« 電車でGO! | トップページ | 出張帰り道 »

2014年12月 6日 (土)

伊能忠敬ゆかりの地へ

というわけで1泊2日の千葉県への出張に行ってきました。

昼の1時に千葉県の北東あたり茨城の県境の香取市というところに行かなくてはいけなかったので、朝6:30頃の「はくたか」に乗って東京方面へ。久しぶりの「かくたか」乗車。

先日サンダーバードに乗ったときに車内販売がなくなって寂しいという記事を書きましたが、はくたかにはまだ残ってました。やったー。

でも特に何も買わないという・・・。旅の風景として寂しいということで。

上越新幹線MAXに乗って東京へ。凄く久しぶりのMAXだったのだが、指定席は1階。コンクリートの防音壁しか見えず。MAXといったらやっぱり2階に乗りたいですよね~。

東京駅は一回しか来たことないばかりか、最後に来たのは子供の頃の30年以上前。まったく記憶にもございません。

乗り換え時間があまりなかったのであらかじめ予習していったとおりに、東京駅地下5階にある総武線ホームに。

東京駅は比較的まだわかりやすい構造なので田舎者の私でも何とかなる。東京駅はいわゆる「お上りさん」の地方出身者のお年寄りも多いからか係員がたくさんいて自動改札なんてしたことない人にも親切に教えてくれるし、どこいけばいいのかすぐに教えてくれるので初心者にも安心。私は聞かなくても大丈夫だからねと一応言っておく。

ともかく乗り換えの連続でゆっくししている暇もない。千葉方面成田に向かって行く。千葉というとディズニーランドしか行ったことのなかった私。初めて見る車窓からの千葉県の風景。

成田から乗り換えてまた香取市方面に普通電車に揺られていく。この辺はもう結構田舎。周りは田んぼの見慣れた風景。東京からは約電車で1時間半くらいかな。20141205081438_photo 降りた駅は佐原駅。ローカルな駅でございます。以前は佐原市だったのですが、今は香取市となってます。タクシーに乗って目的地に行き用件を済ませて再び駅に戻って駅周辺のビジネスホテルで一泊する予定。

東京まで戻って東京で泊まろうかとも考えないではなかったが、どうせ行くあてもお金もないので来たことも見たこともこれから行くこともないであろう町に泊まってぷらぷらするのもまた一興かと思った。

さらに佐原と言えばなんと言っても伊能忠敬。

自分が以前測量と言うことに少し関わったこともあり、伊能公といえばその業界の偉大な先人であるから、そのゆかりの地に泊まると言うことも自分にとっては意義のあることのように思えた。

用件が終わって駅に戻ったのは18:00頃であったが、ともかく駅の近くの伊能忠敬の像を見に行くことに。20141204180822_photo 公園の中に立ってました。夜だったしライトアップもされていないのでなんのこっちゃかわからん。Inou ネットで拾った画像。こういった風に見えるらしい。

ともかくこのお方の業績は半端ではない。およそ測量をやったものであれば、あれがいかにとんでもないことであるかということが殊更に理解できます。あんな道具だけで計算機もないのにあんな正確な地図は現代の人でも簡単には作れない。というか、すぐに嫌になってしまうに違いない。

遅かったので記念館に行く時間がなかったのが残念。

雨の中傘を差しながら駅周辺を食事する場所を探しながらさまよう。20141205081355_photo この町のメインストリートかみたい。思わず

この町のメインストリート僅か数百メートル
寂れた映画館とバーが五、六軒
ハイスクール出た奴らは次の朝バックを抱えて出て行く~

と浜省の歌を口ずさんでしまう。

映画館どころか飲み屋街もないんだけどね。

佐原駅の正面には大きな鳥居があり、駅前の道がそのまま諏訪神社に続いている。諏訪神社の参道を中心に古い町並みがあり、門前町の古い歴史があるのだと思われる。

タクシーの窓から眺めた町の風景には歴史を感じさせるようなものがいくつか見えました。

タクシーの運転手が、「昔は芸者なんかもいて置屋などもあって遊べるところもあったんだけど、今は寂れちまってな~んもねぇよ」と言っておりました。

車がないので歩いて歩いて疲れましたが、行ける範囲で町を散策しつつ夕食。まぁ、特に何もありませんでした。

長くなったので次回に続く

|

« 電車でGO! | トップページ | 出張帰り道 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ウィキペディアで調べましたが、香取市は富山県では南砺市のような都市でしょうか。人口は合併後に減り続けていたり、農業が主産業だったりしていますね。佐原駅は南砺市の福野駅を思い出してしまいました。香取市からは成田市へ通勤する人が多いそうですが、南砺市では今後は砺波市に通勤する人が多くなるでしょうね

投稿: SILVIAおじさん | 2014年12月 6日 (土) 18時07分

SILVIAおじさん
そうですね。イメージ的には南砺市とかそんな感じですね。普通列車が1時間に2本くらいとか。のどかなところです。ただ、電車で2時間もしないところに東京という大都市があれば、それは若者の人口流出には歯止めがきかないんではないかと思います。
若者が残れるような魅力のある町かどうかはわかりませんが。

投稿: おっぺら | 2014年12月 7日 (日) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊能忠敬ゆかりの地へ:

« 電車でGO! | トップページ | 出張帰り道 »