« 遠足前 | トップページ | とんぼ返り1100km »

2015年3月29日 (日)

初めての茨城

金曜日と土曜日に一泊で志賀高原にスキーに行ってまいりましたが、その時の記事はまだまとめていないのでおいおい書く事として。

日曜日の今日は一人で打ち合わせのために出張でした。

今回の行き先はなんと茨城県。私はまともに尋ねるのは初めての事です。

来月に茨城でお仕事をすることになるので、その打ち合わせと下見というわけで今回は一人でドライブ。

とは言っても、前日スキーで信州中野から帰ってきて、その打ち上げで帰ってきてから一杯やって少々お疲れなのだが、一晩寝て再び同じところを通って行かねばならないというなんとも非効率的な話なのだが、しょうがない。

朝早くに富山を出発し、北陸道から上信越道で高崎に抜けて、関越をちょろっと通って北関東自動車道から東北道にちょろっと入って、また北関東自動車道を行って、そこから常磐道で茨城に行くという約600km弱の旅。

幸い天気が良かったので順調に車をすすめる事ができた。北関東自動車道と常磐道は初めて走る事になった。

案外まだ行っていない土地というのは多い。

関東方面は今日桜が満開になったということでいたるところで桜が咲いている光景が見られた。前日は氷点下のゲレンデでスキーを楽しんでいたのだが、一日後には春満開のお花見ドライブ。

翌日打ち合わせなので今日は移動のみ。ちょっと頑張って運転したおかげで早めに目的地付近まで到着。来たこともないし、これからも滅多に来ることはないだろうから、ちょっと観光をしてみることに。

初めて水戸市に行った。20150329142250_photo 市街地を走って向かう先は、水戸といえば「偕楽園」

もちろんいったことはない。

梅の木で有名なのだが、丁度時期的にもいい感じなのと日曜日ということで多くの観光客で賑わっていた。20150329131511_photo せっかくなので水戸光圀公の資料があるところも見てみる(有料)。20150329133431_photo 中にはたくさんの梅の木があり、ちょっと終わりな感じもあるのだが、まずまずギリギリ散る前の梅を堪能。20150329133943_photo 園内の「好文亭」というお殿様方が利用した建物もせっかくなので見学(有料)。20150329135642_photo 丁度一周するように散策コースがあるのだが、せっかくなので一周してみた。もともと観光の予定はなかったので作業服を着て行ったのだが、観光客やカップルなどが大勢訪れている中でかなり浮いた感じ。

これでは園内の植物や施設を管理する作業員だ。が、気にせず見学。20150329135839_photo すごくたくさんの種類の梅が植えられており、これだけまとまって梅の木を見たのは初めて。すごくいい香りが漂っていてなかなかに圧巻。

行き先は日立市だったのだが、せっかくなので海沿いの国道を北上することに。高速の移動は楽なのだが、なんとも味気ないので。時間がないので高速で行くのだが、時間とお金の心配を一切しなくてもよいのなら、下道をチンタラチンタラ行くという旅もいろんなものを見られていいのだ。

下道行くとお金かからないじゃんと思うかもしれないが、実際は時間がかかれば、その分飯代もかかるし、1泊のところが2泊に、3泊にとなるので遠距離を行く場合は必ずしもお得と言うことはない。

水戸市から海沿いを北上すると原子力で有名な東海村を通って行く。20150329154156_photo 道中で見つけた看板。特に原発についてはどうこう言うつもりはないのですが、やはり反対しておられる方も多いのでしょうかね?

しかし、「ひたちなか市」と「日立市」が隣接しているというのはなじみの無い私にとっては非常に紛らわしいと思うのだが、地元の人は平気なのかな?もうちょっと名前を変えたときに何とかならんかったもんかね。20150329154038_photo 灯台が見えたのでちょっと寄り道。20150329154032_photo 久しぶりに太平洋を見ました。穏やかな凪でした。

早めに着いたので車で日立市内をうろちょろしてホテルにチェックイン。

さすがに目が疲れてしまいました。明日またとんぼ返りなのであります。やっぱり遠かったなぁ。

|

« 遠足前 | トップページ | とんぼ返り1100km »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/61358892

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての茨城:

« 遠足前 | トップページ | とんぼ返り1100km »