« 初日 | トップページ | 最後の寒波? »

2015年3月21日 (土)

愛着と実用

なんだかとっても安いし、なんの価値もないものなのだけど、ずっと長く使い続けているもの。そんなものってあると思います。

私は、作業中は作業ズボンに安っぽい作業用のベルトをしています。それこそ買っても500円もしないようなもの。

これがまたシンプルな構造だけに、壊れないものだからずっと使い続けていました。特に変える必要もないので気づいたら15年は使ったでしょうか。

そこまでくるとそこそこの愛着は湧いてくるものです。使えるものなら使えるうちは使うということですが、ちょと金具が磨り減ってきて引っ掛かりが悪くなってしまって、知らず知らずのうちに緩んできてしまうという状況に。

これじゃあ役に立たないので、役に立たなくなったら変えるということで、すごく久しぶりに作業用のベルトを買い換えました。しかも全く同じ色で同じような形のもの。

さてこいつは何年働いてくれるでしょうか。

普段遣いのものでは車のキーホルダーなんかはかれこれ20年以上使っています。
物持ちがいいのか、使っていて不便はないので変える必要がないというのがもっともの理由です。

例えば100円のシャープペンシルだって10年使えば特別なものになるかも。100円のペンが10年もつとも思えませんが。

例えばこのキーホルダーを新しく買い換えるとなったとしても、多分真剣に同じような形のものを探して求めるような気がします。

歳をとると、若い頃よりは普段の生活に密接しているものを変えるということに勇気がいるようになるような気がします。

それゆえに長持ちするもの、しっかりしたものを求めるようになるのかもしれませんね。
そうなれば多少高くてもいいような気もします。

この先また何か何十年も使って行けるものに出会えるでしょうかね。

そういえば今日はもう一つ10年以上使っているもののベルトが切れてしまいました。全然高価なものでも価値のあるものでもありません。普通に普段使っているものです。

また新しいものに変えなくてはいけません。長いあいだお疲れ様でしたとピッとゴミ箱に捨てました。さすがに供養をするほどおセンチではないですからね。

新しいものだけがいいものではないと考えさせられた一日でした。

|

« 初日 | トップページ | 最後の寒波? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

京都での学生や仕事を終えて富山に帰ってきましたが、そう当時から使い続けているものがあります。赤のマグカップです。壊れるものではありませんので使い続け、これからも使っていくと思います。ただ、この赤のマグカップは自分で買った記憶がありません。30年以上前に同じ下宿だった仲間の物を勝手に貰って来たような気がしますconfident

投稿: SILVIAおじさん | 2015年3月22日 (日) 14時32分

SILVIAおじさん
なんとなく長く使っているものってありますよね。
30年ですか。それもまた凄いですね。いつまでも壊れないで長持ちすればいいですね。

投稿: おっぺら | 2015年3月22日 (日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/61317096

この記事へのトラックバック一覧です: 愛着と実用:

« 初日 | トップページ | 最後の寒波? »