くには上信越道ルート、関越道ルートがありますが、もう一つ新潟市から磐越道でいわきから常磐道ルートもあります。

これら3つのルートは今回の滞在地最寄りの日立中央ICからの距離だと、なんと誤差20km以内という奇跡のような立地条件。つまり距離だけで言えばどこを通っても大差ないのであります。

先週に訪れたときは、行きは上信越道、帰りは関越道で帰りましたが、今回は行きは関越道でした。

単純な距離だけでなくアップダウン、カーブ、対面通行の有無等で言えば関越経由が一番早いと思います。

今回は1人で帰ると言うこと、天気がいいと言うこと、日立以北の常磐道を通ったことがないこと、安達太良、磐梯、飯豊連峰が見たいことという理由で、磐越道経由を選択。

まずはいわき方面に北上。  八幡太郎義家が「吹く風をなこその関と思へども道もせに散る山桜かな 」と詠んだ和歌などで古来より枕言葉で有名な勿来を通る。勿来の関はそれ自身の存在は諸説有り、現在もその存在の証拠は発見されていないので言ったもん勝ちって奴ですな。

勿来は都人には当時の感覚で言うと人知の及ぶ最果ての地の意味でもあり、これより先は異文化の蝦夷地であったのだから、立地的にも東北の始まりというので最もらしい感じではありますね。今で言うと、イスカンダルやアルカディア、エルドラド、ジパング、みたいな感じですかね。

いわきジャンクションで磐越道に入り、ここから新潟まで太平洋から日本海までの横断となる。

伊達政宗の正室「愛姫」で有名な三春を通る。三春町というのはすごく美しい名前。梅と桃と桜が一度に咲くというのが由来だとかそうでないとか。北に行くほど梅の時期と桜の時期が近づいていきますからね。

伊達政宗というと仙台と思うのですが、実際はどっちかって言うと福島が舞台なんですよね。仙台は晩年だけ。それでも伊達政宗=仙台(宮城)と全国にイメージされているのは、福島県が宮城県にやられた感じ?

磐越道が郡山ジャンクションに近づくと目の前にバーンと残雪を抱いた安達太良山が見えてきて、郡山ジャンクション以東には行ったことがなかったのでこの角度から安達太良の様子もまことに見事。残念ながら写真はない。

会津方面に磐越道を行くと磐梯山が見えてくる。

20150409120815_photo_3

ちょっとスキー場が景色という面では残念なのだが。天気もいいし、凄く綺麗。

会津に差し掛かった辺りで丁度お昼過ぎだったので、せっかくなので久しぶりに喜多方に寄り道して喜多方ラーメンを食べていくことにする。

去年来たときには知り合いのすすめで「まこと屋」に行ったのだが、今回は有名な「坂内食堂」に行ってみるかと思っていたのだが、なんと木曜日が定休日。それでまた「まこと屋」に行ってきました。

20150409130928_photo_2

チャーシュー麺食べました。相変わらず美味しかったです。家族に生麺のお土産を買っていきました。

20150409134646_photo

喜多方や会津坂下あたりから見る飯豊連峰もすごく美しかった。やっぱり磐越で来て正解。

夕方過ぎには無事に到着。約7時間の旅でした。あ~疲れた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

猫ちぐら

先日も書いたとおり、我が家では最近猫を飼い始めたわけなのですが、去年死んでしまった先代の猫の使っていたグッズもいくつかあって、それを新たに使いまわしています。

一番ビッグなグッズは今、巷で大流行の「猫ちぐら」。

うまく入ってくれるかな?と心配していたのですが、何のことはなく、気に入ったみたいで、いつもここで昼寝しています。20150405195840_photo こんな感じ。

この「猫ちぐら」、最近密かなブームになっているらしくて、手に入れたくても中々手に入れられないとのこと。

こいつは10年くらい前にネット販売で購入したものなのですが、当時で3ヶ月待ちくらいでしたが、今はなんと6年待ち!!!(関川村猫ちぐらの会HPによる)

猫飼って「猫ちぐら」注文したら届く前に猫が死んじゃったってことにもなりかねませんな。

完全受注生産で、年々作れる人が高齢の方ばかりなので少なくなっているそうで、あまりに待ち時間が長いことから手作りで作れるキットまで販売される始末。平均年齢70歳くらいの作り手が20人くらいしかいないとか。しかもそれはほぼ増えることなく、減る一方。一個作るのに5日はかかるというので、そりゃぁ数年待ちにもなりますわ。

ちなみにお値段は30,000円弱程するのですが、「え、そんなにすんの?」と思ったあなた。

考えてみてください、時給1,000円として8時間働いて一日8,000円。これを5日で40,000円。しかもこれって組立だけで、実際にはワラの乾燥から叩いて柔らかくする行程。材料費などなど。普通に商売で売るとなると10万円くらいで売らないと商売にならないでしょうね。これ30,000円弱で売ってるんですからね。おじいちゃんおばあちゃん達の時給っていくら?

そもそも時給1000円なんて普通の人の時給で、特殊な技能を持ち、職人とされる人の時給なんて世の中じゃ1時間3000円~5000円くらい当たり前ですからね。

ブームで売れるからといっても大量生産できない。商売でやっても絶対に採算が合わないというわけです。若い人が、売れるからといって作っても絶対に生活できないのだ。

というわけで、この「猫ちぐら」物の質に対してはめちゃくちゃ安いというのが私の実感です。仮に10万だったとしてもけして高くないと思いますよ。

このブームに便乗して質の悪い類似品も多々販売されていますが、私のはもちろん新潟県関川村の本家本元の「猫ちぐら」本物でございます。

そういえばこの前ホームセンターのペットコーナーに化学繊維で作られた形だけ「猫ちぐら」のものが売ってありました。以前はこんなの見かけることはなかったのですが、ブームに敏感に商品が作られているのだと思います。

いろいろ類似品を見ますが、本物はすごくどっしりと重厚感があり、作りが丁寧で工芸品としても素晴らしい出来です。ワラの密度が偽物とは違います。

ものすごく大人気で入手困難にもかかわらず、値段自体は10数年前と比較しても高騰はしていません。今すぐどうしても欲しいとなるとオークション等になるのかもしれませんが、それだといくらになるかわかりませんけどね(売りませんよ)。札束でビンタされたら心が動くかもしれませんけど。P1010217 ちなみにこれが今は亡き先代のニャン子ちゃんが子猫の時に購入したばかりの「猫ちぐら」。今のと比べるとずいぶん白っぽいのですが、これを使い続けていくとだんだん飴色になってきて、まことにいい具合に風合いを帯びてくるのです。もう10年すればもっといい感じに育つかもしれませんね。

使えば使うほど味が出て、大切に使えばまだまだ50年でも使えそうな感じです。こいつで爪を研いだりするのでそれさえ注意していれば大丈夫。

猫もそうですが、このちぐらも大切に育てていきたいと思うのであります。

そういえばこの前志賀高原にスキーに行った時だったかな?長野のとある道の駅でワラで作った「猫ちぐら」普通に売ってました。関川村製のと比べても遜色ない作りでしたよ。「どうしても関川村ブランドじゃないと嫌なの」というわけでなければ、6年待たないでも買えますよ。「猫ちぐら」は長野県の栄村というところの特産でもあります。それでもHP上は品切れになってますけどね。

10年程前に関川村の道の駅を訪れたときには普通に販売していたんですけどねぇ。もちろんその場で普通に買って帰れました。もう持ってたんで買いませんでしたけど。今はもう売ってないんだろうなぁ。

あんとき10個くらいまとめて買っておけばよかったのかなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

今日から本番

先週下見で茨城県に来たのだけど、今日からいよいよ本番で再び茨城県に。

今回は会社のメンバーも引き連れて車3台で。

前回は絶好のドライブ日和だったのだけど今回は残念ながら雨。

それでも前回は行きの移動が日曜日だったのだけど、平日の移動の方が車が少なくて楽でした。

朝七時に富山を出て、およそ三時ころに現地到着。

今日は現地をちょっと下見して、いろいろとあすからの準備をしただけで早めに撤収。

資材が届く明日からが本格的な作業開始となる。私はとっかかりだけですぐに帰らなくてはならないのだけど、メンバーは約10日程の予定で現地滞在。

前回は桜も全く咲いていなかったのだけど、一週間後の今日は現地では桜も満開の様子だった。

前回は時間があったので少し観光もしたのだけど、今回はそんな余裕はなさそう。

やっぱり遠いなぁ。あまり長距離のドライブは苦にならない方なのだけど。実際来た事ない走ったことない道を走るというのは好きな方です。

帰りもちょっと違った道で帰ってみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

新しい家族

昨年の8月末に約10年くらい飼っていた猫が死にまして、それから猫なしの生活を続けてきました。

去年の年末に娘にクリスマスプレゼント何がいい?って聞くと、「猫がいい」というので、「生き物はサンタさんが運んでくれないよ」といいつつも猫飼うのもいいなと少し思う。

前回は血統証付きの猫ちゃんで購入したものでしたが、今回は普通の猫、できれば里親などを募集している困っている人からもらい受けるのもいいかなと思いました。

そんでネットで里親を募集しているサイトをのぞいてみました。やっぱりこう頻繁にいろんな猫の写真なんかを見ていますとすっかりその気になってきまして、頭の中がねこねこねこと猫ウィルスに冒されてしまって・・・。

しかし冬の間はスキーなどで週末でかけることも多く、しかも冬はあまり猫が生まれないので春になったら真剣にさがそうかなと思っていました。

性別にはこだわっていませんでしたが、一応何でもいいわけでもなく、模様や条件等を考えていましたら、丁度いい感じの猫が里親募集に出ていましたので、早速連絡。

翌日にはアポを取って妻と娘と3人で顔合わせに出かけました。

飼い主の方はたくさんの猫を飼っておられる方で、知り合いから保護を頼まれて預かっている状態でした。やっぱり猫の集まるところにはさらなる猫が集まるということでしょうかね。

このような形で猫を譲り受けたことがなかったのですが、とても親切な方で良かったです。

写真で見るのと実際にみるのとはやっぱり違って、顔緩みっぱなし、あんなのはだっこした時点でもうおしまい。だからペットショップ行くとすぐにだっこさせてくれます。

というわけで、その場で引き取ることを決めちゃいました。

猫を飼ってましたが、道具のほとんどは手放していましたので、土曜日に慌ててグッズを揃えました。

トイレ、猫砂、餌、ペットシーツ、キャリーケース、爪切りにブラシ・・・etc。

そして昨日の夜迎えに行ってきて我が家に新たな家族ができることになりました。

生後1年くらいで子猫ではありませんが、とっても甘えん坊な雄の黒猫。黒猫一度飼ってみたかったんですよね。

昨日はやはりどうも慣れない場所で落ち着かないようですみっこに入ってはオドオドしていましたが、1日経ったら慣れてきたようで、膝の上になど乗ってゴロゴロ甘えてくるようになりました。

まだきたばかりであまりいい写真もないので、そのうち写真も載せていこうかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

春につき新たに

桜の花もほころんで、満開まであと少し。場所によっては満開のところもあるのかな?

この週末はたくさんの人が桜を見学に行ったのかもしれませんが、残念ながら天気は雨。

私は今日はお仕事で会社に引きこもっておりました。

なんだかんだで日は進み、今日で春休みも終わり。明日からは新学期となります。

新学期に向けてとちょっとした我が家の変化(これは後々記事にしますが)もあって、昨日は家の模様替え&大掃除。

リビングにあった子ども達の勉強机を別の部屋に移動させました。そろそろ親の目の届かないところに置いても大丈夫かなという事もあります。

昨日はいろいろなものを捨ててまた新たに必要なものをいろいろ買って。新学期を迎えるにあたっての準備。

しかし、私も妻も週末に仕事のことも多く、仕事のない週末はほぼほぼスキーに出かけるということを3ヶ月あまり続けてきましたから、家のことがあれもこれもおろそかになっていて、まだまだ片付かない感じです。

とりあえず昨日は天気も良かったのでタイヤを履き替えて、もう我が家では冬のシーズン終了でございます。

4月生まれなもので、また一つ歳をとり、本当の意味での厄年に突入していきます。今年はどんな災厄が待ち受けていることやら・・・。

滞りなく健やかに一年が過ぎていけばなぁと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

祝?1000

先日書いた志賀高原のスキーの記事でブログ開設からちょうど1000個目の記事でした。

今回が1002回目という事になります。

回数というのはぱっと見わからなくなっているし普段確認していませんからあまり気にもしていませんでしたが、一応節目と言うことで。

過去の記事はあまり見返したりすることもないので、一体1000も何を書いたのやらと不思議に思うのですが、気付いたらという感じですね。

これが今後1500になり2000になりと増えていくのか、そのうち飽きてしまってやめちゃうのかそれは今のところまだわかりませんが、いつも読んでくださっている皆様に感謝し、とりあえずは当面続けていくことにしてます。

日々適当に好きなことをダラダラと書き連ねておるばかりですが、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

2015.3/28志賀高原スキー場 part.2

午後からは再び焼額に戻る。今回は午後はこのまま焼額で最後までじっくり滑って終了の予定。

焼額はその立地から天気が良いと雪は緩みやすいと思います。第1ゴンドラを中心にオリンピックコース、ジャイアントスラロームコース、スーパージャイアントスラロームコースといろいろ滑る予定です。20150328013 朝は結構硬かったオリンピックの斜面も午後には緩んできました。しかし例年のこの時期とは違いベチョベチョとまではいかず、結構これはこれで操作しやすくて楽しい。20150328014 ジャイアントスラロームのコブなんかで頑張って滑ったら、腰が筋肉痛になってしまいました。

人も結構少なくて快適。

結局6本ゴンドラを滑ったところでいい時間になったので終了。

過去はいろんなコースを広く浅く滑る感じでしたが、同じコースを集中的に滑ったのは今回が初めてでした。オリンピックコースは私自身とても楽しいコースなので、たくさん滑れて満足でした。できれば春ではなく、一番いい時期の晴れたときに滑りたいものですがなかなか予定、天候の都合が合わなくてねぇ。20150328015 最後は再びパノラマコースからプリンス西館へ帰ります。結局2日間ほぼ晴天で遠くの山々も綺麗に見えていました。20150328016 焼額のパノラマコースから一ノ瀬ファミリーゲレンデを望む。20150328017 唐松コースを滑っていよいよ最後の1本。今シーズンの最後の1本でもあります。

終わりよければすべてよしとも言いますが、本当に最後がこの2日間で悔いなくシーズンを終えることができます。Skiline20150328

2日めのデータ。標高差5672m。滑走距離32km。16リフトでした。1日目よりも少なかったですが、標高差を稼げたのは後半ゴンドラばかり乗っていたからかな。

シーズンの統括はまた後でするとして、今回の志賀高原はとても運が良かったですね。直前に寒波が来て積雪があり、行けば2日間とも晴天という奇跡のような素敵な2日間でした。

帰ってからもみんなで夕食を食べに行き、遅くまでスキーのことなどを話しながらたくさん飲んで騒いでとシーズンの打ち上げを行いました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

2015.3/28志賀高原スキー場 part.1

朝目覚めると前日に引き続き素晴らしい晴天。20150328001 ホテルの食堂からゲレンデを眺めながら朝食バイキングを食べましたがはやる気持ちがつのる。20150328002 早速リフトが動き出すとほぼ同時にゲレンデに飛び出す。朝は気温が-5℃くらい。昨日暖かかったので少し緩んだ所が凍ってカリカリしていましたが、まずまずのゲレンデコンディション。

前日はいろんなところを巡っていましたが2日目の今日は焼額と奥志賀のみを滑ることに決めていました。20150328003 朝一のフラット&カリカリピステンのオリンピックを滑ります。さすがにエッジが立たなくて踏んでもズリズリ横スライドしていく感じ。

焼額のゴンドラには1台か2台「ラブゴンドラ」と呼ばれるハートに装飾されたゴンドラがあるのですが、今回ついに「ラブゴンドラ」に当選。20150328094254_photo と言うことで嫁さんと年甲斐も恥外聞もなく記念写真。100回乗っても当たらないときは当たらないので幸運と言うことにしておこう。20150328004 前日滑らなかったジャイアントスラロームコースとオリンピックを交互に。

午前中早々に今度はいよいよ「スキーの聖地」奥志賀に向かいます。20150328007 奥志賀上部は凄く良い感じの雪でした。この時期の焼額にもほとんどスノーボーダーはいませんでしたが、奥志賀は何と言ってもスキー専用スキー場。20150328008 第二エキスパートコースはなかなか歯ごたえのある斜面。写真でもおわかりの通り、ここにいる皆様は格好から実力からこの時期には一流の方々が多くいらしてます。さすが聖地。

しかも基礎のレッスンや、練習している人も多くて、他のスキー場にはない独特の空気があります。

普段は斜面を飛ばして滑っているときに、スノーボーダーが座っていたり、不規則な動きでいつこっち向いて曲がってくるのかなどをいちいち気にしながら滑ることを余儀なくされます。その煩わしさやストレスから完全に解放されるこのゲレンデは、我々スキーヤーにとっての古き良き時代の懐古を感じさせます。

こんな事書くと、ボードの方々にお叱りを受けると思いますが、だってやってることが全然違うんだもの。コース取りもライン取りも違うし、なかなか相容れないですよ実際。あっちもこっちが邪魔だし、こっちもあっちが邪魔だしの関係であると言うことをその特性から実際否定できないです。

基本スキーヤーは平均年齢高いですから、このゲレンデはおっさん、おばさんによる大人のたしなみに満ちております。なんか全然流れている空気が違うんですよねぇ。20150328009 1本滑ってしたに降りた辺りで10:00過ぎだったので、そろそろ喉も渇いたと言うことでまずは一杯。

次は奥志賀ゴンドラ方面に向かって、ビールで気分が良くなったついでに、奥志賀名物「クマ落とし」も滑っておくかと言うことに。20150328010 写真ではわかりにくいですが、柔らかく不規則な深いコブが連続してます。コブ滑るときにストックがズボッと刺さってバランス崩しそうになります。「クマ落とし」という凄い名前がついているコースですが、斜度的にはそんなにたいしたことはありません。

子ども達は名前にちょっとビビってましたが、結局ひょいひょいとあっさり降りて行ってしまいました。20150328011 再びエキスパートを滑り、グランフェニックスらホテルのあるところで今日の昼飯。

今回はグランフェニックス横のペンション「シャレークリスチャニア」をチョイス。

20150328012ここで名物のシーフードドリアを食べ。最後の生ビールを飲みます。ドリア美味しかったです。

昼からは奥志賀を後にして再び焼額に戻って滑ることにしました。

次回2日目後半に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

2015.3/27志賀高原スキー場 part.2

ジャイアントの麓で昼食を終えて次に向かったのはもちろんジャイアント。2015032715 ジャイアントスキー場はペアリフト1本とジャイアントゲレンデが1本というものすごく潔い感じのスキー場。そのジャイアントゲレンデの斜面は国内屈指の一枚バーン。2015032716 あまり人もいなくて、荒れていない真っ平らのバーンを思い切りロングターンで滑り降ります。雪質もなかなか良くて、爽快。この1本のペアリフトが高速リフトならいいのですが。凄く長い普通のペアリフトというのもちょっとかったるい気がします。

他にも滑りたいところがあるので1本のみでジャイアントを後にします。

狭い四人乗りの東館山ゴンドラも乗っておかねばならないのでゴンドラで東館山山頂へ。東館山スキー場とブナ平スキー場は移動のみで今回は滑りませんでした。2015032717 東館山山頂のゴンドラ降り場では毎回ソバの美味しそうな香りがして食欲をそそるのですが、今まで1回も食べたことがなので、今回は昼食を食べたばかりにもかかわらず1回食べてみることに。一杯のかけそばを家族で分けて。美味しかったです。2015032718 東館山山頂のレストランのテラスにある展望台からの眺め。眼下に高天原と西館山の斜面。奥には黒姫、飯綱、さらには北アルプスの山々が展望できます。20150327141037_photo お約束の記念写真なのですが、毎年同じ時期に同じ場所で撮影していますが、今年がいかに積雪が多い年なのかと言うことがよくわかります。2015032719 そこから寺子屋スキー場に移動。さすが寺子屋は雪質がさらに格段にいいです。というわけでみんな考えていることは同じで、雪のいいところには人が集まりますのでここのリフトが一番混雑。2本ばかし滑って寺子屋を後にします。2015032720 次に向かったのは「タンネの森オコジョスキー場」林の中を滑る雰囲気のあるゲレンデ。子ども達のリクエストでとりあえず1本滑ってみました。

一ノ瀬からぐるっと周辺のゲレンデを回って再び一ノ瀬ファミリーに戻ってきました。2015032721 午前中一ノ瀬ファミリーのパーフェクターコースが思いの外素晴らしかったので、後は時間の許す限りパーフェクターを滑ることに満場一致で決定。翌日は大会が予定されていましたので滑れるのは今日だけというのも大きいです。2015032722 楽しくて楽しくて、本当に志賀高原の中でも3指に入る好きなコース。

4時過ぎ頃に無事に本日のスキーを終了。Skiline20150327 本日のskilineのデータ。標高差5918m。滑走距離41km。23リフト。455分。とのこと。10時に飲んで、お昼に飲んでと酔いどれスキーの割には結構滑りましたね。まったりスキーとするのはもったいないほどの天気と雪質でしたので、「飲みながら頑張って滑る」に方針転換したからかな。2015032723 夜はもちろん宿で飲み会。初めてプリンスに泊まりましたが部屋の感じは、ビジネスホテルに毛が生えたレベル。「プリンス」という響きから来る高級感はあまりありません(西館)。バイキングの料理も何じゃこりゃレベルです。その代わり、お値段はとってもリーズナブル。何事も値段相応と言えばそうなのですが。

かろうじて残ったプリンスとしての意地と誇りが生ビール一杯800円というとんでもない料金にのみ反映されています(しかも小さい)。1泊10000円もしない格安の宿として営業しておるのに、そこら辺のバランスはきちんと取ってもらいたいと私思うのであります。

ビールグラスの小ささは己の小ささだと思っていただきたいものである。

部屋に帰って売店で購入した地元産の日本酒やらワインやらを飲んでいるうちに横になった瞬間に意識不明になって、気付いたら朝でした。

2日目に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »